悪魔的暮らしの裏ワザと魅惑のアートと語学術

悪魔的暮らしの裏ワザと魅惑のアートと語学術

悪魔の眼力とアートの魔力で隠されたオリジナリティーを発見して、超鋭角な視点から芸術をとらえる。悪魔の普段の趣味と節約術的裏ワザと語学術のまとめ。あと妄想。


テーマ:

こんにちはクロームブック大好きランプです。

 

クロームブックのニュースを見ていたら Windows 10とのダブルブートができるようになるということらしいのですが、これはどうなんでしょうね。

 

私は chrome book が軽くてウイルスにも強いということで使っていますが、 Windows の惰弱性の多さが嫌でクロームブックを使っているのです。

 

それをダブルブートなんていうものにしてしまったら安心感という点で見ると微妙な気がしてきます。

 

なぜこのタイミングでクロームブックが Windows 10とダブルブートをしなければならないのか。

 

たぶん、 クロームブックの売り上げが想定よりも低かったということなのかもしれませんね。

 

シェアの大きい Windows 10を取り込むことで、クロームブック本体の売上を伸ばそうと思ったのかもしれません。

 

しかし、もし Windows 10を取り込んだとして、ウイルスの危険度や安定度が下がるということになると、元々の chrome book の趣旨とはかけ離れていっているようにも思えてなりませんね。

 

Windows 10を取り込むにしても、 Linux を使えるようChrome OS 上で使えるようなものにしてくれたらよかったのにね。

 

ダブルブートという形がそもそも気に食わないだけで、 Chrome OS の上で Windows を走らせるのであればまだマシなんじゃないかなと思えるわけなんですよ。

 

もう少し情報を見て判断して行こうかなと思います。



 

それとは別に Chrome の機能として音声入力機能というのがあります。

 

これは Chrome ブラウザでしか使えない機能なのかもしれません。

 

Firefox ではこの機能は機能していないみたいですので多分 Chrome ブラウザだけなのでしょう。

 

Chrome OS ではこの機能は普通に使えます。

 

当たり前のことなんですけどね。

 

Chrome OS では Chrome ブラウザしか使えないというのが大前提です。

 

この大前提のおかげで Google の音声入力が普通に使えているんです。

 

Google ドキュメントという限られたところでしか使えませんが、 うまく使えば完全にブログ用の下きにはもってこいのものです。

 

Google の音声入力機能は「、」や「。」などは入力することができません。

 

しかしキーボードとの併用で簡単に補うことができます。

 

今書いているのも Google ドキュメントに下書きで音声入力をしています。

 

私の場合実際にキーボードで打ち込んだとしても、それほどスピードに差があるようには思えませんが、キーの打ち間違いなどがないというのは意外に気楽なものです。

 

もちろん音声入力のミスというのはありますが、 Google音声入力の場合、前後の文字を比較して変換しているようなので比較的変換ミスというのはなさそうです。

 

ここまで書いてきて変換ミスあったのは一箇所だけです。

 

このぐらいの文章で一箇所の変換ミスというのはかなり正確な変換率だと思います。

 

普通に喋っていて聞き漏らすということはなさそうです。

 

ただ早口になると変換中に聞き漏らすということが出てきそうなので、気持ちゆっくり話すことにしています。

 

これでかなり入力が楽になり、文章を書くというよりは文章を話すというような感じでブログを書くことができそうです。

 

良い機能なのでクロームブックが使えない機器ということにはならず、逆にテキスト入力マシンとしては、 完成の域に達したと思われます。

 

こういう機能を使い込んでいないので、クロームブックが使えない本体だということには繋がらず、もし全ての機能を使い込んだとすれば、 クロームブックというのは最強の相棒になりうるという気がします。

 

はっきり言って、食わず嫌いではないけれども、クロームブックを使わないで使えないという人は Windows パソコンを使っていても全ての機能を理解して使っているわけではないのでしょうね。

 

ということで今回はクロームブックのお話でした。

 

というよりも意外に早口で喋っていてもしっかりと聞き取れる言葉で話していれば全く問題なく変換してくれそうです。

 

生麦生米生卵。

 

早口言葉もしっかり変換してくれました。




 

おしまい。

 

 

CGなどの動画はYoutubeで観ることが出来ます。

是非チャンネル登録をおねがいします。

 

悪魔の裏技大辞典という裏ワザやコラム、Linux関連の記事を書いています。

こちらもご覧ください。

 

Instagramではおもちゃや風景など日常の写真をログとして載せています。


テーマ:

こんにちは、カメラ大好きランプです。

 

先日、動画用にPnetax K-50という一眼レフを購入しました。

 

もちろん動画用以外にも写真用としても購入しました。

 

そして今まで持っていたK10DとQのセットを処分しました。

 

これでシステムをシンプルにすることができましたので、今後はこのK-50で撮っていきたいと思います。

 

このブログを書いているところを動画にしているので、この動画もちょっとでも気になったら見てください。

 

単にキーボードを叩いているだけの動画ですけどね。

 

 

 

あとはそれに付随するストラップや液晶保護フィルターを購入してきて取り付けました。

 

やはり新調するカメラって楽しいですね。

 

未だ機能は全部を把握していませんが、使い方はQとほとんど同じなのですぐにすべてを理解できると思います。

 

もう少しいじって遊んでいようと思います。

 

このブログものんびり出しているところですが、もう少ししたらまた仕事が一段落するので本格的に再開したいと思います。

 

それにしてもHP Chromebook11で書いているのですが、書きやすいキーボードですね。

 

このキーボードはいつも使っているパソコンよりも打ちやすいと感じています。

 

こっちとあっちを交換できないのかな〜なんて感じています。

 

USキーボードだけど、特に不具合ないですからね〜。

 

 

おしまい。

 

 

 

CGなどの動画はYoutubeで観ることが出来ます。

是非チャンネル登録をおねがいします。

 

悪魔の裏技大辞典という裏ワザやコラム、Linux関連の記事を書いています。

こちらもご覧ください。

 

Instagramではおもちゃや風景など日常の写真をログとして載せています。


テーマ:

こんにちは、映像編集大好きランプです。

ここのところ忙しくてBlenderに触っていませんでした。

あの特殊な操作を忘れてしまうかと思っていたのですが、一度覚えてしまうと忘れられないようですね。

普通に使えました(^o^)



忙しかったので動画編集も簡略化するために色々試行錯誤していました。

映像素材を作っておいてスマホでガッチンこするだけにしておけば、かなり簡略化できるな〜なんて思っていて、キャラクターを全面に出して音声を後付で合わせる。

おかげでスマホだけで動画編集が可能になりました。

そこで気になるのが音質です。

スマホで録るとさすがに限界が低く、それなりには録れますがそれなりです。

たまたま立ち寄ったブックオフにTASCAMのDR-05が6000円で売っていたので購入しました。

音質はCD以上。

音楽などを収録する機器なのでかなり良い音で録音できます。

スマホで録った音と聴き比べると一耳瞭然です。

なんとまぁクリアな音なんでしょう!

ってな感じです。

それほどの差があるんですよ。

これで音に関しては問題クリアといったところでしょうか。

そしてDR-05を使って環境音を録音しようと思えるほどです。

これも動画ネタにしようと考えていますが、良い環境音を録るには目的となる環境音のあるところに行かねばなりません。

目的の音以外の雑音の無いところですね。

DR-05のおかげで新たな目論見も出来ました〜。


おしまい。

 

 

 

CGなどの動画はYoutubeで観ることが出来ます。

是非チャンネル登録をおねがいします。

 

悪魔の裏技大辞典という裏ワザやコラム、Linux関連の記事を書いています。

こちらもご覧ください。

 

Instagramではおもちゃや風景など日常の写真をログとして載せています。


テーマ:

電子マネー大好きランプです。



大好きというほど使っているわけではないのですが、考えてみると殆どのところが電子マネーを使えるお店が増えてきた感じがします。

コンビニでは間違いなく使えますしね。

そこで今一度考えてみることにしました。



わたしが利用しているクレジットカードを完全に仕事用として使い分け、もう一枚クレジットカードを入手してそいつに電子マネーを紐付けしておけばいいんじゃないかと思いました。

今使っているクレジットカードは、仕事用の引き落とししか使っていません。

これは完全にわけられています。

もう一枚、電子マネー用にカードを持つことで、個人消費は電子マネーで済ますことが出来るんじゃないかなってことです。

これで少しは年末楽になればいいんですけどね。

毎月少しずつ帳簿を付けてますからあまり意味もない気もしますが、それでも管理のしやすさは格段に違うと思います。



そこでどの電子マネーが使いやすそうかということですが、調べてみると先払いと後払いとありました。

先払いは電子マネーにチャージして使うものです。

チャージした金額以上の買い物は出来ませんが、使い過ぎになることはないので管理しやすいかと思いました。

しかし残高がなくなる度にチャージをしなければならない手間はありますけどね。


次に後払いの電子マネーについて、こっちはクレジッカードといっしょに引き落としになるみたいなことが書かれていました。

感覚的にはクレジットカードを使っている感じと変わらないんじゃないかな。

あとクレジットカードを取り出すわけではないし、人の手に手渡すこともないので安心感がある気がします。

デメリットは使い過ぎに注意しなければならないことだと思いますが、いつもの行動でいつもの買い物くらいしか使わないので、そのあたりは大丈夫な気もします。



メリットとデメリットを考えた上で、後払いのほうが良さそうです。

現在後払いできる電子マネーというのはiDとQuicPayだけのようです。

どちらも使い勝っては変わらないと思うのですがいかがでしょうかねぇ。

iDはドコモ系列の電子マネーのようなので、格安SIMを使っているわたしにとってドコモ系列の電子マネーにメリットはそれほどある感じはしません。

利用できる場所には差がありそうですが、使えなければ現金で支払えばいいだけのことですからね。

QuicPayにしようかな。



QuicPayはnanacoの付いている物もあるみたいなんです。

もう少し調べる必要があるけど、もしソレが使えそうなら入手してみるのもいいかもしれません。

QuicPayとnanacoで完全キャッシュレス化が出来るかもしれませんからね。

 

 

おしまい。

 

 

 

CGなどの動画はYoutubeで観ることが出来ます。

是非チャンネル登録をおねがいします。

 

悪魔の裏技大辞典という裏ワザやコラム、Linux関連の記事を書いています。

こちらもご覧ください。

 

Instagramではおもちゃや風景など日常の写真をログとして載せています。


テーマ:

こんばんは、いたずら大好きランプです。

 

今回は動画をアップしましたので紹介します。

 

生卵を単純に踏んでみるという動画ですが、これが割れないんですよ。

 

興味のある方だけ動画をご覧ください。

 

 

 

 

絶対につぶれない卵というものは存在しませんので、結果は動画を見てください。

 

そしてわたしは映像クリエイターです。

 

( ̄ー ̄)ニヤリ。

 

 

 

遊び程度に作ってみましたから。

 

 

おしまい。

 

 

CGなどの動画はYoutubeで観ることが出来ます。

是非チャンネル登録をおねがいします。

 

悪魔の裏技大辞典という裏ワザやコラム、Linux関連の記事を書いています。

こちらもご覧ください。

 

Instagramではおもちゃや風景など日常の写真をログとして載せています。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス