産前うつ(マタニティブルー)と3人の救世主 | シャイなアメリカ人・旦那君とデイビーとの幸せな生活 in OC

シャイなアメリカ人・旦那君とデイビーとの幸せな生活 in OC

お酒×、パーティー×の珍しく?シャイなアメリカ人・旦那君と息子・デイビーとの生活&アナハイムのディズニーランド情報。


テーマ:
ケイビー誕生までの妊娠記録の続きです(長文)。
 
妊娠初期、ひどいつわりと同時に
私を苦しめた「産前うつ」
 
私、人生初めての
産前うつ(マタニティブルー)になりました。
 
妊娠すると誰もが
ホルモンのバランスで
不安になったりすることもあると思うんですが
私の場合極端にひどい症状でした。
 
デイビーの時は何もかもが初めてで
不安だったけど嬉しい気持ちが大きくて
仕事に没頭して不安な気持ちを紛らわせた結果
上手くいきましたw
 
でもケイビーを妊娠していた時は
長い間寝たきりで苦しくて
デイビーがいるので
面倒をみないといけない責任と
さらに悪阻がひどくて
仕事にいけない焦りなど
どうしようもない不安が押し寄せてきて
状態がどんどん悪化していきました。
 
 
ずっと働いていた(元気だった)自分が
寝たきりになっている。
 
 
この状況を受け入れられず
家族に申し訳なく思い
自分を責め
甘えることなどできず
どんどん追い込まれていきました。
 
いや、自分自身が
自分を追い込んでいたんだと思います。
 
 
もう自分が自分じゃない感じ。
 
 
そんな変わっていく私を
デイビーは理解できず
旦那君が心配して
私のところに行こうとすると
image
「ダディ、ママのところに行かないで。」と言って泣き、
デイビーも情緒不安定になり
彼らしさを失っていました。
 
そんなデイビーの言葉を聞き
それはそれでショックで
 
”なんて最悪な母親なんだろう”
っとさらに落ち込み、
 
すごい重荷を背負った旦那君に申し訳なくて
 
この家族をダメにしているのは私だと思い
正直、もう楽になりたい
とさえ思いました。
 
”私には大好きな家族や友達がいるのに
何でこんなことを思うんだろう?”
 
その気持ちが理解できず
毎日自分を責めていました。
 
 
でもそんな壊れていく
自分をどうにかしたくて
 
受け入れられない状況、
受け入れたくない事実と
向き合うことにしました。
 
 
それはやっぱり
私には大好きな人たちがいるから。
 

そんな時
3人の救世主に
出会うことができました。
 
まず、
不安な気持ちを打ち明けると
毎回ハグして励ましてくれた
産婦人科の先生。
 
(残念な病院ブログが続きましたが
やっとここで素敵な先生登場)
 
初回、すぐにカウンセリングの
予約をしてくれました。
普通に予約したら1ヶ月待ち。
だけど先生がかなりプッシュして
予約してくれたおかげで
翌日に変更になりました。 ←先生のパワーってすごい
 
そして
「私もマタニティブルーだったのよ。
酷くて薬を飲んでたわ。」
っとパーソナルな話をしてくれました。
 
”ドクターでもなるんだ・・・”
 
衝撃的でした。
 
なんかこんなに強い人も
同じ人間なんだなっと。
 
それを聞いて
私は割と普通なんだ、
誰でもなりえるんだっと
悲観的な気持ちが変わり始めました。
 
 

それから
私の考え方を変え、
気持ちを楽にしてくれた
心療内科の先生。
 
『どうにかしたくても
どうにもならない状況もある。』
 
その時の自分の考え方によって
気持ちの持ち様によって
起こったことが
違うように見れるようになりました。
 
「この苦しみは一生は続かない。
今は赤ちゃんのために自分のために
休むことが仕事。」
と常に私の状況をポジティブな方向に
導いてくれました。
 
 
最後は
ナース・ジェニファー。
 
産婦人科の先生が紹介したい人がいると言って
連れてきた彼女は
診察室に入ってきた途端
泣いている私をハグし
 
「ダイジョウブ。ダイジョウブ。」
 
”こんなところで日本語が聞けるんなんて・・・”
 
嬉しくて激しく号泣。
 
彼女は日本に住んでいたこともあり
私を全力でサポートしたいと言ってくれました。
 
毎回担当でもないのに話をしに
診察室へやって来たり
お花をプレゼントしてくれたり。
 
電話番号も交換して
メールでいつも励ましてくれました。
 
それから悪阻が酷くて行けませんでしたが
お家にも招待してくれた
 
まさに私の天使エル
 
 
この3人がいなかったら
私は立ち直れなかったと思います。
 
 
妊娠生活を終えて今言えるのは
この「産前うつ」は
私にたくさんのことを教えてくれたということ。
 
2ヶ月半の寝たきり生活は
本当に辛くて長かったけど
これは私への”試練”だったんだと思います。
 
なかなかできない
「休む」試練(笑)。
 
3人のおかげで
どうにもできない状況の中
違う角度から物事を見たり
いい意味で諦めたりw
徐々に前向きに
受け入れることが
できるようになっていきました。
 
自分を見つめ直すことができました。
 
きっとあの時の私には
必要だったんだと思います。
 
 
ケイビーが誕生した今では
マタニティブルーだった?ってくらい
けろっとしてますが(笑)
 
私の3人の救世主・・・
あの時は本当に本当にありがとう。
 
 
つづく
次回は私が産前うつになった1番の理由、心の闇編。

 

 

ブログ読んだよー(°∀°)bっと
今日も下にある2つの応援ボタンを

ポチポチッっとクリックして頂けると嬉しいです^^
ブログ更新の励みになります♪

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

 

dkさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス