OG、OBの皆様、保護者の皆様、ラクロス関係者の皆様、同志社ラクロスを応援して下さる皆様、いつも温かいご支援、ご声援誠にありがとうございます。

本年度ディフェンスリーダーを務める髙見かれんです。

今回は、全国制覇するにあたっての覚悟感謝について書かせていただきます。

私は1年生の時に全学決勝の舞台をこの目で見ました。会場で燃え上がる声援や大きなフィールドで全力を尽くしラクロスを楽しんで戦っている先輩達を見て、いつか自分もあの舞台に立ちラクロスがしたい!と、明確な目標ができました。

しかし、一昨年、昨年と関西準優勝に留まり、全国への切符すら手に入れることができませんでした。先輩方ですら成し遂げられなかった全国制覇を目指すことは、想像を絶するほどの険しい道のりだと思います。そんな無謀とも思われる全国制覇をしたい理由は、今まで関わってくださった方たちへ恩返しをしたいからです。

今年本幹部となり、同志社ラクロスを応援し、支えてくださっている方々の存在を改めて感じ、同志社ラクロスという組織は自分が思っている以上の人たちの力で成り立っていると知りました。まずは、ラクロス連盟や各方面での連携をしてくださっているOB,OG会の皆様、ユニオンの皆様、毎試合駆けつけてくださる横井先生、チームビルディングについてご指導いただく肥田監督、同志社ラクロスの骨組みを作ってくださるコーチ陣の皆様、いつも応援してくださる保護者の皆様や友人、ラクロス関係者の皆様、関西で強い同志社を創り上げてくださった先輩方、大学でも部活をさせてもらい応援してくれる家族、そして毎日の練習で共に頑張る部員の皆んな。私がこんなにもラクロスに熱中でき楽しめているのは、この方々のおかげです。

私ひとりでは良いグランドで毎日切磋琢磨しながら練習をし、またご指導を受けれるような最高の環境でラクロスをすることはできません。多くの方々の支えによってラクロスが出来ていることに感謝をし、その方達へ恩返しをするべく、ディフェンスリーダーとしての覚悟を持ち、全国制覇を成し遂げたいと強く思っています。

ディフェンスサブリーダーのうたと共に同志社DFを創り上げ、全国制覇を達成できるよう尽力して参ります。
本年度も応援の程よろしくお願いいたします。



髙見かれん