DESKPLATE ブログ

DESKPLATE ブログ

中野/高円寺/荻窪/吉祥寺/三鷹周辺でアプリ開発業者をお探しなら!
iPhone iPad アプリ開発 DESKPLATE のブログです!

ゼロからわかる TypeScript入門 読みました。

 

 

 

 

全体的に図が多く、プログラム処理のイメージがしやすいです。

例えば・・・

 

P.111   if文とelss if 文のイメージ

P.134 ループ処理で意識する点を理解しよう

P.166 配列のインデックスを知る

P.184 処理を部品化したものが関数である

 

など 曖昧に理解している(つまりちゃんとわかっていない)部分が整理できます。

 

JavaScriptとTypeScriptの違い、TypeScriptの便利さを知るには第7章から。

P.194 引数は省略できる

P.204 関数のオーバーロードを知る

P.210 関数式と無名関数を知る

P.216 アロー式を知る

P.224 クラス全般

P.272 モジュール関連

 

5年ほど前からFirebaseやReactの案件ではJavascriptでなくTypeScriptで書くことが多いです。

おそらくJSの曖昧さをなくしプログラムの意味を明確にする意味でTypeScriptが採用されているのだと思います。

TypeScriptの解説書は何冊か読みましたが本書が最もわかりやすく実践的でした。

 

本書内で悪い点は見当たりませんでした。

強いて言えば章末の練習問題がちょっと難しい、ぐらいでしょうか・・・

 

 

Bootstrap 5 フロントエンド開発の教科書 読みました

 

 

 

 

 

良かった点

・jQueryなしのBootstrapの概要が分かりやすかった

・サンプルをダウンロードしてすぐ試せた

・デフォルトのCSSを上書きするカスタム的な使い方まで紹介されていた点

 

 

悪かった点

・不便だった点、分かりにくかった点などはないです。

 強いて言えば第7章JSと第9章のモックアップ作成のサンプルがもっと多ければ、、、ぐらいです。

 この辺りは読者が自分で試して覚えるのが当然でしょうけど、、、、

基礎から学ぶReact Native入門  読みました。

 

 

よかった点

・図が多く初めてReactを触る人にもわかりやすい。

・環境構築がの説明が詳しい。ライブラリのインストールも毎回説明されている。

・ガイドに従っていくだけでスマホで確認できるサンプルが作れるところまではできる。

 

?な点

・JavaScritの知識がある程度ないと読み進めるのは難しい。

・「関数コンポーネントを高機能にする」など入門以上の内容もちらほらある。

 

初心者でもある程度のことができるのがわかりますので良書だと思います。

スタイル関連にもページが多く割かれており、サンプルを元に画面をカスタマイズして説明を実感できます。

入門本だとベーシックな画面を作るだけのものが多いですが、本書はそれ以上だと思います。

最後の章ではアプリのリリースのやり方まで説明されています。何か簡単なアプリを作成して公開してみるのもいいかも入れませんね。

個人的にはiOS/Androidの両方で出しているアプリを本書を元にReactで一本化してみたいです。