とろける秋刀魚刺し@丸千葉(日本堤) | 丁稚烏龍帳

丁稚烏龍帳

today,detch stood live on the earth,too…

仕事帰りに押上から歩いて日本堤。
ほどよい散歩道。



のれんを潜ると、1940過ぎの店内はカウンターに空席がチラホラ。
やっちゃんが、「いらっしゃい、相変わらず遅いね」と笑顔を向けてくれる。

このあと、自分側のカウンターは皆さんお帰りになり、来店もなくまったりモード。
こんな夜もあるんだね。



おすすめからサンマ刺し。
銀皮がまぶしい。口にすれば、丸千葉絶品のイワシ刺しよりも、さらにトロリと脂が口の中に広がる。
あー、秋近し。そして、美味しい。





もう一品は、串カツとコロッケの合い盛り。
サクッと揚がったコロッケはおいもが甘くて、油の甘味との相乗効果でお菓子のよう。

方やザクッとガリッと、男揚げの串カツは中身のロール肉の柔らかさとの好対照。

このセット揚げ物の組み合わせでもお気に入り。たっぷりのお野菜も添えられてお値段500円だしね。






テレビに見いったり、回りのお客さんたちとの掛け合いに耳を傾けたりしながら、一人しみじみ飲んで、ごちそうさま。
明日からの連休、やっちゃん気を付けて行ってきてね。

と思ったら山の天気話に火が着いちゃって、しばしの立ち話。やっちゃんのお話を聞くと、山登りに行きたくなるのよね。
ごちそうさまでした。