驚きの連続!子供と初めての本格キャンプ体験!の巻 | 立川で活動するフリー・グラフィックデザイナーの日々
2018-03-25 17:13:00

驚きの連続!子供と初めての本格キャンプ体験!の巻

テーマ:ブログ

 

キャンプといえば… 

 

子供の頃、山奥の川べりにテントを張って

食料は白米だけ、おかずは親父の釣ってくる(ハズ)の

イワナかヤマメを夕方まで待つという…

今思うとかなりハードボイルドなヤツを

毎週末やっていたのを覚えています。

 

しかし、大人になってからは片手で数えるほど、

子供が産まれてからはまったくその選択には至らず

今の今まで来てしまったワケですが…

(山に馴染みの無い妻と幼い我が子たちでは

 どうしても朝食ブッフェ付き格安ホテルとかになっちゃいますよね…)

 

先日、卒園式を迎えた息子。

年長さんではじめて出会えた親友G君と

もう会えなくなるね なんて寂しく話してから数日…

親御さんから「週末、キャンプ行きませんか?」と

突然のお誘い。

妻の[山めんどい]ハードルなどは一瞬に飛び越し

「道具は全部あるっていうけどどうするどうする?」と

アセアセしている姿を見て…

とりあえず何もわからないけど布団持って飛び込もう!

思い切って「行きます!」と返信。

 

それじゃ行きましょうと指定された場所は

「長瀞キャンプヴィレッジ」という

毎年、長瀞船玉まつりで訪れている馴染み深い場所!

 

 

 

当日、関越に乗って

買い出しをかねた集合場所となるスーパーへ行くも…

 

遅刻しないように早めにでたら

1時間半も早く到着!してしまい、時間までテキトーに周辺観光。

 

 

芝ワンワンと可愛い子供さんがウッドデッキで戯れている

夢の様な白いビジュアルのカフェがあったので

思わず入ってみました。

 

 

若い夫婦が営むこの小さくて素敵なカフェの名前は…

…忘れた(笑)

看板雌犬が雄の名前で呼ばれるようになった顛末とかの

オモロ話を聞きながらゆったり。

 

 

なんてやってたらあっという間に集合時間!

 

いるかなーいないかなーとドキドキでスーパーに入店すると…

 

 

イターーーーーー!!

 


コヘイ氏、これ以降は親友G君の車にご厄介となり、いざ出発!



はじめてのキャンプ場、
そして親友とのはじめてのプライベート時間!

コヘイのワクワク度はMAX最高潮!



ねぇねぇも初キャンプに
「なんかすっごく楽しみになってきた!」と
テンション上げ上げ!



「テントはありますから大丈夫ですよ。
 あ、でも想像しているのとは違うかも」

ササッと素早く僕らの寝るテント設営準備にかかる

G君のお父さん。

非常に恐縮しつつ「ウチも一応もってきたのですが…」
と先日購入したエグゼラックス ポップアップテント
ポンと放出!



…が、お父ちゃんが張り出してきたのは
なんと巨大なティピ!
メレルフェスなんかのアウトドアイベントで
お見かけするあの特殊なヤツです!



対してウチのテントの駄菓子感たるや…
でも、やっすいのに敏感な子供達には大人気。。



ササっとティピテントを設営した後
今度は自分達のテントの準備に入るお父さま。

車の荷物も至極スマートにまとめられていて
ただただ、感嘆。

 

ウチは布団だけでパンパン…




そして その後張りテントもドデカ!

住宅といっても過言が無いほどの見た目です。

 

 

感心ばかりもしていられないので…

自分はとにかく子供達を楽しませることに注力!

 

 

まずは定番の巨大シャボン玉や…


↑野生児の血が騒ぐココ

 

 

昭和70年代のトランシーバー、

 


リアル対戦銃などなど…

 

 

布団さえ無ければ、もっといろいろ持ってこれたのにと

悔やみかけるも…小さな小さなFIT君を見て

まぁよく詰め込んだなとひとりごち。

 

 

お父さん、テントを張り終わったら

今度はピザ焼き体験も用意してくれていました!

 

 

焼くのはレアなカセット・オーブン!

レトロカッコイイ!

 

 

よほど美味しいのか、次々とたいらげるコヘイ。

 

 

どの瞬間も見た事無いぐらい楽しそう。

…思い切って布団パンパンで飛び込んでよかったよ。

 

 

そんな感じでハンモックやら焼き肉やらやってたら…

 

 

あっという間にマジックタイム! 

 

 

…からの 我が家 未体験の夜ゾーン!

 

↑ステンバイミーでおなじみの定番マシュマロ焼き。お味はほぼキャラメルポップコーン!

 

たき火を見ながら語らって、

電子紙芝居やらライトお絵描きやら

いろいろ遊んでたら…まもなく就寝時間。

 

 

親友と焚き火の明かりを見ながらお話… 

これ以上素敵な時間は、ほんと無いと思います。

 

ちなみに…寒そうだったので

父さんだけ併設の温泉(500円)に終わり際

ササッと滑り込む。おまけ程度かなと思ってたら

ちゃんとした湯量&設備!気持ちよかったー!

 

 

寝る時にはティピの中に灯油ストーブも入れて頂き

至れり尽くせり。本当にありがとうございます!

 

 

早朝、トイレに起きるとなんとも言えない

ほんのり甘い湿った山の匂い。

もったいないので皆寝静まる中、一人焚き火開始。

コーヒーもってくればよかった…

 

 

お日様が上がる頃には皆も起きて、朝食タイム。

何気ないアイテムが全て素敵で…

 

 

A4サイズに畳める笑'sマークの焚き火台や

 

 

○ほマークで焼けるホットプレートなど

朝もはよから感心しまくりです。

 

↑子供達の一番人気、テントの固定金具「ペグ」のハンマー叩き

 

そんなこんなで

長〜い時間のようであっと言う間に終わってしまった

今回のおもてなし"初"キャンプ。

 

 

長く楽しく濃く!過ごせるのがキャンプ!という

具体的なイメージが掴めた今回、

めんどい という塀は限りなく無くなり…

 

代わりに何も知らない・出来てない!という

自分を発見、さらには焦りにも似た

少しでも先人に追いつきたいという欲求が生まれ…

自分でも嬉しい驚きでした。

 

今回、本当に貴重な機会をいただいた

G君のお父さんには感謝しきり!

今後とも何卒よろしくお願いします。

 

※webサイトの写真

 

ちなみに帰り道に寄ったかんぽの宿寄居

温泉も眺望・お湯とも最高でした!

 

 

ああ、日頃 思い描く休日ってこんな感じだよね。

 

では、また。

 

 

 

●G君のお父さんのwebサイトがコチラ!

 「extreme freak」

 お子様との登山記録やオリジナルブランド衣料の販売など

 こちらもステキ空気が流れまくっております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カメデザインさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス