四駆ショップdirtway      「日々のアルバム」
ランクル80、ランクル100を中心にチューニングやメンテナンスを行う会社を経営しながら社会を見て感じたままのブログです。

ジャンルにとらわれず、独自なB型人間の視点で思ったことを書いています。

       

ランクル80など車種別ブログはサイドバーのテーマ一覧からお選び下さい。

技術的なご質問は、ダートウエイHPより正式にお問い合わせお願い致します。

コメントには技術的な事や論点の外れたもの、関連の無い内容などは反映されません。

また当ブログはSNSではありません。軽い表現の文章、短文でのコメントや

発言に責任を持たない中途半端な意見なども反映されません。


地震など防災ネットワーク、防災活動の記録はコチラから



dirtway1  ← 四駆ショップダートウエイのHPはこちら


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018年08月19日(日) 23時58分30秒

ランクル71 MTオイル漏れ

テーマ:ランクル70

ランクル70系のミッションオイル漏れ

このまま放置しておけば寿命が大幅に短くなりそう

 

どうやら上の方からだ

   

   

 

シフトレバーを取りたいと思い室内を見てびっくり

ランクル80のように簡単にはいかない

すべてはセンターコンソールが無いからだろう

  

フロアマットが邪魔になるような構造

 

   

 

仕方ないのでフロントシートを取り外しにかかる

社外シートに交換されていたけれど

そのボルトが固すぎて折れそうな勢いだった

  

 

  

 

もちろんネジ山も潰れ気味

 

   

 

修正は後で行うにしてフロアマットを先に取り外す

 

    

 

マットを取り外してもジャバラゴムでしっかりと

覆われていて次々と分解が必要になる

 

   

 

さて取り外そうと思ったらオイル漏れの部分が汚れている

こんな事なら先にスチームをしておきたかった

  

  

 

レバー根元のキャップを回す前に少し汚れを取り覗く

それからキャップを取り外して漏れている箇所の特定へと進める事にする

  

     続く

 

 

 

 

 

  

2018年08月18日(土) 23時55分37秒

ランクル71 下回りの点検から

テーマ:ランクル70

タイヤの隙間から気になっていたフロントショック

いつもは気にならないけれど

今回は交換した方が良さそうな雰囲気

 

   

 

キャリパーは新品かなって思った

 

    

 

この部分を見ると簡易的にスプレーで塗っているようだ

    

  

 

下の色むらを見るとオーナーさんが自分で塗ったのかも知れない

性能には問題無いのでピストンの動きとブーツを点検する

 

   

 

フロントのプロシャはグリス分が切れて錆びていた

 

   

   

 

ブレーキオイルタンクのヒビは何かのタイミングでは交換したいところ

 

    

 

クラッチトラブルは距離を走れば出てくる

ブレーキと違って加減などすることなく

常に踏む抜くので交換かO/Hはしておかないと立ち往生することになる

 

   

 

下回りを見てミッションオイルが垂れてきているほど漏れている

放置すれば後で困るレベル

 

   

 

   続く

 

  

 

 

2018年08月17日(金) 23時54分17秒

マフラーからオイルの煙?

テーマ:サーフ

アイドリングで白煙のような薄い排気ガスがもの凄く出ていて

オイルが減り気味だしオイル上がりか下がりのかもとのご相談

  

今では珍しくなった2L-TEの130サーフ

なんとワンオーナーなのです

 

    

 

まず空ぶかしの黒煙というか排気ガスが凄すぎる

おそらくアクセル全開で走ったことが最近ないのだろうと尋ねてみたらそうだった

  

アイドリングで長時間放置した後やアクセルをガッツリと踏んで走らない場合は

エンジンから出た直後から周囲に排気の粒子が付着する

これには排気の流速を速くして溜まった排ガスを出さない限り元通りにはならない

現状では診断は不可能となる

一昔前のディーゼル車の宿命でもある

 

排気ガスがひどいから余計にアクセルを踏むのを控えるので排気ガスの粒子はどんどん溜まる

空ぶかしでは絶対に取り切れないので排気ガスの絶対量が必要となる

 

基本的にオイルが絶えず燃えているならそんなことに関係なく煙が出てくる

タービンは1、2年の間に交換したとのことでキレイだった

 

   

 

エンジンの下を見るとオイルパンやブロックなどがオイルで汚れている

フロントデフまでも漏れてきたオイルだらけになっていた

ブローバイのオイルとは思えないので見ていくと

ターボの下付近が一番ひどい

 

バキュームポンプのオイルが漏れている箇所があるのかも知れないけれど

一度スチーム洗車しないと分からないレベルのオイルだった

 

タービンからのオイルリターンパイプからホースに変わるところでオイルが溜まっていた

よく見てみるとオイルのリターンパイプガスケット付近にオイルが見える

コンプレッサーハウジングからはブローバイのオイルはまったく出てきていない

少し気になるオイルのフランジ部

 

  

 

オイルがが減るのはまずはオイル漏れを直すのが先決

排気ガスはある程度アクセルを踏む走りをしてもらい粒子を溜めないようにする

答えを出す前に今しなければならないことがあるので環境を整えてからにしたい

 

このような相談の場合はエンジン降ろしましょうとか

ヘッドを降ろしましょうの前にやらなければならないことを

実施してから考えることになります

 

 

 

 

2018年08月16日(木) 23時59分05秒

HZJ71の標準車 初メンテナンス

テーマ:ランクル70

初入庫の最終期ランクル70ショート

ベルトの粉の汚れがあるぐらいで20万キロとしたら

それなりに良い感じのエンジンルーム 

   

   

 

お預かり直後に試走をしたけれどなぜか遅い

ワイヤーの点検はしたけれど伸びてもいないし

アクセルを全開踏めばリンケージもMAXに伸びている

 

  

 

となれば他車との違いは噴射ポンプしかない

 

  

 

おそらく新車の時から誰一人として遅いとは思わなかったからここまで来たのだろう

機械式で個体差もそれぞれ大きいのでトヨタ的にはOKだろうけど

4200のディーゼルでマニュアル車でと考えるとトルク不足に感じる

正常に戻すかどうかはオーナーの価値観次第となる

  

ヒーターホースとバルブ類は無交換のようなので今回は交換リストに入る

 

  

  

 

案外放置されがちな噴射ポンプへとつながる冷却水のホースも交換対象になる

 

   

 

一番の基本のバッテリーターミナル

今回は交換が望ましい

交換したらグリスを端子上に乗せておけば長持ちしやすい

 

  

 

何をするもまずは基本はしっかりとおさえておきたい

 

サーモスタットとウォーターポンプなども20万キロとなれば

トラブルの元になりかねない

今交換しておけばおおよそ15年ほどは大丈夫なはず

    

とりあえずすべてを点検した後に交換おすすめの優先順位を付けたいと思っています

 

  

 

 

2018年08月15日(水) 23時55分55秒

冷却水漏れでSOS

テーマ:ブログ

お客様から緑色の液体が漏れているんですけどと連絡が入る

どう考えてもLLCだろうから漏れ具合を聞いて取りに行った

 

色んな車が並んでいるガレージはカッコイイ

その中の一つにジムニーがある

そのボンネット内を見るとすでに漏れた跡があるけれど

場所の特定は出来ないような感じだったので距離も近いし乗って帰ることにした 

 

会社に乗って帰ると下に冷却水が落ちている状態

水温計は半分以下で安定していたのでそれほど漏れている量は多くないだろう

 

   

 

エンジンルームを見渡すとスロットルへとつながる

ウォーターホースからにじみ出ていた

 

   

 

たまに勢いよく飛び出している時もあった

これにはビックリ

 

  

 

