~神戸から花を通じて様々な思いをつたえていきたい~

~神戸から花を通じて様々な思いをつたえていきたい~

flower desing dann faire 主宰 Karenのブログ
思わず友達を招きたくなる作品が出来上がると好評!!
神戸・淡路島・京都・芦屋でレッスン開催中
”花に癒される”を実感できるイベント企画もいっぱい


ハッピーフラワーをお届けするカレンです。

昨日、仲良しの友人とすれ違った時に、
友だち『明日は家にこもってね
子供の夏休みの宿題にね
綿棒を使った図形作ろうと思ってんねん。
なんて言うだっけ』
私『…神聖幾何学?』
友『そう!』
私『わー、私もちょうど作りたかったのよ。』
友『じゃあ、同じ時間帯に作らない?』

なんて軽ーい会話をしました。

今朝起きて
綿棒を出してきて
作り始めました。

案の定
下調べも予備知識も
ましてや、設計図もないまま

綿棒で遊ぶ感じ

新聞紙の上でやると
形を作っても
剥がす時に、同時に崩れたり

どこかに力が加わると
形が直ぐに変形

綿棒も思うようにひっつかず
形にならず

イライラ!

だけど
とりあえず、同じ形を
黙々と作ることに集中していると

ある瞬間
閃きが!

あれ?
こうしてみる?
と思うと

ピタッと
四角錐の重なりが
出来上がり

えっー
ちょうとひねりを加えてみよう

えっー
そういう事

すると

徐々に、綿棒の先の
ひっつき具合のタイミングも
つかめ

あれよ
あれよと


マカバの出来上がり


すごい
自分にかなりの驚き

それにしても
神聖幾何学を作成する過程は
気づきの連続
まるで
ギフトのようでした。


改めて、あー
たくさんの事を
受けとっている自分に
気づけたし
自分で在る事の再確認もできました。
それは
昨日までの苛立ちからの
解放でもありました。

他人から奪うことで
得ようとする
自分一人勝ちの
古ーい価値観は
もう要らない

私には
元々、そうやって計画しながら
生きる思考は
搭載OSが違うように
設定されていないようです。

きっと
この台風は
そんな
古ーい固定観念をも
満月とともに
浄化してくれるのかもしれません。

ふとした会話が
導いてくれた
貴重な体験に感謝しながら


これからは
心の余裕をもっと
大切にしていこうと思います。

最後に台風が接近している地域の皆さま
くれぐれも用心してください。

ハッピーフラワーをお届けするカレンです。


バッチのフラワーエッセンスの講義で
学んでいく中で
心に響くのは

人は魂を宿し、
知識と経験をするために
この世に生まれきて、
その魂と人格(現在すごしている自分)が
調和することによって
健康であり、幸せがもたらされる。
と言うバッチ哲学

ここ!
私がフラワーエッセンスを摂りながら、
学び、お伝えしたいと
思えるようになったのは!



人は、本当にあーだ、
こーだ思い、
言いますよ。
私もそうです。
言う その言葉ですが、
「言われたり」
「言ったり」もね含めると
他人へも、自分へも、
批判批評、ジャッジしてること
自分が思っているより
かなり多いんじゃないかなぁ
(ちょっと胸に手を当てて
静観してみるてはいかがでしょう)
心当たりが、、、

それ、進む時の
あしかせになり
魂とのズレを生じさせる

そして
悶々と、なんてね。

もっと
自分に正直に
正直になると
誰に言われでもなく
自分で気づける

自分が知っているんですよね。
自分がどう生きたいと思い
この世に魂に刻み
生まれてきたか。

どれだけ、クリアにできるか



フラワーエッセンスも
生命の樹も
自分自身を知るツール
自分の人生の流れ
そして、宇宙の流れに乗れるように

重い荷物を持っていたんじゃあ
この流れには
乗れないから

8月15日水瓶座満月
しっかりリリースしようと
夏休みの宿題のように
色々書き出しています。


この重い荷物の部分は
フラワーエッセンスは
タイミングよく
浮かび上がらせてくれます。
一年以上、
その前に一年くらい
自分でも摂ってきたから、
分かります。
その都度、気づきと変化を
自然にお越してくれています。

そー言えば!なんですが
この一年は
長岡先生のセッションを
受けながらだったので
そー言えば、、、を
しっかり言葉に
してもらいながらだったから、
確実に分かりながらでした。
(これは大きい!)

一年前と今
明らかな変化は
私の生命の樹の縦ラインの
レッドの活用
本当にこの一年はこのレッドを
目覚めさせるワークだったと
私は振り返ります。



そして今、
その事は、きっとこれから
役に立つと信じています。




ハッピーフラワーをお届けするカレンです。

 

私が、1年以上にわたり
フラワーエッセンスを学ばせていもらっている、
長岡ともこ先生が
生命の樹のセッションを受けてくださいました。

 

フラワーエッセンスを長岡先生から学ばせてもらってよかったと思うのは
フラワーエッセンスの創始者エドワード バッチについて造詣が深い事、
そしてその事をしっかり抑えながら講義をしてくださることです。

 

長岡先生からの感想です。

 


ご感想いただいた中で
占いではない。と言ってもらえて
そうなんです!と
思わずガッテンポーズ

 

セッションなので
受け取りかたは
お一人お一人にあった
生命の樹になります。


 人は魂を宿し、
 知識と経験をするためにこの世に生まれきて、
 その魂と
 人格(現在すごしている自分)が
 調和することによって健康であり
 幸せがもたらされる。
 バッチ哲学

 

フラワーエッセンスって
自ずとそうなるんですよね。
植物が光に向かって育ち、花開かせるように

 

そのように、まさに歩まれて来られ
また、これからも
更に、歩まれようと、、、
その事も感じていらっしゃって

 

リーディングさせていただきながら
驚きました。

 

 

セッションで
準備したお花も
御自宅で飾っていただきました。

 

 

それが
更に、輝きを増している
花のエネルギーだったので
お尋ねしたら

 

 

「お花をご自分の色!」と思いながら
愉しみながら飾ったそうです。

 

伝わるのですね。
ご自身と花が
共振共鳴し
一体化した姿
そのもののように感じました。

 

長岡ともこ先生
セッションをうけていただき、
またこのようなご感想をいただきまして
ありがとうございました。

 

生命の樹のカウンセリングセッションについては こちら⇒☆