最近保育士の給与(年収)が低いと話題になっていましたが、練馬区が公表している資料によると、練馬区の保育士年間平均
給与支給額は630万8,801円だそうです。

 

(出典:平成 26 年度 練馬区人事行政の運営等の状況の公表

 

これは部長、課長なども含むとあるので、現場の保育士はこれより少ないことは間違いありませんが、それでも十分もらっているようにも見えます。

(資料の読み方が間違っているようなら指摘してください)

 

民間の間隔とは随分差がある気がしますよね…。

 

 

 

 

AD

保育士は仕事の大変さに比べると給与が低いといわれています。そのことが朝日新聞の記事になっていました。

 

年収ラボによると、保育士の平均年収は323万円となっています。

 

「なんで保育士の給料は低いと思う?」。会社員の男性(34)は、保育士だった11年前、勤め先の認可外保育園の運営会社社長にこう話しかけられたことが忘れられない。「女性が多い職場で結婚や出産で辞めてしまう。給料として投資はできないだろ」と続いた。

http://www.asahi.com/articles/ASKBB67D1KBBUTFK023.html

近年は保育士不足と言われているにもかかわらず、保育士の年収がなぜ上がらないのでしょうか?

理由は保育所の制度的な側面になります。認可保育所の主な収入源は「補助金」と「保護者からの保育料」です。

このうち保護者からの保育料は公定価格で決まっているため、保育園側が勝手に上げることはできません。

補助金とは要するに「税金」 です保育士の収入を上げるには数千億円規模の補助金を投入する必要があり、昨今この部分を強化するように議論されているところです。

現状は、保育士の労働実態や社会的なニーズからすると賃金水準が低くなっていますが、見直しも進められているため徐々に改善していくと思います。

 

 

AD

朝からほっこりしたツイートを見たのでご紹介。

自分にもこんなテクニックがあったらと…。この男の子の将来が楽しみですね。

 

 

 

 

AD