番組を台無しにした整形疑惑の KYタレント K.R

テーマ:
皆さま ごきげんよう

11月30日(土曜日) フジTV 夜9時から始まりました

”さんま・くりぃむの芸能界個人情報グランプリ”

ご覧になっていただけましたか?

実は 収録で とんでもないことが起きました。

私は 73歳で ポールダンスを披露し、

「特技部門」で  連覇を 達成しておりました。

今回は、もちろん 3連覇を狙っておりました。

優勝するために スケジュールの合間をぬって レッスンに励みました。

今回は 更に 高技術の 落ちたら 首の骨を折ってしまうかもしれない、

リスクの高い 危険な 「テイクバック」の 習得です。

誰も来ていない スタジオで 早朝から特訓をうけていました。

そして  万全の準備で臨んだ 今回の収録です。

特別な衣装も 用意しました。

収録は順調に進み、「卒業アルバム部門」では 整形がばれてしまうので、

何人かの タレントさんは 冷や汗をかいていたことでしょう。

〝やった、 やらない〟・・・つまり 顔が あまりにも違っている タレントの方達が

いらしたので、 目を・・・鼻を・・・〝いじったり、 いじらない〟と

スタジオが 盛り上がり、 正直なところ、 ドキドキしていた方達も

いたのでは

中には 本当に可愛らしい 幼い時の写真や 映像が流れ 

ほのぼのとした 気持ちになりました。


「体力部門」の 登り棒においては 私は 驚異的な記録を出し、

「自画像部門」で は 誰もが認め、歓声の上がった

最優秀作品を 出していました。

私は 広島の ”筆の里 美術館“で 1か月半 個展を 開いたばかりでした。

さんまさんが、私と 五月みどりさんは プロ級なので 審査対象外とし、

他の タレントさんの中から 選ばれることになりました。

確かに全部 私が一位でしたら しらけてしまいますものね(笑)

実際、他のタレントさんの絵の中には

大変個性のある お上手な自画像が 多くありましたぱちぱち 拍手

番組の流れを配慮した さんまさんや くりぃむしちゅさんの

素敵な判断だと 思います。

でも 私が 全て一位をとっても それは”新記録“ということで

番組上 かつてないという ニュースにも なったのではないかしら?(笑)

 

「特技部門」の収録も  大いに盛り上がりました。

私も 今までのレッスンの成果を 発揮できたと 自負しております。



毎回 技術アップを求められてきました。

「ウォーキング」  「スピン」  「クライム」  「ストレッチ」…。

今回は 「テイクバック」を 取得し 披露 致しました。

スリル満点の ポールダンスの披露です。

会場も  たいへん盛り上がりました。

 

そして、

”どうしても ポールダンスをしたい” と懇願していた五月みどりさん は 

とても ユーモラスな ”特技“を 披露していらっしゃいました。

私には 遠く 遠く およびませんでしたけどもね(笑)

でも、彼女の カラフルな衣装は 素敵だったし、

お人形のように 可愛らしかったです。 

五月みどりさんの ”特技” も とても お上手に見えましたね



いよいよ 特技の審査をする時に ”事件”が起きたのです。

特技の出場者は 各自 衣装替えや 準備で スタジオを離れていました。 

次々と 芸を披露する 出場者に対し ひな段に座っていた K.Rは 

得意気に  意見をいいはじめました。

さんまさんと くりぃむさんを 差し置いてです。

それを 面白くとった さんまさんが

「お前は審査委員長みたいだな」 と言いました。

いい気になった R.Kは さんまさんに振られるまま コメントを続けました。

大トリの 私のポールダンスが 万雷の拍手(?)と共に終わった時、

さんまさんが、彼女に 「夫人と 五月みどりさん、 どちらが優勝か」

という場の流れを 作っていました。

更に 彼は、

「これまでの ”さんま・くりぃむの芸能界個人情報グランプリ” では、

五月みどりさんが おかしな腹話術で 7連覇していたところ、 

デヴィ夫人が 8連覇を抑え、ポールダンスで 2連覇しているんだよ」

と教えてあげていました。

ところが K.Rの口から出たのは アニマル浜口さんの 〝腹踊り〟でした。

裏では グランプリとされた浜口さんが うろたえたのか 恐縮したのか

「それは いけない」 と 壁を叩きながら わめいていました。

私達 出場者が席に戻ると マルシアさんと 朝加真由美さんが

スゴイ!!」といって 拍手で迎えて下さいました。

グランプリをもらってしまった浜口さんは フロアに手をつき 

土下座して 私に謝る始末。

私は 「これはバラエティなので そんなこと しないでください」と言いました。

さんまさんは すかさず私に

「僕たち(くりぃむと)は 夫人が優勝すると 思っていたんですけど 

今のお気持ちは?」と聞かれ、

私は 「3連覇を獲れなくて、忙しい最中 大変な思いをして

練習を重ねてきたので やる気 失くしました」と  正直に答えました。

控室に戻ると、 私と一緒に 何回も レッスンに ご一緒したスタッフの方々が 

思いもよらぬ事態になって  頭を抱えているのでした。

”難しい「テイクバック」の次は  「〇〇」を、 衣装はこんな風に~”と、

4連覇に向けての 打ち合わせも すでに進んでいたというのに、

K.Rの 思慮の無さのために 全て 台無しとなりました。

先生も含めて 私達の10か月の努力は 水の泡と消えました。


私を特訓してくださった 未宗 麗子先生にも 今後の番組計画を

立てて下さっていたスタッフにも 気の毒な気持ちになりました。

こういう番狂わせも  あるのですね

張りつめていた気持ちが 一挙に失せて 空虚な気持ちになりました。

“デヴィよ これはバラエティなんだよ。 何事も 生真面目にやること

ないんだよ。” と 教えてくれた K.Rに感謝しなくちゃ いけませんね。




☆黒豹のコスチュームを着た 前回の私


読者のみなさん

優勝は 逃してしまいましたが、セクシー過ぎる(笑)ポールダンスや、

驚愕の「登り棒」や 上手すぎて (笑)  審査対象外になってしまった 私の絵。

皆さん、 私の活躍を 楽しんで頂けましたかしら

3連覇、4連覇、5連覇とつづけ 番組を盛り上げようとしていた

ポールダンスが出来ないとなると、次は 何を、どうしたらいいのか。

途方にくれている スタッフの方々が おりました。

皆さん、 何かいいアイディア ありますか?

あったら  教えてください。
AD

コメント(90)