子どもを後部座席に座らせることで、エアバッグがもたらす潜在的な危険性を排除できます。 

 後部座席に安全に搭乗できる人数には上限があると思います。 

それ以上のお子様を乗せて運転する必要がないように、前もって計画を立てましょう。 

  

ほとんどのご家庭では、エアバッグの「オン/オフ」のスイッチの取り付けは必要ありません。 

エアバッグがオフになっていると、前席に同乗している年長の小児、10代の小児、保護者を含む大人を事故の時に守ることができません。 

  

エアバッグの「オン/オフ」のスイッチを使用する時ですが、 

・子ども特別な健康上の問題を抱えており、小児科医が旅行中の常時観察を推奨していり、一緒に後部座席に乗れる大人が他にいない場合 

など、限られたケースのみに使用すべきでしょう。 

  

他に方法がなく、年長の小児を前部座席に座らせる必要がある場合は、車のシートをエアバッグから離れるようにできるだけ後ろに移動させてください。 

子どもが適切に固定されていることも確認してください。 

 

子どもがエアバッグによる傷害を受ける可能性があることを念頭に置くとよいでしょう。 

後部座席は、子どもに最も安全な場所というのが基本です。 

 

----------------------------------------------------------------------------------------

Twitterはこちら (現在、フォロワーは5万人)

アメブロもいいね&フォローして応援していただけると嬉しいですお願い

 

◉ 3冊目の絵本が発売;

 

 

 

◉ 私が監修した絵本、発売中です:

 

 

 

◉ 2021年12月28日発売!:

 

 

*ブログは個人の見解であり、所属組織とは関係ありません。