AHC車両から社外サスペンションに交換して2インチアップ

よくあるサスペンションの交換だけど

少し間違えば走るための強化されたサスペンションではなく

いつも前後や上下に小刻みに跳ねているだけのような

良いところが無い見た目だけのリフトアップになる可能性もある

  

トーションバーで2インチアップさせてやることだけを考えると上手く行かない

2インチ程度として試走しながら最適な調整ポイントを探していく

  

ランクル100用のショックとの組み合わせ

純正車高なら大丈夫でも

サスペンションのセットアップが変われば上手く行かない時もある

  

 

  

ショックを交換後はトーションバーの調整を行い試走を重ねて

ステアリングの応答性や安定性が良くなっているか

タイヤは上下に動きつつも車が一緒に揺れすぎないか

たくさん感じるチャンネルがあるほど完成度は上がる

  

純正のサイズなら伸び側のストロークが減ってしまう

それを補う為になのか延長するものが付けられていた

  

問題は1G時の車高を見る限り少し車高は高めで

トーションバー調整時のプロフィールは取れていないだろう

  

    

   

ここでジャッキアップしてやると伸びていくので

伸び側のストロークは確保されている事には違いない

 

   

 

ショック取付の位置関係もあるけれど

このように接触するほど伸びきってしまう

純正ショックでも20mm程度伸ばせばアッパーアームが

シャーシのマウント部に接触するほど伸びる

  

    

 

ここまでの延長は2インチアップには不要なので取り外すことにした

  

トーションバーの調整をしてもLC100用ショックでは

少しショックの性質が違っていて私は求める仕上がりにはならない

 

ブラケットを外して前後共に違うショックに交換する

後は試走を繰り返して操縦性、安定性に必要なバネレートと

タイヤが車が前に向いて走るスピードよりもタイヤが素早く上下に動くように

トーションバーを調整していく

色々な制限の最大公約数的なところでセッティング完成

 

   

 

上部取付部は最初とは違い純正の100のブッシュとワッシャで固定

コニーのショックでも良い感じでまとめることは可能です

  

ランクル100として最高の操縦安定性は得られないけれど

その次の段階のショックとしてはベターな選択のショックでしょう

   

  

  

ショックのブランドはどこがいい?ではなく

スプリングとのマッチングや特にLC100はフロントの微調整が必要で

パーツの選択とその調整が一番大事なので単にブランドの問題ではない

それがランクル100のリフトアップです

 

 

 

78プラドのエンジンがかからないとのご相談

それぞれの車で色んなトラブルはあるけれど

78プラドの場合は特に1KZエンジンに関する問題が多い

 

預かってエンジンをかけてもエンジンはかかる

まったく症状が出ない

ほんの数年前に噴射ポンプはリビルトに交換しているとのことで

ECU、FUELキャップ、ホースなどは当社で交換済み

いつものトラブルになるような部品はすべて交換済みとなっている

  

エンジンがかからないという印象は全く受けない様子だったけれど 

そうこうしているうちにたまに一度でエンジンがかかないときがある

初爆はありそうな感じで、2回目のスターターでエンジン始動する

  

お客様によるとそんな感じでかからないとのことで

それが10回スターターを回し直してもかからないとのこと

  

正確にはエンジンがかからないと言うよりも

かかりそうに初爆らしきものはあるけれど

始動しきれないエンジン

   

それでも一回でかかるときもあるし

数回でかかるときもあれば

何度試みてもかからないときがあるとのこと

  

預かっている際には悪くても2回目ではエンジンがかかっていたので

あまり調子が悪いようには感じなかったけれど

お客様の不調の意味が分かったので

ダイアグで出た補正抵抗を確認してみる

  

コネクタを抜いて補正抵抗を2個取り外す

 

   

 

まずは見た目的に古そうだった

リビルトポンプ付属とは思えないレベル

 

   

 

周囲に印字されている品番も読み取れない

  

   

 

補正抵抗と言うだけあって

噴射ポンプの個体差に応じて噴射燃料のレベル調整を

ECUがポンプに付いている抵抗で調整しているシステム

 

品番によって60Ω台から1.4KΩまでは確認できる

その範囲なのか測定してみると

茶色は600Ω台で

グレーは単位がMΩとなっていた

テスター上では断線はしていない様子

  

怪しいので2個ともに新品で600Ω台を用意して交換する事にした

 

   

  

そしてスターターを回してみる

すると1発でエンジン始動

 

その後エンジン停止と始動を繰り返しても異常なし

お客様に引き渡しても変わらず一発でエンジン始動

   

当社はリビルトの購入先がDENSOメーカーリビルトしか扱わないけれど

購入先が違えばこのようなこともよくある話しらしい

  

噴射ポンプはリビルトに交換しているから大丈夫だといっても

ハウジングが交換されていなかったりすればハード的に意味がない

エンジンがかからない原因が直っていない事と同じで

付属部品の状態にもよりエンジン不調はあり得る話し

   

どちららというと一番初期的な小さな問題が

今の時期になり出てきたようなトラブルでした

 

 

 

先月中旬、出勤してきて今日は晴れそうだと思い計画を決行

下道で1時間半ほど西へ下道をランクルで走った

  

朝から車で下道をゆっくり走るのも居眠りしそうなので  

母に声をかけて一緒に出かけた

  

脇町のうだつの町並みまで走る事にする

小・中学校の時に家族で同じ道をもっと西までよく行っていた

その頃記憶にある建物がまだ残っていたりして

昔を思い出しながら母と話しをしていると睡魔に襲われることなく無事到着

  

駐車場に止めて堤防を駆け上がりお決まりの場所から撮った吉野川 

  

   

  

空が近くて大きく見えた

 

    

  

うだつまで走って来たのは目的もあった

少し前に甘酒を頂いていてそれを母が飲むというので渡していた

その感想を聞くと凄く美味しくて、もったいないから少しづつ飲んでいるとのこと

  

味が濃厚で昔におじいちゃんが家で作っていたものと同じ味がするらしい

そんなに美味しくて少しづつ飲むならたくさん飲んでよと言う気持ちもあり

買いに行くなら一緒に出かけたいなと思っていたので良いタイミングとなる

  

美味しい甘酒を造るには機械に任せない手作りで

温度管理などじっと向き合いながら作っている甘酒

専門的なことは分からないけれど想像以上に手間暇かかるとのこと

インスタにもそんな造りが上がっております甘酒はこちら

   

     

  

コロナの影響もあり、人影は無い少し寂しいうだつの町並み

独占できたこの町並み

  

   

  

それぞれの家の前には風鈴が吊してあった

みなさん普通に生活している家ばかりでそこもビックリ

  

    

  

この日の空はとても魅力的だった

 

    

 

昨年は歩けなくなるかも知れないぐらいになり、首の手術をした

そのことを考えると自分の足でこの暑さの中を歩けているのは幸せなこと

元気になった母です

 

    

  

甘酒は手作りなので数には限りがあるらしくて

お店での販売だけとのことで少しもったいない

もっと大きくして作ったらと尋ねたら

 

そうすれば人を雇いその人に発酵の温度管理などを任せることとなり

完全な作業工程を行えているのに人任せだと

その人の性格により味が変わってしまうから出来ないと

こだわるプロの発言で、この気持ちはよく分かる

  

脇町のうだつの町並みを訪れた人だけにしか買えないけれど

何かで機会が出来た方は美味しくて栄養価の高い1本に出会ってみて下さい

  

    

  

ランクルの方は往復約3時間の間

まったく異常なしですべてが満足した1日となったのでした

 

 

 

ランクル100の50周年アニバーサリー車

ライト類の中が変色していてライトの効率が落ちていたので

新車時のままのライト回りの部品で綺麗に復活した100

 

   

 

ランクル100のAHCサスペンションはショックの部分がバネの役目もしていて

油圧も高く、制御も含めて色々なトラブルも出てくるのだけれど

フルードが滲んでくるのは異常ではなく物理的な想定内のトラブル

 

   

 

特にフロントのショックは長年の漏れに注意したい

 

   

 

フロントショックの下部マウント部へAHCフルードが常に漏れていると

ゴムが侵されて車高も安定せずに異音も発生する

 

   

 

