あれ?

『パッチワーク』が

2002年12月で

『下妻物語』が

2002年の10月だから

6と7は

入れ替えか?

 

この時期は

非常に忙しく

自分で

把握出来ていないので

各自、

入れ替えて下さい。

 

しかし小説として

『下妻物語』の次に

出たのは

『デウスの棄て児』

のようで

これは

天草四郎の物語です。

 

 

僕は

日本史が不得手なので

自分で書くつもりはなく

天草四郎が主人公の

物語があれば読みたい

 

『魔界転生』の

ようなのじゃなく

ちゃんと

島原の乱を描いた小説を

誰か描くべきだ

と編集者に

提案したのですが、

誰にも話を持っていって

くれなかったので

業を煮やし

書いて

みたのでした。

 

 

しかし資料が揃わない。

 

島原の乱は

隠れ切支丹の

蜂起であると同時に

農民一揆でもある。

 

そして

幕府によって

制圧されますから

ちゃんとした記録が

遺されていないのです。

 

現存するのは

幕府サイドの

文書ばかり。

 

 

原城で

四郎達がどのように

籠城し

戦っていたのかを

反乱者側から

記したものは殆どない。

 

蜂起軍は

殆ど文盲ということも

大きな理由です。

 

唯一、まとまったものは

山田右衛門

という四郎と共に

籠城した絵師の文書。

ですが

手掛かりとするには

粗末過ぎました。

 

ですから

現地調査しかない!

長崎に飛んだのでした。

 

困った時の

現場百遍——。

 

実際、原城跡にいき

付近から徐々に街を歩く。

すると、

本では手に入らない資料が

見付かります。

 

図書館の

郷土史のコーナーに

ある素人学者の論文、

または

当時の言い伝えに関する

ものを趣味で集め

無料で一般に

展示開放して

おられる老人の自宅の蔵。

 

大抵は

どうでもいいものばかり

ですが、

当時、この付近で

使われていた

農具などを閲覧するだけで

疑問だった点と点の間の

線が微かに

つながっていきます。

 

でもって

不明な箇所は

フィクションであると居直り、

誇張、改竄、

描くことがやれました。

 

 

 

 

物証が少ないのを逆手に

幼少期、神父に犯され、

神への憎しみを激らせ

異能の力を持つようになった

美しき少年——

と、四郎を設定しました。

 

時代小説のフリをした

四郎と山田右衛門との

ヤオイ小説に

したかったので、

森茉莉並み、

変なルビも多用しました。

 

天草四郎のイメージって

やはり、首に

ラフカラーを巻いた美少年。

美少年は男色に

そまらなくてはならない。

 

『ツインズ』の時に

相手を殺さない——

どうあろうと、殺さなかった——

作品を仕上げ、

もう、人が死ぬものなんて

絶対に書かない! 

 

決めた筈でしたのに

ここにきて舌の根も乾かず、

3万7千人殉教……という

死人を出したのには

自分で相当に呆れましたが、

この数字は史実に従っただけなので

僕のせいではありません。

 

(多分、続く)

 

 

 

\2022年のあなたの運勢/

 

2022年おみくじ結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恐らく言葉は、

90%嘘や誤魔化しを

する為のものなのですが

10%ほどは、

本当のことを

伝える為に機能します。

 

僕はどれだけ、

君に本当のことが

言えたのかな。

 

30年くらい文章を

毎日、書いてきたから

3年分くらいは、

本当のことを記せたと

思います。

 

なかなか

本当のことだけを

書けないのだけれど、

僕は文章を書くことを

してきて、

とても良かったです。

 

君が読んで

くれるのかは知れず

読んだとして、

気に障ることになる

かもしれないのだけれども、

少なくとも、僕は、

君に向かって書くことが

出来る。

 

書かなければ、

君に出逢うことが

やれなかっただろうし、

君も僕という存在を

知りはしなかったでしょう。

 

ねぇ、

昔の少女漫画ではさ、

面識がないにも拘らず

憧れの人の下駄箱に

恋文を

そっと入れたりするではないですか。

 

貴方は私のことなぞ

ご存知ないでしょうが

ずっとお慕い申しておりました——

 

困惑など

お構いなしに

書かずにはいられなかった手紙。

 

これが

ピアノが出来るからと

その人を想って演奏した曲の

CD-Rだったり

美術が得意だからと

その人を描いたスケッチだったり

では、本当に只の迷惑だ。

 

恋文の

内容なんて嘘ばかり。

 

貴方のことを想いながら

毎日、涙を零しています——

 

たまに泣くことはあるけれど、

毎日は泣いていない。

 

大袈裟、誇張、虚偽、フィクション……

 

だけど、全く脈もないのに

下駄箱に手紙を入れてしまうくらいに

好きだということだけは

紛れもない真実で……。

 

ねぇ、

神様の言葉や、聖書の中の文言も

きっと同じなんだと

僕は思うんだ。

 

10回くらい隣人を愛そうと

試みれば

1回くらいは愛せてしまうし、

邪心を持った祈りですら、

10度唱えれば、

1度は真摯なものになっている

気がする。

 

そういう効率の悪い作業の中で

溜まってきた

揺り板で

砂金を採取する

みたいにして見付けてきた

言葉だけを編んで、

ブーケのようにして

何時の日かのクリスマス

君に渡せればいいね。

 

今年はこれがせいぜいです。

 

Merry Christmas for you.

 

ずっとお慕いしています——。

 

嶽本野ばら 2022.12.24

 

シャーリーさんの2階で撮ったお写真です

前回の続き

 

次に

『下妻物語』を出しました。

 

書き下ろしとしては

『ツインズ』の後だったので

楽しい物語が描きたかったのです。

 

珍しくこの作品は

タイトルを先に思いつきました。

 

「ヤンキーちゃんとロリータちゃん」

 

レオ・レオーニの有名な絵本に

『あおくんときいろちゃん』

というのがあります。

 

 

 

それを模してのタイトル。

 

しかし、タイトルが長い

と編集者にいわれ

サブタイトルに降格、

タイトルは『下妻物語』と

なりました。

僕は、

「ヤンキーちゃんとロリータちゃん」

以上にいいタイトルはないと

思い込んでいましたので

スゴくテキトーにしか案を出せず

最終的に

ヤケクソで出した、

下妻が舞台の物語なので、

下妻物語――

が、採用となりました。

 

世の中は不思議です。

 

 

一番、著作の中で

知られているものなので

制作秘話とかは

語らずにおきますが

これを原作にした映画は

今でも

世界中で観られているようです。

 

2004年の公開ですから

もう20年近く経つのに

とても不思議です。

 

何故、古びず

観て貰えるのだろう?

 

恐らく

原作の僕、

監督の中島哲也さん

主役の深田恭子さん、

土屋アンナさん達以上に

BABY,THE STARS SHINE BRIGHTの

お洋服が出てくることが重要、

BABYのお洋服が

主役だからではないでしょうか?

 

 

 

 

僕は作品が

映画や舞台になる時は

あくまで原作なので

好きに使ってくれていいと覚悟を

決めます。

 

これの前に映画化された

『世界の終わりという名の雑貨店』では

Vivienne Westwoodのお洋服を使う

という注文以外は出しませんでしたし、

『下妻物語』も

BABYのお洋服を使うのなら

あとは口出ししないと言いました。

 

その頃、BABYは

ロリータの世界では

知られているものの、

一般の認知度は低かったので

通常なら、ブランド自体、

架空のものに設定され

映像的にもっとデフォルメ、

舞台衣装のような

ロリ服を美術班が製作する流れに

なったと推測します。

 

ですから、

結果として通した

BABYありき——という

自分のワガママは

英断と自負していいかな、と。

 

エンドロールで

特別協力として

BABY,THE STARS SHINE BRIGHT

のロゴが

何よりも大きく出てきた時、

本当に嬉しかったし。

 

この前、礒部さん達と久々に

逢って、ご飯を食べました。

お互い、出逢った頃に

比べれば老いたし、

状況も変わったのですが、

やっぱり、一緒にいると

楽しい。何も変わらない。

 

12月11日に開催された

BABYのショーも

フィナーレが余りに

ファンタスティックで

泣いちゃったし……。

 

好きなお洋服があることって

とっても幸せなことです。

 

ずっと好きでいさせてね、

BABY,THE STARS SHINE BRIGHT!!

 

(多分、続く)