9月20日 術後6週1日

 

さあ、今週のX線の結果は!?

最後に載せます。

 

 

この1週間の出来事と言えば、

9月16日(日)に大阪で行われた

第1回 医療従事者向け

 天城流湯治法指導者育成講座

に参加してきました❣️

 

骨折後、初めての錬堂師匠との対面でも

ありました。

 

通常の3日間指導者育成講座と

やや趣を異にして、今回は

医療従事者対象ということで、

1回目=望診・顔診法+頭部の滞り

          内臓疾患

2回目=痛み取り+内臓疾患

3回目=躰起点

  (通常コースは痩身)

となっています。

 

「天城流療法士」の資格が得られる

この企画では、痩身は省かれて、

より医療現場に即対応できる内容

となっています。

 

今回集まった新規受講者は8人。

(すでに資格を持っている

再受講が16人と多かったです!)

 

現役医師はおられませんでしたが、

歯科医師、助産師、鍼灸師、整体、

など、皆さん診療を毎日行っている

方々であり、

初日にして天城流の凄さ

(シンプルであり、即効性があり、

深い・・)

を身を以て体感されていました♪

 

皆さん、人の身体を日頃治療して

いるのですが、自身にも身体の

不具合が現れていることを、

錬堂師匠の望診・顔診によって

次々と指摘されて、その場で変化

していくことに驚かれていました。

 

 

私も2016年1月に初めてワーク

ショップを受けたときの衝撃、

また同年4月に指導者育成を

受けたときの感動が蘇ってきました!

こうして再受講していると、

一人でも多くの医療従事者(特に

ドクター)が早くこの世界を知り

患者さんに還元して広がっていく

ことを心から願います。

 

 

さて、

そのような中で、

講義の休憩時間に

師匠が私の右下腿(骨折)に対して

施術をしていただいたのでした‼️

 

その詳細をレポートしたいと

思います!

 

 

まず、腹臥位から始まり、

臀部から大腿後面にかけてチェック。

(右の尾骨が左より硬くなっており、

ここが仙腸関節に繋がり、また右後頭部

の滞りをつくっている。)

 

尾骨のリリース。

後仙腸靭帯も剥離して仙骨が緩む。

 

尾骨筋のリリース。

(真っ先に、私の右臀部から大腿にかけて

続いている痺れのような違和感に対して、

尾骨・尾骨筋のリリースをされました。

 

広背筋を緩める。

 

(ハムストリングスが力なくなっている

のは広背筋が硬いから。松葉杖をつくので

ここはかなり硬くなってました。

広背筋が緩むと、ハムストの筋腹に

張りが出ました!)

 

ハムストリングスを緩める。

(自分では今まであまりリリースして

いなかったところ。確かにここが硬く

骨に癒着していて、ハムスト自体が働き

にくくなっていました。)

 

ここで師匠の「リサーチ」が入り、

師匠の手は私の後頭部へ。

(自分で剥がしていたところと別のところ

を剥がされて、メチャメチャ痛かったです!)

 

フラクタルの肩甲骨も。

(ピンポイントに痛い!)

 

(錬堂師匠の目線に注目

肩甲骨をほぐしながら、ハムストを見て

ますね。繋がっている先を常に意識して

ほぐしています!(=上級編です))

 

この時点で、右臀部から大腿後面にかけて

常にあった違和感、痺れような感覚が

楽になりました!

座っているとこの部位が痺れてきて

右下腿が浮腫み、鈍痛が起こっていた

のですが、ここが原因でした!!

 

続いて、仰臥位になり、

右股関節をしっかり曲げてもらって

臀部〜ハムストのストレッチ。

ほぐした後だけによく伸びました。

 

ここからは、

下腿の骨折部への直接のアプローチです。

 

天城流では、手術部位や瘢痕による癒着

を積極的に剥がしていきます。

固定プレートに沿って、皮膚、皮下、周囲

組織が癒着しているので、指先で丁寧に

タッピングしていき、ここを剥がすことで

血行がよくなります。

 

伝説的な師匠のタッピング。

されてみて、初めてその感触、強さ、など

体感できました!

(まだ骨がついてないので、この部位を

あまり剥がすと骨がまた離れないかと

自分では少ししか触っていませんでしたが、

プレートと皮膚との癒着がかなり強く、

ここはしっかり剥がさないと確かに血行

が悪くなり、骨癒合にもマイナスとなり

ます。以後毎日私も剥がすように心がけて

います。)

 

それから足首の内果・外果がまだ痛む

ので、腓腹、大腿の内側をリリース。

ここは自分でも毎日剥がしていますが、

どうしても硬いところがあり、師匠も

一発で「ここが硬いな」と見抜かれ、

躰起点を切ると一瞬で緩んだのが、

自分と師匠と同時にわかりました。

躰起点・・やっぱり凄い!

 

躰起点切って緩めたあとも必ず指で

剥がして軟らかくします。

 

こうして、一連の施術が終了。

 

最後は非常に右下肢が軽い状態となり、

改めて天城流、錬堂師匠の施術の「切れ」

を実感しました❣️

 

普段、健康なときはなかなか

師匠自らの施術を受けることはありませんが、

今回、「怪我の功名」と言うべきか、

貴重な体験をさせていただきました!

 

20分間に渡り、

次から次へとほぐされていきましたが、

私が何も訴えなくても

「痛みや違和感を的確に読み解き

 短時間で身体がほどけていき、

 症状が軽減していく」

という、天城流湯治法・師匠の凄さ

身を以て体感させていただき、

自分が学び実践している世界がいかに

深くて有難いことかを、リアルに

実感することができました‼️

 

受けた感想は、

「痒いところに手が届く」

といったものであり、

こちらが訴えなくても、

全て身体からのサインでわかる

という、

天城流の奥義を学ばせていただき

ました❣️

 

私自身にとっても、

私の右下腿にとっても、

とても有難い体験でした♪

 

錬堂師匠、

ありがとうございます‼️

 

 

さて、

その流れを受けての本日のX線。

術後6週1日です。

 

 

 

拡大すると・・

 

 

 

今まで見えてなかった仮骨が腓骨に

見えており、脛骨も近位部は骨梁が

繋がってきているようです!

脛骨の遠位部はまだ仮骨は見えませんが、

先週よりは明らかに骨癒合が進んで

きました‼️

 

6週という時間を経て、

錬堂師匠の施術も含めての

天城流でのセルフケア、

各先生方の今までの施術や

ギルドラクリーム、

イリスエスリークの外用、

ホメオパシーやミネラル摂取、

前回記載した先祖供養、

など、

色々な効果が現れての骨癒合

だと受け止めています!

 

そして、何より、

身体への感謝、

嫁さんはじめスタッフや

周囲の人への感謝、

今はそれしかありません。

 

ありがとうございます‼️

 

これから、徐々に右下肢への

荷重を進めていきたいと

思います。

まずは10〜20kgあたりから。

松葉杖とはあと少しお付き合い

が続きます^^。

 

 

(以下、次回へ)

 

 

・・・・・・・・

 

【10月以降の活動・イベント予定です‼️】

 

10月7ー8日(日・祝)

日本統合医療学会(北海道札幌市)で演題発表します!

「新しい医療概念〜天城流湯治法による腰部脊柱管狭窄症の治し方」

演者・平野薫  発表は7日11時〜11時10分

札幌市立大学 桑園キャンパス 

 

 

10月11日(木)

平野薫 天城流湯治法・健康ワークショップ

15時〜17時 ウイズ行橋

 

 

10月21日(日)

愛知電子工業主催 健康セミナー博多講演会

平野薫、堀田忠弘先生 コラボの講演会です!

今年で3年目、益々充実の講演内容にご期待ください!!

12時半開演  博多エルガーラホール7階

予約チケット販売中。クリニックまで。

 

 

11月1日(木)15時〜17時 ひらのクリニック

朝川兼行先生講演会

お待ちかね!予防医学情報研究所の朝川先生の

当院5回目の講演会です。

2時間ノンストップ、笑いの渦の中から健康と

元気をいただきましょう!

 

 

11月11日(日)

身体と心の「痛み」に対するセルフケア

平野薫&伊藤久美子講演会@久留米

アロマセラピスト、ママピストの伊藤先生とのコラボ

13時〜15時  久留米ビジネスプラザ

問い合わせ:(株)九州統合医療ヘルスセンター

   平野明子 090-9799-6828

 

 

11月13日(火)10時〜17時 ひらのクリニック

杉本錬堂師匠ワークショップ

「妊娠・不妊症・出産・育児に関する天城流ワークショップ」

天城流による女性、男性の生殖器関連の問題や、

妊娠、出産などに関するワークショップです‼️

非常に深い内容だけどシンプル。是非お越しください!

申し込みは↓

https://resast.jp/events/282783

 

 

11月14日(水)10時〜12時 ひらのクリニック

天城流指導者向け講習会

対象:湯治士補  

ステップアップのため是非ご参加下さい!!

 

など、

他にも今必要な学びや研修に出かけたり、

天城流湯治法を中心とした

新たな医療概念、真の医療

を世に広めて参る所存です!

 

これからの医療をともに学び、

発展させていく

同志の医師を募集

しています!

科は問いませんので、我こそはと

思わん方はご連絡ください!

 

ご連絡お待ちしております‼️