ロッテとバンテリン結果

テーマ:

KKT杯バンテリンレディスオープンは比嘉さんが通算6アンダーまで伸ばして逆転優勝しました。5組前から4打差を追い掛けるスタートでしたが、最終日のベストスコア66を叩き出しました。昨日のブログで「優勝は7アンダーに届くかどうか・・・」と書いたのですが、4アンダーの3人も3アンダーの2人もそこまでスコアを伸ばすことができず、逆転を許してしまいました。

成田さんが7アンダーまで伸ばすことができるかどうか・・・というのが予想の柱となる部分でしたが、成田さんは鈴木さんほど強くなかったですね(笑)。相手選手が嫌になるほど勝負所でパットを決めてくる鈴木さんと、肝心なところでパットが入らない成田さんの違いでした。

 

優勝を意識してスタートした成田さんと違って、優勝した比嘉さんはスコアを伸ばすことだけに集中してゴルフができた筈です。優勝を意識したのはインに入ってからでしょうが、インでも3打伸ばしたのは立派でした。波のある選手ですが、勝負強い選手です。強さよりも上手さが先行した鈴木さんとは違ったタイプです。

 

権藤さんが3位に入ってリランキング対象者の3位に入りました。昨年まではレギュラーツアーで通用するレベルではありませんでしたが、強くなる24歳なのでしょうか。前半戦は全試合に出場できますし、後半戦も全試合に出場できるでしょうからシードも狙える位置です。

 

さくらちゃんも1千万円を超えてシーズン序盤を終えておきたいですね。シード権を確保するために後半戦に無理なスケジュールを組みたくないですからね。

さくらちゃんの成績についてはもう少し見てみたいと思います。今回の予選落ちに明確な原因があるのなら仕方がありません。ネギックはそうだと思っていますが・・・・。

明確な原因がなく、良いゴルフをしているつもりなのに好スコアが出ないのなら深刻です。

 

バンテリンレディスの3日間のスコア分布です。

ベストスコア 69-66-66

60台 1人-10人-6人

アンダーパー 13人-25人-18人

平均スコア 75.3832-73.381-72.8462

 

2日目に雨が降ってから選手にとってはプレーしやすくなったようです。

三浦桃香ちゃんの最終日はショットが悪かったですね。パーオン6回で5ボギー、1ダボと崩れてしまいました。これも経験ですが、次こそは最終日にスコアを伸ばして欲しいですね。

 

アメリカツアーのロッテ選手権は畑岡さんの優勝を期待していたのですが、最終日78を叩いて19位となってしまいました。国内ツアーであればこれほど崩れることは無かったでしょうから、アメリカツアーでの優勝を意識しすぎたのかも知れません。これも経験です。次は最後まで優勝争いをすれば良いのです。そのチャンスはまだまだあると思います。