犯罪不安社会 | 西田書店~本屋には新しい人生が転がっている~
2008-12-13 17:19:24

犯罪不安社会

テーマ:斬新な視点

読めば読むほど怖ろしい。
自分たちが信じていた社会像はいったいなんだったのか。

事件が凶悪化している?と
凶悪事件が低年齢化している?

どうしてわたしたちは根拠もなく
テレビや新聞を信じてしまうのだろう。

この本でもっとも興味深かったのは
第2章の凶悪犯罪に対する世間の対応と
第4章の刑務所の実態だ。
刑務所は、簡単な作業もできない年寄り、病人、外国人で
あふれかえっている。

治安が悪化したのではなく、
福祉が悪化したのだ。

これまで何とか生きてきた社会的弱者を
許容できない社会となりつつあるのだ。

そして、わたしたちは犯罪が身近になっていると怯え、
安全対策に巨額を投じる。

喜んでいるのは、いったい誰なのだろう。


犯罪不安社会 誰もが「不審者」? (光文社新書)/浜井 浩一
¥777
Amazon.co.jp

POPはこちら
「メディアに踊らされてはいないか?犯罪統計学から、テレビがいかに怖ろしいかがわかる。」

ジョニーさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス