インプラント患者の増患に取り組みたいが… | 歯科医院専門のマーケティングとマネジメントサービスを提供する、株式会社デントランスの公式ブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

歯科医院専門のマーケティングとマネジメントサービスを提供する、株式会社デントランスの公式ブログ

株式会社デントランスは、
歯科医院の入り口となるような
マーケティングとマネジメントを提供する会社です。

 

こんにちは、
株式会社デントランス代表
歯科医師の黒飛です。
 
 
本日、大阪はずっと雨です、
先生の地域もそうですか?
 
昨日までの週末は札幌に滞在し、
 
若手の先生方に
「コロナ時代に必ず勝てる歯科医院経営」を
伝えました。
 
話せば話すほど、
成功する歯科医院の法則は
普遍性があり、明確です。
 
是非、先生も成功して下さいね。
 
 
本日20:00~
無料オンラインLIVEセミナー
「コンサルせずに自動で、
自費診療を選んでもらう方法」
 
↓↓↓↓↓↓
https://dentrance.jp/seminar.html
 
こちらも
再現性のある普遍の方法です。
 
是非、ご覧ください。
 
 
さて、本題です。
 
 
「3年前から
 インプラント治療に取り組んでいるが、
 なかなか患者さんが増えない…。
 
 どうすればインプラントを希望する患者さんが
 増えるのだろうか…」
 
 
同じ悩みを抱えた先生は他にいませんか?
 
私ならどうするか、書いてみたいと思います。
 
 
===============
 
患者さんに伝えていますか?
 
===============
 
 
インプラント治療に取り組んで長いけれど
患者さんが増えていない場合、
地域の患者さんに伝わっていないことが
考えられます。
 
ホームページに書いてあるから
きっと知っているだろう
 
と思っても、
人は隅々までホームページを読みません。
 
ですから「インプラント ○○駅」などで
患者さんがスマホで検索をしたときに、
先生のホームページが登場するように
しなければなりません。
 
 
==============
 
既存患者さんにも伝えましょう
 
==============
 
 
新規の患者さんは
ホームページを見るかもしれませんが
 
既存患者さんはすでに通っている
患者さんですので、
ホームページをわざわざ見ることは
ほとんどないでしょう。
 
ですから既存の患者さんに対しては
待合室や医院案内などで、
インプラント治療をしていることを
伝える必要があります。
 
「きっと知っているだろう」
 
という思い込みが
集患においては大敵ですので
きちんと伝えることを意識し、
手を打っていきましょう。
 
 
================
 
地域のインプラントニーズは?
 
================
 
 
広告も出し、既存患者さんに
インプラント治療を行っていることを
伝えても希望者が増えない場合、
 
地域のニーズを把握できていないことが
考えられます。
 
一般的に、
患者さんの希望するインプラント治療の特徴は
 
*技術が高く、安心できる
*痛くない
*適正な治療費
*説明が丁寧で先生が信頼できる
*たくさんの成功例がある
*インプラントが長くもつ
 
…です。
 
 
地域によって特色がありますから
まずは歯科医院に通う患者さんに
インプラント治療への興味を聞きつつ、
どんな特徴を望むのか、
どんな未来を期待するのかなどを
把握することが大切です。
 
集患は患者さんに声に耳を傾けることから。
 
 
ぜひこれを意識して、
増患に取り組んでみてください。
 
 
今日も最後までご覧くださり、
ありがとうございました。
 
 
デントランス 歯科医師
黒飛一志
 
 
P.S.
 
地域の患者さんのニーズを明確にする
そして、それを自動的に契約に結びつける…
 
本日20:00~の
無料オンラインLIVEセミナー
 
「コンサルせずに自動で、
  自費診療を選んでもらう方法」
 
では、そのヒントをお伝えします。
 
無料ですので、知りあいの先生にも
お知らせして下さいね。
 
↓↓↓↓↓↓
https://dentrance.jp/seminar.html
 
先生に情報をお伝えできることを
楽しみにしております。