こんにちは、ダイエットチェイサーです。

GWも、あっ…







…っという間に終わってしまいましたね~(=◇=;)


ダイエットチェイサーは「休み」とくれば「食べる」ときて「太る」というのが相場ですが(泣)、皆さまはいかがでしたか?


さて、本日はダイエットのマル秘【その2ー③】~カサの置換え~です。

前回までの記事はこちら↓


ダイエットのマル秘【その2ー①】~カサの置換え~


ダイエットのマル秘【その2-②】~カサの置換え~


これまでの内容を簡単にまとめておきましょう。


カロリーが高いものをいっぱい食べれば当然太ってしまいますので、


①カサのあるもので


かつ


②カロリーが低いもの


を食べて、強制的に効果が出るようにしてしまいましょう!ということでした。

具体的には、

・こんにゃく

・寒天

・ところてん

・サラダ

・きのこ

・海藻

などを食べるわけです。


ただし、ただ「食べる」だけではなく、食べ方に工夫が必要。


その工夫のキーワードは


①順序 と ②強制無存在


です。


①の「順序」というのは、お肉やごはんでおなかがいっぱいになった後にこんにゃくなどを食べても仕方ないので、「まず最初にカサのあるカロリーの低いものをおなかに入れましょう!」ということでした。


しかし、①を実践しようとしても、なかなかうまくいかなかったり、長続きしなかったりします。


なぜでしょうか?


想像してみてください。


お腹が空いて空いて、今すぐにでも何か食べたいアナタ。


目の前に、お肉やお魚など自分の食べたい大好きなものと、ダイエット用にと用意したサラダやこんにゃく料理が並べてあります。


お肉肉 しゃぶしゃぶおいしそう!お魚魚の骨食べたい!(ちょっと、魚が食べ終わって骨になってるってば!(笑)


でも、あなたはダイエットをしないといけない身。


「順序」を守って、お肉やお魚を避け、先にサラダやこんにゃくをたべなければなりません。


ああ、なんとつらいことでしょう!


大好きなお肉、お魚がそこにあるのに!


目の前でおいしそうに食べられるのを待っているのに!


手の届くところにあるのに~!!


でもダメです。


先に食べてしまってはダイエットになりません。


淡々とサラダやこんにゃくを「4分の1くらいで甘みを感じるくらいまで噛んで、終わったら…」。


どうでしょう?


こんな状態が毎日続いたら、「まあ、ちょいとお肉もつまみつつ…」なんてなってしまいませんか?


そこで登場するのが「強制無存在」です。

察しの良い方はもうお気づきでしょう(笑)。

次回は「強制無存在」の内容に迫ります!!

またブログを見に来てくださいね☆

先日、読者の方から「脚痩せの記事を!」というコメントを頂きました。

「部分痩せ」についてもこれからおいおい記事にしていこうと思いますが、

まずはコチラ↓がありましたので、先にご紹介!!☆☆

脚やせダイエットメソッド(メールサポート、オンライン動画付き)

それから、前回までにメッセージや購入希望をしてくださった方が多かったものを、「メッセージボード」に順位を付けて載せてあります!

こちらも是非見てみてくださいね☆

こんにちは、ダイエットチェイサーです。

GWはいかがお過ごしですか?


さて、本日はダイエットのマル秘【その2ー②】~カサの置換え~です。

前回の記事はこちら↓


ダイエットのマル秘【その2ー①】~カサの置換え~


軽くおさらいをすると、


①カサのあるもので、かつ、②カロリーが低いもの、を食べて、強制的に効果が出るようにしてしまいましょう!ということでした。

具体的には、

・こんにゃく

・寒天

・ところてん

・サラダ

・きのこ

・海藻

などがありましたね。


ただし、ただこうしたものを「食べる」だけじゃダメで、食べ方に「マル秘コツ」がある、ということでした。


それは一体何か?


キーワードは


①順序 と ②強制無存在


です。


またまた「なんのこっちゃ??」ですよね。


でもたぶん、①については、多くの方が知っていらっしゃると思います。


そうです。


①は、お肉やごはんなどから食べずに、「まずはカサのあるカロリーの低いものをおなかに入れましょう!」ということです。


お肉やごはんでおなか一杯になったあとにこんにゃくとかを食べても意味がないからですね。


だから、お肉やごはんを食べる「前」に、こんにゃくやサラダを食べる、という「順序」が大切になるのです。


でも、


実はそれを心がけてもなかなかうまくいかなかったり、長続きしなかったりします。


それを克服するための秘訣が②「強制無存在」なのです。


これについては次回また記事にします!


それでは、またブログを見に来てくださいね!

こんにちは、ダイエットチェイサーです。

ちょっと忙しくて更新がのんびりになってしまいました。

スミマセン。

さてさて、本日からはダイエットのマル秘【その2】~カサの置換え~です。

カサって何?

傘を買い替えるの?

…いやいや、「買替え」じゃなくて「置換え」ですからっ。┐( ̄ヘ ̄)┌

では、気を取り直して。

「カサ」はすなわち「体積」です。

これは満足感を得ることにも話はつながるのですが、

やっぱりおなかがすくと「満腹になるまで食べたい!」と思いますよね。

そこで、「カサ」のあるものでおなかを強制的に膨らませて、あまりいっぱい入らないようにしてしまおう!という話です。

要するに、①カサのあるもので、かつ、②カロリーが低いもの、であれば、効果がでます。

どんなものが思い浮かびますか?

