だるまんブログ

だるまんブログ

生きる知恵である陰陽五行についてだるまんと語るブログ。『だるまんの陰陽五行』(三冬社)より発行。

NEW !
テーマ:
おはようございます。
秋土用、(20日から)の前だからか
お腹の様子が、
ちょっと崩れてしまいました。
ほりうちのりこです。

今週の日曜日に、
横浜の崎陽軒で
水の章のだるまん講座ありました。
4回コースのスタートいたしました。
ご参加してくださった皆様ありがとう
ございました。
10月から、11月、12月、1月
まで。
ひとつずつの、受講も可能です。
詳しくは、このブログの
前の主人のブログを
ご覧くださいませ。

では、土用前ということで、
「土」(ど)の
パンチの効いた
ちょっと不可思議な話を
書きますね。
一言でいうと、
『土地神様を大切に』しましょう。
という話です。

うちの子供が、小学生の時に
鎌倉と横浜の境の場所に
住んだ事がありました。
鎌倉と言うと、今でも
色々な伝承がある場所ですよね。
鎌倉の知り合いは、普通に
「あそこらへんは、出るよ~👻」
と平気で言います(笑)
何が出るって、決まってるよね!
金塊じゃないよね!(笑)

私どもの住んでいたのは、
横浜市でしたが
鎌倉が徒歩圏でしたので
古い農家や旧家のお寺がある地域。
色々な地域の伝承、
別の言い方だと
昔からのウワサ?がありました。

その中のひとつ。
昔からの土地神様を祀る旧家が
ありまして、
昭和戦後になって土地の整備や
開発にあって
代々の手放してはいけない土地で
お金もうけをしたというのです。
これ、何人もの人から
同じ話を聞いたので
ウソかもしれないけど
まことしやかに、流れてる話です。

そして、その祟りとして
子孫が代々不健康な状態で
産まれて早くに亡くなるそうなんです。(ミステリー⁉)
この話「まぁ、ウソやん!」と
思っていたら
子供の友達のお寺のおうちの人から
真顔で
「本当の話よ」と言われました。
その頃住んでいた町に、
ここあそこに、出没する
大人なのに、ろれつが
ハッキリしない、子供のような
行動をするおじさんが
いたのです。
夏は、駅のベンチで気持ち良さそうに寝ていたり
スーパーのレジのところに居て
買い物のかごを受けとる係をしていたり、別にアルバイトととかでなく
勝手にしてました。
そんな、一見迷惑行為をしていても
ユーモラスだからか、
こわいからか、皆様
注意したりしていませんでした。
町ぐるみで、容認していたのです。

そのおじさんは、
前に書いた、神様を祀るおうちの
人なんですって。
皆が、ウワサしてる事って
これかも?
みかけは、おじさんだけど
幼児のような、行動。
土地の怒りで、あのように
なったかどうかは、
わからないなー。
と思っておりました。
しかし、あのおじさんは、
一人ではありませんでした。
同じような、兄弟がいたのです。

その前の子孫も、その前の子孫も
その様なことがあったそうです。
(これは、ウワサ!
見たことは、ないからどうだか
わかりませんけどね。)
ウ~ム、神様の土地を自己の為に
使うと子孫に、心の病が続くというのは、あながち間違いでもないかもね。
それは、
男子の子供は、精神に病が出るし、
女子の子供は、婦人科系に障りが
出る、とも言われてました。
つまり、子孫を根絶やすって事ですよね。
その後、そのおじさんたちは、
長生き出来なかったそう。

子供が、卒業してその場所を
わたくしたちは、離れました。
その後
その土地を守るおうちは、
またも、
戦後からずっと
竹林だった土地を手放しました。
マンションが建ちました。
その竹林は、祠ほこらが
あるから、立ち入ってはイケないと
言われておりました。
人のおうちの事だから
色々な、事情はあると思います。
いつまでも、土地を持ち続けるのは
大変な事。
その後は、どうなったかは、
不明です。

土地の持つパワーは、強大です。
陰陽五行でいうと、
もちろん、「土」です。
土台でもあるけれども
腐らせる力が、半端ありません。
男子が、精神の滞りに
なるというのは、
精神イコール心、つまり「木」の
病。
女子の婦人科系の病は、
子供を授かる事なので、「土」。

陰陽五行でも、
男は、木
女は、土
と言ってますよね。
それが、そのまま滞りとなっている。
不思議ですね。
土地を手放すにしても、
寄付をしなくては、いけないと
言っている訳ではないと思います。
神様を祀っている場所を
どう考えていくかという事ですね。
旧家で大きなおうちだから
こそ、祀りを任せられてきた
お金も持ってきたけれども
責任も持ってきた。
その旧家の誇りを現代になって
忘れてしまったり、
現代のシステムで、土地を維持出来なくなってしまっているのですね。
だるまんの陰陽五行でも
いつも、言ってる事ですが、
必要以上の自己保身や
自分の為だけに
生きてしまっては、イケないという
事でしょうか。
わたくしも、今月還暦を迎えて
今更ながら、
自分の反省とスタートを
したいと思っております。

ほりうちのりこ

この写真は、問題の土地ではなく
東京と埼玉の境の荒川の土手です。
彼岸花がさいていたのを
撮ろうとしたけど
写ってませんでしたね(笑)









テーマ:

今度の日曜日(10月14日)からは『だるまんの陰陽五行』「水」の章の連続講演会(横浜)が始まります。

「水」の章では、五行の「水」(すい)という、陰の極である側面を科学と象徴の両面からみていきます。

陰とは暗いというイメージでしょうが、陰とはものごとを生み出す力のもとでもあるのです。

 

ところで、「4℃」というブライダル店って、知ってますか?

別に、縁もゆかりもないので宣伝するわけではないのですが、この店名ってオモチロイ!ってかねがね思ってました。

不思議な店名ですよね。しかし、これって水に関わる名なんです。

 

ネットで調べると

「ブランドネームの4℃は、凍った湖の底の水温が4℃に保たれることに由来しています。表面の凍った湖でも、魚が生きられるんです」

と書いてあります。

 

勝手に補足させていただきます。

普通は、固体は液体に沈むのですが、氷は固体なのに水に浮くのはなぜだろう…ってことにつながるのです。

それは、普通の流動物(溶岩を考えるとわかりやすい)は、「温度が低くなると密度が大きくなり体積が小さくなる」のですが、

水に関しては「一定の温度になると反転して、密度が小さくなり体積が大きくなる」からなのです。

だからアイスコーヒーに氷が浮いているのです。湖でも水の中で魚が生られるのです。

その謎は、科学的には水素結合による水の分子間の隙間が原因だと言われているのですが

象徴学的にみると、「反転する」ことがキモなのです。

 

同じ象徴が天の太陽にもあります。

季節ごとに南下していく太陽ですが、冬至に近づくにつれ、太陽は南側に移ります。南側の空を東から西へと動くのです。

ところが冬至のあたり、つまり12月22日から24日までの三日間、それ以上南に行くことなく停止するのです。

これを古代の人は「太陽の死」と言いました。

そして、25日から再び太陽の位置は北へと戻るのです。これを「太陽の復活」と言うのです。

このことに懸けているのが太陽神ミトラです。

ミトラは12月25日に誕生するのです。キリストの誕生日も後世にミトラのパクリとして捏造したいう説もあります。

いいたいことは、ここにも同じ現象があるということです。

墜ちていったものが登り始める…そう!「反転」なのです。

 

水は、天の太陽を反射して映す(コピーする)ので、「地の太陽」ともいわれます。

つまりは水も太陽と同じで、私達の命の源であり、復活するもの(復活させるもの)といえるわけです。

ブライダルでいえば「永遠の愛」というとこでしょうか?

