先週はロードバイクをはじめたばかりの同級生と沼津港へサイクリング。


 昼食は地元で有名な松福というラーメン屋さん。トンコツ味のラーメンがオススメらしいが、二人で味噌ラーメンを注文。


はじめてのサイクリングがいきなり100kmオーバー、終盤お尻が痛くなったらしく家で確認したらお尻が縦に2つに割れていたそう、何やら大物の予感。



今回は地元をみんなで徘徊サイクリング。




興津川を上流へ。




河内の大石。


高さは目測で8m位。
石というより岩、岩というより小高い山か。



この後は竜爪(750m)へ。




清水側から竜爪(通称 裏竜爪)を登る。




中腹の小さな滝(480m付近)のある場所で休憩。
全身から滝の様に汗が出る。でも標高がある分、先程までいた下界と比べかなり涼しい。


 5分程休憩後出発。


が、竜爪を登りきる寸前、メンバーの一人がリアディレイラーに落ちていた枝を挟み込み、まさかのディレイラー脱落。って言うか、ハンガーからディレイラーがもぎ取れた。

 
 下りだけでも自転車に乗れる様に応急措置。自転車屋さんに連絡して出張して貰う事に。竜爪を降りた所で自転車を修理に出す為に待ち合わせをしました。自転車屋さんには感謝してもしきれない。


 一段落ついたのは午後3時、遅い昼御飯はさわやかのげんこつハンバーグ。さわやかな店員さん、人気なワケだ、特に男性にw





竜爪の中腹から静岡市街
(写ってるのは自分ぢゃないです)


 走行距離50Km




AD



一応、荒川サイクリングロード的な場所、山梨県ですが…


 雨を嫌がり、車で辿り着いたのが、山梨県の韮崎市。土地勘が無いのでMacで休憩、何となくサイクリングロードを走ろうと。





で、こんな場所に。地味な登り坂を嫌というほど進みました。




車が少ない一方通行の山坂道。やはり地味な登り坂。


 暫く進むと、観光客相手の売店が連なる場所に到着。ここから先は自転車の通行不可、自転車を置いて徒歩で先に進む事にしました。





 景色は凄くいい感じです。
 上流に行くにつれて、岩はどんどんでかくなります。




予備知識は全くありません。この先に何があるのか?取り敢えず観光客の後を着いていく。





岩をくりぬいた道を進む。





どうやらここが目的地らしい滝壺。
 このあと自転車まで戻り、違う道を進み滝壺の向こうへ自転車で行ってみる事にしました。




結構な坂道、でも景色は良し。辿り着いた場所は、




 昇仙峡のロープウェイ乗り場。
 ついでに近くにダムがあるというので、




ダムの名前忘れました。

 帰りは来た道ではなく、広い片側一車線の道を通ったのですが、エライ遠回り、しかも何度となく山を越えて…

昇仙峡、凄くオススメですよ、スニーカーを忘れずに。

 距離85kmくらい






AD

生しらす丼とイチゴライド

テーマ:


ちょっと前のお話。
朝は日本平を一本。





お昼前に日本平と同じ位の標高をもつ梶原山へ。梶原山は日本平と比べて距離は短く、勾配もややキツい。

正面の山が日本平です。





 頂上からの景色は断然こちらの方が良いです。
 自転車乗りは殆どおらず、ハイカーをよく見掛けます。




道路は細く、落ち葉がいっぱい。ガードレールは申し訳ない程度で、落ちたらヤバイ崖がいっぱいあります。




瀬名側から登り、帰りは竜爪方面に降りました。急勾配が多く、15~20%の坂がゴロゴロ待ち受けます。内心、下りで良かった…。


 お次は


竜爪を350m程登った場所にある神社の湧水スポットで休憩。 水は冷たくまろやか。


 時刻は12時30分。お腹も空いてきたので、お昼は用宗漁港のどんぶりハウスへ。




生しらすどーーーーーーーん❗
 御飯大盛りで700円位。かなり安いと思います。

 漁港直営だけあって新鮮ですが、食べに行くなら開店直後がオススメ、見た目も味も閉店時間間際では全く異なります。

生しらすは産地より鮮度が持論です。

 残念ながら、しらすの時期はそろそろ終わり、次は10月までのお預け。

 お昼御飯の後はスイーツを求めて羽鳥地区へ。





 なかじま園の農園カフェ。ぴちぴちのレーサージャージのオッサン二人でスイーツ。

右はイチゴのスムージーぽいの。左はイチゴのショートケーキぽいの。二つで1200円くらい。

あきひめを使っているらしいのですが、ここのは味が濃く甘味も強いです。あきひめのイメージがくつがえります。

ただし冷凍に加工されたモノは酸味が強くなる様です。




 再び日本平。

 取り敢えず獲得標高1000mクリア。




 距離60kmくらい。




AD