水道水のシャワーをラジエターにかけ続けて水温を下げた

ついでに冷却水を洗い流しておいて  

その後確認するとスロットルへとつながるウォーターホースのもっと下側は膨らんでいる

 

  

 

他のホースも膨らんだ異形状態

 

  

 

ホースバンド部から冷却水がにじみ出すことはあっても

トヨタ車ではまず見ることの無い穴あき&噴水

四駆と言っても仕方ない軽四品質だろうから細かなホースまですべて交換です

 

  

 

 

2018年08月14日(火) 23時58分03秒

涼を味わいにランクル77で

テーマ:自然

友人達にバーベキューに誘われたので夕方前から

購入したばかりの車、ランクル77で走る

 

会社からは30~40分ほどで到着

想像よりも川はキレイだった

浅そうで想像よりも深かったりと

川で命をかけたくないので泳ぐのはパス  

 

 

    

ひたすら肉を食べて涼んでいたら日が山に隠れる

色んな鳥たちが群れになって右から左へと飛んで行く

山深い方へと飛んでいるのを見ていると

寝る巣はもっと山奥にあるのだろう

  

     

  

川の中はとにかく魚が多い

足を水に浸けるだけで周囲には

メダカのような小さな魚が集まってくる

川は魚たちの住処

水の中を四駆で走り回る非常識な人間はいなかったので一安心

  

  

 

何事も食物連鎖の法則が当てはまる

小さなか弱い生き物に牙を剥く者は

もっと大きな何かに潰される

 

それは人間同士でも言えることで

弱い立場の人間を痛めつける者は強い者から同じ事をされるといい

加害者の人権を守るよりも正義ある社会の掟を適用したい

 

 

 

 

2018年08月13日(月) 23時56分54秒

阿波踊りの未来

テーマ:ブログ

ずっと徳島に住んでいる人間の私的見解

今は徳島市内と接してはいるものの市民ではない

高校時代は市内ど真ん中に3年間通ったので身近に感じる

    

昨夜の総踊り、映像で見る限り狭い通りにもかかわらず

安全とは言い切れないが大混乱にもなっていない

それどころか観客一体となり楽しそうに見える

これが本来の阿波踊りじゃないのかと思える

   

狭くて危険と言うなら駅周辺のメインの道路をすべてホコ天にして

踊りたい連にすべて解放する

チケット販売が100%にならないのは踊り子達の連の問題ではなく

それだけの人気でしかないという事実を認識して

有料桟敷箇所を一部廃止する

質の高い踊りを楽しみためにも桟敷席はあっても良いが

有料というなら運営も踊りもプロとして一流イベントでなくてはならない

    

そもそもスポーツイベントやライブ会場のように

試合をするためのハードな環境作りや音響作りが

お金を取るほどのプロの域に達しているのだろうか?

単に運営するすべての経費を有料としているだけではないのか

  

県外からお客様を呼びお金を取るなら超一流アーティストと同程度の運営が条件となる

お祭りだとしたら基本無料で見るのが普通ではないか?

運営がお祭り程度なら市の予算とスポンサーで出来る範囲で縮小して実施して

有料なら桟敷席をもっとハイレベルなイベントとしてやり遂げる

目先の赤字・黒字などよりも歴史ある阿波踊りを続けて行くには

どうすべきかと言うのを考えられる人材に阿波踊りを託すべきである

 

 

 

 

2018年08月12日(日) 23時57分34秒

ウンベラータの早い成長

テーマ:植物

冬に外に出しっぱなしにしたせいで

7本すべてのウンベラータを枯らせてしまい

6月に鉢の分だけ小さなウンベを購入してきた

  

本来のウンベが植わっていた大きな鉢の受け皿に

たくさん入るぐらいの大きさだったのに

  

     

  

それがたった2ヶ月で葉っぱがどんどん出て伸びてきて

大きな鉢いっぱいに立派に広がってきた

もちろん上にも成長してる

   

    

 

そろそろ下の方から剪定していこう

葉っぱのサイズはいつものように大サイズとなっている

  

