あなたとご一緒に初めてまじかで見た大曲の花火は、それはそれは素晴らしいものでした。
 

 

 

 

長い闘病生活からやっとゆっくりとお休みになれましたね。

7年前ステージ4の胃がんの手術から、本当に頑張ってこられました。

 

令和1年11月11日に帰らぬ人となりました。享年76歳

 

 

 

よく私のブログに出てくれているお隣の親戚さん。私の祖母の実家になります。

三年前は祖母の姉の子のお嫁さんが亡くなりました。(戦争未亡人で90歳を過ぎてました)

残された家族は私と二従姉の彼女とそのお子さん。

二十歳の頃の私と一緒に写っているのはその彼(遺影を探していた時にその子が見つけて私にくれました。私が初めて見る写真でした)

 

彼の建てたお隣の家の全景。

頑固で本当の職人さんでした。彼の職業は大工さん。

これからも長く残る家です。

朝早くから奥さんは頑張っております。(私の部屋から撮影)

 

 

でも、ご心配なさらずに。残された子供たちはあなたの葬儀の日に男性同盟を結ぶ仲間が出来たようです。お子さんと前の家の子、そして私の長男、お子さんの旦那様。最後まで供養に残り意気投合したようです。そしてあなたの甥っ子さんがこれからも仲良く親戚付き合いをしていきたいとお約束してくださったとか。ですからごゆっくりお休みください。

 
今日は初七日
私の手作りのお供え物をお届けしております。