脱原発の日のブログ

脱原発の日のブログ

12月8日は1995年、もんじゅが事故を起こして止まった日。この時、核燃料サイクルと全ての原発を白紙から見直すべきだった。そんな想いでつながる市民の情報共有ブログです。内部被ばくを最低限に抑え原発のない未来をつくろう。(脱原発の日実行委員会 Since 2010年10月)

○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○

 

Green Earth Express【vol.458】 2020/6/1

国際環境NGO FoE Japan メールマガジン http://www.FoEJapan.org/

 

○━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━○

 

 

◆Today's INDEX◆

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃ 【1】ニュース from FoE Japan

┃ ◆ベトナム・ブンアン2石炭火力発電所中止を求め、世界127団体が要請書提出

┃ ◆新型コロナ下のフィリピン先住民族や労働者への寄付のお願い(6月も継続)

┃ ◆パワーシフト・電力会社と「エネルギー供給強靭化法案」について共有・意見交換

┃ ◆6/5 映像をみて考える福島第一原発事故の今〜第7回FoEオンラインカフェ

┃ ◆6/13 公開セミナー「コロナ危機とシステムチェンジ〜環境NGOの役割とは」

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃ 【2】イベント案内・募集・お知らせ

┃ ◆FoEオンラインカフェ第7回「映像をみて考える福島第一原発事故の今」、他7件

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃ 【3】活動報告・ブログ更新情報

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃ 【4】事務局日記

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆  【1】ニュース from FoE Japan  ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃ ★ベトナム・ブンアン2石炭火力発電所中止を求め、世界127団体が要請書提出

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

現在ベトナムで進められているブンアン2石炭火力発電事業中止を求め、日本の官民

に対し、世界40以上の国と地域から127団体が賛同する国際要請書を提出しました。

ブンアン2は三菱商事が出資し、国際協力銀行など公的金融機関が支援を検討してい

ます。しかし、ブンアン2の建設予定地では、すでに既存の発電所が原因とみられる

環境汚染や、健康被害が報告されています。また、住民に対して十分な説明や協議が

行われていないという報道もあります。さらに、気候危機も深刻になる中、新規石炭

火力発電所建設は、さらに気候危機を加速させることにつながります。

詳しくは要請書をご覧ください。

                               (深草亜悠美)

▼要請書

「日本の官民に対しベトナム・ブンアン2石炭火力発電事業からの撤退を求めます」

https://www.foejapan.org/aid/jbic02/va/200526.html

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃ ★新型コロナ下のフィリピン先住民族や労働者への寄付のお願い(6月も継続)

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大の中、日本でも経済的に苦しい生活を強

いられるなど、影響を受けている方々への早急かつ十分な対処が望まれますが、

フィリピンでコロナ禍の影響を受ける方々からも支援の呼びかけが来ています。

 

フィリピンでは、3月17日からルソン島全域やその他の地域で厳しいコミュニティ

隔離措置がとられました。公共交通機関はすべて止められ、警察や軍が動員され

ての外出・移動制限のなか、その日暮らしをしてきた貧困層は毎日の食糧調達も

ままならない状況に置かれてきました。政府の給付金や食糧などの支給も遅れや

不十分な事例が報告されています。5月半ばから隔離措置は順次緩和されてきて

いますが、貧困層への影響は暫く尾を引くと見られています。

 

このような状況下、FoE Japanでは、これまで鉱山・ダム開発やバナナ生産現場

で起きている環境・社会・人権問題に現場で一緒に取組んできたコルディリェラ

民族連合(CPA)とスミフル労働組合(NAMASUFA)からの寄付の呼びかけに応え、

募金活動を行なっています。6月末までに200万円の寄付を目指しています。

 

皆さまからの寄付は折半し、CPAとNAMASUFAに半分ずつ送らせていただきます。

日本の皆さまからの温かいご支援をどうぞよろしくお願い致します。

                           (松本光、波多江秀枝)

▼詳細はこちら 

https://foejapan.org/aid/doc/200508.html

▼スミフルバナナ労働者のビデオメッセージはこちら 

https://youtu.be/ekqpmdh44aM

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃ ★パワーシフト・電力会社と「エネルギー供給強靭化法案」について共有・意見交換

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

電力小売全面自由化から4年がたちました。再エネを重視する新電力も各地に生まれ、

それぞれに個性的なビジョンを打ち出して、試行錯誤を重ねています。

一方、再エネを重視する新電力にとって厳しい状況であることも確かであり、相互に

課題を共有し、政策課題に対しても連携した働きかけなどを行っていくことが不可欠

です。

そこでパワーシフト・キャンペーンでは、当会につながる新電力のみなさんとともに、

電力システム改革や再生可能エネルギー、エネルギー政策に関する情報共有、そして

意見交換の機会を設けることとしました。

第1回目は5月26日(火)に開催、約30名(うち電力会社6社)が参加しました。

株式会社ニューラルの夫馬賢治さんをゲストとしてお招きし、今国会で審議されてい

る「エネルギー供給強靭化法案」について概要を勉強、また各社の現状や悩みを共有

しました。

                                (吉田明子)

▼詳細はこちら 

http://power-shift.org/200526-seminar-report/

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃ ★6/5 映像をみて考える福島第一原発事故の今〜第7回FoEオンラインカフェ

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

東電福島第一原発事故から9年以上が経過しました。一方で、復興の影で事故被害の

「見えない化」が進んでいます。

FoE Japanは、見えない化されている被害を「見える化」するため、さまざまな方々

の短いインタビュー映像を制作。国内外に発信しています。

今回はそのうちの3本を上映(それぞれ約10分)。

映像を制作したFoE Japanの若手スタッフとともに、福島原発事故被害の今について

考えます。

※FoE Japanが連続で行っているオンラインカフェの一環として行います。

                                (満田夏花)

▼申込み・詳細はこちらから

https://www.foejapan.org/event/supt/onlinecafe2020.html

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃ ★6/13 公開セミナー「コロナ危機とシステムチェンジ〜環境NGOの役割とは」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

新型コロナウイルスの蔓延は、現在までのグローバリズムや大量生産大量消費社会の

破綻を示しました。一方で、コロナを口実に、各国で、強権的な政策が顕在化し、国

策に反する住民運動やNGOの活動が弾圧されている実態があります。

FoE Japanは従来から、環境と人権は一体のものであり、持続可能な社会は民主主義

なしには実現できないという立場で活動を行ってきました。 6月13日、新型コロナ禍

における環境NGOの役割について考えるセミナーを開催します。ぜひご参加ください。

                                (満田夏花)

▼詳細・お申込みはこちらから。

https://www.foejapan.org/event/supt/200613_2.html

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆  【2】イベント案内・募集・お知らせ   ◆◆◆◆◆◆◆◆

 

★6/3 六ケ所再処理工場 パブコメ・セミナー(3)〜プルサーマルと再処理

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

とても危険な六ケ所再処理工場について学びましょう。初めての方もぜひ。

【日 時】2020年6月3日(水)14:00〜15:30

【詳 細】https://www.foejapan.org/energy/stop_restart/200522.html

 

★6/5 FoEオンラインカフェ〜第7回 「映像をみて考える、福島第一原発事故の今」

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

10年目の福島。映像を通して、原発事故の今を考えます。

【日 時】2020年6月5日(金)15:00〜16:30

【詳 細】https://www.foejapan.org/event/supt/onlinecafe2020.html

 

★6/6 オンラインセミナー「映像でみる福島の漁業者たちの想い」

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

漁業者の方々のインタビューの映像をみて、汚染水について考えます。

【日 時】2020年6月6日(土)15:00〜16:30

【詳 細】https://www.foejapan.org/energy/fukushima/200606.html

 

★6/8 六ケ所再処理工場 パブコメ・セミナー(4)〜再処理の経済的社会的コスト

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

必要性がまったくない危険な施設の巨額費用は誰が払うのでしょうか?

【日 時】2020年6月8日(月)14:00〜15:30

【詳 細】https://www.foejapan.org/energy/stop_restart/200522.html

 

★6/10 六ケ所再処理工場 パブコメ・セミナー(5)〜審査書案のポイント

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

とくに火山、地震の評価について。

【日 時】2020年6月10日(水)14:00〜15:30

【詳 細】https://www.foejapan.org/energy/stop_restart/200522.html

 

★6/13 公開セミナー「コロナ危機とシステムチェンジ〜環境NGOの役割とは」

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

新型コロナ禍における環境NGOの役割とは?

【日 時】2020年6月13日(土)16:00〜17:00

【詳 細】https://www.foejapan.org/event/supt/200613_2.html

 

★6/18 オンライン現地報告会シリーズ2「フィリピン・ニッケル鉱山と暮らし」

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

スマホや電気自動車に使われるニッケルの開発現場で起きている環境社会問題とは?

【日 時】2020年6月18日(木)19:00〜20:30

【詳 細】https://www.foejapan.org/energy/fukushima/200606.html

 

★3.11から続く日々…福島からの声 インタビュー映像を続々公開中

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

原発事故被害の「見える化プロジェクト」の一環として、福島でたたかう人々の

インタビュー映像を制作しました。

【詳 細】https://www.youtube.com/playlist?list=PLI2i2jXvAKhtAOb3PUzY6YzJPBA20204i

 

★動画公開−日本が援助するインドラマユ石炭火力・拡張計画と住民の声

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

インドネシア政府とのせめぎ合いのなかで、自分たちの生活や子孫の未来を守ろ

うとする農民の苦悩と強さを描いた動画です。

【詳 細】https://youtu.be/R3ccOnxMmmk (日本語キャプション付)

 

 

★【オンライン署名】STOP横須賀石炭火力建設!

〜子どもたちによりよい環境を残すために〜

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

FoE Japanも協働している横須賀火力建設を考える会は、事業者JERAに対して

建設中止を求める署名を実施中です。

ご賛同いただける方、ぜひご署名お願いします。

【詳 細】https://docs.google.com/forms/d/1yIp04StQBDZPsvEpdWhwLdclIqomVw0U9xjSOh8LP-8/viewform?edit_requested=true

 

 ★宇津木の森 里山再生プロジェクト 今後の予定

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

コロナ感染防止対策等をとった上で、定例活動を再開します。

【日 時】定例活動  2020年6月14日(日)10:00〜15:00

    がっつり作業日 6月23日(火)、27日(日)

【場 所】宇津木緑地保全地域(日野駅・八王子駅からバス)

【詳 細】http://www.foejapan.org/satoyama/activity/index.html

 

★FoEハイキング 6月の予定

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ハイキング再開します。参加にあたっての注意点などはHPをご確認下さい。

【日 時】 2020年6月20日(土)松生山/奥多摩

        6月28日(日)馬堀海岸〜観音崎/三浦

【詳 細】http://www.foejapan.org/event/hike.html

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆  【3】活動報告・ブログ更新情報  ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

▼ホームページの活動報告・プレスリリース等更新しました

http://www.foejapan.org/news/

年間1.04兆円の公的支援に化石燃料に投じる日本

エネルギー関連事業への公的資金の分析をまとめた報告書発表、他

 

▼スタッフブログ更新しました

https://foejapan.wordpress.com/

コロナ危機をどう乗り越えるか〜システムチェンジに向けた連帯を〜、他

 

▼活動日記はこちら

http://www.foejapan.org/activity/diary.html

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆  【4】事務局日記  ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

新型コロナウイルス対策の非常事態宣言が解除されてから一週間。みなさまいかが

お過ごしでしょうか?私は先週、ようやっと趣味の自転車に乗ることができました。

また、FoE Japanでは、非常事態宣言下、FoE オンラインカフェを実施してきました。

首都圏だけでなく、北海道や京都からも参加いただき、全国からのご支援を感じる

機会にもなりました。ご参加くださったみなさま、ありがとうございました!宣言は

解除されましたが、今後も継続して、このようなオンラインイベントを継続できたら

と考えています。

(高橋)

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━━

FoE Japanは世界75カ国にネットワークするFriends of the Earthのメンバーです。

 

◆Be a Friend of the Earth! FoE Japanのサポーターになりませんか?

詳しくはこちら  http://www.foejapan.org/join/index.html

 

◆みなさんの知人、ご家族にもこのメールマガジンをお知らせください。

メールマガジンのバックナンバーはこちら>http://www.foejapan.org/material/

 

◆本メールマガジンの記事について、転載は自由です。

出典として「FoE Japan」を明記してご利用ください。

 

◆本メールマガジンに関するご意見・ご感想、登録・解除の依頼等は下記まで

お寄せください。

Tel:03-6909-5983/Fax:03-6909-5986/e-mail:info@foejapan.org

 

◆発 行 : 認定NPO法人 FoE Japan (フレンズ・オブ・ジ・アース・ジャパン)

◆編集担当 : 篠原 ゆり子、佐々木 勝教、高橋 英恵

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━━

たんぽぽ舎です。【TMM:No3945】

2020年5月30日(土)地震と原発事故情報−

              5つの情報をお知らせします

                          転送歓迎

━━━━━━━ 

★1.新型コロナウイルス感染症は災害である

   自然災害で始まり、対応遅れ、情報非公開などの

   誤った対応が世界で重なり人災になった

     災害対策基本法を適用せよ   (その1)(3回の連載)

      未だに不明な「COVID−19」の正体

                山崎久隆(たんぽぽ舎共同代表)

★2.政権、原子力推進派、コロナ禍で惨事便乗次々   (中)(3回の連載)

   東海第二工事、汚染水海洋放出策動、再処理工場稼働OK

   運動の火を絶やさず集会・デモのない「新しい生活」を拒否しよう!  

     福島第一原発事故で発生した汚染水は

     東電が最後まで管理・保管すべき                                        渡辺寿子(原発いらない!ちば)

★3.核燃再処理工場 もはや合理性がない…ほか

   メルマガ読者からの原発等情報3つ(抜粋)       

                        黒木和也 (宮崎県在住)

★4.新電力の救世主?独シーメンスが「火山岩の電池」開発、

   コストはリチウムの10分の1

   警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識 その349

                     島村英紀(地球物理学者)

★5.新聞より2つ

  ◆金子勝教授「アベノマスク」は「無能政府の象徴」

            (5/28(木)15:38配信「デイリースポーツ」)

━━━━━━━ 

※6/3(水)2つの抗議行動にご参加を!

1.とめよう!東海第二原発 20年運転延長・再稼働ゆるすな!

  日本原電本店抗議行動

  茨城県東海第二原発の再稼働工事を止めよ!

 日 時:6月3日(水)17:00より17:45

 場 所:日本原電本店前(住友不動産秋葉原北ビル 台東区上野5-2-1)

     銀座線末広町駅4番出口より4分

 共 催:「とめよう!東海第二原発首都圏連絡会」

     「再稼働阻止全国ネットワーク」 TEL 070-6650-5549

2.「第81回東電本店合同抗議」放射能汚染水を海へ捨てるな!

  東電は2200億円の原電支援するな!

    東電は福島第一原発事故の責任をとれ!

 日 時:6月3日(水)18:30より19:30     

 場 所:東京電力本店前(千代田区内幸町1-1-3)

 呼びかけ:「経産省前テントひろば」070-6473-1947 

      「たんぽぽ舎」 03-3238-9035

 賛 同:東電株主代表訴訟など137団体

 ※「新型コロナウイルス」対策を致します。

  ・現場に手指消毒用ボトルを用意します。 

  ・「密集」しないように参加者同士の間隔を空けて抗議します。

  ・体調に不安のある方は、無理に参加しないで下さい。

━━━━━━━ 

※6/4(木)学習会にご参加を!  新ちょぼゼミ

 「ジャーナリズムと日本の危機〜ワセダクロニクルの挑戦」

 講 師:渡辺 周(まこと)さん(元朝日新聞記者「プロメテウスの罠」

          取材チーム)

 日 時:6月4日(木)18時より21時     

 会 場:「スペースたんぽぽ」(ダイナミックビル4F)

 参加費:800円  〔講師のお話は19時より〕

 ※「新型コロナウイルス」対策を致します。

  ・会場に手指消毒用ボトルを用意します。 

  ・机の上に消毒液を噴霧しペーパータオルで拭きます。

  ・窓をこまめに開けて換気に配慮します。 

  ・「密集」しないように着席していただきます。

  ・体調に不安のある方は、無理に参加しないで下さい。

━━━━━━━ 

 

┏┓ 

┗■1.新型コロナウイルス感染症は災害である

 |  自然災害で始まり、対応遅れ、情報非公開などの

 |  誤った対応が世界で重なり人災になった

  |   災害対策基本法を適用せよ   (その1)(3回の連載)

  |    未だに不明な「COVID−19」の正体

 └──── 山崎久隆(たんぽぽ舎共同代表) 

 

 ※この原稿は、『新型コロナウイルス感染症』(5/15、16、18、

   21と4回連載)の第2弾です。

 

9つの見出し紹介

 

1.未だに不明な「COVID−19」の正体

2.「COVID−19」に感染したら

3.「COVID−19」による全身症状

4.サイトカインストーム(免疫システムの暴走)

5.「COVID−19」の「特効薬」はあるか?

6.PCR等検査体制の確立を急げ

7.「発熱4日、体温37.5度」のミス

8.医療崩壊を防げ

9.災害対策基本法を適用せよ

 

 

1.未だに不明な「COVID−19」の正体

 

 外観が太陽のコロナ(光冠)に似ているので「コロナウイルス」と呼ば

れるタイプはこれまで大きく7種類が知られている。

 風邪の原因になるもの、中東呼吸器症候群(MERS)や重症急性呼吸

器症候群(SARS)の原因になるものもコロナウイルス。そして2019年

に発見されたのが「COVID−19」だ。

 SARSはコウモリ、MERSはラクダが感染源とされるが、「COV

ID−19」は未だどこから来たのかさえ分かっていない。センザンコウ

かコウモリか、諸説がある。

 地球生命はウイルスを含めて相互に依存し合って成立してきた。人間も

その一つであり、ウイルスは人間の発生、生存にとっても欠くべからざる

存在でもある。

 新型コロナウイルスはどのような道筋で現れたのかは未だ分からないが、

いずれ人間とも共存するようになる。ウイルスの人への感染は獣人共通感

染として始まる。ウイルスが存続するためには、宿主との共存がもっとも

重要だから共存するように変異する。現在はその試行錯誤の真っ最中なの

で次々に新しいタイプが現れている。

 

2.「COVID−19」に感染したら

 

 新型コロナウイルスはどのように人に害を与えるのか。サイエンス*の

論文からその一部を紹介する。(Science;How does coronavirus kill? Clinicians trace a ferocious rampage through the body,from brain to toes2020年4月17日より)

(*サイエンス;1880年に創刊され米科学振興協会=AAASによって発

行されている学術雑誌である。)

 死亡した患者のCT画像では、ウイルスは脳からつま先まで、全身にわ

たり猛烈な打撃を与えることが分かってきている。この病気は身体の全域

を攻撃し、壊滅的な結果をもたらす可能性がある。

 ウイルスを含む飛沫を吸い込むとコロナウイルスが鼻と喉に入る。アン

ジオテンシン変換酵素2(ACE2)と呼ばれる細胞表面受容体(レセプ

ター)が豊富な鼻腔の細胞から侵入すると考えられている。同様に手など

に存在するウイルスも食べ物などから口腔内そして喉に侵入する。

 ウイルスは細胞に侵入するために受容体を必要とする。いったん中に入

ると、ウイルスは細胞の自己複製機構を乗っ取り、無数のコピーを作成し、

また新しい細胞に侵入することを繰り返す。

 この初期段階で免疫システムがウイルスを破壊しきれない場合、ウイル

スは気管を伝って肺を攻撃し、そこで致命的になる可能性がある。

 肺の気管支は多数分岐して細くて長い枝状に分かれていき、肺胞と呼ば

れる小さな気嚢で終わる。肺胞はそれぞれACE2受容体が豊富な単一層

の細胞で覆われている。

 酸素は肺胞から毛細血管、気嚢にある血管に入る。酸素は全身に運ばれる。

  しかし、免疫システムが侵入者と戦っている時は、戦い自体がこの酸素

移動を阻害する。

 ウイルスと闘う白血球は、ケモカインと呼ばれる炎症性の分子を放出す

る。それでウイルスに感染した細胞を標的にして殺す免疫細胞が増え、体

液と死んだ細胞が液体として溜まり出す。これが肺炎の根本的な病理であ

る。見られる症状は主に熱、急速で浅い呼吸である。一部の患者はその後

に回復する。

 しかし中には突然悪化し、急性呼吸窮迫症候群(ARDS*)と呼ばれ

る状態を発症する人もいる。血中酸素レベルは急落し、呼吸困難に陥るた

め、体外式肺補助装置ECMOなどで呼吸を管理することが必要な場合が

ある。人工呼吸管理下でうつ伏せに体位変換を行う腹臥位換気法(ふくが

いかんきほう)も有効であるとされる。

 X線およびコンピューター断層撮影スキャンでは、肺は、黒い空間(空

気)があるはずの場所が白い混濁で覆われている。

 剖検を行ったケースでは肺胞に液体、白血球、粘液、および破壊された

肺細胞の残骸が詰まっていることが示されている。

(*ARDS 急性呼吸窮迫症候群 さまざまな原因によって肺の血管透

過性(血液中の成分が血管を通り抜けること)が進行した結果、血液中の成

分が肺胞腔内に移動して肺水腫を起こす症状。死亡率は治療の進歩によっ

て以前より低下したものの、現在でも30〜40%、もしくはそれ以上と考え

られている。水に溺れた感覚になる。筆者も15年前に肺炎でこの症状を経

験した。)

 

3.「COVID−19」による全身症状

 

 このウイルスは全身に症状を広げる。ただの「風邪」では決してない。

 脳については、一部の患者では、脳梗塞、発作、錯乱、および脳の炎症

を起こしていることがわかっているが、その原因は未だ良く分かっていない。

 目は、結膜炎を起こし、まぶたの内側を覆う膜に炎症が生じる。

 鼻は、一部の患者では嗅覚異常を訴える。原因としてウイルスが鼻の神

経末端上に移動して細胞を損傷する可能性が推測されている。舌も味覚障

害を起こす場合があるという。

 心臓は、ウイルスが細胞表面のアンギオテンシン変換酵素2(ACE2)

受容体に結合することにより、血管の内層を含む細胞に侵入し、血栓、心

臓発作、心臓の炎症を進行させる可能性がある。

 肝臓は、患者の半数で状態が悪化している。免疫系の暴走とウイルスと

戦うために投与された薬剤が損傷を引き起こしている可能性がある。

 腎臓は、重症例では損傷がよく見られ、死亡する可能性を高める。ウイ

ルスは腎臓を直接攻撃する可能性がある。また、腎不全は血圧の急降下な

ど全身症状の一部である可能性がある。

 腸は、ウイルスが下部消化管に感染した場合、ACE2受容体が豊富で

あることが一因になり患者の約20%以上で下痢の症状が見られる。

 その他、足の指などにはしもやけ状の症状が多数発生し足の指が壊死す

る場合もある。ウイルスによる末梢血管損傷が起きていると思われる。

  (その2)に続く

 

 

 

┏┓ 

┗■2.政権、原子力推進派、コロナ禍で惨事便乗次々(中)(3回の連載)

 |  東海第二工事、汚染水海洋放出策動、再処理工場稼働OK

 |  運動の火を絶やさず集会・デモのない「新しい生活」を拒否しよう! 

  |   福島第一原発事故で発生した汚染水は

 |  東電が最後まで管理・保管すべき

 └──── 渡辺寿子(原発いらない!ちば)

 

6.DNAを破壊するトリチウム

 

 東電の敷地内のタンクに日々貯まっていく多核種除去装置(ALPS)

で処理した後の汚染水には60種の多核種が残っていますが、最も問題に

なっているのが、トリチウムです。トリチウムはエネルギーが低いので問

題ないとされ、稼働中の原発から当然のように海に流し続けています。

 しかし北海道がんセンター名誉院長の西尾正道さんは、トリチウムはD

NAを破壊する、人体に非常に有害なものであると警告しています。

 トリチウムは水または気体として体内に取り込まれ、殆どは代謝の過程

で尿や汗として体外に排出されますが、問題なのは、体内では水素として

細胞の核に取り込まれ、DNAを破壊することです。

 その結果乳がん、白血病、ダウン症児の出生や死産の増加となります。

 トリチウムを大量に放出するカナダのCANDU原子炉では稼働後に小

児白血病やダウン症児の出生が増加し、問題となりました。日本でもトリ

チウムを多く放出する加圧水型原子炉の周辺で同様の病気が多発しています。

北海道泊原発周辺では白血病やがんの発生は道内一であり、佐賀県玄海原

発周辺も再稼働後数年を経ずして白血病が多発しています。トリチウム水

を海洋放出することを決して許してはなりません。

 

7.福島第一原発事故で発生した汚染水は

  東電が最後まで管理・保管すべき

 

 5月13日の東電前抗議行動参加者に福島の武藤類子さんが激励のメッ

セージを寄せました。その一部を以下紹介します。

「そもそもこの汚染水は原発事故によって発生したのです。決して環境中

に出してはいけない放射性液体廃棄物なのです。発生責任者である東電が

最後まで管理・保管するのが当たり前なのです。海は地球に生きる生き物

全体の貴重な財産です。東電のゴミ捨て場ではないのです」。

 

8.六ケ所再処理工場稼働させるために

  東電汚染水は海洋放出する

 

 この東電汚染水の処理は「海洋放出」が最も現実的な選択肢として提言

した経産省小委員会の決定に対し、小出裕章さんはそれは「原発推進派の

言い分だ」と指摘しています(毎日新聞4月2日付け記事)。小出さんは

「国の原子力政策は六ケ所村で建設が進む再処理工場の稼働を前提にして

います。ここに使用済燃料を持ち込んで、再利用するためのプルトニウム

を取り出し、除去できないトリチウムは海洋放出することになっています」

 原発などからトリチウムを環境に放出する場合、「原子炉等規制法」で

は濃度限度を1リットル当たり6万ベクレルと定めている。しかし、再処

理工場は規制の対象外で、そのまま全量を放出することができる。「こん

な仕組みですから、いくら福島県の漁業者に反対されても、国や東電は海

洋放出を推し進めるでしょう。福島でできないなら、再処理工場でもでき

ないことになる。だから、推進派は『タンクに貯蔵し続ける』とは決して

いいません」

 東電汚染水の海洋放出は国策なのです。

 

9.再処理工場完工しても核燃サイクルは破綻

 

 5月13日規制委は六ケ所村再処理工場が新規制基準に「適合」してい

るとする「審査書案」を了承し、再処理工場の稼働を事実上容認しました。

 六ケ所村再処理工場は1993年4月28日の着工から27年かかって

やっと完工しました。使用済燃料からプルトニウムを取り出した後に残る

高レベル放射性廃液をガラス固化体にする工程が失敗続きで、実に24回

も完工延期を繰り返した挙句の「合格」、完工でした。

 日本の原子力政策は、使用済核燃料を再処理して繰り返し使うという

「核燃サイクル」政策を根幹として推進してきました。 

 しかし再処理工場とともに核燃サイクルの要である増殖炉は「もんじゅ」

が失敗し、2016年廃炉が決定して、核燃サイクル政策は完全に破綻し

ました。再処理工場が完工して、たとえ稼働しても今さら何の役にもたち

ません。

 

10.無理、無駄、危険な核燃サイクル

  虚構の政策から直ちに撤退せよ!

 

 再処理工場が稼働してプルトニウムを取り出しても使い途がありません。

「もんじゅ」廃炉決定で、プルトニウムを使う高速炉がなく、仕方なく、

ウランにプルトニウムを混ぜるMOX燃料を普通の軽水炉で使うプルサーマル

発電をするしかありませんが、目標とした16−18基でのMOX燃料の消費は全

く不可能で、たったの4基でしかプルサーマル発電はできていません。

 超危険な施設の費用は電気料金

 六ケ所村再処理工場はガラス固化体作りがうまくいかず、完工延期を繰

り返して、建設費は当初予算の4倍超、約3兆円に膨れ上がってしまいま

した。核燃料サイクル政策全体に投じたお金は14兆円というとてつもな

いものです。この財源は私たちの税金や、電気代に上乗せして殆どの消費

者が気に留めないうちに徴収されたお金です。(下)へ続く

   (「原発いらない!ちばネットワークニュース」

    2020年4,5月合併号より了承を得て転載)

 

 

┏┓ 

┗■3.核燃再処理工場 もはや合理性がない…ほか

 |  メルマガ読者からの原発等情報3つ(抜粋)

 └──── 黒木和也 (宮崎県在住)

 

1.核燃再処理工場 もはや合理性がない

  「東京新聞 社説」 5月29日 08時24分

 https://www.tokyo-np.co.jp/article/31915?rct=editorial

 

2.福島第2の廃炉計画申請 44年間で完了目指す 東電

 5/29(金) 19:31配信「時事通信」

 https://news.yahoo.co.jp/articles/c0369bc39d64a0a49dc0df7d5b7b2004884f36bb

 

3.浜岡原発へ10年ぶりに燃料 中部電「燃料会社の要請」

 5/29(金) 16:30配信「朝日新聞デジタル」

 https://news.yahoo.co.jp/articles/96f2f0a48b853ae42a086b2e4be6b8ba2bf0e823

 

   

┏┓ 

┗■4.新電力の救世主?独シーメンスが「火山岩の電池」開発、

 |  コストはリチウムの10分の1

 |  警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識 その349

 └──── 島村英紀(地球物理学者)

 

 火山岩が大量にドイツで使われている。

 火山岩とは、マグマ由来の岩石である火成(かせい)岩のうち、火口近

くで急激にマグマが冷えて固まったものだ。

 アイスランド全体をカバーしている玄武(げんぶ)岩などがそれにあたる。

 

 太陽光、風力発電など新電力の伸びが著しい。しかし多くの新電力は天

候や日時によって発電能力が左右される欠点が悩みだ。このため、安定し

た電力を得るために、電力の蓄え、つまり電池が必要になる。

 いままでは、このためにリチウムイオン蓄電池を使うのが一般的だった。

だがコストが高いのが難点だった。

 

 そこで、火山岩を大量に使った安価な「新電池」がドイツで登場しよう

としている。電力の変換効率はリチウム電池の半分だが、コストは10分の

1ですむ。

 シーメンスガメサ・リニューアブル・エナジー社は、この「新電池」の

開発を始めている。同社は総合電機では世界大手のドイツ・シーメンスの

子会社である。

 

 シーメンスといえば、同社のインバーターを搭載した京浜急行の一部の

車両で、発車時に発する音が「ドレミファ」に聞こえるようにインバータ

ーの磁励音を調整したことで日本でも知られている。

 

 ところで、この新電池は大量の火山岩を余った電力で高温にして、電力

が足りないときに発電しようとするものだ。

 加熱はファンとヒーターを使っている。ヘアドライヤーのようなものだ。

電力を熱エネルギーに変換して蓄積するわけである。

 発電は岩石に蓄えられた高温の水蒸気でタービンをまわす。蓄電も発電

もごくありふれた量産品でまかなえるので、圧倒的に低コストなのが取り

柄だ。

 

 装置は昨年に作られた。大量の岩石を詰め込んだ容器の内部容積は800

立方メートル。ビルくらいもある。このなかに1000トンの火山岩が詰めら

れ、さらに厚さ数メートルの断熱材で包んである。火山岩は約3センチ角

ほどに砕いてある。

 岩石の温度は600〜750度Cまで上げられる。いったん温めると冷めにく

いので1週間は温度が持続する。

 このプラントの出力は1.5MW(メガワット)。ドイツの平均的な世帯

1500戸が消費する電力量や、50台の電気自動車を満充電状態にできる電力

量に相当する。2022年には、5万世帯をまかなえる蓄電施設を建設すると

いう。この規模だと商用になる。

 

 このプラントの建設場所は北ドイツ・ハンブルグにある。風力発電設備

も同所に併設し、この風力発電の設備からの電力を蓄電設備に貯める仕組

みだ。風が弱いときがこの電池の「出番」だ。

 この装置に火山岩を使う理由は、熱容量が大きく、この温度では溶けた

りしないためだ。火山から出てくる溶岩流は溶けていて1200度Cほどだか

ら、それよりも温度は低い。

 また、火山のまわりにはありあまるほどあって、容易に調達できること

も大事な理由だ。

 さて、この火山岩を大量に使った新しい電池が、新電力を救う救世主に

なるのだろうか。

 

    島村英紀さんのHP http://shima3.fc2web.com/

 「島村英紀が書いた『夕刊フジ』のコラム」より5月22日の記事)

 

 

┏┓ 

┗■5.新聞より1つ

 └──── 

 

 ◆金子勝教授「アベノマスク」は「無能政府の象徴」

          

 立教大学特任教授で慶応大学名誉教授の金子勝氏が28日、ツイッターに

新規投稿。

 新型コロナウイルス感染拡大防止策で政府が全戸向けに配る布マスク、

通称「アベノマスク」について「無能政府の象徴」と記した。

 政府は当初、5月中に配り終えるとしていたが、6月中旬になるとの見

通しが明らかになった。

 

 金子教授は「【アベとともに去りぬ】政府支給のアベノマスクはいまだ

全世帯に行き渡らず、配達が続いている。店頭ではマスクの品薄状態が解

消されつつあり、『遅すぎる』『もう必要ない』との批判が相次ぐ。不要

不急な労力と財源は無駄そのもの。無能政府の象徴である。早く辞めろ」

とツイートした。

 

 アベノマスクについて厚生労働省の吉田学医政局長は同日の参院厚労委

員会で、配布完了が6月中旬になるとの見通しを示した。

                        5/28(木)15:38配信「デイリースポーツ」

 

────────── 

☆ひきつづき、たんぽぽ舎の活動・日刊メルマガ=「地震と原発事

 故情報」へのカンパを受け付けていますので、よろしくお願い致

 します。

  郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎 口座番号 00180-1-403856

 

☆《事故情報編集部》より

 メールマガジン読者からの集会・デモ・講演会のお知らせ、その他

 投稿(「川柳・俳句・短歌」など)を歓迎します。

 

1.「投稿」のテーマは、「原発問題」が中心軸ですが、エネルギー、

 自然、政治・経済、社会、身近な生活も歓迎します。

 

2.原稿に「見出し」をつけて下さい。(「見出し」は1行見出しよりも

 2行又は3行見出しの方が読む人にとってわかりやすい)

 執筆者名(基本的に本名でお願いしています)と執筆者名の後にかっこ

 書きで「所属・団体名」か「在住県名」を記載して下さい。

 例:たんぽぽ花子(たんぽぽ舎)、

   たんぽぽ太郎(東京都千代田区在住)

 

3.「集会・デモ・講演会等のお知らせ」の投稿に関しては、どの団体・

 グループも平等に掲載する基本方針です。

 そのため日時、会場、タイトル及び内容、主催者、主催者の連絡先など

 必要事項を400文字以内でお送り下さい。

 件名に「イベント案内掲載希望」と明記して下さい。

 日程が直前にならないよう余裕を持っていただけると幸いです。

 メールマガジンへのイベント案内は1回だけの

 掲載とさせていただきます。

 

4.集会や行動の参加報告等に関しては600文字以内で、

 タイトル(見出し)及び本文をお送り下さい。

 件名に「メルマガ掲載希望」と明記して下さい。

 

 「投稿」の送付先はたんぽぽ舎の

 アドレス「 nonukes@tanpoposya.net 」です。

なお、お送り頂いた投稿は紙面の都合上掲載できない場合もあります。

ご了解下さい。

────────── 

 ◆このメールマガジンのバックナンバーは、ホームページ

  の「メルマガ:地震と原発事故情報」をご参照下さい。

 ◆メールマガジンをお送りします

  たんぽぽ舎では、「地震と原発事故情報」(メールマガジン)を

  発信しています。

   ご希望の方は、件名を「アドレス登録希望」として、ご自身の

  Eメールアドレスからご氏名とともにたんぽぽ舎あてにメールを

  送ってください。

   違うアドレスから「こちらのアドレスに送って」ということは

  間違いの元となりますのでやめて下さい。

  登録できしだい発信致します。

 ・配信先のアドレス変更のご連絡は「旧アドレス」もお知らせ下さい。

 ・配信削除につきましても以下のアドレスに直接メールを下さい。

  たんぽぽ舎のメールアドレス: nonukes@tanpoposya.net

 ◆携帯電話への送信は、容量が多いためか全文表示できない例があり

  ます。

────────── 

たんぽぽ舎は、月曜〜土曜13:00〜20:00オープン、

       日曜・休日はお休みです。

   〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町2-6-2

              ダイナミックビル5F

       TEL 03-3238-9035 FAX 03-3238-0797

        HP http://www.tanpoposya.com/

       郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎

           口座番号 00180-1-403856 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

Nuclear Free Now 脱原発世界ニュース2020vol.11

http://npfree.jp

2020.5.30

世界の原発の動きはここでチェック!

※次回配信は6月13日を予定しています。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆注目のトピックス

【イベント】6/1-5「六ヶ所再処理工場 何が問題なのか」

【イベント】6/6「映像でみる福島の漁業者たちの想い〜海をこれ以上汚さないで」

【世界の脱原発】再生可能エネルギー市場拡大中

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

世界の再生可能エネルギーの市場は、今年の1,843億米ドルから翌年は2,261億米ドルへと、約400億ドル拡大すると予測されています。再生可能エネルギー市場の魅力度ランキングでは、米国が中国を抜き、5年ぶりに首位となりました。ドイツでは今月、原発の冷却塔が爆発、解体されました。日本国内では、政府が六ケ所再処理工場の審査書案のパブリックコメントが募集しています。この問題については、原子力資料情報室がオンライン連続講座を行っています。また、FoE Japanが原発処理汚染水の海洋放出に対する福島の漁業者たちのメッセージを聞き、この問題について考える会を行います。

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 オンラインイベント

 6/1-5「六ヶ所再処理工場 何が問題なのか」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

現在、日本政府は六ヶ所再処理工場の審査書案に関するパブリックコメントを5月14日から30日間募集しています。この問題について、原子力資料情報室が連続講座「六ヶ所再処理工場 何が問題なのか」をオンラインで開催しています。ぜひパブリックコメントを書く際の参考にしてください。

 

6/1「論点4.火山」

    伴英幸(原子力資料情報室)

 

6/4「論点5.事故」

  山田清彦さん(核燃サイクル阻止1万人訴訟原告団)

 

6/5「論点2.六ヶ所再処理工場が放出するトリチウムの問題」

  イアン・フェアリーさん(放射線生物学専門家)

 

■主催:原子力資料情報室

■詳細:https://cnic.jp/9104

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 オンラインイベント

 6/6「映像でみる福島の漁業者たちの想い〜海をこれ以上汚さないで」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

漁業者たちは、試験操業を行いつつ,、独自に放射能測定を行うなど、信頼を回復する努力を積み重ねてきました。漁業の復興に向けて一歩ずつ積み上げ、ようやく漁獲制限がすべて解除になった矢先に…。この度、漁業者の方々が語る映像とともに、処理汚染水のさまざまな影響について考えていくためのオンラインセミナーを開催します。

 

・映像「福島の漁業者たち」上映 

・漁協アンケート報告

・コメント 水藤周三さん(高木仁三郎市民科学基金)

・ALPS処理汚染水をめぐる最近の情勢

 

■日時:2020年6月6日(土)15:00〜16:30

■主催:FoE Japan

■詳細:https://www.foejapan.org/energy/fukushima/200606.html

 

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 世界の脱原発 再生可能エネルギー市場拡大中

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

■「再生可能エネルギー市場の魅力度、米が5年ぶりに首位奪還」(ロイター 5月19日)

https://jp.reuters.com/article/global-renewables-idJPKBN22V1AG

 

■「再生可能エネルギー市場規模、2021年には2,261億米ドルに拡大 新型コロナの影響は少ない見込み」(Value Press 5月25日)

https://www.value-press.com/pressrelease/243748

 

■「風力エネルギーは経済再生の大きな力になる」(自然エネルギー財団 5月11日)

https://www.kankyo-business.jp/news/024987.php

 

■「原発の前に住むおばあさんの話」(ハンギョレ 5月19日)

https://news.yahoo.co.jp/articles/c801af543b2c321fb917624efce86f6572a791df

 

■「ドイツで原発冷却塔を"秘密裏に"爆破・解体」(テレビ東京 5月15日)

https://www.tv-tokyo.co.jp/news/original/2020/05/15/011053.html

 

 

 

****************************

 

※「脱原発世界ニュース」バックナンバーはこちら↓↓↓

https://www.unfinishedemail.com/bm/p/bn/list.php?i=antinuclear_2&no=6

 

世界の脱原発に向けた最新情報を「脱原発世界ニュース」という形でみなさんにお届けしています。

 

※「脱原発世界ニュース」配信 ご希望の方は、以下のURLからメールアドレスをご登録ください。(無料)

http://npfree.jp/

 

<連絡先>

〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-13-1 B1

ピースボート

Tel: 03-3363-7561 (担当:越智など)

Fax: 03-3363-7562

Twitter ID:DATSUGENPATSUtw

facebook:脱原発世界会議

Web:peaceboat.org/projects/npfree

 

当メールの送信アドレスは送信専用となっております。

お問い合わせは上記連絡先までお願いいたします。

 

**************************** 

たんぽぽ舎です。【TMM:No3944】

2020年5月29日(金)地震と原発事故情報−

             5つの情報をお知らせします

                      転送歓迎

━━━━━━━ 

★1.トリチウム汚染水の海洋投棄反対!海を殺すな!

