山根DCの治療革命

山根DCの治療革命

カイロプラクター山根悟が、毎日の治療の中で感じたこと、気づいたことを書いていこうと思います。

明るく楽しく前向きに!


東京大阪にてGAPテクニック講座を開講します!

テーマ:

45歳女性

 

数日前から肩甲間部の痛みが出て、自分で揉んでも症状が消えないので、来院。

 

このところの雪で、体が冷え、前かがみの姿勢が多く、首、肩甲間部が異常に貼りやすくなっていた。正月明けからインフルになったこともあり、体は疲れ気味。

 

僧帽筋、菱形筋、肩甲下筋の筋力低下。

 

こういうケースでは、頚椎上部、腰椎下部の過緊張が生まれていることが多い。

 

例えて言うと、タオルを左右の手で持ち、捻ると真ん中が一番捩れますよね。

 

肩が凝る子供はいても、肩甲間部が痛い子供はほとんどいません。

 

この理屈からも頚椎の歪み、腰椎の歪みは肩甲間部の過緊張を生んでいることがほとんどです。

 

ということは頸椎、腰椎の歪みをとる、そして20以上肩甲骨に起始、停止している筋肉の中から筋力が低下しているものを見つけ、テーピングなどをして強度を増す、そして柔軟性をつければいいんです。

 

ほとんど肩甲間部に触ることはありません。

 

それでも軽くなったとご帰宅。

 

考察;肩甲間部を触るより、頸椎、腰椎に動きをつけるべし。


テーマ:

50歳男性

 

数年前から左手のしびれが強く、病院で検査。結果頸椎ヘルニアと診断され、手術を勧められた。

 

家族と相談したら、手術だけは考えてと言われたが、大好きなゴルフの出来ないのは問題と友人やインターネットで調べるとあまりいい結果が出ないとのこと。

 

そんな中、取引先の友人から騙されたと思い、私を紹介され来院。

 

握力正常。知覚は母指、示指に違和感。尺骨神経走行に筋緊張。

 

整形外科テストはほとんど異常なし。

 

レントゲンの写真も見せてもらったが、それほどの異常とは思えず。

 

斜角筋、腕神経叢の走行上の筋緊張。

 

斜角筋テープを貼ったところ、頸椎の動きがすごくよくなり、後屈もスムーズに。

 

この瞬間から患者さん積極的に応対するようになり、治療もスムーズに。

 

肩甲間部が異常に硬く、そのため上部頸椎が必要以上に動きが求められ、後頭下筋、肩甲挙筋の硬結が強くなりました。

 

また猫背が強く、上部頚椎の負担も相当高そうでした。

 

斜角筋テープ、上部頚椎のサービカルブレーク、前腕のトリガーアプローチ。

 

一回の治療で症状に変化。トータル10回の治療で、症状消失。

 

大好きなゴルフも楽しんでおられます。

 

考察;手術も選択肢ですが、筋肉、関節、真皮もお忘れなく、酸欠が異常の原因ですから、まずは血流改善するべし。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス