まとめ

テーマ:

断食日程の21日間を終了しました。
結果、体重-9キロ、体脂肪率-5.2 内臓脂肪レベル-4減りました。

{2DC8A580-CE90-4F74-B892-7ED0A16FF04A}

{4559ADBB-A525-4679-B840-DA71D392E1FE}


10日間の断食中は体重が10キロ程減る一方、体脂肪率は上がって行きました。

10日間の回復食で体重が1~2キロ増えるのですが、体脂肪率ぐ~んと下がりました。

不思議で確認してみたところ、

家庭用体脂肪測定器は、電気を通しにくい脂肪を電気抵抗値で計ってる物ですが、

逆に水分量(血液や体内水分)は電気を通しやすい。

年齢や体重によって水分量は異なるため、年齢や身長、体重といった、

たくさんの統計的なデータと照らしあわせて体脂肪率を推定しているらしいのです。

ですので外部から(食事等)栄養分(脂肪)を採取している日常と比較し、

断食中は体内の異常事態なんでしょうね。統計的なデータとの相互関係より誤差が大きい。

外部からではなく、体内の余分な脂肪をエネルギーに代えて、血液で運んでいるので、

血液中の脂肪の濃度が通常と違うのでしょうか。。。よくわかりませんが(笑)

兎に角、回復食に入り、日常に戻りつつある中で、測定した体脂肪率が下がってるって事は、

統計的なデータと照らし合わせて、比較的誤差が少なくなっている中での数値って事です。

なのでこの様なグラフになるのだと思います。

 

 内臓脂肪レベルも18から15に減りましたし、ウェストも10cm減りました。

当然でしょ。摂取カロリーが日常より少ないんですから(笑)


問題はこれからですが、食べたい物を我慢するのは続きません。暴飲暴食しない程度に好きな物を食べたとしても、次の食事はカロリーの少ない物にするとか、どうしても摂取カロリーのバランスは考えないと行けませんね。


断食日程を終了しての感想は、

2~3日目が1番空腹感がありました。

その後は後1ヶ月でも行けそうな勢いで、特に空腹感はありませんでしたが、体力はやはり落ちます。階段を10段上がるだけでかなりきつかった。

やはり食べないと力が出ないとは本当ですね。

食べ物の力は恐るべしです。食べ物を粗末にしてはいけません。

断食明けの味噌汁が1番美味しかったです。


以上をもちまして、断食日程21日間を終了します。

ありがとうございました。