年賀状を置いて比較してみた

 

  

 

毎朝見る度に中央の葉っぱが伸びるか、新葉が出てくるか

とにかく日々成長し続けるウンベラータ

 

大きくなった来も良いけれど

小さな頃から育てるのも楽しいもの

水と日当たりさえ良ければどんどん成長

この観葉植物はおすすめです

 

 

  

  

2018年08月11日(土) 23時53分10秒

ランクル100 AHCからサスペンション交換

テーマ:ランクル100

ランクル100のAHCサスペンションシステム

誤動作が始まったりオイル漏れとなった時が通常サスペンションに交換するチャンス

 

ランクル100の場合はショックをどうするか、リアコイルをどうするかが大きなポイント

今回は前後共にコニーを選択

コストパフォーマンスに優れること、納期待ちがなくほぼすぐに揃うこと

  

コニーと言えばこのような色合い 

  

    

  

加工はフロントロアアームのBK部のみ

ダンパー上部はブッシュとワッシャリテーナーは考えて組み合わせる

   

   

 

フロントは社外強化トーションバーに交換

ちなみにAHCトーションバーは細くて使えない

 

ショックを取り付後の様子

 

   

 

リアは固すぎないバネを選択

 

   

 

ステアリングレスポンスがシャープになり舗装でのコーナリングが

最高になるという味付けではない

あくまで4本のタイヤが動いているのに車体が揺れにくいという仕様

レーシーに走らせたいならビルシュタインやオーリンズの特注になる

毎回オーダーで製作しているので納期や価格も高価になる

  

かといって中途半端なショックなら純正ショックの方が全然良い

純正ダンパーの味付けを上回る事が社外品ダンパーを取り付ける上での絶対条件である

色々な事を考えてお客様にオススメしたコニーショック

 

取り付け後にお客様と一緒に試走

路面の段差を越えてもボンネットはしっかりとしている

舗装路の凸凹道を走ってもタイヤが動いている感ありで合格

  

ちょっとスピードを上げて走って見ても

不安定になったりしないので恐くない

ブレーキも思い切って踏めるし

ステアリング操作は無理やり感もなく落ち着いて回せる

決して高剛性サスペンションではないけれど

安心してスピードも出せる→安全に走れることが試走で確認

  

求めるレベルにもよるけれど

安心してアクセルもブレーキもステア操作もできれば

ランクル100として外したサスペンションにはなっていないということになる

この仕様なら高速道路のつなぎ目などは気持ち良く感じて走れるはず

  

帰りの道のり居眠りしそうになりそう

 

いただいたカープ関連もの

往年の良き時代の大ファンなので嬉しい

 

   

 

ただ、今年からは大谷君の活躍に夢中で

カープの試合結果はまったく見ていないけれど

頑張って欲しいと願っております

 

 

 

 

2018年08月10日(金) 23時59分07秒

メカニック募集のお知らせ

テーマ:ブログ

ずっと以前から慢性的に作業がたまっている状態で

考えたら何年もこのような感じが続いている

作業効率を上げるためにメカを募集しております

 

いつでも面接は受け入れる気持ちなのですが

そんな話しが無いのであえてブログ記事にします

  

応募条件下記の通りです

 

・二級自動車整備士資格を持ち一般的な車検・分解整備が出来る程度でOK

 

・車の向上を目指して労力と勉強を惜しまない思考回路

 

・労働者という感覚では無くメカニックとして誇りを持ち仕事が出来る

 

・ずる賢くない人

 

・車をずっと好きでいられる人

 

なるべく少なくまとめようと思ったけれど

書き始めたら次々と出てくるのでこれぐらいにします

  

阿波踊りじゃないけれど

どうせ仕事するなら好きな仕事をしないと損々でしょう

 

四駆好きじゃなくても車好きなら全然OK

もちろん年齢性別も問いません

ご興味ある方はぜひどうぞ

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス