常人では思いもつかない森羅万象も、疾患でもあるかの人は決めつけられる・・・、「人間ミンチ」 | 流浪の民の囁き

流浪の民の囁き

映画を通した過去・現在・未来について、なぐり書き


テーマ:

 

建築基準法違反の「耐震のないブロック塀」が崩れて「少女」一人が犠牲になった。

それもその建物が「学校」であったは、行政の怠慢の象徴として、今後は事故責任と共に「施工業者」

と「発注者たる行政」の刑事罰の追求へと向かい、けじめをつけるべきである。

 

 

それを見越しての「自治の責任者たる市長」の、まさに他人事みたいな発言を聞くと、流石に責任

とかの二文字も「実感出来ない」政治屋が政治を行うと、危険指摘も無視する・・・。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
大阪北部で震度6弱を観測した地震で小学校のブロック塀が倒壊して女子児童が死亡した問題で、
3年前に専門家からブロック塀の危険性を指摘されていたことが分かりました。
大阪府高槻市立寿栄小学校では21日に保護者説明会が開かれ、田中良美校長と教育委員会の
担当者が心のケアや安全の確保について説明しました。一方で、ブロック塀が倒壊した詳しい原因
などは調査中として明らかにされませんでした。
保護者:「分からないとか検討しますとかふんわりした回答が多かった」
高槻市は、倒壊したブロック塀が違法建築だったとして管理責任を認めています。説明会後の会見
で田中校長は、2015年に防災の専門家からブロック塀の危険性を指摘され、市の教育委員会に点
検の依頼をしていたことを明らかにしました。
市教委は点検の結果、危険はないと学校側に報告したということです。市教委は、改めて保護者へ
事故原因の説明の場を設けるとしています。

2018/06/22 05:50
テレ朝ニュース
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000130122.html

 

 

 

 




救えた命もあったかもしれない――。

18日午前7時58分ごろ、大阪府北部で発生した最大震度6弱の地震で、高槻市立寿栄(じゅえい)
小学校4年の三宅璃奈さん(9)が、倒れたブロック塀の下敷きになるなど、府内で4人が死亡、2府
4県で330人を超える負傷者が出る被害となった。
震源に近い高槻市の寿栄小では、プールのブロック塀がおよそ30メートルにわたって道路側に崩落。
道路を歩いていた三宅璃奈さんが下敷きになり、死亡した。子供が璃奈さんに遊んでもらっていたとい
う父兄は「璃奈ちゃんは弟がいてるからか、幼稚園のころから面倒見がよくて、ウチの子も遊んでもら
った。公文式に通ってて、しっかりした子だった。道を広がったりせず、壁際を歩いてたんだと思うといた
たまれない。この間もコンビニで見かけたばかりなのに…」と声を詰まらせた。
ブロック塀は以前、網目状のフェンスだったというが「音がうるさいとか苦情もあったみたいでブロック塀
になった。外から丸見えってのもあったので、防犯、防音対策って意味では、良かったと思ってたんです
けど」(近隣住民)という。
ブロック塀に関しては、気になる証言も。同小に通っていた男子中学生は「去年くらいに友達間で、塀の
上の方が道路側に傾いてるって話があった。『地震きたら倒れるなぁ』って言ってたんで、『あー、やっぱ
り』って思いました」と明かした。

(※詳細・全文は引用元へ→ 東京スポーツ 18年06月19日 18時00分)
https://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/1043512/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

事故が起きれば、「予算措置」でなんとかで「ごまかす」手法も、何言ってんの」原因究明と責任追及

こそ、野党たる議員の矜持ではないか・・・、と批判が起りそうなものである。

 

何しろこんな常識的ブロック塀の作業であるも無視して、その上鉄筋もなしでは大概検査に受かる

ものでない。それが通ったのはなぜか・・・。

「疑念」が渦巻くものだが、こちらは人命が犠牲になったもの。

ゴミ値引き疑惑の学校とは訳が違うはずである。

 

ところが、この地震の様を、尋常ではない「原因」へと持って行こうとする人の存在が・・・。

まさに常人には理解しがたい言説である。

 

 

 

 

 

 

 

 

すべての事象に「アベガー」とかやっている人がいるのだが、ここまで来ると「ある種の疾患」でも

あるんじゃないかと、疑いたくなる。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●安部総理が地震兵器で地震起こした犯罪者と、デマ撒き散らす主婦や老人
マスゴミや立憲民主党に騙され、韓国に生意気な安倍政権潰しに加担する世間知らずな主婦や老人

がいるがバカだから困ります テレビ朝日やTBSなんて韓国メディアかと思うくらいだ。
日本はアベノミクスで求人倍率が高いが、日本に観光客奪われ輸出も奪われ失業者が溢れているか

らか安倍政権に憎しみが現れている。
安部は地震起こした犯罪者だ
https://twitter.com/hinahina5685/status/1008511680899239937?s=19

 

 

 

香山リカ
「安倍のせいでデモをやらなければいけなくなり、時間やカンパのお金まで奪われてきた」

▼ネット上のコメント
・やらなきゃいいじゃん
・安倍に夢中
・中指も筋肉痛になるし
・笑ったw
・ぜっ・・絶句・・・
・天然物、恐ろしい。,,

香山リカさんの正論 【国会前】
https://www.youtube.com/watch?time_continue=39&v=veFxHiM10-w

https://snjpn.net/archives/56286

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「陰謀」やら「原因はこいつ」の思考停止は、見ていて「狂気の沙汰」ではあるのだが、それを少し離

れて見ていけば、クスクス笑いたくなるってなものではある。

 

このくすくす笑いたくなるってので映画を見ていけば、ごろごろ転がっている。

それがカルト化して、発想の奇抜さが飛び抜けているのがいいと、変な脚光を浴びるZ級映画となれば、

ホラー風味のコメディーみたいな「人間ミンチ」てなものに行き着く。

 

 

 

 

 

「人間ミンチ」  七十一年未公開作

一応サスペンス的展開を見せる映画だが、そこは以後に「ミミズ・バーガー」を作った人物が監督だけ

に役者も素人同然だしと、ホラー的要素のあるものなのに、脚本の程度が酷くてコメディー的クスクス

笑いが起ってしまう。

それでも出だしの「野良猫」の玄関口の鳴き声と、それを気にする住人がドアを開けたとたんの襲撃

には瞬間的にドキッとなった。

町の至る所にいるネコが凶暴になって人間を襲う。

原因は何かで、捜査に乗り出す警察と博士に見えない人や看護婦とは見えない人とか、この映画大

丈夫かいなの不安を、加速させてくれるのが「すっとぼけた墓あばき人」やらキャツト・フードを作る

人達。

ようはキャツト・フードの材料が人間の死体というもので、墓あばきから材料費経費削減のためには、

自分で用意するのが賢明と、「人殺し」へとエスカレートと、一応はホラー風味に。

ただしスプラッター・ホラーみたいなリアル感は皆無であり、緊迫感も皆無・・・。

ただ「人間ミンチ」の題名は、ヒットではある。

大概ホラー映画は、題名である。

だけに「ミンチ機」のアイデアは良しなのだが・・・。

描写が観ている人の想像に任されているから、ショツクもないまま学芸会を見ているようで、

飽きてくるのだが、一応犯人の始末で、メデタシ・メデタシ。

まぁ題材が題材だけに、愛猫家としては「ネコが襲ってくる」にはショックを受けた。

 

 

 

「人間ミンチ 二」   〇一年未公開作

三十年後の続編は、前作のそのままの展開に、宇宙人を絡めて「キヤット・フード」の

争奪戦とか、飛びます・飛びますってな、どこまでいくんかい的あほらしさ・・・。

アメリカ政府要人まで登場させてのスケールの肥大化が、あほらしのぐだぐた・・・。

ここまでになると「カルト・クラッシック」の命名は見事である。

 

なんでも「アベガー」も、カルトだといえば、その通りだから・・・。

 

 

 

                               といったところで、またのお越しを・・・。

 

djangoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス