今日は土用の丑の日ですね。鰻の印象が強いかもしれませんが、これってどういう日なのでしょう? 暦といえば占いの領域。今回はこれをご説明します!

 

 そもそも『土用の丑の日』と一続きに言いますが、『土用』という期間中の『丑の日』という意味になります。

 

 『丑の日』というのはこちらのブログでもたびたび書いているように、日付に与えられている干支です。12日に1回あります。土用の丑の日が2回の年は、『土用』の期間中に丑の日が2回回ってくる年ということです。『土用』の期間はそこそこ長いので、そういう年もあるのです。

 

 では『土用』とは何でしょう?

 中国の五行思想では。木・火・土・金・水をあらゆるものにあてはめています。季節にも五行があてはめられていて、春は木、夏は火、秋は金、冬は水があてはめられているのです。

 そして土は各季節の変わり目にあてはめられています。なので土用は一年に春夏秋冬の四回あります。今は夏の土用の期間です。今年の立秋は8月8日ですので、8月7日までが夏の土用ですね。暑中お見舞いという言葉が使えるのもこの日までで、8日からは暦上秋になります。

 

 なかなか気にすることのない土用ですが、この間は間日という日を除いて土を掘り返したりするのは避けたほうがいいとも言われるそうです。夏の土用は暑さもありますし、お庭いじりなどなさる方は熱中症にも気を付けてくださいね。

 

 

*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+
占いの館DeepForest
名古屋市中区栄3-20-14住吉ビル205
052-684-5675
https://www.deepforestdivi.com/