断捨離®︎という贅沢 食器棚 | やましたひでこオフィシャルブログ「断捨離」Powered by Ameba

断捨離®︎という贅沢 食器棚

断捨離®︎という贅沢

 

 

image

 

 

食器棚

 

 

食器棚の役目を、器をしまう空間だと思っていけない。

 

もしも、そう思っているとしたら、それは余りも残念。

 

食器棚とは真っさらなキャンバス。しかも立体のそれ。

 

だから、当然のことながら、そこに描き込むのは私のお気に入りの器たち。

 

ならば、それを、私はできる限り美しい絵に仕上げたいと。

 

 

 

食器棚の役目を、器を積み置く場だとみなしていけない。

 

もしも、そうしているとしたら、それは余りにも勿体ない。

 

食器棚とは、お気に入りの器たちが、次の出番に備えてしばしの休息をとるところ。

 

押し込められたままで出番が無いなんて、それではあまりに可哀想。

 

だから、私は器たちをできる限りゆったりと寛がせてあげたいと。

 

 

 

食器棚とは、その家の主人にとって、大切な一枚の絵そのもの。

 

ダイニングという空間に掲げた一枚の大きな大きな絵。

 

だからこそ、器を詰め込み過ぎることのないように。

 

それは、塗り固めた絵の具の跡が、けして美しくはないのと同じこと。

 

そう、詰め込みは、器も食器棚もダイニングをも澱ませ、すべてを台無しにしてしまうから。

 

 

 

食器棚は、器たちにとって、舞台であり楽屋。

 

ガラスの扉を通して、自身の美しい姿を誇らしげに見せる器たち。

 

それは、楽屋にあっても品位を失わない名女優のよう。

 

だからこそ、大切な器を大部屋の楽屋ごとくに押し込めることのないように。

 

それは、息苦しい満員電車の有様と同じ。

 

そう、押し込めるのは、優美な器の輝きを失わせてしまうから。

 

 

 

さあ、あなたの住まいを食器棚という美しい絵で飾ろうか。

 

それは、きっと、あなたにゆとりの時間をもたらしてくれるはずだから。

 

 

やましたひでこ

 

 

 

 

 

 

さあ、自縛をといて2020年に飛び出そう!

 

 

お申し込みはこちら!

http://www.yamashitahideko.com/sp/FES2019/EV2.php

 

 

 

 

やましたひでこ公式サイト

 

 

jukubanner2


 

『断捨離』は、やましたひでこ個人の登録商標です。勝手な商業利用は固くお断わりいたします。