しばらく、お知らせばかりで

ちゃんとしたブログ

書いていませんでしたね。

 

すみません。

 

ひとまず

『ユリイカ嶽本野ばら特集号』の

感想――。

 

下妻ジャスコ化計画での1枚カメラ

 

これを読むの、

すごく時間がかかりました。

 

最初はね、

自分を誉めてくれている論稿なり

エッセイばかりなので

気恥ずかしい気持ちが

そうさせるのだろうと

思っていたのですが

 

途中から

そればかりでは

ないことに気付き……。

 

とにかく参加者の寄稿の熱気が

どれもすごいんですよ!

 

僕も『ユリイカ』には

何度か寄稿しているし

よく読む雑誌ですが、

 

この雑誌は大抵、

お題(特集テーマ)が

あると、それに就いて

ガッツリ取り組む人は数人で

あとは、

自分の研究テーマや得意分野に

話題をスライドさせるのが常套です。

 

でも今回の『ユリイカ』、

みんな、ガチ過ぎる!!

 

僕に就いて語り過ぎている(笑)。

 

「ロリータ・ファッション」2刷

サイン本を作りに国書刊行会へドア

 

エッセイや小説を

書き始めてた時点で、

最初から、3割バッターなんて

目指していませんでした。

 

レギュラーにも入れない、

でも一応、

補欠には入れられていて

たまに監督が苦し紛れで

代打で使用してくれる

そんな選手でいいと思っていました。

 

だってさ、絶対

一般受けする

作家ではないですもの。

 

読む人を選ぶし、共感し辛いし。

 

でもこれだけ

大勢の人がいるんだから

一人くらいはハマってくれる人が

いると信じて、書いてきて

今もそんな感じのままです。

 

なのに、そのハマってくれた

珍しい(奇特な)人達が

集結して、俺にも語らせろ!と

頬を紅潮させてくれている

それが今回の

『ユリイカ』だと思うのです。

 

なんだ、この注文の多い料理店みたいな貼り紙は……驚きびっくり

 

当然、ここに

参加出来なかった読者

 

つまり、貴方だったり、君だったり

 

も私が、文筆家だったなら、

学者や研究家として

名を知られていたならば

もっと熱く語ったのに……

歯軋りをなさっておられるでせう。

 

それを思うと、ありがたくて

泣きそうになります。

 

よく自分に自信がない――

という言葉を聞きます。

 

僕はそれがよく解らないでいます。

 

自信がないなら自信がつくまで

練習なり勉強すれば良いのだし

結果、1人でも誉めてくれれば

それで充分、自信になるからです。

 

最近、なぜか急にメディアに

露出する機会が増えました。

 

再評価だとか

時代が追いついただとか

言ってくれる人もいますが

そういう訳でも

ないと思っています。

 

僕の支持層なんて

常に一定人数しかいません。

 

というか、いては困るんです。

こんな人が大勢の人から支持される

世の中はきっと間違っています。

 

多様性の時代とか言ってもさー

やっぱ、ロッキンホース

履いてる人は変だし、

それで結婚式に出るのはいいとして

葬儀に参列したら、嫌な顔されますよ。

 

3階に上がるとヤバい量のサイン(する)本が叫び

 

だけど、僕は

ロッキンホース履いて出ます。

だって、これしか靴、

持ってないんですもの。

 

アディダスのスニーカー1足と

ロッキンホース3足、

僕の所持する靴は以上です。

 

所持する靴の数は

恋愛における

ストライクゾーンの広さだとか

浮気の数だとか

心理テストで指摘されますが

それを信じるなら

僕は爆笑するくらい

一途な人間です。

 

かつては、

富士山に登った時も

ロッキンホースだったものだから

シェルパさんに、

怒られたなぁ・・・。

 

心が穢いし、不遜だし、

頑固だし、意味悪だし、浪費家だし

いいところは余りないのですが、

一途さだけは誰にも

負けないかもしれません。

 

ああ、だから読者も

重いんだ・・・・・。

 

似たもの同士なのかもですね。

 

嶽本野ばら 2024.06.24

 

 

 

 

「ハピネス」Tジョイで

観てきました。

 

試写会を含め今日が

3度目ですが

最初から最後まで

シクシク泣いておりました。

 

原作者の身贔屓と

嗤われるかもしれませんが

 

観る度に思い入れが

強くなるといいますか……。

 

リピートすると

ワンシーンずつが

記憶に刻まれている分、

あの一週間を回想している

感覚になってしまって。

 

大切な記憶って

想い出す回数だけ

より鮮明に

なっていくじゃないですか。

 

今回、僕は

一人のファンとして

余命一週間――の物語ではなく

 

大事なまま、好きなままなのに

別れなくてはならない

宿命を与えられた者達の

ラブストーリーとして

観てしまいました。

 

僕等は、想い合っているのに

別離をしなければいけない

ことを

常に経験するじゃないですか。

 

卒業や転勤、引っ越し、

些細な日常の中にも

それは

沢山、あります。

 

恋愛に於いても

お互い、好きな気持ちは

一欠片も減ってない

増していくからこそ

互いのことを配慮し

別離を

決意することもします。

 

余命宣告だけが

厳しい別離じゃない。

 

当たり前のように

今まで生きてきて

体験した切ない別離――。

 

辛いけれど

記憶から色褪せたくない別離――。

 

それはしかし、

それが故に、

自分を支えてくれる核でもある。

 

DVDやサブスクになる前に

もう一回、映画館に行こうと

思っています。

 

もっと記憶に焼き付けたいから。

 

京都では今週一杯で終わるかも

しれませんので

金曜日に行こうかと。

流石に2日連続は妙だし

土曜はイノワさんのイベントで

東京に行っちゃうし……。

 

蒔田彩珠さんって

本当にスゴい女優さんですね。

表情、仕草、言葉、

彼女だけに集中してしまうと

涙腺がやばいことになっちまう。

 

パンフは買うべき。写真&文字量

半端ないです

 

パンフレット、買っちゃいました。

 

実はまだ貰ってないんです。

 

CoCo壱でカレーも食べました。

 

恋愛小説が書きたくなってきました。

 

自分の原作の映画に

影響されるって、変ですかね?

 

嶽本野ばら 2024.05.29

 

 

 

関西のサイン会も

どうもありがとう!

 

池袋が終わって

関西が終わって……。

 

今月は

ブログにしろ

エックスにしろ

告知ばっかになって

いますが――

 

今日は少し

時間と心に余裕が

あるので

普通のブログ、書きます。

 

といいながら、明日から

約一週間、

京都に

戻れない過密の間の

ひとときなのですが。

 

 

思うように作品が発表出来ない

出版社に新作を持ち込んでも

読んですら貰えない

年月がもう長い間続いて

 

作家もコンビニのパンや

お菓子と一緒だなーって

思いました。

 

いくら自信のある

作品を仕上げても

売れないと置いてもらえない。

 

明治のカールみたいなもので

固定ファンがいて

味が落ちたのでも

ないけど

売れないものを

コンビニエンスストアは

置かない。

 

コンビニが悪い訳ではなく

コンビニってそういうものだし

しょうがないのです。

 

出版社も編集者も

利潤の追求が一番の課題だし

これに文句を言っても

仕方ない。

 

でも、あてもないまま、

小説はずっと書いてきました。

 

小説を書くことは

僕にとっての贅沢です。

 

神様にお祈りをすることも

物理学の研究で

何度も失敗しながら

新しい素粒子の存在を証明

しようとすることも

結局は、自分自身の贅沢に

過ぎないと思います。

 

人は神様にお祈りをしなくとも

生きていけるし

素粒子の存在なぞ

確認しなくても問題なく

楽しく暮らせる。

 

日々の生活の中で

優先すべきものは

いかに美味しいご飯を

食べられるかとか

子供をいい

学校に入れられるかとか

スマホの料金を安く

抑えるが可能か、

 

または如何に怠けて

効率よくいい思いをするか

でしょう。

 

昔の僕ならゲス、世俗と

蔑視しましたが

今は歳のせいか

丸くなりました。

 

そういうことの方が

神様へのお祈りや

素粒子の存在より

そうです、大事です。

 

でもスマホの料金を

裏技まで用いて究極に抑え

浮いたお金で出来る贅沢の質と

神様や素粒子のことに時間を

費やしてまかなえる贅沢の質は

少しばかり異なります。

 

 

この前、

少し古い「ニュートン」を

読んでいたら、

宇宙空間で

マイクロ波という波長

1~10cmの電波を

利用して

電力を無線で送る実験に

宇宙航空研究開発機構が

成功したらしい。

 

電気を無線で供給って

あり得る?

 

実際にその技術が

一般に採用出来るまでには

長い時間が必要なのでしょうけど

研究者達は、

問題を1つ1つクリアして

いく度に、

僕らが知る由もない

贅沢な気持ちを享受なさって

おられるのでしょう。

 

遠くない未来、皆さんの

役に立つ研究ですからと

取材を受ければ研究者達は

口を揃えるのでしょうが、

 

否、貴方達は、

自分の贅沢の為に

それをやっているだけでしょうよ。

 

スマホの料金が

今月は半額になったとガッツポーズを

とる人と大差はないですよ――

 

言いたくなってしまいます。

 

心が穢いのかなぁ……。

 

でも述べたよう、

大差はないのですが

その贅沢の質は、少しだけ

異なるのです。

 

文章を紡ぐことに

僕は手間を惜しみません。

納得出来るまで書き直しますし

それでダメならボツにします。

 

もう充分にキャリアが

あるので

誤魔化すのは簡単ですが

それをしないのは

勤勉、真摯だからではなく、

 

文章を綴る贅沢さを

ありったけ享受したい

強欲さが故です。

 

品性とは

結局、

その人がどんな贅沢を

優先しているのか

ということで

計れるのやもしれませんね。

 

お洋服は試着しまくる

小説は一言一句、整うまで

校正しまくる

くら寿司では、たらマヨを頼む。

 

自分自身の贅沢なので

これに掛かる

労力が膨大だとしても

誰に文句を言うこともやれません。

 

ええ、くら寿司では

たらマヨですよ。

 

大体、

玉子、ツナサラ、たらマヨ、かにみそ

でおしまいです。

5皿食べることも偶にしますが

6皿は無理だなぁ。

 

なので520円ですみます。

 

節約して520円にしてるのでは

ないからね!

 

この4皿で丁度、僕の食欲は

贅沢のマックスになるのですからね。

 

さて明日から、約一週間、

京都を離れるから、

最後の荷物整理だ。

 

キャリーケース、パンパンなのに

IKEAのアロマキャンドルの

ガラス瓶を3つ、無理矢理に入れる。

 

キャンドルは、大事ですもの。

一応、大きさと値段を考慮し

旅行用にはこれと、

せこく計算をしてあります。

 

嶽本野ばら 2024.05.21