DDDが1歳になりました☆

テーマ:

 

既に10日も経つんだけど、9月7日にDDDが1歳のバースデーを迎えました!

日本語版のブログを開始したのは今年の1月だからちょっとズレてる感じもするね。

 

 

と、いうことで。

 

今日は Dancer Don't Diet がどのようにして生まれたのかをシェアしようかな。

ダンス関係の仕事をしたいっていう人向き。

 

 

私の仕事は

①ダンサー専門の管理栄養士としてダンサーの健康を中からサポートする

②ダンサーのためのピラティス&コンディショニング・インストラクターとして、身体のメンテナンスをサポートする

 

この2つ。

 

日本語だと二足のワラジっていうのね。

 

何でこの2つなのかっていうと、

①ダンサーにとって食事をとるっていうことは体が動けるようにケアしてあげるっていうとても大事なものだから

②コンディショニングを通して自分の体を研究することで、一つのアイディアにとらわれないフレキシブルなダンサーになれるから

 

私自身プロを目指したこともなければ、フルタイムのダンススクールで育ったわけでもない。

(今働いているところはそういうところだけど)

 

ただ、学校・スタジオ・仕事を通して、すごく色々みてきた。

摂食障害も色々な形で顔を出してきて、しかもダンサーも教師も最初は全く気付かなくて、恐ろしいなって思った。

 

常に「カラダ」には興味あったし、昔から料理も好きだったんだけど、

 

ある時から「何でダンスの世界ではこんなにも食べることが悪い・危ないことみたいに扱われてるんだろう。ケガをしないためのフィジカルな予防はするのに、何でカラダの中身は誰も見ないようにするんだろう」

 

って不思議で仕方なくなったの。

 

そこで、ダンス・フィジオやオーストラリアンバレエの栄養士に話を聞きにいったり、色々見せてもらったりする内に「ダンサーの食事も、リハビリやレッスンと同じように大事なもので、ダンサー自身が知識を増やしたら本人の身体もキャリアも将来もすごく守れる!」

って気づいたの。

 

そして大学を卒業して、ダンサー専門の栄養士としての仕事を増やしていって、前からやっていたコンディショニングのクラスももっとダンサー自身の学ぶ場にしてういけるように、ってクラス案とかも考え直したんだ。

 

ダンサーが現役で踊っていられる期間は昔よりも長くはなったけど、やっぱり他の仕事(オフィス関係とかね)に比べたらすごく短いよね。

そして一番難しいのは踊り終わった後の人生。

引退したら何をしたらいいか分からない・・・っていう人が多い。

 

ダンスが大好きで、引退後もダンス関係の仕事を望んでいるならば・・・

もしくは青春時代をバレエに捧げてきたけどプロになれなかった場合・・・

「他のことをしていればよかった」って悔やむよりも、

「踊ってきたからこそ、他の人にはないものを自分はもっている」

っていう自信につながってほしいな、と思うの。

 

だから、私はダンサーにも生徒にも、常に新しい学びがあるようにしたいの。

それは、身体的な発見であったり、知識的なものであったり様々なんだけど。

 

そうやって色々な「発見」をしていく中で、絶対に「自分にしかわからないこと」や「自分にしかできないこと」が見つかるから。

視野を広げるってそういうことだと思う。

 

 

ということで、DDDもその学びの場の1つであってほしい。

 

この1年はあっという間だったから、2年目はもうちょっとゆっくり進んでくれるといいな笑。

 

これからもDDDをよろしくお願いします!

 

Fumi x

 

 

答えは否。

 

曖昧なグレーゾーン無しの、絶対的なNO。

 

 

先日のDancers Life Supportとのビデオでも話題に上がった「スタジオでの体重測定」、普段から生徒・教師両方から聞かれることが多いから、はっきりさせておこうね。

 

体重を計らない方が、生徒もお教室も良い方向に進める、Win-Winのシチュエーションになるから。

 

 

 

まずは、体重を計ることで何が得られるんだろう?

 

体重が減ったか増えたかがわかるんだよね。

 

体重計と、それに乗っているもの(この場合人間ね)の間に存在する引力によって、○○キロっていう数字が表示されるから。

 

 

 

そしたら、体重計に記される数字、もしくはその数字が変ることで、生徒の良し悪しがわかる?

 

・・・そんなわけないよね。

 

 

子供でも大人でも、体重・体型についてコメントされればされるほど、無理なダイエットに走ります。

 

そのコメントに悪意があろうがなかろうが関係ありません。

 

そしてすっごく正直な話、スタジオで体重を計るっていうことは、大きい(もしくは体重が増えてきている)生徒を咎める・たしなめる目的があるよね?

 

(ダンサーが無理な減量をしないように、って体重を計っているスクール・バレエ団は残念ながら今まで一度も目にしたことがないからね)

 

「大きい・太い・重いダンサーを見つけて減量させよう」

っていう目的のもと、実施されているのがほとんど。

 

これ、どう思う?

言葉にして書くと、どれだけエゴイスティックな考えかがわかるよね。

 

こういう風な体重測定ってね、お教室にとってもマイナスなの。

 

なんでかというと、生徒が体重を気にしてダイエットに走った場合、とても高い確率でその生徒の月経は乱れるし、骨密度にも影響がいって骨折などのケガが増えます。

 

また、体重・体型をコントロールすることを目的としたダイエットというのは9割以上の割合でリバウンドを起こします。

 

これは、体の安全機能が働くから。

 

ダイエットを繰り返せば繰り返すほど、燃焼効率の悪い体になっていきます。

 

これもまた、体の安全機能が働くため。

 

そして、ダイエットを繰り返せば繰り返すほど、食生活の質が落ちます。

 

びっくり?

 

これは、ダイエット中に発信された「制限しよう」っていう意識と行動が、食欲を増加させるホルモンを増やして、ドカ食いや無茶食いを招くから。

もしくは、全く食べないという選択肢をとって、とても危ない拒食の道に入ってしまうから。

どっちの傾向に向くかっていうのは性分や遺伝子によって変わってくるのね。

 

 

スタジオで体重を計ることの利点、一つもないじゃない!

 

ね?

 

 

そしたら、体重を計るかわりに生徒のためになることって何があるだろう。

 

実際的な案としていくつか提案させてね。

 

1.生理について話す、またはインフォメーションシートを用意しておく。

 

ダンサーにとって生理っていうのは体調のバロメーターなの。

初潮前後は特に自分の体が大きく変わっていく意識が本人にもあって、ホルモンレベルの変化と合わさってとてもセンシティブな時期。

この時期に体重・体型が変ることを周りが受け止めてあげることで、本人の気持ちも生活習慣も安定するからね。

無理なダイエットの根底にあるものは、「自分の体は受け入れてもらえない」っていう思考。

だから、周りが受け止めるっていう姿勢は、それだけでダンサーの健康を守れるの。

 

(DLSのこの生理の記事も合わせて読んでね。)

 

2.生徒の体重・体型についてコメントしない。ゼロ!

 

「太ったんじゃない?」みたいなコメントはもちろん、「痩せたね、すごい!」という風なコメントも実は無理なダイエットを促すことになるの。

痩せたことを褒める=痩せる以前は褒めることがなかった、っていうメッセージを暗に出してるの。

 

せっかくスタジオにいるならもっと適格なフィードバックをあげて。

リハビリ用のエクササイズを毎日していて偉かったとか、前よりもルルベが高くなっているとか、ポールドブラの意識が良くなっているとか、アレグロの時はプリエを丁寧にしてとか、ターンアウトするのが難しそうだからちょっとフィジオに見てもらったら、とか、バレエ教師だからこそあげられるフィードバックってすごくいっぱいあるの。

 

体重・体型についてコメントしている時間は、バレエ教師にしか出来ないコメントをする時間を削っちゃってる。

もったいないよ!

 

3.ダンサーの体は一人一人違って当たり前、ということを常日頃から口にする

 

チワワとジャーマンシェパードの大きさは一緒?

違うよね。

犬の種類によって大きさも、色も、体型も違って、それは当たり前だってわかっていて認められているのに、人間とくにダンサーになると多様性を認めにくくなるのはなんでなんだろう。

どうして「ダンサー体系」っていうのはひとつしかないように言われるんだろう。

バレエの歴史をみていけばこれが奇妙なことに気づくよ。

(これについては昔ポッドキャストはしたんだけど、今度日本語に訳すね)

 

 

 

 

それでも「あの子はダンサーにしては太すぎる」

 

って思ったら・・・

 

それはね、

 

偏見です。

 

それはもう、自分の問題。

 

自分が「太っているダンサーは好きじゃない」と思うなら、

 

それは自分で処理しないといけない感情であって、生徒・ダンサーに押し付けていいものじゃないの。

 

 

 

バレエ教師は、ダンサーを育てるとても尊い仕事だと思う。

 

そんな素晴らしい職なんだもん、出来る限り生徒の未来を広げてあげたいじゃない?

 

スタジオで体重を計らないっていうことで生徒の健康をサポート出来るんだから、これはすごくポジティブだと思うのよ。

 

 

Fumi x

 

「痩せてる方がきれい」

 

「でも痩せすぎは嫌」

 

「食べても太らない体が欲しい」

 

 

ってね、耳にしたことある?

 

私あるよ。

 

結構頻繁に耳にするよ。

 

 

 

 

私がよく目にするシナリオなんだけどね、グループでご飯を食べに出て、そこで

 

「すごーい、(そんなに)食べても太らないんだね!」

 

っていう会話が出てくるの。

 

もしくは

 

「そんなに食べたら太るよ!」

 

って周りの大人が子供に言うの。

 

 

 

食べても太らないのがすごいの?

 

食べて太るのは駄目なの?悪いことなの?

 

食べないで痩せるのは不健康だっていう認識があるのに、どうして?

 

 

そもそも何で痩せてる・太ってるで対応が違ってくるの?

 

 

 

ダンサーの摂食障害予防でも書いたように、「体重・体型」と「自分」を切り離して考えることが最も有効な予防法なの。

 

でも普段から

「食べても太らないのがすごい」

とか

「食べて痩せるのが一番」

みたいなメッセージが蔓延してたら

 

そりゃー

 

自分の価値=自分の体重・体型

 

って考えるようになっちゃうでしょ!

 

芸術性だとかの中身は二の次になっちゃうでしょ。

 

 

ダンサーの摂食障害を予防出来れば、その人のダンス生命を何年も伸ばせるし、ケガだって大幅に少なくなる。

ダンサーを引退してからの人生も、沢山のオプションを用意できるようになる。

 

だからね、ダンサーの健康を大切に思うなら、自分や周りの言動に少し注意をはらってみてほしい。

 

どうやって言葉を選べばいいかわからない!っていう場合はメールでも何でもいいから、聞きにきて。

 

 

Fumi x