2020年の後半は

まるで修行のような

千本ノックのような

執筆をやり続け

今年中に脱稿するつもりが

まだ60枚残っておるので

大晦日も元旦もなく

資料と格闘しながら

これを書いたらまた

原稿に戻ります。

 

2021年の夏までには

出版出来たら良いなぁ

と思いますが

脱稿していない状態で

そんな悠長なことは

いっておれません。

 

各々が大変な一年だった

と思いますが

僕にとっては

世間から離れ

象牙の塔にこもり

只、好きな対象を調べ

それをディスプレイするように

文章化していくに

専念出来た充実の年でした。

 

演劇、音楽、様々な

表現を持つ人達が

活路を

見出そうとする中

作家はそもそもが

ソーシャルディスタンス

遠隔操作ですので

何の問題もなく、

申し訳ないと思いつつ。

 

でもそうやって

発表するのは

ソーシャルディスタンスなぞ

お構いなし

人の心の奥底に

土足で上がり込み

柔らかな部分を

踏みつけ、蹴りつけ

制圧してしまうもので

あらねばならず、

遠隔といいながらも

貴方を抱き締め

(或いは縋り付き)

腰の骨すら折ってしまう

暴力的なものですから

僕は貴方にとって

一番遠くにいながら

一番傍にいるもので

ありたいと願うのです。

 

貴方の人生を

台無しにすると

かつて約束をしましたね。

貴方は忘れてしまった

かもしれませんが

僕はその誓いを

未だ遂行し続けます。

貴方がもっと狂い

僕のものなのか

貴方のものなのか

この世界に

貴方と僕しかいない

と確信するようになるまで

僕は貴方に書き続けます。

 

しばらくまた

なりを潜めますので

少し早いですが

2021年

A HAPPY NEW YEAR

 

あとまだ60枚

でも60枚書いてしまえば

この甘美の忙殺が消えるを

思うと引き延ばしたい

メランコリーに駆られます。

 

 

引き延ばせば

貴方に読まれるのが

先に、先に送られてしまう。

だから書きます。

 

いつも冬になると

シューベルトの歌曲を

毎日聴いてしまいます。

今も聴いています。

F.ディースカウ 

ザ・ベストオブシューベルト

 

多分、レコードの時、

これは最後に入っている

セレナーデがA面の最初に

きていたと思うので

iTuneで入れ替えています。

 

春になると聴かなくなります。

 

堅苦しい歌唱だと悪口を

いう人もいますが

僕は彼のバリトンでの

シューベルトが

一番しっくりときます。

最初に聴いたのが

彼の録音だったからでしょう。

 

2020.12.31

T.Nova et

心を壊し

入院するのを余儀なくされた

友人から退院の知らせを受ける。

 

自分の場合は緊急的なものだったけれど

生涯、あすこで暮らさねばならない

人というのも、沢山いてね、

僕のようなものが入院しているのが

申し訳ない気すらしたよ

と、少し照れ臭そうな声で語る。

 

君にも心配をかけた訳だが——

毎日、規則正しい生活で

スポーツやら園芸やらさせられる。

無論、インターネットなどはやれない。

 

 

様子を報告した後、

付け足しのように、

 

「君の本があったんだ。

暇つぶしに読む

3段のカラーボックスに収まる量

しかないから沢山ではないし、

童話だったり芥川だったり目新しいものは

ありはしなかったが、

君のが一冊、置いてあった——

まだ入院中の誰かのものなのか

退院した者が残していったものか

解らないけれど、

君の本を

わざわざ医者が置くとは思えない」

 

と、教えてくれる。

 

京都はそこそこに大きくとも

所詮は地方都市なので

CDショップも書店も規模が

限られています。

ですから僕の本などもう

文庫本すらなかったりします。

それを確かめる時、

もう自分は

過去の作家だと

淋しくなるのですが、

彼の話を聞いて

その想いは消し飛びました。

 

『ミシン』があったのだという。

 

別にマイノリティを気取るつもりはないですが

(出来れば一般受けしたい)

健康な人に医者はいらないと、

聖書にも、あります。

 

役に立つものを書けている

自信などありませんが、

そこにあるのは、

ノーベル文学賞より価値を持つだろう。

 

壊れてしまった心に

気休めでも塗って貰えるならば

アロエ軟膏

それで治せるものなぞ限られていますが

銃で撃たれた身体の穴に

塗ったところで何の解決にも

なりゃしないですが、

ええ、僕はブラックジャックのような

優れた外科医でなくていい

町のヤブ医者であることに誇りを持てます。

 

言葉を大事に扱いたいです。

扱っているつもりです。

差し障りのない言葉で済ませる方が

大勢の人に了承されるのでしょうが、

この怪我はここじゃ治せません

大きな病院に行きなさいといえず

銃で撃たれた人が飛び込んできても

これは万能ですと

名医の貫禄を見繕い

僕はアロエ軟膏を塗ります。

 

アロエ軟膏しか用意がなく、

塗らないよりかは

マシだと思うからです。

 

大量に印刷されたものかも

しれないですが

読まれる時は一対一だ。

文章は、演説ではないから

一人にしか語りかけないし

どんな有能な読み手も二つの文章を

同時に読むことはやれない。

 

アロエ軟膏で治らなくても

大丈夫ですよとその人の手を握る。

時に、治りますよと嘘をいう。

そうすると、本当に治る場合もあって、

あいつはヤブ医者だが

たまに治ることもあるようだと

稼業を続けさせて貰える。

 

かつては僕だって

穴の開いた身体に

アロエ軟膏を塗られたのだ。

そして救命され、生きている。

 

あの時、大病院に運ばれていたら

違う人生になっただろうが

僕は

これはこれでいいのだと思っています。

 

 

2020.11.17

 

 

 

怠けている訳ではありません。

来年刊行予定の書き下ろしを書いていて

一本書きながら次の稿の下調べをしながら

その次の原稿の資料を探すという

自転車操業?みたいな毎日が

続いているのです。

 

今は長距離移動の電車の中なので

こうして書いています。

 

もうキティちゃんに興味はない

忘れた、別れた、未練ない

と思っていたのですが、つい

買いました。

 

巫女はマズいですよ!

 

 

こうやってズルズル

復縁してしまうんですかね?

だらしないです。

いや、これっきりです。

もう買いませんし誘っても振り向きません。

 

この前、連載ためにうさくみゃを

猫グッズと共に撮ろうと

思い部屋中探したら

猫なんてキティくらいで

後はクマばっかで

なんでここまでクマだらけ!

わー、こいつもクマだったと

驚き、キティは権利関係面倒だし

出せず、世の中の人は

もっと猫率が高い筈だと

自分のクマさ加減に辟易しました。

 

https://blog.bun-ca.com/novel/4035.html

 

くまくみゃまでおりますしね

訳が解りません。

 

でもね、巫女姿のクマさんなんて

いたとしてもよろめかないし

もし泥酔状態であれ

過ちおかすことはないと

思うのですね。

 

 

おお、これは帝国ホテルでの

ベイビー本部

お茶会の時の写真だ。

こわいよ、着ぐるみくみゃ!

 

中に入っていたのは

礒部さんとフミさんだったんですよ。

って嘘、です。

二人共、そんな小さくなかった。

 

ということでまたねー!

 

T.Nova et 2020.10.25

 

 

『ミシン』は今年の秋で20歳(2000年発売)

500冊だけ増刷かかってます。

いつから最新増刷分が流通するかは

電車の中なので解りません( ;  ; )