   安全な陸上部に保管せよ!土地はある・国も認めている

   6月3日(水)東電本店前での集会に参加しよう(81回)

                柳田 真(たんぽぽ舎共同代表)

★2.政権、原子力推進派、コロナ禍で惨事便乗次々

   東海第二工事、汚染水海洋放出策動、再処理工場稼働OK

   運動の火を絶やさず集会・デモのない「新しい生活」を

   拒否しよう!   (上)(3回の連載)

                             渡辺寿子(原発いらない!ちば)

★3.「女川原発2号機再稼働に同意しないで」

   市民団体が石巻市議会に請願〈宮城〉…

   メルマガ読者からの原発等情報1つ(抜粋)

                                  黒木和也 (宮崎県在住)

★4.柏崎刈羽原発保安規定、東電に再検討要求−

   規制委「社長の責任不明確」…

   メルマガ読者からの「新潟日報」情報1つ(抜粋)

                                  金子 通 (たんぽぽ舎会員)

★5.新聞より2つ

  ◆コロナ感染死者 米国で10万人超

        (5月29日「朝日新聞」より見出しのみ)

  ◆古賀茂明氏(元内閣審議官)

   黒川氏処分する権限あるのは内閣のみ…

   懲戒処分しないと決めたのはあくまでも内閣

   「勘違いしないで」

          (5/28(木)16:56配信「デイリースポーツ」)

━━━━━━━ 

※6/3(水)2つの抗議行動にご参加を!

 

1.とめよう!東海第二原発 20年運転延長・再稼働ゆるすな!

  日本原電本店抗議行動

  茨城県東海第二原発の再稼働工事を止めよ!

 

 日 時:6月3日(水)17:00より17:45

 場 所:日本原電本店前(住友不動産秋葉原北ビル 台東区上野5-2-1)

             ※北ビルです!南ビルではありません!

                銀座線末広町駅4番出口より4分

 共 催:「とめよう!東海第二原発首都圏連絡会」

     「再稼働阻止全国ネットワーク」 TEL 070-6650-5549

 

2.「第81回東電本店合同抗議」

  放射能汚染水を海へ捨てるな!東電は2200億円の原電支援するな!

    東電は福島第一原発事故の責任をとれ!

 

 日 時:6月3日(水)18:30より19:30

 場 所:東京電力本店前(千代田区内幸町1-1-3)

 呼びかけ:「経産省前テントひろば」070-6473-1947

      「たんぽぽ舎」 03-3238-9035

 賛 同:東電株主代表訴訟など137団体

 

 ※「新型コロナウイルス」対策を致します。

  ・現場に手指消毒用ボトルを用意します。

  ・「密集」しないように参加者同士の間隔を空けて抗議します。

  ・体調に不安のある方は、無理に参加しないで下さい。

━━━━━━━ 

※6/4(木)学習会にご参加を!  新ちょぼゼミ

 「ジャーナリズムと日本の危機〜ワセダクロニクルの挑戦」

 

 講 師:渡辺 周(まこと)さん

      (元朝日新聞記者「プロメテウスの罠」取材チーム)

 日 時:6月4日(木)18時より21時

 会 場:「スペースたんぽぽ」(ダイナミックビル4F)

 参加費:800円  〔講師のお話は19時より〕

 

 ※「新型コロナウイルス」対策を致します。

  ・会場に手指消毒用ボトルを用意します。

  ・机の上に消毒液を噴霧しペーパータオルで拭きます。

  ・窓をこまめに開けて換気に配慮します。

  ・「密集」しないように着席していただきます。

  ・体調に不安のある方は、無理に参加しないで下さい。

━━━━━━━ 

 

┏┓ 

┗■1.トリチウム汚染水の海洋投棄反対!海を殺すな!

 |  安全な陸上部に保管せよ!土地はある・国も認めている

 |  6月3日(水)東電本店前での集会に参加しよう(81回)

 └────  柳田 真(たんぽぽ舎共同代表)

 

1.茨城県の漁業協同組合連合会(10漁協)−絶対反対

  知事も賛同、国に働きかける

 

 茨城県沿海の10漁協でつくる茨城沿海地区漁業協同組合連合会の

役員ら約50人が2月13日、県庁を訪れ、東京電力福島第一原発で

大量保管されている放射性物質のトリチウムを含む汚染水を海に

捨てさせないよう、大井川和彦知事に訴えた。知事は国に働き掛けて

いく考えを示し、漁連役員らとともに「海洋放出、絶対反対」の

シュプレヒコールを上げた。

 

2.県漁連「海洋放出」にあらためて反対(福島県)

 

 東京電力福島第一原発でたまり続ける放射性物質、トリチウムを含む

汚染水の処分方法について、福島県漁連は薄めて海に流す「海洋放出」

にあらためて反対の立場を示した。

 この中で福島県漁連の野崎哲会長は「基本的にこの説明では、

まだまだ海洋放出や環境上へのトリチウムの排出について反対

せざるを得ない」と述べ、処理水の海洋放出に反対の立場を示した。

            (2/19配信「福島中央テレビ」)

 

3.安全な陸上部に保管せよ!土地はある・国も認めている

    海を殺すな!・海は万人のもの  … たんぽぽ舎

 

 たんぽぽ舎は、4月1日(夕方)の第79回東電本店合同抗議行動

(60人参加)で、「トリチウム等放射能汚染水の海洋投棄反対、安全な

陸上部に保管せよ!土地はある・国も認めている、海を殺すな!・

海は万人のもの」と訴え、主催者チラシを配りました。

 

 ※5/13(水)第80回東電本店合同抗議行動の映像は

 こちらから(maruo_yukifumi氏のツイキャスです)

https://twitcasting.tv/maruo_yukifumi/movie/614445512 

 

4.6月3日(水)2つの抗議行動にご参加下さい!

 

 イ.とめよう!東海第二原発 20年運転延長・再稼働ゆるすな!

   茨城・東海第二原発の再稼働工事を止めよ!

   日本原電本店抗議行動

 

 日 時:6月3日(水)17:00より17:45

 場 所:日本原電本店前(住友不動産秋葉原北ビル 台東区上野5-2-1)

             ※北ビルです!南ビルではありません!

             銀座線末広町駅4番出口より4分

 共 催:「とめよう!東海第二原発首都圏連絡会」

     「再稼働阻止全国ネットワーク」 TEL 070-6650-5549

 

 ロ.「第81回東電本店合同抗議」

   放射能汚染水を海へ捨てるな!

   東電は2200億円の原電支援するな!

   東電は福島第一原発事故の責任をとれ!

 

 日 時:6月3日(水)18:30より19:30

 場 所:東京電力本店前(千代田区内幸町1-1-3)

 呼びかけ:「経産省前テントひろば」070-6473-1947

       「たんぽぽ舎」 03-3238-9035

 賛 同:東電株主代表訴訟など137団体

 

☆『トリチウム汚染水の海洋放出に反対する署名』にご協力を

 呼びかけ団体:「原発のない福島を!県民大集会」実行委員会

   ◎たんぽぽ舎にも署名用紙があります。

 

 ※上記2つの抗議行動では

  「新型コロナウイルス」対策を致します。

 

  ・現場に手指消毒用ボトルを用意します。

  ・「密集」しないように参加者同士の間隔を空けて抗議します。

  ・体調に不安のある方は、無理して参加しないで下さい。

 

 

┏┓ 

┗■2.政権、原子力推進派、コロナ禍で惨事便乗次々

 |  東海第二工事、汚染水海洋放出策動、再処理工場稼働OK

 |  運動の火を絶やさず集会・デモのない「新しい生活」を

 |  拒否しよう!   (上)(3回の連載)

 └──── 渡辺寿子(原発いらない!ちば)

 

見出しの紹介

 

1.惨事便乗施策次々と強行

2.東海第二原発「安全対策工事」の強行

3.首都圏と現地茨城の市民団体が工事中止を日本原電本店に要請

4.福島第一の汚染水の処理 「海洋放出」ありきの出来レース

  会議の議論も公聴会もセレモニー

5.東電「海洋放出」へ既成事実化

6.DNAを破壊するトリチウム

7.福島第一原発事故で発生した汚染水は

    東電が最後まで管理・保管すべき

8.六ケ所再処理工場稼働させるために

  東電汚染水は海洋放出する

9.再処理工場完工しても核燃サイクルは破綻

10.無理、無駄、危険な核燃サイクル

  虚構の政策から直ちに撤退せよ!

11.五重の壁もなく、放射性物質出放題

12.実現不可能の核燃サイクルという大嘘で推進した日本の原子力

  すべての原子力利用から撤退せよ!

13.核燃サイクルに固執するのはなぜ?

  核武装の潜在能力を手放さないため

  今、日本核武装の危険が高まっている

14.規制委が経産相に異例の「意見照会」

15.運動の火を絶やさず、集会やデモのない「新しい生活」を

  拒否しよう!

 

 

1.惨事便乗施策次々と強行

 

 今原子力推進勢力は新型コロナウイルス蔓延という災厄、惨事を

最大限利用しています。緊急事態宣言発出で大きな集会やデモが

出来ないのをよいことにして、「今でしょ!」とばかりに推進派の

懸案施策を次々に進めようとしているのです。そのうちこの間強行

されつつある原子力関連の大きな問題をまず三つ挙げます。

 

2.東海第二原発「安全対策工事」の強行

 

 第一は東海第二原発で再稼働のため「安全性向上対策工事」と称する

工事がこのコロナウイルスが蔓延し、緊急事態宣言下、東海第二原発の

現場ではそんなことはどこ吹く風とばかりに毎日続行されています。

 この工事は原電と安全協定を結んでいる周辺6市村の再稼働への同意

がないのに、なし崩し的に強行されているのです。周辺6市村の首長は

再稼働の是非を判断する時期は、工事完了時期とリンクしない考えを

表明しています。

 

3.首都圏と現地茨城の市民団体が工事中止を日本原電本店に要請

 

 「とめよう!東海第二原発首都圏連絡会」は、4月1日東京台東区の

日本原電本店を訪れ、再稼働に向けてのこの工事中止を求める2023

筆の署名を提出しました。

 また「原発いらない茨城アクション実行委員会」が、4月23日

「東海第二原発に関わる全ての建設事業者に工事中止の判断を伝える

こと」を原電へ緊急要請する申し入れ行動を行いました。

 このころ大手ゼネコンの鹿島建設と大林組が全国の建設現場での工事

の原則中止を決め、清水建設も「特定警戒都道府県」に中止対象を

広げようとしていました。

 東海第二の「安全性向上対策工事」にこれら大手ゼネコンが

「共同企業体」として関わっています。原電に対し、この工事に関わる

すべての建設事業者に即刻工事中止の判断を伝えることを緊急要請する

申し入れを行いました。

 

4.福島第一の汚染水の処理 「海洋放出」ありきの出来レース

  会議の議論も公聴会もセレモニー

 

 第二の問題は福島第一から出た汚染水の処理問題です。

 経産省の肝いりで設置された福島第一の汚染水問題を議論する

「多核種除去設備等処理水の取り扱いに関する小委員会」は、本年1月

31日国への意見書で、汚染水については海水と混ぜて希釈して排出

するか、蒸発させて大気に放出する方式を「提言」しました。

 2016年から始まった小委員会で議論し、珍しく市民の声を聴く

公聴会も開きました。公聴会では「海洋放出」に反対の声が圧倒的

だったにもかかわらず、委員会が出した結論は「放出」容認でした。

 始めから結論が決まっていて、有識者による議論も公聴会も

セレモニーだったのです。長期の陸上保管や大型タンクの増設、

トリチウム除去の新技術開発などは全く顧みられませんでした。

 

5.東電「海洋放出」へ既成事実化

 

 「提言」では「海洋放出」と「大気排出」二つの選択肢が示され

ましたが、東電と更田規制委員長は「海洋放出」の方を選択したい

ようです。

 「提言」を受けて東電が発表した「処理水の処分素案」によると

東電は、国民の関心もマスコミ報道もコロナ一色になっているこの

時期を狙って「海洋放出」の準備作業を既に着々と進めているのが

わかりました。

 東電は地元をはじめ「海洋放出」の同意形成などなされていないの

に、一方的に準備作業に入っているのです。

 これは「海洋放出」の既成事実化であると、山崎久隆さんは

指摘しています。  (中)へ続く

      (「原発いらない!ちばネットワークニュース」

         2020年4,5月合併号より了承を得て転載)

 

 

┏┓ 

┗■3.「女川原発2号機再稼働に同意しないで」

 |  市民団体が石巻市議会に請願〈宮城〉…

 |  メルマガ読者からの原発等情報1つ(抜粋)

 └──── 黒木和也 (宮崎県在住)

 

1.「女川原発2号機再稼働に同意しないで」

    市民団体が石巻市議会に請願〈宮城〉

    5/28(木)17:11配信「仙台放送」

https://news.yahoo.co.jp/articles/4da9dad2bb8e0b5f04eea6eff706c79d036705c8

 

 

┏┓ 

┗■4.柏崎刈羽原発保安規定、東電に再検討要求−

 |  規制委「社長の責任不明確」…

 |  メルマガ読者からの「新潟日報」情報1つ(抜粋)

 └──── 金子 通 (たんぽぽ舎会員)

 

 ◆柏崎刈羽原発保安規定、東電に再検討要求−

  規制委「社長の責任不明確」

 

 原子力規制委員会は28日、東京電力柏崎刈羽原発の保安規定に東電が

盛り込んだ「同原発の安全対策に必要な資金を確保する」など7項目の

「決意」について、実質的な審査を始めた。

 東電は7項目を保安規定中の「基本姿勢」に据えたが、規制委は

社長の責任などに関する具体的な記述が必要だとして、東電に再検討を

求めることを決めた。

 保安規定は原発の安全管理ルールを定めたもので、柏崎刈羽原発の

場合、個別のルールに加え、基本姿勢7項目が記されている。東電が

同原発6,7号機を再稼働するためには、規制委から認可を受ける

必要がある。(中略)

 規制委の更田委員長は、会合後の記者会見で「安全に対する一義的

責任は事業者にある」と述べ、社長の責任を明確化する必要性を

強調した。

 また、7項目の基本姿勢が個別ルールの条文にどこまで反映されて

いるのかが不明確という問題も指摘。現状では、基本姿勢の違反が、

罰則を伴う保安規定違反に当たるのかを判断しにくいとして、今後の

審査で確認する考えを示した。(後略)

(5月29日「新潟日報」2面より抜粋。紙面のみでネット上に掲載なし)

 

 

┏┓ 

┗■5.新聞より2つ

 └──── 

 

 ◆コロナ感染死者 米国で10万人超

        (5月29日「朝日新聞」より見出しのみ)

 

 

 ◆古賀茂明氏(元内閣審議官)

  黒川氏処分する権限あるのは内閣のみ…

  懲戒処分しないと決めたのはあくまでも内閣

  「勘違いしないで」

 

 元内閣審議官の古賀茂明氏が27日にツイッターに投稿。

賭けマージャンで東京高検検事長を辞職した黒川弘務氏が訓告という

軽い処分になったことについて「処分をする権限があるのは内閣だけ」

と国家公務員法を示して説明した。

 

 古賀氏は「勘違いしないで!」とし、「法相や検事総長には、黒川

検事長に対して、国家公務員法上の戒告、減給、停職、免職という懲戒

処分を行う権限はない その権限は『任命権者』である内閣だけが

持つ(国家公務員法84条検察庁法15条)」と投稿。

 「つまり、懲戒処分しないと決めたのは内閣以外にあり得ない」と

安倍内閣の判断であると指摘した。

 続くツイートで古賀氏は「一方、内閣が懲戒処分しないと決定したの

で、検事総長が、内規に基づき、指導監督上の措置の中で最も重い

『訓告』とした その意味で『訓告』を決めたのは法務・検察だと

いうのは事実。

 だが、懲戒処分しないと決めたのはあくまでも内閣で、法務・検察

ではない 大甘処分は内閣を代表する安倍総理の責任だ」と記した。

          (5/28(木)16:56配信「デイリースポーツ」)

https://news.yahoo.co.jp/articles/87de01a8bfd2dae1a3981b50ffcef3bbc31c8959 

 

────────── 

☆ひきつづき、たんぽぽ舎の活動・日刊メルマガ=「地震と原発事

 故情報」へのカンパを受け付けていますので、よろしくお願い致

 します。

  郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎 口座番号 00180-1-403856

 

☆《事故情報編集部》より

 メールマガジン読者からの集会・デモ・講演会のお知らせ、その他

 投稿(「川柳・俳句・短歌」など)を歓迎します。

 

1.「投稿」のテーマは、「原発問題」が中心軸ですが、エネルギー、

 自然、政治・経済、社会、身近な生活も歓迎します。

 

2.原稿に「見出し」をつけて下さい。(「見出し」は1行見出しよりも

 2行又は3行見出しの方が読む人にとってわかりやすい)

 執筆者名(基本的に本名でお願いしています)と執筆者名の後にかっこ

 書きで「所属・団体名」か「在住県名」を記載して下さい。

 例:たんぽぽ花子(たんぽぽ舎)、

   たんぽぽ太郎(東京都千代田区在住)

 

3.「集会・デモ・講演会等のお知らせ」の投稿に関しては、どの団体・

 グループも平等に掲載する基本方針です。

 そのため日時、会場、タイトル及び内容、主催者、主催者の連絡先など

 必要事項を400文字以内でお送り下さい。

 件名に「イベント案内掲載希望」と明記して下さい。

 日程が直前にならないよう余裕を持っていただけると幸いです。

 メールマガジンへのイベント案内は1回だけの

 掲載とさせていただきます。

 

4.集会や行動の参加報告等に関しては600文字以内で、

 タイトル(見出し)及び本文をお送り下さい。

 件名に「メルマガ掲載希望」と明記して下さい。

 

 「投稿」の送付先はたんぽぽ舎の

 アドレス「 nonukes@tanpoposya.net 」です。

なお、お送り頂いた投稿は紙面の都合上掲載できない場合もあります。

ご了解下さい。

────────── 

 ◆このメールマガジンのバックナンバーは、ホームページ

  の「メルマガ:地震と原発事故情報」をご参照下さい。

 ◆メールマガジンをお送りします

  たんぽぽ舎では、「地震と原発事故情報」(メールマガジン)を

  発信しています。

   ご希望の方は、件名を「アドレス登録希望」として、ご自身の

  Eメールアドレスからご氏名とともにたんぽぽ舎あてにメールを

  送ってください。

   違うアドレスから「こちらのアドレスに送って」ということは

  間違いの元となりますのでやめて下さい。

  登録できしだい発信致します。

 ・配信先のアドレス変更のご連絡は「旧アドレス」もお知らせ下さい。

 ・配信削除につきましても以下のアドレスに直接メールを下さい。

  たんぽぽ舎のメールアドレス: nonukes@tanpoposya.net

 ◆携帯電話への送信は、容量が多いためか全文表示できない例があり

  ます。

────────── 

たんぽぽ舎は、月曜〜土曜13:00〜20:00オープン、

       日曜・休日はお休みです。

   〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町2-6-2

              ダイナミックビル5F

       TEL 03-3238-9035 FAX 03-3238-0797

        HP http://www.tanpoposya.com/

       郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎

           口座番号 00180-1-403856

 気候危機とコロナ危機は、自然環境を破壊する人間活動が原因であるという共通の認識が広がっています。自然環境の破壊をかえりみずに利益最大化を追求する経済・社会のシステムは、もはや限界に達しています。自然と人間社会の持続可能性のためには、新しいシステムへの転換が求められています。

 求められている新しいシステムとは何か、「自然と共生するグリーン経済」「社会的連帯と生活保障の新しい形」「グローバリズムとローカリズム」「ヨーロッパ緑の党の主張」「新しい社会への羅針盤」などの多角的な視点から追求します。

 ぜひ、オンライン連続セミナー「気候危機とコロナ危機 新しいシステムを求めて」にご参加ください。問題意識の共有と活発な議論で、未来への希望をともにつくりあげましょう。

<引用>

 

詳しくは→

http://greens.gr.jp/kikokiki/28324/

 

 

東京の杉原浩司(武器取引反対ネットワーク:NAJAT)です。

[転送・転載歓迎/重複失礼]

 

「武器爆買いよりコロナ対策を!」。

 

ピースボートの川崎哲さんが、具体的な数値をもとに「武器を買うお金で、

これだけのことができる」とわかりやすく訴え。世論を広げる力になります。

どんどん活用しましょう!

 

◆新規の武器購入費1.1兆円があれば、集中治療室のベッドを15,000床整

備し、人工呼吸器を2万台そろえ、さらに、看護師7万人と医師1万人の給

与をまかなうことができる。

 

◆護衛艦「いずも」の空母化経費31億円、ステルス戦闘機F35Bの6機購入

費用793億円の合計824億円で、全国にPCR検査センターを130カ所以上設置

できる。

 

◆「イージス・アショア」導入費129億円で、高齢者をケアするヘルパー

を4,000人増員できる。

 

日本が武器を買うお金で、これだけのことができる

(川崎哲のブログとノート、5月27日)

https://kawasakiakira.net/2020/05/27/japansdefensebudget2020/

 

2020年度の日本の防衛費は、5.3兆円である。これは前年度より1.1パーセ

ント増で、防衛費は第二次安倍政権発足後8年連続で増加、6年連続で過去

最大を更新している。このうち、自衛隊員の給与など「人件・糧食費」が

2.1兆円、「物件費」が3.2兆円である。この「物件費」の中に、戦闘機や

武器の購入、艦船の建造、施設整備、研究開発、基地対策経費(いわゆる

米軍への「思いやり予算」を含む)、そしてそれらの維持費が含まれる。

「物件費」のうち、今年度に新規契約されるものの支出が1.1兆円であり、

残りは昨年度以前に契約されたものの支出である。

 

その1.1兆円――すなわち、日本の防衛費の5分の1――を仮に新型コロナ

ウイルス対策に振り向けたら、何ができるだろうか。

 

日本で年間1.1兆円あれば、集中治療室のベッドを15,000床整備し、人工

呼吸器を2万台そろえ、さらに、看護師7万人と医師1万人の給与をまかな

うことができる。

 

今年度の防衛費を個別項目でみていくと、護衛艦「いずも」を事実上の空

母に改修するための費用が31億円、同艦で運用するステルス戦闘機F-35B

を米国から6機購入するための費用793億円が計上されている。合計で824

億円。この金額で、全国にPCR検査センターを130カ所以上設置できる。

 

また、陸上配備のミサイル迎撃システム「イージス・アショア」を米国か

ら導入するために、129億円が計上されている。この金額で、高齢者をケ

アするヘルパーを4,000人増員することができる。

 

韓国では4月末に防衛費9,897億ウォン(約850億円)を削減し12.2兆ウォ

ンを新型コロナウイルス対策の支援金として国民に支給する補正予算を可

決している。削減された防衛費は、F-35ステルス戦闘機、海上作戦ヘリコ

プター、イージス艦などの費用である。

 

韓国のように武器や軍事のための費用を削ってコロナ対策に回すという議

論が、日本の国会でも今なされるべきではないか。

 

川崎哲

(協力:ピースボート)

2020.5.27

 

 

算出の根拠等:

1.防衛省『我が国の防衛と予算』令和2年度予算の概要

https://www.mod.go.jp/j/yosan/yosan_gaiyo/2020/yosan_20200330.pdf

2.軍事費とICUベッド、人工呼吸器、医師・看護師の給与を比較する手法

は、核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)の「Nuclear Spending vs Healthcare」

https://www.icanw.org/healthcare_costs )にならったものだが、ベ

ッド等の費用については以下の通り日本の資料に基づいて独自に算出した。

3.ICUベッド:新型コロナウイルス感染症対策として政府は、ICUについ

て1床1日あたり97,000円を上限として補助を行う(厚生労働省、2020年4

月30日付)とあるので、この金額を基準にして年間3,500万円と計算した。

https://www.mhlw.go.jp/content/000627452.pdf

4.人工呼吸器:一般的なものとして1台200~300万円台のものが多いが、

https://www.4mdmedical.com/puritan-bennett-840-ventilator-refurbished.html

https://www.g-mark.org/award/describe/49157

上記厚生労働省の文書にて、人工呼吸器を1台整備するための補助上限が

500万円となっているので、これによる。

5.給与:厚生労働省・令和元年賃金構造基本統計調査

https://www.e-stat.go.jp/stat-search/files?page=1&layout=datalist&toukei=00450091&tstat=000001011429&cycle=0&tclass1=000001138086&tclass2=000001138089&tclass3=000001138093

を参考に、平均年収を医師1,200万、看護師500万、介護ヘルパー320万と

した。

6.PCR検査センター:東京保険医協会は、新宿区におけるPCR検査センタ

ー1カ所の委託費が月5,000万円であることから20カ所の設置に月10億円

必要としている。

https://www.hokeni.org/docs/2020042800015/

7.韓国の動き:しんぶん赤旗「韓国、軍事費削り支援金 F35など850億

円 全世帯に支給」2020年5月1日

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik20/2020-05-01/2020050101_02_1.html

8.「武器を買うお金でこれだけのことができる」と題した本稿は、日本

の防衛費のうち、今年度新規に契約して支払う物件費(一般物件費)1.1

兆円に着目した。人件・糧食費を除く物件費は、広い意味で「武器を買

うお金」と称して差し支えないものと考える。ただし物件費の中には、

維持費や米軍基地駐留経費など直接的に「武器を買う」わけではない費

目もある。一方で、今年度契約して後年度に支払う分も含めた契約ベー

スの物件費は3.3兆円であり、うち「装備品等購入費」「航空機購入費」

「艦船建造費等」の合計は1.1兆円になる。このことからも、日本が今年

度「武器を買う」お金は 1.1兆円程度であるというふうに大づかみに理

解して問題ないものと考える。 

たんぽぽ舎です。【TMM:No3943】

2020年5月28日(木)地震と原発事故情報−

             5つの情報をお知らせします

                      転送歓迎

━━━━━━━ 

★1.「不要不急」は私が決める−「新しい生活様式」はいらない

   「自粛競争」を煽って国民の暮らしを壊しただけ

   「自粛」としたのは「命令」にすると

   補償しなければならないから

        上岡直見〔環境経済研究所(技術士事務所)代表〕

★2.厚労省を解体せよ

   早期発見と早期入院、早期治療が疫病対策の基本

   安倍内閣の無責任さが日本の医療体制の構造的欠陥を隠蔽

                          平宮康広(信州大学工学部元講師)

★3.新型コロナ巨大災害下で「不要不急」の原発再稼働工事を

   進める日本原電、進めさせる茨城県

   再稼働について周辺自治体から了解が得られる

   見込みがほとんどない…

   メルマガ読者からの原発等情報1つ(抜粋)

                                  黒木和也 (宮崎県在住)

★4.被ばく検査替え玉問題「柏崎原発での調査状況確認」−

   規制事務所長…

   メルマガ読者からの「新潟日報」情報1つ(抜粋)

                                金子 通 (たんぽぽ舎会員)

★5.新聞より1つ

  ◆「責任」の責任

   うそと言い逃ればかり「セキニンガアル」と言うが、

   責任はとらない人       鎌田 慧(ルポライター)

━━━━━━━ 

 ☆ 時 事 川柳【総長の椅子賭けマージャンで転げ落ち】 八金

━━━━━━━ 

※6/3(水)2つの抗議行動にご参加を!

 

1.とめよう!東海第二原発 20年運転延長・再稼働ゆるすな!

  日本原電本店抗議行動

 

 日 時:6月3日(水)17:00より17:45

 場 所:日本原電本店前(住友不動産秋葉原北ビル 台東区上野5-2-1)

             銀座線末広町駅4番出口より4分

 共 催:「とめよう!東海第二原発首都圏連絡会」

     「再稼働阻止全国ネットワーク」 TEL 070-6650-5549

 

2.「第81回東電本店合同抗議」

    東電は福島第一原発事故の責任をとれ!

 

 日 時:6月3日(水)18:30より19:30

 場 所:東京電力本店前(千代田区内幸町1-1-3)

 呼びかけ:「経産省前テントひろば」070-6473-1947

      「たんぽぽ舎」 03-3238-9035

 賛 同:東電株主代表訴訟など137団体

 

 ※「新型コロナウイルス」対策を致します。

  ・現場に手指消毒用ボトルを用意します。

  ・「密集」しないように参加者同士の間隔を空けて抗議します。

  ・体調に不安のある方は、無理に参加しないで下さい。

━━━━━━━ 

※6/4(木)学習会にご参加を!  新ちょぼゼミ

 「ジャーナリズムと日本の危機〜ワセダクロニクルの挑戦」

 

 講 師:渡辺 周(まこと)さん

      (元朝日新聞記者「プロメテウスの罠」取材チーム)

 日 時:6月4日(木)18時より21時

 会 場:「スペースたんぽぽ」(ダイナミックビル4F)

 参加費:800円  〔講師のお話は19時より〕

 

 ※「新型コロナウイルス」対策を致します。

  ・会場に手指消毒用ボトルを用意します。

  ・机の上に消毒液を噴霧しペーパータオルで拭きます。

  ・窓をこまめに開けて換気に配慮します。

  ・「密集」しないように着席していただきます。

  ・体調に不安のある方は、無理に参加しないで下さい。

━━━━━━━ 

※「スペースたんぽぽ」を≪自習室≫としてご利用ください。

 ≪自習室≫当面のスケジュール

 

 5月29日(金)14時より18時

 5月30日(土)会場使用のため≪自習室≫はお休み

 6月 1日(月)14時より18時

 6月 2日(火)14時より18時

 6月 3日(水)14時より18時

 

ご利用の方はたんぽぽ舎あて、ご氏名と連絡先電話番号を

お知らせ願います。詳しくはお問い合わせ下さい。

Tel 03-3238-9035    Fax 03-3238-0797

━━━━━━━ 

 

┏┓ 

┗■1.「不要不急」は私が決める−「新しい生活様式」はいらない

 |  「自粛競争」を煽って国民の暮らしを壊しただけ

 |  「自粛」としたのは「命令」にすると

 |  補償しなければならないから

 └────  上岡直見〔環境経済研究所(技術士事務所)代表〕

 

◎ 安倍首相は「コロナ緊急事態宣言」解除にあたって「日本モデルの

成功」とアピールしたが、実際には行き当たりばったりで何もして

いないではないか。

 科学的な分析もなしに「日本スゴイ」的な精神論で満足していると、

次の危機に対応できないから危険だという指摘がある。(※1)

 検査をしないから実態がわからない、実態がわからないから何の対策

がどのくらい効果があったのかわからない。ただ「自粛競争」を煽って

国民の暮らしを壊しただけだ。

 

◎ 欧米のような強制的な規制によらず「自粛」としたのは、何ら

民主的な検討の結果ではない。「命令」にすると補償しなければ

ならないが「自粛」なら当事者が自主的にやったことに

なるからである。

 これは福島第一原発事故と同じで「自主的に避難した人は救済の

対象にしない」という姿勢と同じである。

 コロナを悪用して改憲に結びつける意図は、緊急時なら「命令」で

あっても補償しなくてよいという法的な根拠を作る裏もあるのだろう。

 

◎ この数か月、医療現場の奮闘には本当に感謝しなければならない。

 しかし適切な対応をしていれば現場の負担をもっと軽くできたはずだ。

 雨の日も風の日も荷物を運ぶ宅配員にも感謝しなければならない。

 それに国民の忍耐と創意工夫だ。

 せいぜいアベノマスクを配ったくらいで政権の手柄にすり替えては

ならない。

 しかも「緊急事態宣言」を解除する時期になってもまだ大部分の

国民には届いていない。

 

◎ 厚生労働省は5月4日にコロナ対策の専門家会議の「提言」を

受けて「新しい生活様式」と称する「実践例」をホームページで

公開した。

 食事は横並び、会話は控えて料理に集中などが例示されている。

 このような不自然なことが続けられるはずがない。

 ある学者は「主役のはずの人間一人ひとりの行動や心理という

視点がない」と指摘している。(※2)

 提言の意図は明らかだ。現実にできるはずのないことを故意に

掲げて、何がどうなっても「国民の行動が不十分だった」という理由

で済ませるためだ。

 「新しい生活様式」は無視して、不要不急は自分で決めよう。

 

(※1)窪田順生「[コロナ収束は日本人のマジメさや清潔さのお陰]

    という勘違いの恐ろしさ」

    『ダイヤモンドオンライン』2020年5月28日

https://diamond.jp/articles/-/238555

(※2)「新しい生活様式、ヒトとして大丈夫?動物学者に聞いた」

    『朝日』ウェブ版2020年5月24日

https://www.asahi.com/articles/ASN5Q6CRMN5CULZU02C.html

 

 

┏┓ 

┗■2.厚労省を解体せよ

 |  早期発見と早期入院、早期治療が疫病対策の基本

 |  安倍内閣の無責任さが日本の医療体制の構造的欠陥を隠蔽

 └──── 平宮康広(信州大学工学部元講師)

 

◎ 今の医療体制下では、構造的に新型コロナウィルス感染に対処

できない。

 しかし厚労省は、今の医療体制に固執している。そのため国民の命と

生活が危機に直面している。

 早期発見と早期入院、早期治療が疫病対策の基本である。

 早期発見についていえば、PCR検査件数や抗体検査件数を増やす

しかない。

 だが厚労省が、過去27年間に全国の保健所を45%以上削減したせい

で、それが困難な状況に陥っている。

 

◎ 今の日本には2種類の保健所がある。

 ひとつは「市町村保健センター」で、設置主体は都道府県である。

 もうひとつは「保健所」で、設置主体は市区町村である。

 「保健所」がある市区町村に、「市町村保健センター」はない。

 東京23区は、各区に「保健所」がひとつある。

 そして、各「保健所」のPCR検査能力が限界を超えている。

 各区に、「保健所」とは別に、「市町村保健センター」を設置すれば

PCR検査や抗体検査等をより多く実施できるようになるが、怠慢な

都議会と無能な小池都知事が行動を起こす場面はなかった。

 

◎ 同じことが他道府県についてもいえるが、厚労省は、早急なPCR

検査を要求する医師会に屈し、「PCR検査センター」の

設置に同意した。

 だが、PCR検査を行う人員が不足している。

 また、「PCR検査センター」は臨時施設であるため、就労する人の

多くが非正規雇用労働者になりかねない。

 

◎ 都道府県知事が、準保健師ライセンスを発行し、同時に「PCR

検査センター」を「市町村保健センター」に移行するプログラムを作成

して対処すべきだが、保健所削減に邁進した厚労省は、準保健師

ライセンス発行を拒み、「市町村保健センター」数の増大も

おそらく拒む。

 

◎ 現状、新型コロナウィルス感染者の早期入院は容易でない。

 諸外国と比較して、日本の集中治療室や陰圧隔離病室の数は驚くほど

少ない。

 第二種感染症指定医療機関(※)の数が人口10万人あたり1施設に

なれば、陰圧隔離病室等の数が諸外国並みになると考えられるが、

厚労省は、「医療圏(二次医療圏)」なるものを制定し、第二種感染症

指定医療機関はひとつの「医療圏」にひとつしか置けないように

している。

 

 (※)《事故情報編集部》注

 「第二種感染症指定医療機関」

 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律で

定められた二類感染症〔結核、重症急性呼吸器症候群(SARS)、

中東呼吸器症候群(MERS)等〕の患者に対する日本の医療機関。

都道府県知事が指定する。

        『ウィキペディア(Wikipedia)』より

 

◎ 「医療圏」は、概ね総務省が定める広域行政圏と重なっているの

で、第二種感染症指定医療機関の数を人口10万人あたり1施設にする

ことはとうていできない。

 各都道府県は、「医療圏」など無視して第二種感染症指定医療機関を

増やすか、あるいは広域行政圏を無視して「医療圏」を増やすべき

である。

 だが、厚労省は、全国424の公立および公的病院の再編統廃合を

推進していて、今も継続している。しかも安倍内閣は、昨年秋に決定

した13万病床削減を撤回していない。

 「市町村保健センター」数や「医療圏」数の増大等は、都道府県

知事の裁量でやれることだが、厚労省はおそらく妨害する。

 各都道府県知事が、厚労省に抗する場面はおそらくない。そして

困ったことに、国会議員が厚労省の「自治体弾圧」を認識していない。

とりわけ野党国会議員の認識不足、頭の悪さにあ然とする。

彼らは、医療体制の構造的欠陥にまったくアプローチしていない。

 

◎ 早期治療は、たとえばアビガンの有効性、早期投与を認めるか

否か、といった問題になるので、厚労省が対処するしかない。

 妊娠している女性にアビガンを投与することはできないは、

あきらかである。

 だが、問題はその先にある。妊娠していない若い女性がアビガンを

服用した場合、その女性は子供を産めない体になるのか。国民がそれを

知ることは、きわめて重要である。

 アビガンは、他の薬同様、服用を止めてから7日後に体から抜ける、

と言われている。だとすれば、アビガンを服用した若い女性は、子供を

産めない体になる、などということはあり得ない。

 それを実証するのが、第二種感染症指定医療機関である。

第二種感染症指定医療機関に、出産と無縁な高齢の女性がアビガンを

服用し、服用を止めてから何日後に体から抜けたか等の情報を開示する

責務がある。だが、厚労省はまったく努力していない。

 

◎ 多くの国民が、安倍内閣の無責任さにうんざりしている。

 だが、問題はその先にある。

 安倍内閣の無責任さが、日本の医療体制の構造的欠陥を隠蔽している。

 諸悪の根源は厚労省である。厚労省は、解体するしかない。

 

 

┏┓ 

┗■3.新型コロナ巨大災害下で「不要不急」の原発再稼働工事を

 |  進める日本原電、進めさせる茨城県

 |  再稼働について周辺自治体から了解が得られる

 |  見込みがほとんどない…

 |  メルマガ読者からの原発等情報1つ(抜粋)

 └──── 黒木和也 (宮崎県在住)

 

1.新型コロナ巨大災害下で「不要不急」の原発再稼働工事を

  進める日本原電、進めさせる茨城県

  再稼働について周辺自治体から了解が得られる

  見込みがほとんどない

  5/27(水)8:32配信「ハーバー・ビジネス・オンライン」

https://news.yahoo.co.jp/articles/68955040c9bc84f2470b132e2a115c924bb481ca

 

 

┏┓ 

┗■4.被ばく検査替え玉問題「柏崎原発での調査状況確認」−

 |  規制事務所長…

 |  メルマガ読者からの「新潟日報」情報1つ(抜粋)

 └──── 金子 通 (たんぽぽ舎会員)

 

 ◆被ばく検査替え玉問題「柏崎原発での調査状況確認」−規制事務所長

 

 東京電力福島第一原発で作業員の内部被ばく線量を調べるホール

ボディカウンター(WBC)で「替え玉」検査が発覚したことについて、

原子力規制庁柏崎刈羽原子力規制事務所の水野所長は26日の定例会見で

「柏崎刈羽原発で同様の事例がないか、東電の調査の状況を確認する」

と述べた。(中略)

 柏崎刈羽原発広報部は26日、取材に対し「社員や協力企業に聞き取り

調査をした結果、過去1年間に同様の事例がないことを確認した」と

答えた。それ以前については「不明」とした。

            (5月27日「新潟日報」26面より抜粋)

 

 

┏┓ 

┗■5.新聞より1つ

 └──── 

 

 ◆「責任」の責任

  うそと言い逃ればかり「セキニンガアル」と言うが、

  責任はとらない人

                  鎌田 慧(ルポライター)

 

 六ヶ所村(青森県)の木村きそさんは、県知事がテレビに出てくると

ハエ叩きで画面を叩いていた。半世紀前、失敗に終わった「むつ小川原

巨大開発」。反対運動のひとこまである。

 土地を奪われ犠牲になった農民は多い。

 

 いま、首相がテレビにでるとチャンネルを切り替える、というひと

たちがいる。こちらの方が平和的、というべきか。

 演技的なちいさなマスクをかけ、目に力のない、窮屈そうな表情を

みるだけで、気が滅入る。

 

 嘘つき呼ばわりされてきたが、理解力がたりなかったからのようで、

近づいてくる人間には小学校の土地を安くわけてやったり、

「腹心の友」には大学を創らせたり。外国へ行っては使いもしない

戦闘機を大量に買ってくる。

 諌(いさ)める側近がいないがための国民の不幸。

 

 と考えたりしていたが今回の黒川検事長の定年延長は「法務省が

提案した」と言い逃れ、本人の賭博行為が暴露されても最も軽い

訓告処分にしたのは自分ではない「法務省だ」と言い張ったり。

 

 それでも、「最終的には首相として当然責任がある」というのだが

「最終的に」「当然」の言葉をはさんで緩衝剤にする。

 これまでなんどもセキニンガアルと言った。が無責任のままに

終わった。

 昔の責任は自裁、ハラキリだったが野蛮にすぎる。

 いまは「受任」を辞める「辞任」である。

 それが人間的な良心というものだ。

    (5月26日東京新聞朝刊23面「本音のコラム」より)

 

────────── 

☆ひきつづき、たんぽぽ舎の活動・日刊メルマガ=「地震と原発事

 故情報」へのカンパを受け付けていますので、よろしくお願い致

 します。

  郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎 口座番号 00180-1-403856

 

☆《事故情報編集部》より

 メールマガジン読者からの集会・デモ・講演会のお知らせ、その他

 投稿(「川柳・俳句・短歌」など)を歓迎します。

 

1.「投稿」のテーマは、「原発問題」が中心軸ですが、エネルギー、

 自然、政治・経済、社会、身近な生活も歓迎します。

 

2.原稿に「見出し」をつけて下さい。(「見出し」は1行見出しよりも

 2行又は3行見出しの方が読む人にとってわかりやすい)

 執筆者名(基本的に本名でお願いしています)と執筆者名の後にかっこ

 書きで「所属・団体名」か「在住県名」を記載して下さい。

 例:たんぽぽ花子(たんぽぽ舎)、

   たんぽぽ太郎(東京都千代田区在住)

 

3.「集会・デモ・講演会等のお知らせ」の投稿に関しては、どの団体・

 グループも平等に掲載する基本方針です。

 そのため日時、会場、タイトル及び内容、主催者、主催者の連絡先など

 必要事項を400文字以内でお送り下さい。

 件名に「イベント案内掲載希望」と明記して下さい。

 日程が直前にならないよう余裕を持っていただけると幸いです。

 メールマガジンへのイベント案内は1回だけの

 掲載とさせていただきます。

 

4.集会や行動の参加報告等に関しては600文字以内で、

 タイトル(見出し)及び本文をお送り下さい。

 件名に「メルマガ掲載希望」と明記して下さい。

 

 「投稿」の送付先はたんぽぽ舎の

 アドレス「 nonukes@tanpoposya.net 」です。

なお、お送り頂いた投稿は紙面の都合上掲載できない場合もあります。

ご了解下さい。

────────── 

 ◆このメールマガジンのバックナンバーは、ホームページ

  の「メルマガ:地震と原発事故情報」をご参照下さい。

 ◆メールマガジンをお送りします

  たんぽぽ舎では、「地震と原発事故情報」(メールマガジン)を

  発信しています。

   ご希望の方は、件名を「アドレス登録希望」として、ご自身の

  Eメールアドレスからご氏名とともにたんぽぽ舎あてにメールを

  送ってください。

   違うアドレスから「こちらのアドレスに送って」ということは

  間違いの元となりますのでやめて下さい。

  登録できしだい発信致します。

 ・配信先のアドレス変更のご連絡は「旧アドレス」もお知らせ下さい。

 ・配信削除につきましても以下のアドレスに直接メールを下さい。

  たんぽぽ舎のメールアドレス: nonukes@tanpoposya.net

 ◆携帯電話への送信は、容量が多いためか全文表示できない例があり

  ます。

────────── 

たんぽぽ舎は、月曜〜土曜13:00〜20:00オープン、

       日曜・休日はお休みです。

   〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町2-6-2

              ダイナミックビル5F

       TEL 03-3238-9035 FAX 03-3238-0797

        HP http://www.tanpoposya.com/

       郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎

           口座番号 00180-1-403856

 

【FoEニュース】<2020年5月28日発行>

 

 

------------------------------------

★6/6 オンラインセミナー「映像でみる福島の漁業者たちの想い

〜海をこれ以上汚さないで」

-----------------------------------

FoE Japanは、ALPS処理汚染水をめぐる福島の漁業者らの声を「見える化」するため

映像を作成し、公開しました。

 

漁業者たちは、試験操業を行いつつ、独自に放射能測定を行うなど、信頼を回復す

る努力を積み重ねてきました。漁業の復興に向けて一歩ずつ積み上げ、ようやく

漁獲制限がすべて解除になった矢先に…。漁業者たちの言葉に苦悩がにじみます。

 

このたび、映像を見ながら、処理汚染水のさまざまな影響について考えていくため

のオンラインセミナーを開催します。FoE Japanが実施した漁協に対する アンケート

結果もあわせてご報告します。ぜひご参加ください。

 

【日 時】2020年6月6日(土)15:00〜16:30

【内 容】

・映像「福島の漁業者たち」上映

・漁協アンケート報告

・コメント 水藤周三さん(高木仁三郎市民科学基金)

・ALPS処理汚染水をめぐる最近の情勢

・質疑 など

 

*要申込:以下からお申込みください。

https://pro.form-mailer.jp/fms/48fab3c9197441

 

※オンライン会議システムzoomを使います。

※かならず前日の16:00までにお申し込みください。

18:00までに、メールにて参加可 能なURLをお送りします。

 

【参考情報】

▼処理汚染水について6都県の漁協にアンケート

9割が海洋放出に「反対」、85%が「福島県外での意見聴取を行うべき」

https://www.foejapan.org/energy/fukushima/200519.html

 

▼ALPS処理汚染水、大気・海洋放出で本当にいいの? パブコメを出そう!

(〆切6月15日)

https://www.foejapan.org/energy/fukushima/200407.html

 

-----------------------------------

 

※【FoEニュース】は、FoE Japanのメールマガジンをご愛読いただいている皆様に、

最新ニュースをお送りしています。

 

━─━─━─━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━─━─━━─━─━─━

FoE Japanは世界75カ国にネットワークするFriends of the Earthのメンバーです。

 

◆Be a Friend of the Earth! FoE Japanのサポーターになりませんか?

詳しくはこちら  https://www.foejapan.org/join/index.html

 

◆本メールマガジンの記事について、転載は自由です。

 出典として「FoE Japan」を明記してご利用ください。

 

◆本メールマガジンに関するご意見・ご感想、登録・解除の依頼等は下記までお寄せ

ください。

   Tel:03-6909-5983/Fax:03-6909-5986/e-mail:info@foejapan.org

 

◆発 行 : 認定NPO法人 FoE Japan (フレンズ・オブ・ジ・アース・ジャパン)

◆編集担当 : 篠原 ゆり子、佐々木 勝教、高橋 英恵

━─━─━─━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━─━─━━─━─━─━

みなさまへ

スーパーシティ構想の情報をいただきましたので、

ちょうど調べていた米国での5Gへの地方自治体の反対をお伝えしたいと思います。

5Gなしでは、スーパーシティもスマートシティも、大分の知事が4月に突然発表した

スペースポートも不可能だからです。

 

その5G技術に対するローカルの反対が強くなっている米国の状況は心強いです。

 

 

https://ehtrust.org/farragut-tennessee-passes-resolution-to-halt-5g-until-fcc-limits-ensure-safety/Environmental Health Trust 2020/5/16

 

テネシー州ファラガットの町議会議決:5Gインフラ配備の停止を州と国に要請

(わかることの箇条書き訳)

・テネシー州ファラガット町(*人口約2万600人)は、健康リスクが「健全な科学」によって

 評価されるまで5Gを停止するよう、州政府と連邦政府に要請する決議を承認した。

・この決議では、FCC(連邦通信委員会)の制限が人間の健康を守るにはいかに時代遅れであり、

 多くの科学者たちによって不十分であると見なされているかを詳述している

 

[5Gに関する決議からの抜粋: わかりやすくまとめた訳]

・FCCはこれまで、5G技術の特徴である本来的な変化の観点からの現在のFCC基準の健康影響を調査し

 再評価していないとの懸念が、全米各地の多数の地方自治体やその住民たちから出されており、

 その結果、FCCが5G技術の配備がもたらす健康影響調査を完了するまで、さらに必要があれば、

 それに応じてFCCが自らの規制を更新するまで、5Gインフラの急速な配備の停止を求める訴訟が

 FCCに対して起こされている。

 

 それゆえ、そのことを鑑み、テネシー州ファラガットの市長およびAlderman理事会は、

 この決議の採択をもって米国政府とテネシー州政府に、以下のことが行われるまで我々の

 地元コミュニティーの公道用地内での5G無線施設の配備を、それぞれの権限において停止するよ

 う要請しかつ推奨する:

 

[要請決議]

この問題に関する唯一の権限当局であるFCCが、

・新たな独立した調査によりラジオ周波数基準の適合性を再評価し、その上で、

・それらの基準あるいは上述の新たな調査の結果採用された基準が、我々のコミュニティー

 すべてにおける5G無線施設の設置と運用から放出される無線周波への長期にわたる被爆により

 一般大衆の健康が悪影響を受けないことが確証されるに十分なものであることを、

 健全な科学を根拠に決定するように求める

 

[5Gに関する行動を起こしている、他の幾つかの市や町]

・フロリダ州ハランデールビーチ(人口約37,000):5Gインフラ配備の停止

・ウィスコンシン州グリーンデール(人口約14,000):停止

・ジョージア州サンディスプリングス市(人口約93,800)、2020年4月、

 コロナウィルス危機が終わるまで、設置されたすべての5G電波塔の稼働停止命令

 (*州法により設置自体は市では阻止できなかった)

 

・ニューハンプシャー州キーン(人口約23,000)、2020年3月、5Gを停止し、別に、

 公道用地に設置される小さな無線設備のための位置と設計基準をつくり出す条例草案の作成を

 職員に指示する動議を全会一致で承認。

・カリフォルニア州サンタバーバラ(人口約92,000)、2020年3月、5Gの停止:

 健康影響の懸念から電磁波問題活動家からの反対が増大しているため、繁華街の街頭照明に

 5G携帯電話のアンテナを新たに最大で60設置することをベリゾンに許可するライセンス合意認可

 を遅らせることを可決

 

[条例により<スモールセル、あるいは/かつ 5G>を制限した市町村の他の例]

・カリフォルニア州ロス・アルトス:居住地域における住民通行権がある公共事業用地での

 スモールセルの設置の禁止

・カリフォルニア州Petaluma: あらゆる居住地区から500フィート(170m)以内には

 スモールセルを設置させない

・カリフォルニア州フェアファックスおよびミルヴァレー:居住地区におけるスモールセルの禁止

・カリフォルニア州サンディエゴ:学校、児童ケアセンター、病院、協会から

 1,000フィート以内(340m)のスモールセルの禁止

・オハイオ州メイソン:居住地区内および居住不動産から100フィート(34m)以内における

 スモールセル禁止

・マサチューセッツ州バーリントン:スモールセル許可に毎年の更新料を付帯

・ルイジアナ州バトン・ルージュ:スモールセル設置の停止

 

_______________________ 

 

人口1〜2万ほどの規模の小さな自治体が多いです。

米国では5Gのことを懸念する住民が日本よりもずっと多いように思います。

日本各地の自治体首長がこの技術の健康影響調査の必要性を

認識することが、まず求められるべきなのでしょうが、日本ではそうなっている

ように思えません。日米の市民や首長で、この問題への意識について

このように差があるが理由が、よくわからないのです。

以上です。

 

(S)

 

たんぽぽ舎です。【TMM:No3942】

2020年5月27日(水)地震と原発事故情報−

             5つの情報をお知らせします

                      転送歓迎

━━━━━━━ 

★1.世界の原子力と新型コロナウイルス感染症

   電力需要の急減の中で各国の対応  その2(了)

     原発を含め生産性が低くリスクが高く廃棄物や汚染物問題

     も解決できない発電システムから脱却する機会へ

               山崎久隆(たんぽぽ舎共同代表)

★2.黒部信一氏のブログを紹介します (下)(了)

   病気と闘うのは社会です

   人にやさしい社会が感染症に強いのです

             冨塚元夫(たんぽぽ舎ボランティア)

★3.森本社長は5900万円

   関西電力が金品受領問題受け役員報酬公表…ほか

   メルマガ読者からの原発等情報2つ(抜粋)

                  黒木和也 (宮崎県在住)

★4.メルマガ読者からのイベント案内(お問い合わせは主催者へ)

  ◆6/10(水)安保闘争60周年記念講演会開催!

   講師:保阪 正康(ノンフィクション作家)

      高橋源一郎(作家) 会場:憲政記念館

★5.新聞・配信より2つ

  ◆原子力業界 感染防止へ緊張感 往来制限や動線確保

             (5月24日茨城新聞朝刊1面より抜粋)

  ◆緊急地震速報 2018年以来の月4回 最大震度4、

   被災・避難の想定を

         (5月23日9:32配信「共同通信」より抜粋)

━━━━━━━ 

 ☆ 脱原発川柳【あいつぐ地震またアノ時の悪夢見る】

                       乱 鬼龍 転載歓迎

  時 事 川柳【世界流行語大賞アベノマスク】 八金

━━━━━━━ 

※6/4(木)学習会にご参加を!  新ちょぼゼミ

 「ジャーナリズムと日本の危機〜ワセダクロニクルの挑戦」

 

講 師:渡辺 周(まこと)さん

     (元朝日新聞記者「プロメテウスの罠」取材チーム)

            

 日 時:6月4日(木)18時より21時

 会 場:「スペースたんぽぽ」(ダイナミックビル4F)

 参加費:800円  〔講師のお話は19時より〕

 

 ※「新型コロナウイルス」対策を致します。

  ・会場に手指消毒用ボトルを用意します。

  ・机の上に消毒液を噴霧しペーパータオルで拭きます。

  ・窓をこまめに開けて換気に配慮します。

  ・「密集」しないように着席していただきます。

  ・体調に不安のある方は、無理に参加しないで下さい。

━━━━━━━ 

※「スペースたんぽぽ」を≪自習室≫としてご利用ください。

 ≪自習室≫当面のスケジュール

 

 5月28日(木)14時より18時

 5月29日(金)14時より18時

 5月30日(土)会場使用のため≪自習室≫はお休み

 6月 1日(月)14時より18時

 6月 2日(火)14時より18時

 

ご利用の方はたんぽぽ舎あて、ご氏名と連絡先電話番号を

お知らせ願います。詳しくはお問い合わせ下さい。

Tel 03-3238-9035    Fax 03-3238-0797

━━━━━━━ 

 

┏┓ 

┗■1.世界の原子力と新型コロナウイルス感染症

 |  電力需要の急減の中で各国の対応  その2(了)

 |    原発を含め生産性が低くリスクが高く廃棄物や汚染物問題

 |    も解決できない発電システムから脱却する機会へ

 └────  山崎久隆(たんぽぽ舎共同代表)

 

    (その1)は5/23発信【TMM:No3938】に掲載

 

5.再処理と廃止措置

 

 英国カンブリア州のセラフィールドでは、マグノックス用燃料再処理

工場が再始動するための準備強化として閉鎖された。

  マグノックス再処理プラントは、英国で使用された最初の世代の

原子炉である英国マグノックス原子炉で使用された燃料を処理する。

 これらの原子炉は運転寿命が終わり、すでに閉鎖されてきており、

マグノックス再処理プラントは2020年内に閉鎖される予定である。

 フランス北西部のラ・アーグ再処理工場でも運転を停止したが、

その後一部で再開された。

 ドイツではフィリップスバーグ原発2号機の冷却塔を制御爆破解体

する計画だが、集団感染の進展を考慮に入れ、5月中旬に実行された。

 フィリップスバーグ原発2号機は、ドイツ南西部の

バーデンヴュルテンベルクにあり、2019年12月31日に閉鎖されていた。

 

6.原子力の安全規制

 

 英国の規制当局であるONRの査察官は、電話、メール、Skypeで

可能な限りの業務を行うこととしている。

 フランスの規制当局であるASNは、重要ではない直接的な物理的

接触を排除し、運営施設の管理を優先している。

 

7.IEAが電力需要年間5%の減少と予測

 

 国際エネルギー機関は4月30日、新型コロナウイルス感染症対策

として産業活動の停止に伴うエネルギー需要予測を発表、電力は

対前年比5%の需要低下を見込んだ。

 「グローバルエナジーレビュー2020」によると、2020年の年間

エネルギー需要は、2019年と比較して6%減少すると予測、

「ウイルスの蔓延を抑制し、経済を再開する取り組みが成功すれば、

エネルギー需要の減少は4%未満に留まる可能性がある」としている。

 実績としては、第1四半期の世界のエネルギー需要は、2019年の

同時期と比較して3.8%減少した。この時期、世界の石炭需要は大きな

打撃を受け、2019年第1四半期と比較し約8%減少した。同様に

石油需要も約5%減少、天然ガスは約2%減少した。

 原発の出力も特にヨーロッパと米国で電力需要が下がったため約2.5%

減少したが、通年の需要では5%の減少を予測している。

 ただし「経済活動のすべての分野が再開され、より速く回復した

場合で2%の減少」としている。

 

8.IEAは「この機に乗じてクリーンエネルギー」と、要警戒だ

 

 報告書では次のような指摘がある。コロナ危機後のエネルギー部門の

回復策として、いかなる政策を採用するかが鍵だという。

 「特に、景気刺激策パッケージの設計では、政府が経済回復の

取り組みをクリーンエネルギーの移行へと結びつけ、エネルギー

システムをより持続可能な方向に導く大きな機会である。クリーン

エネルギーの移行と刺激に関する議論が勢いを増している一方、

その機会を利用し、より近代的でよりクリーンで弾力性のある

エネルギー部門に、全ての人々を導くためには、調整された

政策努力が必要である。」

 

 これだけ見ると「良いことを言っている」ように見えるかも知れない。

 しかしこの「クリーンエネルギー」の中味が問題だ。

 早速原子力協会の事務局長は以下のコメントを付けている。

 「IEA報告書は、すべての人々にとって、より近代的でより

クリーンで回復力のあるエネルギーにつなげるためには、この機会を

活用し協調した政策努力が必要であると結論付けている。

 原子力は費用対効果が高く、現在および持続可能な未来に高価値の

雇用を提供するクリーンエネルギーへの、より迅速でより良い移行を

提供するのに役立つ。」

 

 こうした我田引水には大いに警戒が必要だ。

 また、有効な反論もしなければならない。

 日本では「六ヶ所再処理工場」の新規制基準適合性審査がいわゆる

「合格」とされ、さらに大間原発のようにプルトニウムを燃やすため

だけに稼働させようと目論まれている原発があり、これらを重ね

合わせれば合理性を失っている核燃料サイクルに対して、「クリーン

エネルギー」ないし「クリーンエネルギーへの移行に資するために」

稼働させる必要があると主張するだろう。

 

 今は「凍結」されている「新増設への道」も、これをテコに主張して

くるだろう。

 電力需給バランスの維持やコストだけであれば、原発新増設に合理的

な理由はないからだ。

 

 新型コロナウイルス感染症によるエネルギー需要の急減は、廃棄物の

多い石炭などの火力を大幅に縮小し、再生可能エネルギーに積極的に

投資すべき機会と捉える必要がある。

 原発を含め生産性が低くリスクが高く、廃棄物や汚染物問題も解決

できない発電システムから脱却するための機会としていこう。

 

 

┏┓ 

┗■2.黒部信一氏のブログを紹介します (下)(了)

 |  病気と闘うのは社会です

 |  人にやさしい社会が感染症に強いのです

 └──── 冨塚元夫(たんぽぽ舎ボランティア)

 

https://blog.goo.ne.jp/kuroshin1941/e/80fb830c91a34d568693ab6a47a58348

黒部信一のブログより抜粋

 

◎ 横浜でのクルーズ船の乗船者3711人のほとんどが65歳以上の人たち

で、70歳以上が2000人以上で、90歳以上が数十人もいたのに、感染

(PCR陽性)したのは712人(19%)、発病したのは(症状が出た人)

381人(10%)、死亡率(死者13人)は感染者の1.8%、乗船者全体の

0.35%と低かったのです。

 PCR陽性の半分の人は、無症状でした。

 今のインフルエンザによる死亡率は、0.2%ですから少し

多いだけです。

 感染しないか、しても発病しないことを目指しましょう。

 

 感染は飛沫感染と空気感染です。だから接触者感染として感染ルート

を調べても判らない筈です。空気中に浮遊しているウイルスによっても

感染します。

 インフルエンザウイルスは直射日光下では1メートル以上離れれば

感染しません。

 しかし、直射日光を受けなければ、1キロメートル以上飛ぶとの

報告があります。

 空調(エアコン)の風に乗っても広がります。室内や曇った日は、

2メートル離れていても、感染します。

 

 最近の中国の報告では、患者の枕元から風上の方向に4メートル

離れた場所でも、さらに軽症者の病室内でも、ウイルスが検出されて

います。ICUの空調の排気口からも高率にウイルスが

検出されています。

マスクは感染率を3分の1に減らすだけですから、完全ではありません。

 

◎ 2002年に流行したサーズウイルスの研究では、高温・高湿度に弱く、

湿度80%の環境で、気温38度Cでは24時間で5000分の1に減り、40度C

では6時間で完全に死滅します。

 (今流行しているのはその新型のコロナウイルスです。)

 だから発熱するのは、ウイルスが繁殖しないように身体が闘って熱を

出しているのです。

 最低2〜3日の高熱は我慢して解熱剤を使わずに頑張りましょう。

熱が高いか低いかは、体とウイルスの力関係で決まります。最先端で

ウイルスと闘っている白血球が出す信号で、脳にある体温中枢が出す

温度を決めているのです。

 

◎絶対に解熱剤は使ってはダメです

 

 日本のかぜ薬には100%解熱剤が入っています。前述のように、熱は

免疫システムによって自分で出しているのですから、解熱剤は免疫の

働きを抑制するので熱が下がるのですが、その結果長引いたり、重症化

したりします。解熱剤と総合感冒薬を使ってはいけません。

 解熱剤(正確には解熱鎮痛剤)にはアスピリンもアセトアミノフェン

も含みます。それとステロイド剤は免疫を抑制します。

 もちろん抗がん剤や免疫抑制剤は当然です。

 

◎コロナウイルスに効く薬は

 

 インフルエンザに効くと言う薬はすべて、ウイルスの繁殖を止める

だけでウイルスを殺したりはしません。

 だからアビガンも初期にしか効果はありません。

 まだコロナウイルスに効く薬はないので、他のウイルスに効く薬を

試しています。

 有効なワクチンは、生ワクチンつまり生きたウイルスを発病しない

程度に弱くして、それからワクチンにします。だから時間がかかります。

 最近の情報では、コロナウイルスもインフルエンザウイルスと同様に

変異するようです。

 既に、武漢型、ヨーロッパ型、アメリカ型と3種類あります。

 そのすべてに対応するワクチンとなると時間がかかると思います。

 

◎ワクチンを批判的に見ているみなさんへ

 

 VPD(ワクチンで防げる病気)を根絶しようと言うWHOや感染症

の専門家たちの言うことは、いかに的を得ていないかと言うことです。

 ワクチンでは、病気を根絶できないのです。ワクチンだけでは病気と

闘うこともできません。

 

 病気と闘うのは社会です。だから感染症の少ない国は北欧諸国です。

 人にやさしい社会が感染症に強いのです。

 ワクチンは社会が病気と闘うための武器の一つにしか過ぎません。

 もっと多くの社会的施策が必要なのに、それをせずにワクチンだけに

頼ることが問題なのです。

 私の説は、1970年代の国連環境委員会のアドバイザー委員会共同代表

だったルネ・デュボスの提唱する適応説からです。(後略)

 

 

┏┓ 

┗■3.森本社長は5900万円

 |  関西電力が金品受領問題受け役員報酬公表…ほか

 |  メルマガ読者からの原発等情報2つ(抜粋)

 └──── 黒木和也 (宮崎県在住)

 

1.森本社長は5900万円 関西電力が金品受領問題受け役員報酬公表

  5/26(火)19:10配信「ABCテレビ」

https://news.yahoo.co.jp/articles/8ca3e77088105936da3b539c218ba0ded2615cb4

 

2.安倍政権がこれほどまで「黒川氏に執着した理由」とは…?

  疑念の正体

  最大の問題…公訴権をほぼ独占する独立性の確保が不可欠な

  検察の幹部人事に時の政権が介入する法的根拠を与えてよいのか

  5/26(火)7:01配信「現代ビジネス」

https://news.yahoo.co.jp/articles/1dfaea10e16e5629e9457ac6992d974155528939

 

 

┏┓ 

┗■4.メルマガ読者からのイベント案内(お問い合わせは主催者へ)

 └──── 

 

 ◆6/10(水)安保闘争60周年記念講演会開催!

  60年前の安保闘争を想い起こし、その今日的意義を

  気鋭の論者とともに問い直します

 

講  師:保阪正康(ノンフィクション作家)

       『60年安保闘争の意味と評価』

    高橋源一郎(作家)

       『NOを言わない若者、YESがあいまいな若者』

日  時:6月10日(水)、12時15分受付〜16時15分

会  場:憲政記念館(国会議事堂前)

主  催:戦争NO! 安保60の会/9条改憲阻止の会

連絡先:戦争NO! 安保60の会 03−6709−8421 春原

参加費:1000円

 

※会場では密接を避けるため聴講者の間に空席を設け、

 マスクの着用を求めます。

 

 

┏┓ 

┗■5.新聞・配信より2つ

 └──── 

 

 ◆原子力業界 感染防止へ緊張感 往来制限や動線確保

 

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、原子力業界も感染予防対策に

追われている。原子力施設でひとたび感染が広まれば、保安体制の脅威

になるからだ。 (後略) (5月24日茨城新聞朝刊1面より抜粋)

 

 

 ◆緊急地震速報 2018年以来の月4回 最大震度4、

  被災・避難の想定を

 

 最大震度が5弱以上と予想された際に発表される緊急地震速報が

今月、関東などで4回発表された。1カ月に4回以上発表されるのは

2018年10月以来。

 観測震度は最大4〜3だったが、新型コロナウイルス感染への警戒

が続く中、被災や避難生活を想定した備えの重要性が増している。

(後略) (5/23(土)9:32配信「共同通信」より抜粋)

 

────────── 

☆ひきつづき、たんぽぽ舎の活動・日刊メルマガ=「地震と原発事

 故情報」へのカンパを受け付けていますので、よろしくお願い致

 します。

  郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎 口座番号 00180-1-403856

 

☆《事故情報編集部》より

 メールマガジン読者からの集会・デモ・講演会のお知らせ、その他

 投稿(「川柳・俳句・短歌」など)を歓迎します。

 

1.「投稿」のテーマは、「原発問題」が中心軸ですが、エネルギー、

 自然、政治・経済、社会、身近な生活も歓迎します。

 

2.原稿に「見出し」をつけて下さい。(「見出し」は1行見出しよりも

 2行又は3行見出しの方が読む人にとってわかりやすい)

 執筆者名(基本的に本名でお願いしています)と執筆者名の後にかっこ

 書きで「所属・団体名」か「在住県名」を記載して下さい。

 例:たんぽぽ花子(たんぽぽ舎)、

   たんぽぽ太郎(東京都千代田区在住)

 

3.「集会・デモ・講演会等のお知らせ」の投稿に関しては、どの団体・

 グループも平等に掲載する基本方針です。

 そのため日時、会場、タイトル及び内容、主催者、主催者の連絡先など

 必要事項を400文字以内でお送り下さい。

 件名に「イベント案内掲載希望」と明記して下さい。

 日程が直前にならないよう余裕を持っていただけると幸いです。

 メールマガジンへのイベント案内は1回だけの

 掲載とさせていただきます。

 

4.集会や行動の参加報告等に関しては600文字以内で、

 タイトル(見出し)及び本文をお送り下さい。

 件名に「メルマガ掲載希望」と明記して下さい。

 

 「投稿」の送付先はたんぽぽ舎の

 アドレス「 nonukes@tanpoposya.net 」です。

なお、お送り頂いた投稿は紙面の都合上掲載できない場合もあります。

ご了解下さい。

────────── 

 ◆このメールマガジンのバックナンバーは、ホームページ

  の「メルマガ:地震と原発事故情報」をご参照下さい。

 ◆メールマガジンをお送りします

  たんぽぽ舎では、「地震と原発事故情報」(メールマガジン)を

  発信しています。

   ご希望の方は、件名を「アドレス登録希望」として、ご自身の

  Eメールアドレスからご氏名とともにたんぽぽ舎あてにメールを

  送ってください。

   違うアドレスから「こちらのアドレスに送って」ということは

  間違いの元となりますのでやめて下さい。

  登録できしだい発信致します。

 ・配信先のアドレス変更のご連絡は「旧アドレス」もお知らせ下さい。

 ・配信削除につきましても以下のアドレスに直接メールを下さい。

  たんぽぽ舎のメールアドレス: nonukes@tanpoposya.net

 ◆携帯電話への送信は、容量が多いためか全文表示できない例があり

  ます。

────────── 

たんぽぽ舎は、月曜〜土曜13:00〜20:00オープン、

       日曜・休日はお休みです。

   〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町2-6-2

              ダイナミックビル5F

       TEL 03-3238-9035 FAX 03-3238-0797

        HP http://www.tanpoposya.com/

       郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎

           口座番号 00180-1-403856