放課後エクスペンダブルズByデッドプー太郎

映画界の最底辺ブロガー。

ハリウッドのアホほど金かかってるけどさっぱりストーリーのない超大作が大好き。

「往年の日曜洋画劇場」のおもしろさをブログで再現!!
を目指しているけど映画ブログの中でも屈指の偏差値の低さを記録中。

淀川長治さん、ごめんなさい。


テーマ:
風紀委員、ラブコメそして忍者。

こんばんは、デッドプー太郎です。

4月に入ってNETFLIXに再加入した。「フラーハウス」が観たかったからだ。
「フルハウス」の20年ぶりの続編で正直大丈夫か?と思ったが、これがとんでもない傑作だった。
あのメンバーが帰ってきただけでも嬉しいが、しょっぱなからオルセン姉妹をいじるという中の人ネタが炸裂でキレ味を全く失っていない内容だった。

相変わらずかっこいいジェシーおじさんや、やたら美人になったキミー以上に、「フルハウス」終了後はミッキー・ロークばりに壮絶な人生だったステファニー役のジョディ・スウィーティンの劇的復活に感動した。

配信と同時にアメリカではみんながNETFLIXを観るのでテレビの視聴率が落ちたという伝説を残し、世界があの家族を求めている事を再確認。配信開始して1週間後にはちゃっかりシーズン2の製作が決定したので楽しみだ。

フルハウス 1st シーズン 前半セット(1~11話収録) [DVD]/ワーナー・ホーム・ビデオ
¥2,689
Amazon.co.jp

NETFLIXでは「フルハウス」も全シーズン配信しているぞ!!

2日で全部観ておなかいっぱいになったところで、まだ観れていなかった「デアデビル シーズン2」も視聴開始。

 
ベン・アフレックのせいで映画ファン、アメコミファンから「忘れたい思い出」扱いだったデアデビルだが、予想を大きく裏切り傑作だったシーズン1。

俺自身、デアデビルというと額にひわいなマークを付けたコリン・ファレルしか思い出せない10数年だったが、シーズン1はハマリにハマった。ドラマで全部きちんと観たのは初めてだった。

重厚な世界観、ハードなアクションに今年の冬は例年よりも深めにニット帽を被ったものだ。

 

シーズン1をあえて厳しく評価するなら「地味過ぎた」ところ。
どちらかというと「ダーク・ナイト」的な内容で、「壮大なコロコロコミック」的世界観のMCUらしさは薄かった。スティックのヤンジィ(やんちゃなジジイ)なキャラで「あっ、これマーベルだったわ!!」とようやく思い出したが、やはりMCUはお祭り感が欲しいな~と少し思ったりした。

しかしシーズン2は違う!!ようやく観賞し終えたわけだが、ゲゲゲの鬼太郎がかって「夜は墓場で運動会」と夜更かしの楽しさを謳っていたようにデアデビルも水木しげる先生の精神を継承しハイテンション夜更かしを決行していた!!

デアデビルは、しっかりコスチュームも調達して準備万端!!しかも今回は「ハードコア風紀委員」パニッシャーとエレクトラも参戦!!お祭り騒ぎをするには申し分ないラインナップだ。

シーズン1が徐々にアクセルを踏み込んでいったのであれば、シーズン2は1話からアクセルベタ踏み!!風紀委員パニッシャーによる街中に転がる惨殺死体!!ドラえもんの単行本を買ってページを開いてみたら「殺し屋1」だったみたいな少年少女をPTSDにしかねない描写が連発する。

畳みかけるように1話目からデアデビルとパニッシャーの殴り合いがスタートし、休憩させてほしくなるような緊張感が続くのだが、4話でパニッシャーのつらい過去の話を黙って聞いてあげるという優しさに包まれたシーンが投げ込まれる。

 

 
 デアデビルと一緒にマフィアを壊滅させた後、蓄積したダメージのせいかセンチメンタルになるパニッシャー。結構無理してたんだね。
 
 
 
「つらかったんやろ、なんでも言うてみ」と言わんばかりに黙って笑顔で聞いてあげるデアデビル。

そんな前半から男気のストップ高を見せるデアデビルだが、今回はいい感じにブレる。
おばけにゃ学校も仕事も何にもないが「こっちは仕事もあるしヒーローもあるし大変なんすよ」と働きマンに限界が見え始める。

順調に仕事と夜の課外活動をこなしていたのだが、カレン・ペイジといい感じになった直後に元カノ(エレクトラ)が現れるという一大事に!!久しぶりに元カノと会って大学の頃のエロい思い出に浸った結果、元カノからの電話には全て出る、会いたいと言われたら優先して予定を入れるという典型的な破滅パターンをたどる。

妻子を殺された敵討ちにシャバでもムショでもブレずに爆走するパニッシャーと裁判にも遅刻しはじめるブレまくりデアデビル、地雷女ぶりが半端ないエレクトラ、そしてムショでもジャイアンだったキングスピンと濃厚な人間交差点な中盤。

そして後半から忍者祭りだ!!

シーズン1でも忍者は少し出てきたが今回は勇気、いや殺気100%と言わんばかりににんじゃりばんばんする忍者達!!

「闇の手」というサークルを結成しており、死んだ人を蘇生させる装置も持っていると重厚な世界観を一撃でコロコロコミックに変える破壊力は是非とも自身の目で確かめて欲しい!!
(蘇生装置に漢字で「蘇生」と書いているわかりやすさが良い!!)

バイオレンス、ハートフル、揺れる恋模様、そして忍者と詰め込みまくりのシーズン2。物語としてはシーズン1の方がよいかもしれないが、このお祭り感がMCUらしいじゃないか!!

個人的な見どころは
・パニッシャーのハードコア風紀委員 第1話
・パニッシャーVSデアデビルラウンド2 第2話
・超長回しアクションシーン 第3話
・デアデビルとパニッシャーによるハートフルドラマ 4話
・デアデビルが大学の頃のエレクトラとのエロイ思い出に浸る 第5話
・エレクトラに「セックスはなし」と釘をさされ内心へこむデアデビル 第6話
・デアデビル遅刻からのにんじゃりばんばん 第7話
・やんちゃなジジイのブラックジャック&エレクトラメンヘラ気味 8話
・キングスピンの快適ムショライフ 第9話
・今シリーズで一番むかつく奴が死亡 第10話
・デンジャラスばあちゃん、マダム・ガオ 第11話
・やんちゃなジジイ、大ピンチ!! 第12話
・にんじゃりばんばん、そしてそれぞれの新しい季節 第13話

といったところか。

今回はパニッシャーがカッコよかった。やたらブレまくり、出会う女全員にちょっかいをかけ、キレイごとを言うデアデビルに対し、「悪い人は殺す」という軸のブレなさは俺たちのパニッシャーそのものだった。随所にドクロが現れてはテンションが上がり、12話の小屋のシーンと13話のあのシーンはパニッシャー爆誕!!といった内容で最高だ。

次シリーズ「ルーク・ケイジ」がはじまる前に「ジェシカ・ジョーンズ」を観なければならないが、その前にジョン・トラボルタがえぐい殺され方をするトーマス・ジェーン版「パニッシャー」を久しぶりに観ようと思う。

ブルーレイ2枚パック パニッシャー/パニッシャーウォーゾーン [Blu-ray]/ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
¥3,065
Amazon.co.jp
こんな便利な逸品が!!

 

ヒーローとは思えない雑な扱いを受けるデアデビル

ビーパワーハードボイルド公式サイト
→ネット史上、最も意識の低い映画サイト!!

放課後エクスペンダブルズ別館 →ホットトイズ、フィギュア、トイガン等の映画関連のグッズ紹介はこちらです。 早い話がおっさんのおもちゃいじりです。

デッドプー太郎Twitter
→@deadpootarouです。アカウント乗っ取らないでね。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

デッドプー太郎さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。