あいかわらず更新がされない本ブログですが、最近は週1のペースで上達の約束 のほうにコラムを投稿しているので、同じネタを使うわけにもいかないし・・・となかなかのジレンマでございました。


でも、たまーに人から「ブログ更新しないんですか?私の履歴書、けっこう好きです」と言われることがあったので、これはとりあえず現在まで追いつかせたいなぁ、という気持ちもありまして、約2年ぶりに更新再開したいと思います。(次回更新は未定)


--------------------------------------------------------------------

と、その前に例によって告知です。


6月17日(日)リアル版『上達の診療所』開催


◆日時
 6月17日(日)  11:15ー14:00 (昼食時間含む)

◆会場 新いずみ囲碁ジャパン神田(JR神田駅北口から徒歩1分)
http://www.izumiigo.jp/eigyo.html

◆定員 9名

◆対象
・『上達の診療所』を詳しく体験してみたい方
・自分の囲碁の課題と現状を知りたい方
・上達の停滞を感じている方

◆診療所スタッフ
・院長:村上深 

・内科:根本明(石の流れを診ます)
・外科:井桁健太(石の形を診ます)

◆料金  4,000円(席料・昼食費込み)

--------------------------------------------------------------------

振り返り兼ねて、過去記事をば

囲碁を覚える(私の履歴書1)

マグレの長野県代表(私の履歴書2)

マグレの全国大会(私の履歴書3)

棋譜並べをするけど、よくわからない。(私の履歴書4)

さらばじいちゃん(私の履歴書5)

「ヒカルの碁」にみる院生とは (私の履歴書外伝)

異変の予兆(私の履歴書6)


私の履歴書7回目です。

中2の頃。

実は、この頃の記憶があまりないのね。


■イマイチ身が入らない


中2になると、院生としてはBクラスあたりに定着。

しかし、一方でサボり癖も発揮していた。

放課後に学校で少し時間をつぶすとか、内弟子部屋にゲームボーイを導入するとか、まあかわいげがある程度ではあるものの囲碁の勉強一筋!というわけではけっしてなく。

プロ試験も本戦には出場できたが、けっこう負け越して終わる。


なぜ、このような状態になったのか大人になってから思い返してみたが、ひょっとすると囲碁界特有の社会性・・・いわゆる村社会的な・・・囲碁の実力と子どもの頃からの関係性がそのまま一生引き継がれることへの違和感を子どもながらに感じていたかもしれないと思った。


■暇つぶしは小説、ゲーム


内弟子部屋には漫画が数百冊とあったが、俺は活字が好きだったので「漫画よりも小説の方が1冊あたりにかかる時間が長いから、パフォーマンスが良いのでは?」と考えた。

この頃に大いにハマったのがライトノベル(ロードス島戦記とか風の大陸とか)とテーブルトークRPGで、グループSNEという会社のものが特にお気に入りだった。

おそらく、内弟子生活3年半で買った本は1,000冊を優に超えていた。古きライトノベルを俺に語らせれば長くなるが、本題から外れるのでやめておく!


■進路決定 高校進学をしないことに


学校の授業は一応聞いていたので成績はキープしていたが、中2の正月に親と話をして高校進学をしないことにした。

ゆっくりとではあるが院生での成績もあがってきており、もう少し力を蓄えれば入段が十分に狙えるとみたため。

この頃(1998年)は院生上位の人はほとんど高校にも進学せず囲碁の勉強だけに打ち込む、というのが当然とされていた時代であった。

覚悟を決めて、退路を断ったつもりだった。

その後、学校の授業をまともに聞くことはなくなり、みるみるうちに成績は落ちていった。



■女の子に間違われる


治勲先生と俺(右)、他の内弟子たちと


この頃、髪が耳までかかっていて男にしてはわりと長めだった。

ある夏の日、近くの図書館に行って本を借りようとすると、目をショボショボさせているおじいちゃんが急に大きな声を出した。


「えっ!君は男の子なの!?」


俺も驚いた。

みなさんこんばんは。

今日はイベント告知でございます。


上達の診療所オープン!


1月から高付加価値囲碁教室「上達の約束」 に参加しています。

これまでの囲碁教室を超える、少人数制の新しいタイプの囲碁教室です。


この「上達の約束」で新たなサービスを作ることになりました。

それが「上達の診療所」です。


私が診療所の院長となり、Facebookのグループ機能を活用してオンライン診療所を開設します。

概要はリンク先を見て頂くとして、ぜったいに損はさせない品質を提供していこうと思っています。


また、月に1回のリアルイベントも行っています。

↓↓


詳細はコチラ


↑↑


以下、イベント概要です(リンク先より抜粋)。


-----------------------------------------------------------

◆イベント名
『上達の診療所』  〜聞きたいことをすぐ聞ける人、そばにいますか。〜


◆日時
5月27日(日)11:15〜14:15


◆会場
いずみ囲碁ジャパン
(JR神田駅北口から徒歩1分)


◆定員9 名


◆内容と流れのイメージ
・まず診断します。(対局・問題)

・結果をふまえて問診します。(検討・質疑応答)

・最後にあなたの上達のためのワンポイントアドバイスをします。(課題抽出)


◆対象
・『上達の診療所』を詳しく体験してみたい方
・自分の囲碁の課題と現状を知りたい方
・上達の停滞を感じている方


◆診療所スタッフ
・院長:村上深
・根本明
・井桁健太


◆料金
4,000円(席料・昼食費込み)

-----------------------------------------------------------

お問い合わせ、お申込みは上達の約束内 問い合わせフォーム からお願い致します。


でわでわ。

どーもこんばんは。


第39回世界アマチュア囲碁選手権 に日本代表として参加しました。

結果は6勝2敗の5位で、残念ながら12年ぶりの世界一を日本に持ってくることはできませんでした。


参加61か国・地域のうち初日、2日目を4連勝したのは日本、中国、韓国、台湾。

優勝候補の各国がきちんと出そろった格好です。

私は5ラウンド目に韓国とあたりました。




私が白番で、シノギ勝負。

黒1と石音高く相手が打ってきましたが、私は白2とヘコむことで生きていることを読んでいました。

それほど難しい手ではないはずなのですが、相手はうっかり見落としていたようで、対局中に頭を抱えていました。


この時点ではかなり優勢でしたが、持ち時間はすでに秒読み間近。

相手は20分ほど残っていました。

この後、勝負手の連発に押され、逆転負け。


残念ではありましたが、到底歯が立たないということもなく、序盤~中盤にかけては十分に戦えます。

しかし、プロの世界でもそうですが、終盤の正確さ、それを支える持ち時間のコントロールはやはり勝負に徹している強さがありました。

ややもすれば、ついつい楽しくなって考えてしまう私は時間配分の忘れがちで、終盤の乱れが課題であることは自覚していましたが、今回痛感しました。

課題は明確なので、もう少し早碁に慣れたいと思います。(しかしもう俺も歳だからな・・・)


国際囲碁連盟の公式サイト「RANKA online」でインタビュー記事 を載せて頂きました。

もちろん英語なので、頑張って読んでみてください。(私はgoogle翻訳にぶちこみました)


表彰式で、3位までに入った台湾、韓国、中国といったアジア勢は椅子に座って記念撮影。

私の両脇はやたらデカい人々・・・。たぶん220センチくらいある(体感)。




ここであることを思った。

「ナメられてはいけない」と。

そう、ほかの人にばれないように、ばれないように・・・。




これで俺も175センチくらいに見えるだろう。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そんなわけで大会は一区切りかと思っていましたが、ふと気が付けば次の大会がいろいろと待っているのでした。


まずは竜星戦予選・・・阿含桐山杯に比べてアマの参加人数は少ないですが、今期は選抜されました。




あと、アマチュア本因坊戦の東京都予選やアマ名人全国大会(幸いシードされました)、あとは秋ごろに韓国主催の世界アマ「首相杯」ってのも予定があえば日本代表として参加できそうです。

どれかで結果残せるとええなあ。


まあそんな感じで、ボチボチ勉強を続けようと思います。

でも、ちょっとここ2週間くらい忙しかったので、少しだけ英気を養おう。

ブドウ食べます。おやすみ。