社外品の太いトーションバーに交換して車高をセット

ショックも交換してAHC付き車では味わえない安定性を手に入れる

  

お客様がどこかで入手して取り付けていたインタークーラー

倍はありそうな容量で乗用車の物を流用しているのだろう

この角度からしか見ていないので取付に関しては全く知らないまま

 

    

  

ボディリフトがされているようでブロックを見てびっくり

昔によく使っていたパープルのボディブロック

あまり使われていなかったと思うのでどこのショップさんなのか想像出来る

  

おそらく細かな所まで手が入っているだろうから

安心して乗れるボディリフト車でこのお客様は良かった

 

     

   

エンジンルームにブーストコントーラーを取り付けて

燃料増量もするのでサブコンも取り付ける

 

ちなみにこのタイプのサブコンはこれで取扱終了の予定で

次回からは価格は倍近くになるけれど違う機能の付いた

ブーストアップ時に出力が上がりやすいサブコンになる予定です

 

    

 

ずっと昔のブーストリミッターカットなる商品はサーフなどで

エンジンの出力が上がらないなどのトラブルがよく起きていたので

小さなBOX系のものは止めてeマネージでその代わりをさせる事にした

  

    

  

アルミホイルはよりホリが深く見えるスタイル

 

    

 

タイヤもクロカン派には見えない現行のグッドリッチのMTタイヤ

その代わりにタイヤは太く見えるのが特徴

  

  

   

 

ランクル100の場合は車高は上げても6インチまでとしている

見た目の派手なカスタムには興味は無い

 

運転する人にもよるけれど運動性能や操縦性が標準車よりも

高くなければチューニング車とは呼べないので

そのラインにはこだわって改造しています

 

ガソリン車や中期以降のAHCサスからの改造について

よく問い合わせがありますが

それぞれで頑張ってやって頂くしかありません

 

当社での作業なら仕事は行いますが

お答えのみのお返事はどう考えても

当社での作業方法・対策などは話せませんのでお問合せはご遠慮下さい

 

 

先日、冷却水漏れとリアの左右のドアに溜まった雨水が

ドアから噴水のごとく吹き出していたプラドの続編

  

このぐらいの水の出方であればすぐに止まるだろうと

考えていたけれど想像よりもはるかに長い時間水が出てきた

  

始めは下に垂れている程度だったけれど

少しその部位を突いてからこんな風に勢いが増した

なので雨の日は圧倒的に流入量の方が多かったはず

   

      

冷却水漏れは大変な事になるので、まず先にこちらの部品交換を行う 

ヒーターホースの方はすべて予想していた通りにセット完了

  

     

   

純正のホースと純正のクリップを使うのが

今現在行うべき最善の仕事だと考えている

 

    

  

最後にリアドアをどうしようかと思案していたら

本来水が抜ける穴から水が抜けなかったりしていた訳だから

  

水道水を勢いがあるジェットにして

前後の穴からゴミ類を押し出してみることにした

  

     

 

ずっと水道を入れて異物感が無い感じになるまで流してしまう

ストレートに水が抜けるまでやり終えたドレンの穴

  

    

 

水を入れた直後は最初と同じように水が出にくい状態になる

どうやら異物が水抜き穴を塞いでいるようで

ピンセットで取ってみることにした

 

それも一度ではまた同じようになったので

細かな異物も含めて水道での穴に向っての洗浄と

大きな異物は取り除くこと数回 

やっと毎回水が勢いよく出るような穴が確保出来た

 

小さなゴミは流れてしまったけれど

穴を塞いでいた異物はピンセットで引き抜いたので

その異物はこのようなものだった

 

先が少し出た時点で水抜き穴は塞がれることになる

なんども水で洗浄をしたのでもうこれ以上は無くなった 

  

   

 

続いて左リアドアにもジェットの水圧で注入

思いっきり異物が見えるのでラジペンの小さいので引き抜いた

 

また水圧をかけると同じような異物で塞がれる

そしてラジペンで引っこ抜く

こんな作業を何度も行うとは想像もしなかった

  

途中であきれてしまうほど多かった

オーバーフェンダーのブラケットを取り外したのだろう

その際の作業で出たリベットだろう

  

   

 

このリベットに小さなゴミが絡んで水の流れをせき止める

ドアから水が落ちにくくなりドアの下が錆びてくる

ノックルドールを噴射する以前の問題となる

 

内張りを取り外して洗浄がベストだけれど

前後の水抜き穴からジェットの水道水を入れることで

現状と異物が抜けるのでとりあえず洗車の際に

試しにやってみて問題がなければ乾燥後にノックスドールを噴射

  

あまり気にしたことは無かったけれど

もしかしたら他にも同じような事が起きていても不思議では無い

洗車の機会がある車両については

テストがてらやってみる価値はありそうです

 

 

 

以前にも紹介したことがあるけれど

メンテナンス履歴を凄く分かりやすくするテキストシートがあれば良い

  

適当にコピーして作った見本のシートです

 

   

 

もし交換や調整が行われていない箇所が続けば一目で判明するので分かりやすい

1ページづつパラパラとめくって確認するのでは難しい

 

毎回整備が終わるとマイページに記入していくと

ひと目で分かるしデータとなり、トラブルなどで次に整備する人へと

情報が漏れること無く伝わっていく

  

今回はアクスル系ではハブベアリングやナックルベアリングなどの交換は無い

もちろん前後ともないので年数を考えるとその時期とも言える

  

    

 

ステアリングロッドの交換歴もない

エンドブーツはビビ割れて破れなくても長年乗っていると

アーム側の取付部でブーツのすそ野からも出てくるので

グリスは十分とは言えない状態

 

   

 

その漏れ出すキッカケの一つに

ステアリングロッドを調整する際にパイプレンチで回すからだ

  

固ければロッドASSYは交換する事を検討しないといけない

熱して回したり無理に回すとエンドに負担がかかる

命を繋ぐステアリングロッドなので簡単に作業を行う事は間違っている

   

そんなパイプレンチの跡があるロッドの場合は

両サイドをいつも以上に点検する

 

   

 

デフオイルの交換歴は比較的回数は多くあったのだけれど

ガスケットは交換されていない

ガスケットがボルトの周囲に出てきて工具がかかりにくくなる

それでボルトへナットを溶接したりの作業が増えている

 

     

 

ブレーキのタンクは交換されているけれど車上で作業がもしれない

 

    

 

よくあるブレーキフルードの漏れはマスターバックとの接触面だけでなく

マスターバックの中に向いても入っているような状態の時もあるので

定期的にシリンダ内のピストンやバネ、シールなどすべてを交換したい

  

   

 

下回りは比較的きれいな方でボディにはサビは見当たらない

  

   

 

リアヒーターホースも今ならホースとクリップの交換のみで

リフレッシュ可能

 

   

 

少しサビが見えている場所については

ラストボンドを施工すれば交換する必要もなさそうな状態

何よりもボディ下側の状態が良ければ

車の機械的装置の復活やボディ外板の塗装などは

いくらでもやり甲斐があるというもの

  

   

 

過去の整備記録の保管が役立って

お客様のハチマルはメンテナンス早見シートにすべて記入

  

実際に車両の状態を点検しながら整備する箇所、

今後整備していくべき箇所が整理されたと思うので

作業を進めていく準備に入ります

 

 

ランクル80の点検前に試走を行う

アクセルを踏めば加速はするのだけれど

街中運転で1800回転で失速感が大きい

アクセルを軽く踏む度にこの回転で壁を感じてしまう

  

標準状態だから仕方ないというのもあるけれど

ATのシフトアップ&トルコンの特性と

エンジンのトルク発生との相性が悪い

少し変えるだけでフィーリングは上昇するはず

  

年数からもオーバーホールをしても惜しくはない噴射ポンプ

  

    

  

分かりにくいけれど噴射ポンプへとつながる冷却水ホースに漏れ跡がある

  

    

  

リンケージもグリス分が全く無くガタが多く発生

 

   

  

燃料フィルターは交換されているけれど

FUELキャップは交換歴が無い

燃料が漏れてくるのは時間の問題で

朝エンジンがかからなくなる原因の一つ

 

    

 

ホースの抜き差し跡があり

エアーを吸う原因となるので

エンジンルームのFUELホースは定期的に交換するのがベスト

同じようにエンジン始動しない原因の一つでもある

 

    

  

ヘッドカバーガスケットの交換歴があり  

タイミングベルトの交換歴もある

ウォーターポンプは交換歴がない

その外観からしても交換はされていない

あと一息で交換で来たウォーターポンプ

ニアミス状態なのに交換がされていないのは惜しいところ

年数からも交換が必要と考える

 

  

  

インテークパイプの脱着にはEGRのバルブも取り外すけれど

分解する場所が違うとナットの締めにくい場所もある

余分な場所は分解しないほうが良い

 

   

 

走行は少なめでもクランクの前後オイルシールから

オイルの滲み出しは確認出来る

  

ラジエターを交換したり脱着したりする際には

クランクプーリーを外してオイルシールを交換しておきたい

    

     

 

パワステのポンプからも漏れがある

コチラはハチマルを乗り続ける限り

サイクルは長いけれど何度かのオーバーホールは必要

  

    

 

大まかなエンジンルームの点検は終わって

下回りの点検へと続きます

 

 

走行距離が10万キロを超えたばかりのランクル80

まだまだこれからも大事に乗り続けていきたいとのことで

メンテナンスのご相談を受けてあちらこちらと分解前の点検です

 

お客様が残している車検時などの整備・交換記録は長年になると

特に分かりにくいので項目別に入力していくことで

現状とこれからの課題が見えてきます

  

1枚づつの記録をたくさん集めていても見えてこない整備状態

エンジン、駆動系、ブレーキなどと分けてひと目で分かるシートの作成を

おすすめします

 

ではまずはエンジンルーム全体の様子から

 

    

 

遠目で見ると綺麗なんだけども細かく見て行くと

今壊れていないからそのままになっているという状況が見えてきます

  

バキュームホースだけではなくターボ車なので正圧もある訳で

ブローバイの影響も受けるので抜ける前にホースの交換は必要となります

このような状態でも走りに支障が出ないのはトヨタの部品の品質が高いからで

しっかりと整備されているからではないので注意が必要です

 

そろそろ交換した方がいいブースト関連のホースとガスフィルター

 

    

 

すぐ横にはアクセルワイヤーがあり

冷間時のアイドルアップを外してワイヤーを指で引っ張って確認

余分な遊びは無い方がいい

取付部のナットの調整の長さ具合で引っ張る前に想像は付きます

 

   

  

程度が良いから放置されているヒーターホース

純正のクランプで冷却水漏れが発生していないけれど

ホースのカタチを考えればそろそろ交換時期

 

   

 

室内からのアウトレットホースは冷却水漏れがあったようで

ホースバンドに交換されているけれど

あくまで応急処置としてのことで

ホースとクリップは純正新品を組み合わせて作りたい部分

 

    

 

ラジエターのロアホースもそろそろ交換時期

走行だけではなくて年数を考慮すると

ホースもバンドもその先のサーモスタットまでも交換しておきたい

 

   

 

ラジエターの冷却水を交換する際は

ラジエター本体ほど持たない樹脂製のドレンプラグ

Oリングほどではないにしても定期的に交換したい部品

 

   

 

そのタイミングでターボのウォーターホースも交換出来るので

同時に交換しておきたいホース

  

    

   

 

ランクル80後期の車両で走行距離も少ないとはいえ

年数で言うと24年になるので

トラブルが出る前に交換してやれば嫌な思いをせずに乗り続けることが出来る

すなわちずっと好きなままでハチマルを見えると言うことになる

  

人間とは勝手なものでいくら好きでも次々と壊れ出すと

得てして嫌いになったり見切りを付けたりする部分があるはずなので

好きなものをずっと好きでいられるように

調子が良いときに的確な整備をすることで

気持ち良く乗り続けられる確率が高くなる

 

それでも車も人間も同じで急に不調になったりもする

昨日までは何も無かったのにと思う気持ちは分かるけれど

体調不調で病院を受診するときに先生に同じ事を言っている

 

そんな自分に気がついたので

車のトラブル時もおおらかな気持ちで見てあげようと

愛車に対してそう思うのでした

  