・こんにゃく

・寒天

・ところてん

・サラダ

・きのこ

・海藻

だいたいこんなところでしょうか。

…ちょっと待った!

確かにその通りなのですが、ただこうしたものを「食べる」だけじゃダメなのです。

この方法でダイエット効果を出すためにも、実は『大切なコツ』があるんです(☆。☆)キラリ

次回からそれを明らかにしていきますので、お楽しみに!!

今回の紹介はこちら↓興味のある方は見てみてくださいね☆
専業主婦ダイエット・ai式アジャストダイエット法【90日間返金保証+30日間のダイエットアドバイス付】

こんにちは!ダイエットチェイサーです。

先日来、「ダイエットのマル秘【その1】~満足感アップ!~」というシリーズで、記事を書いています。

前回までの記事はコチラ!!


「ダイエットのマル秘【その1-①】~満足感アップ!~」

「ダイエットのマル秘【その1-②】~満足感アップ!~」

「ダイエットのマル秘【その1-③】~満足感アップ!~」

今回は【その1】の最後です。

ではいきましょう。


前回、「人間が行動するには『具体的な目標』が必要です」という話をしました。

だからこそ、「意識できる具体的なもの」として、「4分の1」という数字が意味を持ってくるんでしたね。

そうすると、「よく噛んで」というのも行動目標としては抽象的過ぎてダメなわけです。

では、よくダイエットのときに言われているように、「じゃあ、30回噛もう!」とかいう目標にしたほうがいいのでしょうか?

いやいや、ちょっと待ってください。

それではきっとうまくいきません。

なぜだと思いますか?

ちょっと考えてみてください。

皆さん、おなかがいっぱいのときは、さらに無理やりご飯なんて食べたくないですよね。

そうです、ご飯を食べるのは「お腹が空いているとき」です。

おいしいご飯が食べたい!と思っているわけです。

それなのに、

「1、2、3…29、30。ふう、ようやくゴックンできる!」

っていうんじゃ、「噛む回数」にばかり意識がいって、せっかくの美味しいご飯が台無しです。

こんなのじゃ長続きするわけないですよね。

そこで、「ご飯を楽しむ」という大切な側面も行動に入れ込んだのが「『甘みを感じられるくらいになるまで』噛む」という部分なのです。

「噛む回数」なんかに盲目的に縛られる必要はありません。

もっと自由に。もっと味わって。

噛んでいくうちに、素材の味も豊かに感じられ、口の中での第一次消化が適切に行われます。

「4分の1程度の量を口に入れて、甘みを感じられるくらいになるまで噛む」

美味しく食べて、満腹感もバッチリ。まさに一石二鳥です!

食事のたびごとに出来るのですから、一番簡単で効果的なダイエット法でもあります。

さあ、皆さん、これを実践してステキな体になりましょう!!

ではでは、またの更新をお楽しみに~о(ж>▽<)y ☆


今回の紹介↓は反響が大きかったものの再掲と、最近話題の「かたつむりクリームj」です。気になる方は、是非のぞいてみてくださいね!!






ブログランキング加入しました!
ポチッ☆↓とお願いします!!
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ

こんにちは!ダイエットチェイサーです。

先日来、「ダイエットのマル秘【その1】~満足感アップ!~」というシリーズで、記事を書いています。

前回までの記事はコチラ!!


「ダイエットのマル秘【その1-①】~満足感アップ!~」

「ダイエットのマル秘【その1-②】~満足感アップ!~」

今回からは、いよいよ種明かしに入ります。

ではいきましょう。


①「4分の1を意識すること」

というのは

「1回に口に入れる量は、口を大きく開けたときの『4分の1』にする」ということです。

次から次に口に放り込んで、口いっぱいに頬張ってモグモグするのは一番太る食べ方ですよね。

そこから脱却するために、「1回1箸」、「口の面積の4分の1を通る位の量」にすることがコツです。

よく、「なるべく少ない量をよく噛んで食べましょう」なんていいますよね。

でもこれじゃうまくいきません。

なぜか?

それは、
「行動に具体性がない」からです。

仕事でも勉強でも、人間なんらかの行動をするには「具体性」が必要になります。

「なるべく少ない量を…」

「どんだけ少ない量だよ!!ヽ(`Д´)ノ」

となっちゃいますね。

だから、「意識できる具体的なもの」として、「4分の1」という数字が意味を持ってくるんです。

そうすると、「よく噛んで」というのがダメな理由ももうわかりましたね?

そう。

「どんだけ噛むんだよ!!ヾ(▼ヘ▼;)」

となっちゃうからです(笑)。

あれ?

そうすると、「じゃあ、30回噛みましょう」とかにした方がいいんじゃない?

と思ったアナタ!

するどいですね~。

でも、実はそれだとうまくいかないんです。

なぜでしょう?

この点はまたの更新をお楽しみに~о(ж>▽<)y ☆


今回の紹介↓はコチラ!便秘を退治して、キレイになりましょ~!!




ブログランキング加入しました!
ポチッ☆↓とお願いします!!
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