そして誰も信じなくなった地震予測、いつ起きてもおかしくないと言うだけなら馬でもできる | 世相徒然ブログ

世相徒然ブログ

暇を持て余す老人、といっても気持ちだけは若いが、世の中に怒りと諦めの気持ちを少し書くことで心を慰める。


テーマ:

「政府の地震調査委員会は、この「日本海溝」沿いで今後30年以内に地震が発生する確率について新たな評価を公表し、東日本大震災をもたらしたような巨大地震の確率は「ほぼ0%」とした一方で、マグニチュード7クラスの大地震が発生する確率は最大で90%程度以上あるとして警戒を呼びかけています。
東北から関東の沖合には、陸側のプレートの下に海側のプレートが沈み込んでいる「日本海溝」があり、この周辺では8年前に東日本大震災をもたらした巨大地震のように繰り返し地震が発生しています。
領域別に見ると、青森県東方沖および岩手県沖北部で90%程度以上、宮城県沖で90%程度など。

地震調査委員会の委員長で東京大学地震研の平田直教授は「東北ではもう大きな地震は起きないと考えがちだが、М7クラスの地震はいつ起きてもおかしくなく、備えを進めてほしい」と話しています。」

 

彼らの地震確率の計算根拠、科学的根拠は、地震の頻度を確率に表わしただけのこと。例えば、青森県東方沖は、М7~7.5程度の地震は、平均で9年に一度発生しているとして、確率は「90%程度以上」としたんだとさ。

 

これが東大地震研の学術レベルだ。さすがは高度な算数を使っているし、他に何らの根拠もなしに地震確率を計算してしまうのだから、凄いと言わずして何と言おうか。東大ならではの根拠だ。

 

ネットの声が一番真実を突いているようだ。平田委員長もようく読んでください。

 

30年前にも同じようなこと言ってたな。楽な商売だよほんと。

・地震予知は占い師よりもたち悪い

この手の予測は無意味だと何度言ったらわかる

・いつもの事です。

科学啓蒙書を読んでると、地震予測を外した例ばかりで、的中させた例を見たことがない

・って事は次は日本海側だな。 日本海中部地震や北海道南西沖の震源域が3%未満って時点で何研究してるのかと疑うわ

・明日の降水確率ですら10%刻みなのに、よく30年間で3%やら7%なんて数字出せるもんだな。ある意味凄いわ

・根拠があって言ってることなの?

・過去の記録みりゃM7ごときだれだって30年に90%って答えるよ。せめてM8以上でないと無意味

阪神大震災も東北大震災も九州の地震も北海道の地震も何も地震予知できたことなんか無いのにさ、分らないくせに当てれるようなフリして確率がどうのこうのとか言うのやめろよ。

 どうせ当たんないんだから「大きな地震は、日本はいつ何処で起きても不思議じゃない」くらいに言っときゃ良いんだよ

・地震予知は占い師よりもたち悪い

30年以内に90%」なんて糞みたいなデータよく出せるなとは思うよ。「明日1/2の確率で地震が起きます」と何ら変わらんでしょ

 

どうですか。まともな意見ばかりですね。政府の地震調査委員会発表など誰も信じちゃいないんです。

というより地震学者のいうことはもう誰も信じていないんです。

 

こんないい加減な根拠で地震が起きるぞーっていうのを、ふつうはデマというじゃなかったかしら。

道警はデマ認定したかしら。

 

責任逃れのための地震の与太予測はもうやめてくれ、平田さん。

 

 

トラさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