リヒト便り 「小雪」号  | やましたひでこオフィシャルブログ「断捨離」Powered by Ameba

リヒト便り 「小雪」号 

11月21日 「小雪」

立冬から数えて15日目ごろ

冬の訪れを感じて、北からは雪の降り始めの
便りが届く頃のようです。

ごきげんさまです。


今回のリヒト通信は、
断捨離®トップトレーナー檀葉子が担当します。

2020年の11月9日にスタートしたここ「リヒト」
1年が過ぎました。

私は、昨年のスタートからここへ来て
行ったり来たりの生活を始めました。

リヒトにいる時は、
毎朝、朝陽を見るのが楽しみで目が覚める。

 

朝散歩をして、朝の温泉に入る。

そして、好きな時間にゆっくり食事をする。

そのあと、ホテルの広い空間を断捨離したり、
掃除をしたりとカラダを使う。
(広いので、毎日1万歩以上、軽く歩きます。)


あとは、お風呂に浸かって、少しのアルコールを
いただき、寝るだけ。


悩んだり、思う患うことがなにもない。
日常であんなに何を考え、何を忙しくしていたのだろう。

リヒトでは、目の前にあることだけを見て、動いているだけ。

ふと、ヒトって、それでいいのかもしれないと
思えてくるのです。


これが、人間らしい暮らし方かもしれないと思うのです。
こんな、ありがたい時間をいただいています。


昨年の冬は、やましたひでこが薪ストーブを焚いて、この上に空豆のせて焼いて
いただきました。

 

春前から、菜の花のお浸し、
地産のオクラは生で食べるものと知りました。


ウグイスの鳴き声が、幼くて、まだぎこちないと
わかるほどに聞きました。

6月は、この敷地内は、大きな紫陽花がいっぱい咲き、
夏前は、梅の実をちぎって、梅シロップを作り、
秋は、ベイヒルズ敷地内の畑でお芋掘りを体験しました。

 





 

去る11/7 さそり座新月の翌々日は、
奇しくも指宿港に花火が上がり、
そして、その翌日は錦江湾に大きな虹がかかる。


このタイミングは。


これらは、どこからのサプライズ。

 




そして、この1年、たくさんのダンシャリアンに


「お帰りなさい」
「行ってらっしゃい」


を言ってきました。

やましたひでこ&おのころ心平 著
「大切なことはすべて日常にある」から
まさに、ここはその場である思えます。
<P216 90章>

空を仰ぎ大地を耕す、星を頼りに海に漕ぎ出す、
陽の光とともに目覚め、月明りとともに休む、
それが、未来の人々の生活の姿。


空からの恵を受けた土地の作物を糧にする。

 

天のエネギーを身体にいっぱいに吸い込み、
そのエナギーを足元の土に吹きかける。

 

それが、本来の人々の命の営み、宇宙のメッセージを受けとめて地球に伝え、
地球の息吹に包まれながら、遠く宇宙に思いを馳せる。

 

そう、私たち人間とは、宇宙と地球遠繋ぐ存在なのです。
            

ーやましたひでこ



時節は
『小雪』

また、薪ストーブを焚く季節になりました。
今年は、薪ストーブを焚いたら、お芋が載せられるはず。
気持ちもほっくりいきましょうか。?

2022年新年1月6日は、リヒトの初釜会。

どなたでもご参加できます。

 

やましたひでこのおもてなし空間で、
お待ちしています。

 

お帰りなさい。
 

 

▼どうぞ、あなたも笑顔のクリックを!

 

 

 

有り難うございます。

 

あなたにとって、
わたしにとって、
最善最良最高の道が
用意されますことを。

 

やましたひでこ

 

 

◆断捨離®︎やましたひでこHP

 

やましたひでこ公式サイト

 

 

◆やましたひでこプロデュース リトリート

 

 

 

 

 

◆やましたひでこ断捨離®︎塾

 

やましたひでこ断捨離塾

 

 

◆やましたひでこ断捨離®︎YouTube公式チャンネル

 


 

『断捨離®︎』は、やましたひでこ個人の登録商標です。