グレードアップの提案 | 北林ちかこのブログ

北林ちかこのブログ

並木道を優しい風が通り抜けるように、自然体で生きたい


テーマ:

おはようございます。

 

比較的穏やかなお正月…でしたが、

三が日が明けた瞬間、こうなりました。

 

ドカンと降るのは、この冬2回目。

 

早朝から、ブルドーザーも出動しました。

 

この日、娘が関東に戻ることになっていたので、

私たちも、カーポート前をせっせと除雪。

 

私の車は小さいので、

ある程度積もると、雪の山を乗り越えられません。

 

9時半の新幹線に間に合うように、

駅に送らないと!

 

朝からいい運動になりました。

 

雪には強い北陸新幹線、

ダイヤには、なんの乱れもなく、

1週間の帰省を満喫して、娘は帰っていきました。

 

新しいコート、買わされたけど…まったり

 

「お母さん、私、着る物がなくて…」

 

セミナーでよく聞くセリフが

娘の口からも出ました。

 

え~~~?

 

秋に見た時、

貴女のクローゼットは、

パンパンだったけど?

 

セーター類もたくさん持ってるから、

次々に着て放置して、

洗濯かごから溢れていたよね?

 

「試験の前に、いっぱい断捨離して、

本当に着る物がないの。」

 

え、そうなの?

 

これまでもそうでしたが、

娘はなにか転機があると、

大断捨離をします。

 

それも見ている私が、

ハラハラするほど、潔く豪快に。

 

どうやら今回も、心境の変化があったようです。

 

そこで、ワタクシの提案。

 

『選ぶ服のグレードを少しあげてみようか。』

 

 

私と違って、服が大好きな娘。

 

中高生の頃から、

自分のテイストに主張がありました。

 

ですが、注意を払うのは、

デザインや色や値段ばかりで、

素材や縫製や質には無頓着。

 

何度か洗濯しただけで、

色落ちしたり、

びろ~~んと伸びてしまう服もありました。

 

そして、飽きるのも速かった…。

 

20歳も過ぎたことですし、

もうその場しのぎ的な服の選び方は、

そろそろ卒業かなと。

 

厳選を導入してみましょう。

 

 

10,000円のお年玉があったら、

セール品のセーターを3枚買うのではなく、

自分の今の感性にピタッとくる1枚を

納得いくまで探してみる、

…そんな買い物の仕方。

 

そして、よく選んで買った品は、

丁寧にケアして、大切に着る。

 

所有する枚数が多ければ、

管理は行き届きませんが、

少なければ、

1枚1枚に手をかけられます。

 

さてさて、お年玉を握りしめて帰った彼女、

どうするかしら…。

 

ブログランキングに参加しています。

↓バナーをクリックして応援していただけたら、

とても嬉しいです。いつもありがとう(^^♪


にほんブログ村