続きます

 

 

 

オイル交換をしてもらった際に冷却水が漏れているようだと指摘があり

オーバーヒートすれば困るので点検・修理でお預かり

 

確かに漏れているのは分かる

しかし極端に水は減っていないし

走った後でも冷却水が噴き出している訳でも無い

  

    

  

とりあえず水をかけて漏れが分かりやすいように洗浄する

 

   

 

しかし試走はするけれどなかなか冷却水は漏れてこない

暑いけれどヒーターバルブを開けて走行していたけれど

流れを無くす方が良いかもと考えてクーラーにして試走

 

それでも水温が上がっているのに漏れは無い

もしかしたら発見した人がホースバンドを締めてくれたのかもしれない

 

何度か試走をしているとやっと漏れが少しある場所を発見

やはりホースバンド付近からにじみ出していた

 

   

 

漏れた冷却水は下の方に流れていた

  

 

   

 

リアヒーター付き車のホースはすべてあるので純正品に交換

ホースバンドは2種類の17φ用のクリップを使い交換する

  

ここまではよくあるトラブルなので普通に対応

チェックしているとエンジンをかけたりする度に雨水が下に落ちる

何か不自然な感じがしたので少し見てみることにした

  

まずはサイドステップにコケがあり色が付いている

 

   

よくあるサンルーフからのトラブルかと思いフロントドアを開けると

フロアマットもドア部もステップ部もまったく異常は感じない

 

次にリアドアを開けてみるとドアから水がチョロチョロと出ていた

少しその先を掃除してやれば

なんと噴水のように雨水が噴き出してきた

 

    

 

その量は半端なく出続ける

ドアの水抜き穴がゴミでふさがっていて雨が溜まっていたようだ

  

   

 

この付近は雨では無くプラドから出てきた雨水

ドアのサビが気になる

  

走行は30万キロ手前だけど走りの調子は良い

錆びなければまだまだ乗れるはず

 

   

 

冷却水の漏れは想定内だけど

ドアからの噴水はちょっと予想外でビックリ

ゴミを取り除き洗浄してノックスドールを吹きつけておくのが良さそう

 

いつどこで災害が起きても不思議ではない雨の勢い

サンルールやドアのウエザストリップなど

20年を超えるような車は交換なり対策をしておかなければ

余計なトラブルが発生して寿命を縮めてしまいそうです

 

 

 

サスペンション変更前の185サーフで試走

操縦性は高くない、ステアリングの応答性も低い

なのにこの乗り心地が悪いのはなぜなんだろう?

そんな風に思いながら足まわりを分解

 

答えはハイグレードに装着される2ステージショックアブソーバーにありそう

柔らかいのでハードにするとコンコンと突き上げの揺れが残る

スプリングが柔らかいににショックだけ固くしたことで起きやすい現象

 

固いと言ってもオーリンズやビルシュタインのような固さでは無く

車の操縦性を伴わない固さとなっているので難ありな状態だった

 

    

 

車検も兼ねていたので長年交換されていないブレーキホースや

ファンベルト類などを交換

 

    

 

ロアアームのボールジョイントのブーツも交換

 

    

 

フェンダーの隙間から中が見えるようになる事を考慮して

綺麗にしておく

 

   

 

リアも綺麗に変身

 

    

 

ワンオーナー車なので大きなサビも無く

交換したサスペンションが綺麗に見える 

  

    

  

欲を言えばフロントの減衰力がもっと高い方が良いと感じたけれど

間違いなく純正よりもコーナリングの安定性や

車の姿勢の乱れなどが減り安心して走れるようになる

 

  

 

しかもサスは固くはなったのは分かるけれど

ショックで絶えず揺れていた現象が無くなり収まりも良くなったので

純正よりもはるかに乗り心地が向上した

  

以前とは変わりタイヤをジオランダーのATからMTに変更

オフロードは走らないけれど四駆としてはカッコイイ

車高も上がり前後バランスも変わったので

同じ車とは思えないほど大変身

 

   

 

サーフだけではないけれど

ショックの選択を間違えれば操縦性は大きく落ちてしまう

安全に運転を楽しめるような車に進化させてやりたいものです