 

そこまでわかっててこの店名をつけたなら、創業者は象徴学にそうとう通じた方だと思います。

 

そんなわけで、こうした「水」の持っている意味を理解していくのが『だるまんの陰陽五行』「水」の章です。

ぜひ、ご参加ください。

 

【横浜】陰陽五行徹底講座  「水」の章

① 2018年  10月14日(日) 水(みず)と電気双極子 -水の示すもの-  午前10:00~12:30 (会場9:45)

「水」の前編より。五行の「水」は自我や個性を示し、同時に陰の極でもあります。これの意味するところを理解します。

② 2018年  11月4日(日) 並行宇宙とドッペルゲンガー -私とは何か-  午前10:00~12:30 (会場9:45)  

「水」の前編より。「水」に至るためには「土」を超えねばなりません。そこで出会う他の私とは?心理学、物理学を元に考えます。

③ 2018年  12月16日(日) 貴方のだるまんに会おう -ハイアーセルフは居る!-午前10:00~12:30 (会場9:45)

「水」の後編より。『だるまんの陰陽五行』奥義であるカミとヒトの交流を整理します。宗教ではなく理性的に理解しましょう。

④ 2019年  1月27日(日) 隠された花嫁 -私達はどこから来てどこに行くのか- 午前10:00~12:30 (会場9:45)

「水」の後編より。この混迷の時代に居る私達。貴方は「土」に沈む側ですか?「水」に歩む側ですか?学ぶ理由がここにあります。

費用  (事前振込みでおねがいします)  各 6000円(税込み)

                     4日一括の場合   20000円(税込み)  

    (申込の後、返金はできませんので、ご了承ください)

会場  崎陽軒本店 貸会議室  6階4号室   〒220-0011 横浜市西区高島2-13-12

お申込み… https://darumanuniv.com     (申込の後、返金はできませんので、ご了承ください)

「講演会スケジュール」をクリックして公演日のところからお申込みください。

もしくは… 電話…堀内歯科クリニック(045-664-3864) メール… info@darumanuniv.com 


テーマ:

以下の3本の映画をご存知でしょうか?

①『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』2018年(監督)スティーヴン・スピルバーグ(主演)メリル・ストリープ,トム・ハンクス

②『大統領の陰謀』1976年(監督)アラン・J・パクラ(主演)ロバート・レッドフォード,ダスティン・ホフマン

③『ザ・シークレットマン』2017年(監督)ピーター・ランデスマン(主演)リーアム・ニーソン

 

この3つの映画を貫くキーワードは「ニクソン大統領」です。①②③の順番はニクソンに関わる事件を時系列であげたものです。

まず①はベトナム戦争の内情を録した最高機密文書「ペンタゴン・ペーパーズ」を暴露したジャーナリストの話ですが、これはベトナム戦争を続けるために「良いこと」だけを言っていたニクソン政権への大いなる反抗であり、命運を懸けた戦いであったという内容です。

次の②は、①で痛手を追ったニクソンなのに、再選をめぐる選挙のときに対抗する民主党本部の盗聴を行ったという大事件をワシントン・ポストの2人のジャーナリストが暴露するという内容(ウォーターゲート事件)です。

③は上記のウォーターゲート事件において重要な役目を果たした政府の内通者側の視点から描いたものです。

 

なんでいきなり映画の話なのかというと、ニクソン大統領という権力のトップに立つ人間と、それをとりまく甘い蜜をすっている連中と、それに立ち向かう人間のあり方を現実の事件を通じて描いている…という点に注目したいのです。

これは五行で言うと、「土」という現実でのあり方(土地やお金、権力に価値があるという常識)を覆す、「水」のあり方ということになります。

私達もお金や社会的地位など、「土」というこの世界での原則から逃れることはできません。しかし、そのために大切な「本当の自分」を失ってしまっている限り、「本当の自分」を表す「水」には行けない…というジレンマがあるのです。

「水」に行くには、「土」的な常識や権力に歯向かう勇気がある程度は必要です。この極端なケースがこの映画に描かれているのです。

 

この映画の時代のあり方は現代でも変わりません。ニクソンの頃と全く変わっていないのです。

「土」的な中枢にある人々は、政治はおろかマスコミや経済界、医学や文化、はては司法界までまきこんで私利私欲にかためてしまってる姿は明確です。しかし、それに立ち向かう人々もいることはみなさんもご存知のはずです。しかし、彼らはそうした人々を阻止したり、無視しようとします。

しかしです。

 

しかしやっと、最近、ちいさな動きが多々、みられるようになってきました。「水」への動きです。

テレビのニュースだけ見ている方はご存知ないでしょうが、アメリカで大変化がおきています。

今まで、すべての中枢に居てなにもかも牛耳っている連中(ディープステート)の要のひとつである最高裁判事という職に、ブレット・カバノー氏というディープステートと反対側の人間がついた(2018年10月7日)というのです。選挙の寸前まで、ディープステート側はカバノー氏のセックススキャンダルなどを持ち出して対抗していたのですが、ついに寸差で就任したというのです。これがなんで大切かというと、なにもかも変わる可能性がある!という情報が多いのです。いままで陰謀論で片付けられていた911や311の首謀者がディープステート側から逮捕される可能性もでてきたというのです。

日本の沖縄でも最近、政府のなりふりかまわぬ妨害工作にもかかわらず、基地反対派の玉城デニー氏が当選しました。

その他、ひどいことだらけの中で、ポツリポツリとダイヤモンドのきらめきのような出来事が見えるようになってきているのです。

 

ここでお話したいのは、陰謀論?ではなく、「水」の話です。

五行の「水」(すい)とは電気双極子といって、プラスもマイナスをひきつける魅力をもつ水(みず)のあり方に象徴されます。

それは陰陽和合と、その次へとつなげる力なのです。

これを人間にあてはめると、「土」的な現実(と私達が思い込んでいるもの)から、自分の見逃していた影の現実、隠されていた現実(たとえば上記のようなことがら)に気づいて、新たな自分へと向上していく姿なのです。

これは「自分=肉体としての○○という名前を持った自分」…という通常の認識をもう一段上げていくことにあります。

 

ここまで行くと、この小さな肉体として自分を維持するために、他を犠牲にするということがどれだけ愚かなことか身にしみて理解できるのです。しかし、悲しいことに私達は、こうした悪しき状態を経過しないと、気付きには至らないという現実があります。だからこそ、長い長い時間をかけて「水」への歩みを進めているのです。

言い換えると、私達は今現在、「土」から「水」という、もっともエキサイティングな時代を行きているといえます。

時代をみつめ、自分をみつめるにはモノサシと羅針盤が必要です。ぜひ、そうした五行の見方を身につけてください。

 

今度の日曜日(10月14日)からは『だるまんの陰陽五行』「水」の章の連続講演会(横浜)が始まります。ぜひ、ご参加ください。

 

【横浜】陰陽五行徹底講座  「水」の章

① 2018年  10月14日(日) 水(みず)と電気双極子 -水の示すもの-  午前10:00~12:30 (会場9:45)

「水」の前編より。五行の「水」は自我や個性を示し、同時に陰の極でもあります。これの意味するところを理解します。

② 2018年  11月4日(日) 並行宇宙とドッペルゲンガー -私とは何か-  午前10:00~12:30 (会場9:45)  

「水」の前編より。「水」に至るためには「土」を超えねばなりません。そこで出会う他の私とは?心理学、物理学を元に考えます。

③ 2018年  12月16日(日) 貴方のだるまんに会おう -ハイアーセルフは居る!-午前10:00~12:30 (会場9:45)

「水」の後編より。『だるまんの陰陽五行』奥義であるカミとヒトの交流を整理します。宗教ではなく理性的に理解しましょう。

④ 2019年  1月27日(日) 隠された花嫁 -私達はどこから来てどこに行くのか- 午前10:00~12:30 (会場9:45)

「水」の後編より。この混迷の時代に居る私達。貴方は「土」に沈む側ですか?「水」に歩む側ですか?学ぶ理由がここにあります。

費用  (事前振込みでおねがいします)  各 6000円(税込み)

                     4日一括の場合   20000円(税込み)  

    (申込の後、返金はできませんので、ご了承ください)

会場  崎陽軒本店 貸会議室  6階4号室   〒220-0011 横浜市西区高島2-13-12

お申込み… https://darumanuniv.com     (申込の後、返金はできませんので、ご了承ください)

「講演会スケジュール」をクリックして公演日のところからお申込みください。

もしくは… 電話…堀内歯科クリニック(045-664-3864) メール… info@darumanuniv.com 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス