【The extended】

【The extended】

DELIC RECORDS主宰「EC」忘備録 
改めクラブ世代に送る80's 12インチシングル専科
【The extended】

 

テーマ:

This Week No.1 M/A/R/R/S / Pump Up The Volume

 

 

この作品は、DJによるメガミックスを公式にリリース、

世界的ヒットとなった革命的な一曲。

 

このヒットにより過去のポップ・ミュージックの制作過程みたいな

ものが崩壊し、いわゆるDJによる楽曲制作の時代へ突入、ポップ・

ミュージックが完全にパラダイム・シフトしたことを告げた。

楽曲の詳細はwikiを参照下さい(元ネタも掲載されています)

 

しかし、この楽曲は70年代から制作されてきたDJによるテープ・

エディットによるメガミックスのブート作品を公式にリリース

しただけとも言える。ポップ・ミュージック・シーンでは革命的

だが、ダンス・ミュージック・シーンにおいてはスタンダードな

ものでしかなかった。それはメガミックス・クラシック作品の

リリース年を見れば明らか。

 

Big Apple Production Vol. II(84年)

Double Dee & Steinski/Mastermixes(84年)

(The Payoff Mix/Lesson 2)
Y.M.O. Megamix(86年)
Coldcut/Say Kids(87年1月)
London Beats - Volume 1(87年)

パッと思いつくところをピックアップしたが、最古のメガミックス
作品は、78年にリリースされたSpecial Disco Mixer/Hollywood-1
だから、19年の歳月を経てこのDJによるメガミックス文化が
オーヴァーグラウンドに現れたことになる。

 

 

ただ、そのままメガミックスを模倣しただけでなく、ギターやドラム
そして、スクラッチを被せたところがこの楽曲が過去のメガミックス
作品と一線を画しているところ。さらに、ハウス・ミュージックの
ビートを軸にしているため、ヴォーカルがないにも関わらずダンス・
ミュージックとしてだけでなく、ポップスとしても機能した。

12インチ・シングルは世界各国でリリースされた。英国盤はオリジナル
とリミックスをセパレートでリリース。米国盤にはラップ入りの
ヴァージョンとボーナスビーツ、インスト・ヴァージョンが追加収録
された。

 

 



Sampled:Coldplay/Talk (Max Graham vs. Alex Nelson Remix)

The Remixes Parlophone 2006

 

 

Lyrics Sampled:Kanye West/Half Price I'm Good 2003

 

 

Pump Up The Volume Pump Up The Volume
 
Amazon

 

 

Pump Up The Volume Pump Up The Volume
 
Amazon

 

 


テーマ:

This Week No.5 George Michael/Hard Day (Special Remix)

 

 

 

2016年惜しまれつつこの世を去ったジョージ・マイケル。

 

87年にリリースされた彼のソロ・アルバム『Faith』から米国

とオーストラリアのマーケット向けにリリースされたシングルが

この「Hard Day」。

 

アルバム詳細はすでにレヴュー済み。こちらを参照下さい。

 

元々は、ファースト・シングル「I Want To Sex」のB面に

収録されていた楽曲で、そのリミックス・ヴァージョンだ。

ミディアムなシンセ・ポップが、当時チャートを賑わせた

ヘヴィーなエレクトロ・ファンクとなっている。

 

リミキサーはおなじみシェップ・ペティボーン。エディットには

、同年にはじめてのアルバム『Bach To The Future』をリリース

しのりにのっていたラテン・ラスカルズ。エンジニアにはスティーヴ

・ペックという布陣。鞭打つようなドラム・サウンド、ド頭から

エディットが炸裂、随所にテープ・リヴァース音を挿入、さらに、

ヴォーカル・ピッチを変えるなど遊び心満載。しかし、あくまで

原曲をアップ・デートさせたヴァージョンとなっている。

 

 

 

Sampled:DJ Magic Mike and The Royal Posse

Magic Mike Cuts the Record Cheetah 1989

 

 

 

 

Faith Faith
1,600円
Amazon

 

 

 


テーマ:

This Week No.1  Earth, Wind & Fire/System of Survival (Remix)

 

 

87年にリリースされた、アース・ウィンド&ファイアの14作目にあたる

アルバム『Touch of the world』からのファースト・シングルがこの

「System of Survival」。

 

レーガン政権のレーガノミクスで景気回復が停滞、イランイラク戦争は

長引き、ブラック・マンデーが起こるなど不穏な空気に包まれていた87年

にこの楽曲はリリースされた。リリックは、

 

人類は僕を踏みつけて行こうとしている
僕は生計を立てるため
9時と5時にタイムカードを押して働く
衛星放送に出てくる完璧そのものの人物
ギブ&テイクの雰囲気が君に似てるよ
彼が取る方 僕は与える方

だから踊るのさ

これが僕の生きのびる方法なんだ
そうさ僕は踊ってる
これが生き残る方法なんだ

生存のシステム 未来によみがえる
まったく新しく再生する

これが唯一の方法なのさ
今日はずっとこれを続けよう

みんな立ち上がって 踊るんだ
みんな立ち上がって
自分のやり方で生きるんだ

 

ポリティカルなメッセージを、当時のトレンドである打ち込みによる

マシン・ファンクにのせて歌った一曲。

 

12インチ・シングルには、楽曲冒頭のナレーションあり/なしのヴァージョン

と、おなじみスティーヴ・トンプソンとマイケル・バリビエロによる、

(Dub 1 Mix (Everybody Get Up/House Party Mix))を収録。

時流に合わせたハウス・ミュージック風のリミックス・ヴァージョンだ。

 

 

Sampled:Slum Village feat. Phat Kat and Black Milk/Hear This

Slum Village Barak 2005

 

 

 

 

System of Survival System of Survival
200円
Amazon

 

Touch the World Touch the World
11,280円
Amazon

 

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス