ダンサー・バレリーナの為の身体が変わるDance Kitchen blog
[金]
・ピラティス+コテンポラリー
19:00~21:00  

6.13.20日

[土]
・小学生の為のピラティスバレエ+バレエ基礎
11:00~13:00  
7、21日

・Jr.ピラティス+コンテンポラリ​​​ー
14:00~16:00  
7.14、21、28日

・ピラティスバレエ+バレエ中上級
17:00~19:30  
7、14、21、28日


[日]
・小学生の為のピラティスバレエ+バレエ基礎
10:00~12:00  
1、8、15、22日

・ピラティスバレエ+バレエ基礎 
12:15~14;00  
1、8、15、22日

プライベートレッスン・バレエコンディショニングのご予約についてはお気軽にお問い合わせください。火曜~金曜日の間で調整いたします。


《スペシャルWS》

7月25日~27日

森優貴カンパニー体験WS開催! 

詳細 https://dancekitchen.wixsite.com/yukimoriws2018


  • 12Oct
    • つま先強化!!進化版トレーニング!

      ずっと気になってた足指に挟む足指チューブトレーニング!セラバンドがあるので必要ないと思っていたのですが、使用している方からちょっとお借りしたのもあり、これは違うぞ!そしてそんな時、テレビで見ていた「きくち体操」(ご年配に人気です!)その方のひとつで、足指に手を挟み、手と足をぐっと握り合う。そしてグルグル足首をまわす。(またしても汚い足ですみません…)これはいいぞ!痛気持ちよく、回すと色々なところポキポキ鳴ってます。笑足指挟むのはやっていましたが、足指も力を入れてぐっと使うのは、私的には盲点。なるほど〜!です。中足骨もしっかり開き、足指のコントロールの訓練になり、足首回すことでほぐれていきます。チューブ前のストレッチにぴったり!そしてこのチューブ。これもぐっと指で挟まないと外れます。そして、つま先を伸ばす力のエネルギーの使い方が分かります!つま先を伸ばすのは、足先だけでない!というのが脚全体、足指から感じられるという!!セラバンドでは味わえないこの感覚!「ダンサーバレリーナの足指チューブトレーニングの使い方」1足を前に伸ばし骨盤を立てて座ります。背骨も伸ばしお腹も引き上げてください。2.片方は曲げても良いです。骨盤立てられない人は、タオルを丸めて坐骨下に入れてください。3. チューブを指に挟み、フレックスの時、膝裏をしっかり伸ばし、踵は遠くにチューブを引っ張ります!4 チューブを引っ張りながら、デュミ・ポワント。甲は上下に引き伸ばし、坐骨からハムストリングを意識して膝裏はのばし、膝上は上に引き上げ、土踏まずはぐっ上げて、指も最後まで力を入れる。5.戻るときも、踵は遠くに足首前は中に入れ込むように。6.仰向けでもやってみましょう!坐骨からハムストリングがセラバンドよりしっかり伸びます! プリエをいれながら、3.4.5を繰り返してください。パラレル、ターンアウトでも!7.時間があるときは、立ってみましょう!ルルヴェやタンジュでエネルギーの出し方を確認です!10.チューブなして確認!!力が出る!ルルヴェをしても、しっかり足指は全部使えて高いです!もともと甲が全くない私の脚。そんな私の脚でも、トレーニング次第で使える脚になります!またバレエのつま先を伸ばす時、指は伸ばして使いますが、足裏の土踏まずがしっかり使えてないと、踊れるつま先にならないので、足指をギュッとしても土踏まずをキープして、その土踏まずをキープのまま、足指を伸ばしてみましょう!また脚が強くなった分、同じくらい上半身を使うように意識しないと、脚ばかりで踊る事になります。踊りは、全身ですからね!しっかり上半身も使い踊りましょう。このトレーニングは、レッスン前におススメですよ!さてこの足指チューブ、アマゾンで見ると、たくさんの種類があります。どれが良いのな色々悩みました!高いのも必要ないかな〜と思いつつ、安くてもすぐ切れそう〜3個のボール付きは立っても使えるのね!ソフトとハードはある物にしよう!踊る人はハードでないと意味ないですからね。LuLuFoot は、ハードとソフトがあり、値段もまぁまぁということでこちらに決定!足指チューブ脚強化したい方は、取り入れみてくださいね!*ダンスキッチンプログラム*・小学生の為のピラティスバレエ+バレエ基礎・中高生の為のピラティスバレエ+バレエ基礎・ピラティスバレエ+バレエ中上級・ピラティス+コテンポラリー・Jr.の為のピラティス+コンテンポラリ​​​ー・バレエコンディショニング​・プライベートレッスン・コンクール等の振付*レッスン内容の詳細*https://www.dance-kitchen.com/lesson*ダンスキッチンについて*https://www.dance-kitchen.com/about*今月のスケジュール*https://www.dance-kitchen.com/newsDance KitchenHP・ レッスン・バレエコンディショニング・お問い合わせはこちらです。https://www.dance-kitchen.com/

      6
      テーマ:
  • 27Sep
    • 表現を磨く〜イメージをカタチにする力

      ある振付家と話をしていて、いい作品を創る振付家は、「イメージをシーンに演出する力」がすごいよね。と話をしていた。シーンに演出する力は、振付もしかり、構成・演出・音楽の使い方、セットや照明など、総合的になる。その根本は、振付家のイメージからはじまる。イメージがあっても、それをシーンに演出する力がなかったら、人の心は動かせない。もちろん作品を踊るダンサーに伝わらなければ、作品は、ただの動きになってしまう。だからこそ創るのは難しいなぁ〜と思うけれど、イメージをシーンに演出する力に拘って創らないと、作品として振付家としても成長もしていかないよね。人の心の旋律に響く作品を創りたいと思うから、まだまだふとダンサーはどうなんだろう?と考えてみると、ダンサーは、「イメージを身体を使ってカタチにする力」見えない物をイメージして、身体で表現する。これは自然と表現力にもつながる。実は、作品を踊るだけでなくて、普段のレッスンからできる事。先生の注意を、どうイメージして踊っているかです!タンジュの出し方、手の使い方、音楽の捉え方きっと先生はレッスン中に言っているはず!「どの様にタンジュをしてほしいか、どの様にアームスを使っているのか」見えない物をキャッチする!それをイメージしてレッスンをする。それだけで、人の言っている事を理解して、身体で踊る練習になります!簡単な様で難しいこと。だからこそ、そこでもイメージを膨らませて理解して、身体で踊らないとね。そして、「違う!」と言われたら、「良い!」と言うまでやれば良いこと。それは間違いでなく、今出来てないだけで、近づける努力をすれば良いだけよね!ダンサー・バレリーナは、表現者です。テクニックだけなく、足の使い方、手の出し方、表情、醸し出す雰囲気までもが表現。もちろん自分の感情も、自然と身体に表れますからね。さて、「見えない物キャッチする力」は、感性を磨く事に近いかなと思います。音楽を聴きに行ったり、美術館に行ったり、映画を観たり、オペラを観たり、本を読んだり、もちろんバレエやダンスもね。芸術に触れる環境を作る努力は必要かと思います。触れる中で、見えない物キャッチする力は養われてきます。心が揺さぶられる瞬間があったり、無かったり、涙したり、気づきが多かったり、ただその場にいることに幸せを感じたり、感動をする。感動の意味を調べてみると、、、  【物に深く感じて、心を動かすこと】そう「感じる力!」何をどう感じて、自分の心もたくさん震わせて、感じること。「目に見えることが全てではない」と分かっているからこそ、いかに自分が感じれる人になれるか。自分が感じれないと、人の感じも分からなかったりするし、人に感動を与えられないよね。見えない物をキャッチする力=感じる力感じたものをイメージして、イメージをカタチにする力は、表現を磨くこと=表現力になると思いますよ!*ダンスキッチンプログラム*・小学生の為のピラティスバレエ+バレエ基礎・中高生の為のピラティスバレエ+バレエ基礎・ピラティスバレエ+バレエ中上級・ピラティス+コテンポラリー・Jr.の為のピラティス+コンテンポラリ​​​ー・バレエコンディショニング​・プライベートレッスン・コンクール等の振付*レッスン内容の詳細*https://www.dance-kitchen.com/lesson*ダンスキッチンについて*https://www.dance-kitchen.com/about*今月のスケジュール*https://www.dance-kitchen.com/newsDance KitchenHP・ レッスン・バレエコンディショニング・お問い合わせはこちらです。https://www.dance-kitchen.com/

      11
      テーマ:
  • 22Sep
    • バレエコンクールのコンテンポラリー部門

      秋らしく冷んやりとした日が続いていますね。冬に向けて新たなスタートを切っている方も多いと思います。これからのバレリーナは、コンテンポラリーが踊れないとダメというのは、世の中の風潮として認識されていて、海外行きたいないなおさらのこと、必要とされていますよね。その中で、バレエコンクールのコンテンポラリー作品って、驚くほど様々で、ジュニアのダンサー、バレリーナちゃん達大丈夫?!と心配になってしまうほど。。日本では、見る機会も踊る機会も少ないからか、バレエのパを崩したもの、シューズで踊ればコンテンポラリーという感じです。また、創る人の経験不足からボキャブラリーが少なく、教えることもできず、仕方がないと思いますが、将来を担うバレリーナやダンサー、初めてのコンテンポラリーがどいうものを踊るかで、将来は左右されてしまうほど重要だと、私は思っています。8月に、きっと日本のバレエコンクールで一番出場者も多くレベルも高いコンテンポラリー部門に振付依頼があり作品を振付指導しました。本番当日は客席から観てきました。半分くらいは、バレエ部門と二つ出ているのかな?という感じ。ファイナルまでいくと、スカラーシップが取れるコンクールなので、技術的にしっかりとしていて、スタイルも良い子も多い。だけど、作品的には非常に幼いですよね。こんなも踊れる子なのに。。。もったいないなぁ。。出場者の少ないバレエコンクールのコンテンポラリー部門だと、作品関係なく本人の資質だけで、ある程度のテクニックがあれば賞は取れます。(実際に取ってましてが、この様な大きいコンクールになると何も取れないですよね・・)でも果たしてこれが良いことなのかな?バレエのパの羅列をバレエシューズで踊っているだけ、この子が大人になり、求められるものを踊れるかな?高校生になっても元気いっぱいで手をパーで踊るような作品は、どうなのかな?このコンクールで賞を取っているのは、やはり作品がしっかりしていましたね。お陰様で、私が振付をした生徒さんは、本人の努力の甲斐もあり入賞しました!おめでとうございます!求められる事が多い作品だったので、難しかったと思いますが、彼女が今後踊っていくときに大事なものは、作品を通して伝えられたと思います。いつまでもカタチを追うだけの作品のこなし方、練習をしていると、表面的なものだけで、ニュアンスや質感までを表現するには至らなくなってしまう。きっとバレエを教えている先生は、将来バレリーナになる必要な要素をたくさん指導しているからこそ、そこまでこだわって欲しいと思います。私自身、モダンダンスもバレエも、バレエベースのコンテンポラリーもやってきたから違いが分り、そういう人はあまりいないのでちょっと特殊かもしれません。本来ならどちらかに偏るのですが、素晴らしい師に恵まれたお陰ですよね。もうひと段階レベルアップしたいときには、自分の中でのボキャブラリーを増やして挑戦していくと、上手くなっていくと思います!また、コンクールでバレエもコンテでも賞を取りたい!お思いの方、お考え方は、振付指導いたします。地方への振付もやっています。まずは、お気軽にご相談してください。必要であれば所属先の先生ともお話をする事もいたします。お問い合わせまたは、メールアドレスdancekitchen.dk@gmail.com*ダンスキッチンプログラム*・小学生の為のピラティスバレエ+バレエ基礎・中高生の為のピラティスバレエ+バレエ基礎・ピラティスバレエ+バレエ中上級・ピラティス+コテンポラリー・Jr.の為のピラティス+コンテンポラリ​​​ー・バレエコンディショニング​・プライベートレッスン・コンクール等の振付*レッスン内容の詳細*https://www.dance-kitchen.com/lesson*ダンスキッチンについて*https://www.dance-kitchen.com/about*今月のスケジュール*https://www.dance-kitchen.com/newsDance KitchenHP・ レッスン・バレエコンディショニング・お問い合わせはこちらです。https://www.dance-kitchen.com/

      9
      テーマ:
  • 21Sep
    • 10月のスケジュール

      10月のスケジュール[金]・ピラティス+コテンポラリー19:00~21:00  5、12、19日[土]・小学生の為のピラティスバレエ+バレエ基礎11:00~13:00  13日・Jr.ピラティス+コンテンポラリ​​​ー14:00~16:00  6、13、20日・ピラティスバレエ+バレエ中上級17:00~19:30  6、13、20日[日]・小学生の為のピラティスバレエ+バレエ基礎10:00~12:00  7、14、21日 ピラティスバレエ+バレエ基礎 12:15〜14;00  7、14、21日10月23日〜11月2日までドイツに行っております。ご迷惑おかけしますが宜しくお願い致します。

      1
      テーマ:
  • 16Sep
    • 臨時レッスン!エンジェルR 大人バレエのコンテンポラリー基礎クラス

      大人の為のコンテンポラリー基礎クラス「クラシック音楽で踊るコンテンポラリー」9/11.18.25 火曜日17:20〜18:50 表参道の大人バレエのためのオープンスタジオ「エンジェルR https://www.angel-r.jp/」さんにて、臨時クラスの代講レッスンをする事になりました!エンジェルRさんは、朝から晩まで色々なバレエクラスをしている、オープンスタジオで、朝はプロやバレエ教師の方から、大人バレエの人達まで、いつも賑わっている人気のスタジオです。そこで、今回大人バレエの方向けへの、コンテンポラリー基礎クラスです。「クラシック音楽で踊るコンテンポラリー」コンテンポラリーを踊ってみたいけど、難しいのかな?やついていけるかな?など心配な方など、大人バレエの人達も多いので、入りやすい雰囲気になっています。大人バレエの方でゴシ興味ある方は、是非ご参加くださいませ!詳細はこちらまで!*ダンスキッチンプログラム*・小学生の為のピラティスバレエ+バレエ基礎・中高生の為のピラティスバレエ+バレエ基礎・ピラティスバレエ+バレエ中上級・ピラティス+コテンポラリー・Jr.の為のピラティス+コンテンポラリ​​​ー・バレエコンディショニング​・プライベートレッスン・コンクール等の振付*レッスン内容の詳細*https://www.dance-kitchen.com/lesson*ダンスキッチンについて*https://www.dance-kitchen.com/about*今月のスケジュール*https://www.dance-kitchen.com/newsDance KitchenHP・ レッスン・バレエコンディショニング・お問い合わせはこちらです。https://www.dance-kitchen.com/

      10
      テーマ:
  • 14Sep
    • 海外のカンパニー情報収集の仕方2

      海外のバレエ学校や、カンパニーは新シーズンが始まりましたね。海外オーディションのついてのお問い合わせも多いのですが、その中でいくつかピックアップします!以前海外の情報収集で書いた記事で、Tanzの雑誌出版社のサイトはこちらです。https://www.der-theaterverlag.de/tanz/tanz/私は劇場で手に入れたのですが、こちらのサイトからでも買えるみたいですね。オディーション情報ですが 海外のサイトを見るのが一番です。検索の仕方ですが、「audition ballet europe」「audition ballet company」などのキーワードで探すとたくさん出てきます。audition情報が載っているサイトhttps://www.danceeurope.net/auditions-jobs/http://au-di-tions.com/tag/ballet-audition-europe/http://balletcompanies.com/Countries/Auditions.phphttps://dancingopportunities.com/記事https://www.pointemagazine.com/european-ballet-audition-tour-2412821768.htmlhttps://www.dancemagazine.com/auditions/オーディション情報をみていると、劇場のようなカンパニーから私立カンパニー、プロジェクトカンパニーなどたくさんあります。プロジェクトカンパニーや臨時のダンサー募集などは」1年中ある感じですよね。サイトによって偏りがあるかもですので、最新情報はチェックが必要ですね。海外のコンペディションやWSの情報やありますね。また、募集のないカンパニーについて応募できるのか?というお問い合わせもあり、ドイツのような公立の劇場カンパニーですと、予算というものがあります。その予算の中で、その中で使えるダンサーへの人件費もある程度決まっていると思います。なので、ダンサーが今シーズンで最後とならないと、空きがないので来シーズンの募集がないということになります。基本的には、募集がないところに送っても無駄な場合があります。でも、どうしても入りたいカンパニーなら、カンパニーにアポをとり、(電話かメール。メールは返信されない場合も多いです)カンパニーレッスンを受けにいくとか、本番を観に行って、直接ディレクターに話をして、レッスンを受けさてもらい、リハーサルの見学をしたい!とか、自分の熱い熱い想いを伝えるとかというあります。運良く、何かのきっかけになりかもしれません。でもプレミア前は、カンパニーによっては受け付けないかもですよね。ダンサー視点でなくて、ダンサーを採る側のカンパニー視点で考えていくと、どうしたら良いか見えてくることもありますよね。ネットの中の情報というのは、限られています。やはり、自分の目で見ていくのが一番ですね。11月以降はオーディション情報が増えてくると思うので、常にチェックするとともに、CVや動画などもそれまでに用意したいですよね!*ダンスキッチンプログラム*・小学生の為のピラティスバレエ+バレエ基礎・中高生の為のピラティスバレエ+バレエ基礎・ピラティスバレエ+バレエ中上級・ピラティス+コテンポラリー・Jr.の為のピラティス+コンテンポラリ​​​ー・バレエコンディショニング​・プライベートレッスン・コンクール等の振付*レッスン内容の詳細*https://www.dance-kitchen.com/lesson*ダンスキッチンについて*https://www.dance-kitchen.com/about*今月のスケジュール*https://www.dance-kitchen.com/newsDance KitchenHP・ レッスン・バレエコンディショニング・お問い合わせはこちらです。https://www.dance-kitchen.com/

      2
      テーマ:
  • 12Sep
    • 基本の見直しは、まずレッスンの受け方から!

      基礎を見直す秋!コンクールに発表会と夏のイベントがひと段落した方も多いと思います。たくさんたくさん練習したのに、思ったより伸びなんだり、思うように踊れなかったり、そんな悔しい思いもした方もいるかと。。そんな時こそ、「基礎の見直し!」自分の踊りと向き合う時間こそが、上達のチャンスです。小学生四年生以降になると、急にバレエが難しくなってくきて、先生の言っている事も、自分の身体で理解しないまま進んだり、どういう事かな? と疑問をもったり、また、四年生以降にトゥシューズを履く子もそろそろ多くなってきて、立てる立てないで凄い苦労したり、お友達と差を感じたりします。ただ楽しいだけのバレエから、自分のバレエに向き合う事を強いられる年齢になりますよね。頑張ってバレエと向き合う娘の姿をみて、どうにかしてあげたいと、ご連絡くださる親御さんが多くなっています。今のバレエ教室の多くは、週1の子もいたり、週5の子もいたりと、同じクラス内でもレベルの差かあります。だから、どうしても先生は、みんなに平等に平均くらいで教える事になりますよね。注意も1人に2つ3つ言えたら良いほう。だから、「みんなに注意するアドバイス」も多くなります。その「みんなへの注意」をいかに自分でキャッチして、気をつけて踊れるかにかかってきます。そこは、本人次第になってしまうのですよね。注意を聞いていても、「自分の理解するフィルター」を通すので、解釈の差も出でくる。また集中力や運動神経の差もあったりと。同じレッスンをしてても上達のスピードが違うのはそこなんですよね。私自身教えていても大人数レッスンは、もどかしく感じる事もしばしばです。「今聞いてるな!あっ、集中途切れた! 分かってないなぁ。だったら、こう言おうかな。。」など、レッスン中よーく見えてきます。きっと1人だと頑張れるのに、大人数の中にいると、何となくで終わらせてしまったり、レッスンの集中力が半分になってしまったり、バレエは好きだからこそ、あともう少し自分で頑張ってほしいのです。そんな伸び悩みを打破出来るキッカケをつくるのが、プライベートレッスンや少人数レッスンと私は思っています。ピラティスバレエのような身体作り、ターンアウトや引き上げなとバレエの身体の使い方も教えていきますが、変わるキッカケのひとつとしてあるのは、バレエの「レッスンの仕方」です!!レッスンの受け方と言ったら良いのでしょうか。自分の苦手なもの、得意なもの把握して、レッスン中先生に注意された事を、どのように直していくのか、継続していくのか、自分のモチベーションの持ち方、上手くなるプロセスやマインド。それを知っているか知らないだけで、変わると思っています。先生というのは、一度注意した注意をだいたい覚えています。だから一度した注意を継続して、レッスンしてほしいのに、あれもこれも踊っていくうちに忘れてしまう。。目の前にある事に一生懸命になってしまうのですよね。とても良く分かります!私もありますよ!笑でもそういう稽古の仕方をしてても、また同じ注意をされてしまう。なかなか上手くならないループ。だから先生は、気をつける努力をしているか見てるのです。今は出来てなくても、気をつけて踊っているか、いないかはすぐに分かります。また私も、レッスン中生徒が忘れそうな時、何度も何度も同じ注意を言います。ひつこいくらい。すると、本人は忘れては気づきの繰り返しで、やってるつもりでも出来てなかったり、気をつけて踊るものです。これは、少人数やプライベートレッスンだからこそ、出来るというのもありますが、逃げ場がないくらいのレッスンは、上達しますよね。また先生の生徒へのエネルギーによっても変わるものと私は思います。先生は言ったからと言って終わりではなく、それを理解するまで、出来るまで先生も付き合う必要があると思います。注意は誰でもできますが、それを理解させて踊らすのは先生の手腕かなぁ。と。なので私もまだまだ努力中です。ほとんどの先生は、生徒は可愛いし上手くしたいと思っているので、エネルギーが強いです。それにしっかりと返す、それ以上を踊るくらいの生徒の強い気持ちで踊ってほしいです。軽いプレッシャーに思うかもしれませんが、舞台では1人で踊る、誰にも頼れない、自分だけ。基礎を見直しながら、レッスンの受け方も変える。それだけで、レッスン中の気づきが倍増して、ただ受けるだけでなく、自分で考えるレッスンに変わると思います!!注意された事を、出来るようになったり、自分が気づいた時、踊りはもっともっと楽しくなりますよ!*ダンスキッチンプログラム*・小学生の為のピラティスバレエ+バレエ基礎・中高生の為のピラティスバレエ+バレエ基礎・ピラティスバレエ+バレエ中上級・ピラティス+コテンポラリー・Jr.の為のピラティス+コンテンポラリ​​​ー・バレエコンディショニング​・プライベートレッスン・コンクール等の振付*レッスン内容の詳細*https://www.dance-kitchen.com/lesson*ダンスキッチンについて*https://www.dance-kitchen.com/about*今月のスケジュール*https://www.dance-kitchen.com/newsDance KitchenHP・ レッスン・バレエコンディショニング・お問い合わせはこちらです。https://www.dance-kitchen.com/

      10
      テーマ:
  • 19Aug
    • ダンサーの質の向上!

      以前のブログで「カンパニーで踊るダンサーの質」というタイトルで書いたもの。https://ameblo.jp/dance-kitchen/entry-12230752484.html2016年非公開の森優貴さんのカンパニー体験WSをやった後に、実際に本当のカンパニーの振付に立ち会った時の、衝撃は今でも忘れられない。これが上手いだけでなく、プロであるべきリハーサルの姿。真剣さと集中力の高さ、毎回本番さながらに踊る。生ぬるい日本のリハーサルに慣れていると、ダンサーの質は上がらないと思う。。。と、たまたま自分ブログを読んで、ちょっとピリッと来たよね。海外では環境が整っているから、毎日レッスンができるから、本番は多いから、踊ってお給料出るから、などなど踊れる環境がある。はたして環境あるだけで 想い描く踊りは踊れるのかな?与えられた環境で踊る責任はどれだけ果たしているのか。振付家に求められたダンサーとしての役目人間関係のいざこざ毎日7時間踊る身体の疲労・怪我色々あると思う。それでも踊るから、精神的にも身体的にもタフに強くなり、ダンサーの質も高くなるのだなぁ〜と。日本でダンサーの質はどこまで高められるのだろうか。学生までは、先生と生徒という関係で、厳しいレッスンを経て、コンクールもたくさん出て、海外留学やカンパニーを目指したり夢に向かって真っしぐら。先生も生徒が10代または大学生までは頑張って育てるけど、それ以降は自分の力で切り開きなさい!ポーンと手放すように、将来を面倒見てくれるわけでもない。だから、大学なりを卒業したり、カンパニーが決まらず海外留学から戻ってくると、目標が見えず、整っていない環境にどっと不安が押し寄せる。まだバレエの方が、日本のバレエ団があるのでいくらかは目指せるけどね。それもまた実力もご縁も必要な狭き門だから、早々に見切りをつけて違う道も健全かもしれないが、そう簡単に見切れないのも事実。だから、日本にはフリーランスのようなダンサー・バレリーナが溢れている。バレエ協会等の仕事、友人の公演、発表会、コンクール・・・振付家とダンサーという関係を築くことなく、大小関わらず次から次へと舞台をこなす日々。器用に踊るダンサーは増えるよね。私もどうにかこうにか踊ってきたけど、昔はもっと舞台も多く、振付家とダンサーという関係で育てられてきたから、今でもこうしているのだと思う。最近若いダンサーと話をする機会があり、そのような現実と切実な想いとのギャップに悩んでいて、私もかつてはそうだったなぁと思うとと同時に、今度は私が、若いダンサーにしてあげる番なんだと強く強く想い、とあるプロジェクトを構想中。未だかつてないことだけど、実現しプロジェクトが終わる頃にはダンサーの質を上げることに繋がると思う。そしてまた私も大変だろうけど、そのお陰で成長はできる。きっと日本とドイツを行き来してきたことで、見えて気づけたこと。ありがたいな。感謝!来月くらいに発表はする予定。私の力だけでは足りないので、今仲間をじわじわと集めています!*ダンスキッチンプログラム*・小学生の為のピラティスバレエ+バレエ基礎・中高生の為のピラティスバレエ+バレエ基礎・ピラティスバレエ+バレエ中上級・ピラティス+コテンポラリー・Jr.の為のピラティス+コンテンポラリ​​​ー・バレエコンディショニング​・プライベートレッスン・コンクール等の振付*レッスン内容の詳細*https://www.dance-kitchen.com/lesson*ダンスキッチンについて*https://www.dance-kitchen.com/about*今月のスケジュール*https://www.dance-kitchen.com/newsDance KitchenHP・ レッスン・バレエコンディショニング・お問い合わせはこちらです。https://www.dance-kitchen.com/

      12
      テーマ:
  • 14Aug
    • 緊張を克服する!

      コンクール や発表会など、夏は催し物がたくさんありますよね。ひとまず私が見ていた生徒さん達の熱い夏は終わりました。下はプレコンの小学生から、上は大学生まで。クラシックからコンテンポラリーまで幅広く見てました。それぞれ皆んな頑張っていました!!自分が思うような結果に繋がった子や、思うように本番踊れず悔いが残ったりと、様々。今回、一番多いの緊張して、いつも通り踊れない!というのが、多いのかなぁと思いました。自分で意識しなくても緊張して踊りが小さくなってしまったり、上手く踊らなきゃと意識しすぎて、自分にプレッシャーかけてしまったり、その場の雰囲気や空気に圧倒されてしまったり。誰でも緊張するもの。(たまに全然緊張しない人もいますがっ!)緊張するから良いパフォーマンスが出来るというのもあります。オリンピック選手の世界記録が出るの練習は出なくて、緊張している本番だから記録が出ると言われています。だから、その緊張をどうコントロールするかが、大切です!私ももちろん緊張しますが、私の場合の緊張克服ポイントは3つ!〈その1〉舞台稽古のとき、まず立って、舞台や客席を見回し一呼吸入れてから踊ります。そして、舞台や客席を自分色に空気を染める、空気を掴む意識をしています。踊るたびに、自分から放つエネルギーはどんどん広がる。舞台は敵でないです。稽古場と同じ。温かく見守ってくれる場所。お客さんも家族も温かく見守って応援しています!だから安心して踊れる!そういう感覚で、いつも通り踊る事に心がけます。舞台で自分が気持ち的にいっぱいいっぱいになって練習はしない。でもしっかりは練習はするよ!100パーセントで踊る!そして、すこし離れているところから、もう1人の自分が必ずいるようにしています。俯瞰。すると冷静になれます。本番も心では、情熱的に盛り上がっていても、意識はいつもどこかで冷静さを保つ。〈その2〉緊張している自分を認めてあげる!「緊張しない、緊張しない!」と思っていると余計に緊張してしまうので、「私は緊張しているんだ!この緊張をエネルギーに変える。大丈夫!!!よしっ!!!」と開き直るくらいの、自分を信じる強さ。自分に疑いをかけないです!いつも通り踊る!不安はない! 練習以上でも以下でもない。〈その3〉普段の練習のときから、わざと自分に葉っぱをかけるように踊る。練習だからの妥協は一切しない。言い訳のない練習をする。一回一回を本番と思って、緊張するくらいの緊張感をもってやる。求められたら、求められた以上の踊りで返す!身体が痛いだろうが、吐こうか、関係ありません。私はリハーサル中、何度も吐きにいっても踊り続けた事がありました。例えそれが本番でも踊らなきゃいけない時もあるので。時には自分の限界以上の事をやる事で、飛び抜けるのです。もう一つ上に上がるときって、自分の限界以上をやったときだと私は思います。そういう時は、自分を素直に認めてあげられるし信じられます。「私良くやった!大丈夫!」と本心で思えるのです。だから、本番は怖くないです。本番なんて一回しか踊らないし、練習の方が何十倍もキツくて、心は何度も折れて、それでも立ち上がって、自分を信じて、踊り続けたから。自然と自分を認めてあげたくなるし、メンタル強くなりますよ〜。緊張してても、いつも通り踊るのは、半分以上は自分のメンタルだと思います。緊張しなかったら、もっと上手く踊れたのには、メンタルの弱さから。メンタルの弱さに打ち勝つ、自分への裏付けは、自分でも分かるし、必ず乗り越えられるものだと思います!!!そうそうここ最近のタイガーウッズの活躍に、私は心打たれています!先日の全英オープンに続く、全米オープン!全米オープン最終日、ここ一番で、強気のパターでボールを沈めた時のメンタルの強さに圧倒されました! 「おぉぉーー!」夜中に叫んでしまった!笑どん底まで落ちて、見事に復活!強いタイガー!そんなタイガーウッズ見ていて、感動して、夜な夜なソファーで寝落ちもしばしば。。笑同世代としては、応援しながらも、私も応援されている気分!最終日、ウッズのこの動じない強さやリカバリー力と切り替え、ここ一番の勝負強さと強気のアプローチ!這い上がってきた人の気迫を感じるのです。あの歓声の中、歩いてる時の姿はカッコイイです。私なんて予想もつかないほどの大変な思いをしてきてるからね。自分に打ち勝つメンタルの強さがないと出来ないです。ホント凄い。。。でも力をいただきました!タイガーありがとう〜!!ちなみにゴルフはやってません!笑でも上手い人のを観るのは面白いよね。テニスも観ます!赤土の全仏オープンが好き!笑滑りながらのプレーで、全仏ならでは!アスリートの真剣勝負って、見習うところがたくさんあります!そして観る人を惹きつけますよね!人それぞれ緊張を克服するポイントはあると思いますが、ひとつのご参考になれば!*ダンスキッチンプログラム*・小学生の為のピラティスバレエ+バレエ基礎・中高生の為のピラティスバレエ+バレエ基礎・ピラティスバレエ+バレエ中上級・ピラティス+コテンポラリー・Jr.の為のピラティス+コンテンポラリ​​​ー・バレエコンディショニング​・プライベートレッスン・コンクール等の振付*レッスン内容の詳細*https://www.dance-kitchen.com/lesson*ダンスキッチンについて*https://www.dance-kitchen.com/about*今月のスケジュール*https://www.dance-kitchen.com/newsDance KitchenHP・ レッスン・バレエコンディショニング・お問い合わせはこちらです。https://www.dance-kitchen.com/

      8
      テーマ:
  • 08Aug
    • プランク祭り!1ヶ月チャレンジ!

      「プランク祭り!」よくネットでは、体幹強くするのには、プランクしたり、1か月すると変わる!腹筋割れるとか!と書いてありますが、ただ強くなっただけでなく、実際踊りにどう影響あるのか、ちゃんと使えるのかなどなど疑心暗鬼な私は自らチャレンジ!!取り敢えず、「プランク祭り!一週間」からはじまり、1か月が経ち、ただ今2ヶ月目に突入です!内容としては!・うつ伏せのプランクを肘伸ばし、肘曲げ!・サイドプランク・仰向けプランクを2ルーティーン!毎日やります!面白い事に、はじめはツラっ!大変という事も慣れて来ると、「ここから踊りに繋げるには、手の向き変えよう!」や「顔の向き、背中の意識から首長くするとまた違うな!」などなど、より自分が踊っているような意識で出来るようになります!プランクもサイドプランクも、デヴェロッペやアダージョを踊る様に、足をつけたり、上半身を捻ったりとヴァリエーションがどんどん増えます。笑特に私は左サイドが弱いのですが、サイドプランクのお陰で、左サイドの意識がついて強くなってきました!プランクは、どんどんバージョンアップする事で身体も変わってきますね。同じ事をずっとやっていても、慣れてきますから、変化をつけるとらまた発見もあります!また、ピラティスボールを内ももに挟んでやるので、上半身と下半身の繋がりの強化も。プランク祭り1ヶ月!!プランクをやって何が変わると言うと、体幹が強くなります!バレエでいうと、引き上がります!すると脚と上半身の繋がりが分かります!より内転筋を引き締める事が出来て安定感がまします。そうなると、ハムストリングが弱いなぁと、また発見があったり!また、上半身と肩甲骨から腕の使い方が広がり、表現の幅が違います。自然とバレエのアームスも安定し、背中も強くなります!コンテでも上半身の使い方が大きく使えるようになり、それに振られてぶっ飛びません!因みに腹筋も割れてきますが、腹筋割れる事に興味はないので、笑踊るのに、バキバキな使えないシックスパックは必要ないし、細ければ余計な脂肪はないので、筋肉が浮き上がっているので割れて見えるからです。目指すは、しなやかで柔らかく強い身体です!強さと繊細さを持ち合わせ表現できる身体であり、ダンサーでありたいですよね!プランクは祭りはほんとに地味です!笑1ヶ月やって効果が現れます!写真を撮れたら良いのですが、1人だとなかなか撮れず。。。でも今度挑戦してみますね!とりあえずプランク祭り3ヶ月まで頑張ります!*ダンスキッチンプログラム*・小学生の為のピラティスバレエ+バレエ基礎・中高生の為のピラティスバレエ+バレエ基礎・ピラティスバレエ+バレエ中上級・ピラティス+コテンポラリー・Jr.の為のピラティス+コンテンポラリ​​​ー・バレエコンディショニング​・プライベートレッスン*レッスン内容の詳細*https://www.dance-kitchen.com/lesson*ダンスキッチンについて*https://www.dance-kitchen.com/about*今月のスケジュール*https://www.dance-kitchen.com/newsDance KitchenHP・ レッスン・バレエコンディショニング・お問い合わせはこちらです。https://www.dance-kitchen.com/

      9
      テーマ:
  • 30Jul
    • 2018年夏!森優貴・カンパニー体験WS無事終了しました!

      ドイツ・レーゲンスブルク歌劇場ダンスカンパニー芸術監督振付家の森優貴さんによるカンパニー体験WS無事終わりました!中身の濃い充実した3日間になったと思います!ご参加された皆様、本当にありがとうございました!日本全国から集まり、海外で踊っている方や海外志望の方、もっと自分を高めたい!もっと踊りたい方など、たくさんの素晴らしいダンサーの方々が参加されました。今回のWSは、私が昨年文化庁でドイツに行かせて頂いた恩返しのひとつとして企画したもので、ダンサーにとって本物を踊れる機会になれば!という想いがありました。なのでギリギリ一人一人見れる15人限定。来年以降は、優貴さんは多忙なため、正直スケジュール的にもどうなるか分からないので、今年は開催出来て良かったです!また参加者には事前に写真とプロフィールを頂いてたので、ある程度のレベルが分かった上でのWSは、一人一人をしっかりと見るためには必要だと思いましたね!さて、このワークショップの醍醐味は、実は1日だけでは分からなくて、2日目・3日目にあります!3日間受けることで、ただのWSだけでなく、バレエクラスで朝皆んなと顔を合わせるところから、レパートリーになり、優貴さんをはじめ、一人一人がカンパニーのように雰囲気を含めて過ごすことに意味があります。1日目は、レパートリーの振付!1日だけの参加は、実はレパートリーの振付をなぞるだけで、消化不良に終わってしまいます。。休憩を挟み午後のレパートリー、さらに振付は進みます。そして次の日、1日おいて言われた事をどう自分で消化して、ワークショップに臨むのがカギとなります!!これこそ このカンパニー体験WSの醍醐味!現役の芸術監督振付家だからこそ、次の日は出来て当然というように、踊りを見ます。それにどう応えていくかですよね。2日目は、初日振付たものをさらに細かく要求していきます。身体が筋肉痛の人も多いけど、容赦なく進みます!その場で、高い要求に応えていくことで、ダンサーとして成長していきます。2日目は、2分ほどの振付も終わり!たった2分とはいえかなりハード! 細かい要求に加え、全部通して踊ることで、音の取り方・力の配分も計算しないとならないですからね!3日目の午前は、そのレパートリーを2人づつ、すぐに踊らせて、3日目はどう踊るかを見ます。ダメ出しをして、一巡したあとまた踊る。一人一人に求められたことを着実に踊る。三日目の総仕上げです。そして、レパートリー総仕上げの後に、クリエイションへ入ります。三日目となると、森さんが求めることやダンサーの踊りなどお互いに分かってきて、またお茶会もあったことで話す機会も多く、まとまりが出てきました。クリエイションは、実際にカンパニーでやっているリハーサルのような作品創りです。イメージを言いながら、ダンサーを踊らせていきます。〜夏の陽炎の漂う中、ゆっくりとじっとりと〜午前と午後のであれよあれよという間に、1作品完成!お昼休憩も自然と皆んなが集まり復習もしてました!このメンバーだからこそ出来た作品。完成度も高くもっとブラッシュアップしたら舞台で踊れるほど!!観てみたいな!と思ってしまいました。私もバレエクラスを担当し優貴さんのWSで踊りやすい身体を作るのが私の役目で、初日によりやはり2日目の方が、優貴さんが求められる身体の使い方の理解度が違い、良い方向へのクラスになったかなぁと思います。ところどころに、振付の時の身体の使い方を例にして、バレエのアンシェヌマンと組み合わせてみました。優貴さんの振付は、低くてもお腹は引きあがって、上半身、特に肩甲骨が引き上がって自由に動かせないと、求める踊りを踊れません。バレエがベースというのはこういうところ。コンテンポラリーでも、バレエのテクニックやパを入れてるからバレエベースではなくて、バレエの使い方を理解して踊ってるいるかどうかなのです。ヨーロッパのカンパニーで、朝のクラスがバレエなのはそういうところなのでしょうね。そして、連日のWS後のお茶会!優貴さんへの相談コーナーとなっていましたね!今個人が踊りに対して抱えてること、オーディションや留学のこと、または優貴さんの作品創りや、ドイツのことなどなど・・一人一人に親身になってお答えくださいました!こうやって皆んなと話すことで、お互いの理解も深めることも出来て、良い時間になったと思います!私も楽しかったです!そして最後に優貴さんより今回のWSの感想をいただきました。参加したみなさんに宛てたメッセージの一部抜粋です。今回のワークショップはカンパニー体験という事もあり、朝のレッスンから振付作業に入り、午後では少しずつクオリティを詰めて行くことに集中しました。勿論カンパニーでは、3日間と言う短い期間では無いため、クオリティに対してのこだわり、ニュアンスの変化、もしくは振付の変化、発展にもう少し時間をかける事ができますし、僕自身がどんどん先を創り続けて行かなければならないので、振りを与えられても1週間程復習リハーサルも無しにも関わらず、次に見る時にはある程度消化し進歩している事を求める場合も多々とあります。今回のワークショップでは、お昼休憩を挟むことで個人個人が消化1段階を踏み、翌日の午前中のリハでは、その先に行ける事、そして個人個人が消化しようとする姿勢が求められるものでした。振付家の作品を踊るという事は、作品の中で自分の役割を理解し振付をこなし、総合芸術のダンス作品の中の1要素として表現をするという事です。そこには振付家が抱くイメージ、感情、振付家の身体から生まれる身体言語を演者としてのダンサーが出来るだけ忠実に近づけるという作業から始まり、振付家との共同作業で、より一層磨き上げる事で、存在しなかった世界が生の身体と生の舞台に現実として成立するのです。そういう作業を今回のワークショップで受講者の皆さんに味わって欲しかったし、味わってもらえたと思います!優貴さん・参加者のみなさん本当にありがとうございました!私自身WSを主催をして、これからダンス界を担っていくだろう素晴らしいダンサーに出会えたことに感謝!!少しでも今後の力へとなれたら嬉しいです。皆様のご活躍を応援しています!!*ダンスキッチンプログラム*・小学生の為のピラティスバレエ+バレエ基礎・中高生の為のピラティスバレエ+バレエ基礎・ピラティスバレエ+バレエ中上級・ピラティス+コテンポラリー・Jr.の為のピラティス+コンテンポラリ​​​ー・バレエコンディショニング​・プライベートレッスン・コンクール等の振付*レッスン内容の詳細*https://www.dance-kitchen.com/lesson*ダンスキッチンについて*https://www.dance-kitchen.com/about*今月のスケジュール*https://www.dance-kitchen.com/newsDance KitchenHP・ レッスン・バレエコンディショニング・お問い合わせはこちらです。https://www.dance-kitchen.com/

      12
      テーマ:
  • 16Jul
    • 8月のスケジュール

      [金]・ピラティス+コテンポラリー19:00~21:00  10、17、24、31[土]・小学生の為のピラティスバレエ+バレエ基礎11:00~13:00  4、18・Jr.ピラティス+コンテンポラリ​​​ー14:00~16:00  4、11、18、25日・ピラティスバレエ+バレエ中上級17:00~19:30  4、11、18、25日[日]・小学生の為のピラティスバレエ+バレエ基礎10:00~12:00  5、12、19、26日 ピラティスバレエ+バレエ基礎 12:15〜14;00  5、12、19、26日*夏限定上達プラン* 詳細プライベートレッスン×2グループレッスン×242000円 → 30000円プライベートレッスンは、火曜〜金曜、または日曜日に調整致します。体験https://www.dance-kitchen.com/blankご予約・お問い合わせはhttps://www.dance-kitchen.com/map-contact

      12
      テーマ:
  • 07Jul
    • 背中ストレッチで、アライメントを整える!

      最近のお気に入り!背中ストレッチに使っています!もともとヨガグッズ!名前を忘れてしまいましたが、、、これを使って、色々なヨガのポーズをしやすくするようです!!私はもっぱら、ストレッチ用!首も支えてくれてるので、背中上をストレッチ!腕も回して肩甲骨もほぐします!もう少し下も〜!背中の部位別にストレッチ&リラックス!!たまに膝も曲げて、前腿と付け根をストレッチ。コレがかなり気持ち良い!!一気に緊張が解けます!踊る前にやるだけで、背中や肩スッキリ!実は、コチラ何気に背中のアライメントも整えてくれる優れもの!!特に大人バレエの方には、効果テキメンです。昼間お仕事されていると、どうしてもパソコンに向かっているので、前かがみ。本人の自覚はなくても、肩甲骨周りガチガチで猫背気味。背中から伸ばしてるつもりでも、バレエの背中きら首のライン、長く伸ばすことが出来ないのですよね。これをするようなったら、背中がほぐれて、骨盤もしっかりと上がるようになりました!骨盤だけ上げようとしても、上がガチガチだと上がらないのですよね。やっぱり繋がっていますよね!私自身も、歳を重ねると背中は硬くなると実感。でも、コレを使うと、反ることに抵抗しないし、頭から委ねることができます!そのうちに、膝付きブリッジが出来るかもー!と密かに目指しています笑あとはこれを使って、背筋キープにも使ったりと、色々と出来る事を開発中です!こうやってどんどんグッズが増えていく。。笑ダンスキッチンプログラム*・小学生の為のピラティスバレエ+バレエ基礎・中高生の為のピラティスバレエ+バレエ基礎・ピラティスバレエ+バレエ中上級・ピラティス+コテンポラリー・Jr.の為のピラティス+コンテンポラリ​​​ー・バレエコンディショニング​・プライベートレッスン・コンクール等の振付*レッスン内容の詳細*https://www.dance-kitchen.com/lesson*ダンスキッチンについて*https://www.dance-kitchen.com/about*今月のスケジュール*https://www.dance-kitchen.com/newsDance KitchenHP・ レッスン・バレエコンディショニング・お問い合わせはこちらです。https://www.dance-kitchen.com/

      6
      テーマ:
  • 04Jul
    • 【夏休み特別企画】 7・8・9月限定 夏限定上達プラン!

      【夏休み特別企画】 夏休みということで比較的時間的にも余裕があるときに、苦手克服!しっかっりと自分と向き合うチャンス!上達のチャンス!プライベートレッスン+グループレッスンの組み合わせ、プライベートレッスン2時間×2回 グループレッスン2回の【夏限定上達プラン】です!プライベートレッスンでは、今悩んでること、もっと上手くなりたいなど、おひとりおひとりに合わせて組み立てます!・コンクールや発表会前に、ヴァリエーション上達レッスン・バレリーナのコンテンポラリー苦手克服・普段の使い方を見直す、バレエコンディショニング・しなやかで強い身体をつくる、ピラティスバレエで筋力アップ!・実践!バレエレッスンの理解を深める、身体の使い方。・アンディオールってどういうこと?・もっと身体が柔らかくなりたいストレッチの仕方。普段のレッスンで疑問に思ったこと、先生に注意されるけど理解ができないなど、ひとりで抱えないで一緒に解決をしていきましょう!しっかりとカウンセリングすることで、目標設定をしていきます。グループレッスンといっても、少人数クラス!・小学生のピラティスバレエ+基礎バレエ・ジュニアピラティスバレエ+基礎バレエ・ピラティスバレエ+バレエ中上級・コンテンポラリー・ジュニアコンテンポラリーなどから選んでください!プライベートレッスン(カウンセリング込み) 2時間 16000円 ×2 = 32000円グループレッスン 3500〜5000円 ×2 = 7000円〜10000円合わせて 42000円夏限定上達セット 30000円になります!7月・8月・9月のみ!この3ヶ月以内で プライベートレッスンとグループレッスンを受けていただきます。【詳細】『夏限定上達プラン!』  対象:小学生 ジュニアバレエ 大学生 大人バレエ バレエダンサー 内容:プライベートレッスン2時間×2回   グループレッスン 2回(小学生のピラティスバレエ・ジュニアピラティスバレエ・バレエ中上級・コンテンポラリー・ジュニアコンテンポラリー)  期間:7月・8月・9月限定料金:42000円 → 30000円お申し込み:申し込みサイト またはメールの dancekitchen.dk@gmail.com質問等ありましたら、お気軽にお問い合わせください。*ダンスキッチンプログラム*・小学生の為のピラティスバレエ+バレエ基礎・中高生の為のピラティスバレエ+バレエ基礎・ピラティスバレエ+バレエ中上級・ピラティス+コテンポラリー・Jr.の為のピラティス+コンテンポラリ​​​ー・バレエコンディショニング​・プライベートレッスン・コンクール等の振付*レッスン内容の詳細*https://www.dance-kitchen.com/lesson*ダンスキッチンについて*https://www.dance-kitchen.com/about*今月のスケジュール*https://www.dance-kitchen.com/newsDance KitchenHP・ レッスン・バレエコンディショニング・お問い合わせはこちらです。https://www.dance-kitchen.com/

      4
      テーマ:
  • 26Jun
    • 引き上げる!〜骨盤を立てる

      引き上げ方は、色々とやり方もあって、分かる感覚って人それぞれですが、それでも引き上がっていると踊りやすいとのは確かですよね!これはバレエはもちろんコンテだろうがモダンであろうか、はたまた新体操や社交ダンスにも言えることではないでしょうか。特に「骨盤」が立って上がっている事はとても大事です。骨盤は、腰回りであって、身体の要でもあります。腰は、脚と繋がり、お腹・背中とも繋がっています。一般的に猫背の原因は骨盤!とも言われるほどですしね。腰が安定して上がってないと、踊りが不安定であったり、軸がない感じになります。目指すところは、骨盤が立って引き上がる!=骨盤が安定すると脚はしっかり床も押せるし、上半身は良く動く!腰が安定して引き上がるから、踊りのエネルギーの使い方も自分でコントロールできます!それがつま先のエネルギーなのか、手のエネルギーなのか、背中から出るエネルギーなのか。それが例えばコンテのような低い姿勢の場合でも、骨盤が立ち引き上がっていると、足で支えていないので、次の振りがスムーズになります!本当に上手いダンサーは、腰の安定が違います。それを目の当たりにすると、関心するほど。だから、どんなに大きく激しく踊ってもブレないし、だからこそ繊細な踊りもできる。たまに私は、上半身に振られてぶっ飛びます!笑踊りに振られてしまう。笑だからこそ、腰の大事さも分かります。私自身の腹筋や背中の強さが足りないのもある。でも筋力の問題だけでもなく、身体全体で上手く連動して使えてるか、というのが踊りには、大事なのかなぁ。と思います。骨盤の重心移動がスムーズだったり、骨盤でのコントロールができると、余裕ができるので、他に意識がもっていけます!(グリッサードって、骨盤の重心移動がちゃんと出来ないと、次のアンシェヌマンがブレるから、簡単そうで難しいパだよなぁ。。と最近思いますよね。)どうしても自分の弱点や足りないところを、ポイント、ポイントとしてみてしまう。もちろんそれも大事ですが、やはり身体のコーディネイションですよね。骨盤がしっかりと立てて安定しながら、どう他と連動させて踊るか。舞台上では、身体全部を観られるし、使ってないようでも身体全体で上手く連動していないと、上手くみえないし、実際出来ない事も多い。だからこそ身体の要でもある、骨盤・腰です!では骨盤の引き上げトレーニングです!ピラティスボールを使います!まずは骨盤の位置を確認しましょう!ご存知の方も多いですが、・上前腸骨棘(骨盤の前の両サイドのグリグリ)と恥骨 との結ぶラインが、横から見たら真っ直ぐになる事!・仙骨も立てるイメージで、背骨は真っ直ぐ!・坐骨も下向き!・骨盤全体で、お椀のようなイメージ!立て膝でピラティスボールを挟みます!パラレル!ボールは3分2くらいの空気。自分でしっかりと挟んでください。横から見るとこちらは真っ直ぐ!出っ尻ちゃん〜お腹抜けやすいよね。タックインちゃん〜お尻ガチガチが多いよね。自分でチェックですよ!ではトレーニング開始!!この状態ですと、ひざ関節は床についているので、関節によってブレる事はないですよね。だから、筋肉に意識を向ける事ができます!1.足幅は狭めにパラレルの状態でボールを挟みます。2. 坐骨を真ん中に引き寄せながら、踵と踵をくっつけます。太ももの骨の大転子も後ろに回します!3.するとお尻から下が周りターンアウトの感覚になります。踵をつけたり離したりすると分かりやすいですよ!4.ターンアウトした状態でボールを挟み上げます!5.ボールが 膣を通って、子宮に引き上げるイメージで! 身体の中にボールが入ってきます!ここ大事!6.お腹キープのままポードブラの練習です!7.立ってもやってみましょう!8.1番アーテールや、ルルヴェ!9.止まれたら、骨盤をしっかり立てて安定した状態をキープのまま、歩きまわってみましょう!ポードブラもつけて、上半身は踊りながら〜。10.歩いたりバランスをとったりを繰り返しても、ずっとお腹は引き上げたままですよ!!いかがでしたか?引き上げたまま踊るコーディネーションが少しは感じましたか?すると、いつもより首も長くなったり、しっかりと足も押せたりとするはずです!気をつけてほしいのは、ボールは、ターンアウトしてから挟みましょう。そして身体の中入れて引き上げる。ターンアウトしないで内転筋で挟んでも意味ないですからね!内股強化になっちゃうよ!ぜひやってみてくださいね!*ダンスキッチンプログラム*・小学生の為のピラティスバレエ+バレエ基礎・中高生の為のピラティスバレエ+バレエ基礎・ピラティスバレエ+バレエ中上級・ピラティス+コテンポラリー・Jr.の為のピラティス+コンテンポラリ​​​ー・バレエコンディショニング​・プライベートレッスン*レッスン内容の詳細*https://www.dance-kitchen.com/lesson*体験レッスンのご予約*https://www.dance-kitchen.com/blank*ダンスキッチンについて*https://www.dance-kitchen.com/about*今月のスケジュール*https://www.dance-kitchen.com/news*特別WS開催決定!*ドイツ・レーゲンスブルクブルク歌劇場ダンスカンパニー芸術監督森優貴による カンパニー1日体験WS!7月25〜27日の3日間!朝のバレエクラスからはじまり、次のコンテンポラリーのレパートリー・アレジメントクラスでは、カンパニーのリハーサルのように森優貴氏の作品を踊る、1日カンパニー体験プログラム!​2016年夏非公開で開催し好評を得たWSを、今年は公開WSとなりました!​森優貴レパートリーを学び、ドイツのカンパニーダンサーの様に1日を過ごしましょう!WS詳細https://dancekitchen.wixsite.com/yukimoriws2018Dance KitchenHP・ レッスン・バレエコンディショニング・お問い合わせはこちらです。https://www.dance-kitchen.com/

      6
      テーマ:
  • 17Jun
    • トレーニングシューズ!

      最近お気に入りのバレエシューズ!なんと、バレエシューズの裏ソールは、トウシューズの裏ソールを使用してるのです!!綜芸という老舗のバレエ用品メーカーがでているトレーニングシューズ!https://www.sogei-shoes.com/sp/shoes/index/4こちらのお店、オーダーでトウシューズを作っています。だからこそ、作れたのだろうと思うトウシューズの裏のバレエシューズ!足裏が硬いので、足で立つととても疲れてしまうので、必然的に、体幹を使うし、引き上がるし、ルルヴェはぐらぐらしてしまうから、ターンアウトするし、集まりやすくなるし、アームスを使えます!つま先の伸ばし方も、つま先だけでなく、ひざから遠くに伸ばすエネルギーの使い方にもなります。足裏強化も!ほんと全身使わないと踊れないという!!なんというバレエシューズなのか。。。バレリーナにとって必要なものを鍛え直せます!最近は、シューズの裏ソールがスプリットだったり、柔らかいものばかり履いてると、良くないというけれど、これを履くと納得ね。特に子供の時は、皮シューズで裏のソールが全部あるのが良いですよね。布の柔らかいのはもう少し大きくなってからでも良いと思います。このシューズとの出会いは、とあるコンクール会場でのリハーサル室でのこと。シニアの方が、このバレエシューズを履いてヴァリエーションの練習を丁寧にひとつづつ踊っているのを見ました。私は何で今更バレエシューズ?と思っていると、友人の先生が履いてたという!!先生曰く「老舗のトレーニングシューズだよ。裏がトウシューズでね、でもすごく大変だけど、引き上がるし、脚も使えるよ!」と、こんな話を聞くと「私もやってみたい!!」私のトレーニング魂に火をつけてしまいました。笑コンクール会場での彼女は、そのあともちろんトウシューズ履いて練習もしてましたよ。そしてコンクールには、見事に三位以内入ってました!努力の賜物だわぁ〜と。感心してしまいました。そして、私も教えの時に履いてみる事に!いやー!裏が硬いし狭いからルルヴェやピケぐらぐら〜!!でも楽しい!エシャッペが微妙に難しく、子供たちと一緒にエシャッペばかり私もやりまくってました!笑これはもちろんバーの時は良いのですが、(バーだけでもはじめはクタクタになります。)やっぱりセンターが大事。ちゃんと中心に集まってたり、ターンアウト、引き上がる感覚を更に強化できます!ちょっと気を抜いたり、軸がずれると大きく外れてしまいますからね!!ピルエットも自然と集まり、ジャンプも軽い!!この細かな丁寧さが私には足りなかった〜。恐るべしトレーニングシューズ!!でもこのシューズは高校生以上でないとオススメしません。バレエの体の使い方が分かってないと、グラグラを力で止めたり、足だけ踊ったり、ちょっと難しいです。トウシューズ履く前に、少しだけなら良いかもだけど、フルレッスンこれを履いてはまだ難しいですね。このトレーニングシューズは全身を同時に使う練習にはもってこいですよ!あっ、因みにこちら6000円です!トウシューズのお値段ですよね!笑でもそれ以上の価値はあると思います。高校生のバレリーナちゃんに、これでフルレッスン、ヴァリエーションの時は、これで練習してからトウシューズ履かせて練習させています!私のドS魂に火がつきます。笑1か月後が楽しみです!私も地道に練習します!*ダンスキッチンプログラム*・小学生の為のピラティスバレエ+バレエ基礎・中高生の為のピラティスバレエ+バレエ基礎・ピラティスバレエ+バレエ中上級・ピラティス+コテンポラリー・Jr.の為のピラティス+コンテンポラリ​​​ー・バレエコンディショニング​・プライベートレッスン*レッスン内容の詳細*https://www.dance-kitchen.com/lesson*体験レッスンのご予約*https://www.dance-kitchen.com/blank*ダンスキッチンについて*https://www.dance-kitchen.com/about*今月のスケジュール*https://www.dance-kitchen.com/news*特別WS開催決定!*ドイツ・レーゲンスブルクブルク歌劇場ダンスカンパニー芸術監督森優貴による カンパニー1日体験WS!7月25〜27日の3日間!朝のバレエクラスからはじまり、次のコンテンポラリーのレパートリー・アレジメントクラスでは、カンパニーのリハーサルのように森優貴氏の作品を踊る、1日カンパニー体験プログラム!​2016年夏非公開で開催し好評を得たWSを、今年は公開WSとなりました!​森優貴レパートリーを学び、ドイツのカンパニーダンサーの様に1日を過ごしましょう!WS詳細https://dancekitchen.wixsite.com/yukimoriws2018Dance KitchenHP・ レッスン・バレエコンディショニング・お問い合わせはこちらです。https://www.dance-kitchen.com/

      10
      テーマ:
  • 16Jun
    • 追加! 森優貴カンパニー体験WS!

      追加!!森優貴さんのWSは受けたいけど、1日かけてのレッスンは難しいということで、バレエクラス+レパートリークラスの2クラスのみレパートリークラス+レパートリークラスの2クラスのみを作りました!本来なら1日かけてのカンパニーレッスン。だからこそ分かることもあるのですが、受けたいけど時間的に断念しなくてはならない。。。というご要望から1日3クラスではなく、2クラスのみ受けられます!消化不良になってしまうかもしれませんが、その時間精一杯踊ってくださいね。詳しくは、コチラ*ダンスキッチンプログラム*・小学生の為のピラティスバレエ+バレエ基礎・中高生の為のピラティスバレエ+バレエ基礎・ピラティスバレエ+バレエ中上級・ピラティス+コテンポラリー・Jr.の為のピラティス+コンテンポラリ​​​ー・バレエコンディショニング​・プライベートレッスン・コンクールの振付*レッスン内容の詳細*https://www.dance-kitchen.com/lesson*体験レッスンのご予約*https://www.dance-kitchen.com/blank*ダンスキッチンについて*https://www.dance-kitchen.com/about*今月のスケジュール*https://www.dance-kitchen.com/news*特別WS開催決定!*ドイツ・レーゲンスブルクブルク歌劇場ダンスカンパニー芸術監督森優貴による カンパニー1日体験WS!7月25〜27日の3日間!朝のバレエクラスからはじまり、次のコンテンポラリーのレパートリー・アレジメントクラスでは、カンパニーのリハーサルのように森優貴氏の作品を踊る、1日カンパニー体験プログラム!​2016年夏非公開で開催し好評を得たWSを、今年は公開WSとなりました!​森優貴レパートリーを学び、ドイツのカンパニーダンサーの様に1日を過ごしましょう!WS詳細https://dancekitchen.wixsite.com/yukimoriws2018Dance KitchenHP・ レッスン・バレエコンディショニング・お問い合わせはこちらです。https://www.dance-kitchen.com/

      3
      テーマ:
  • 15Jun
    • 求められるダンサーになる!

      日本で踊っていると、この人の作品を踊りたい!この人と一緒に仕事したい!という風に思わせてくれる振付家って、ほんと数えるほど。土壌がヨーロッパとは違うし、そもそも振付家が少ないから仕方ないのだけど、それでもその時代時代で、私自身素晴らしい振付家の作品を踊れたことに感謝です。でも、これからの人には、何でも調べられて知識だけでなく、身を持ってもっと世界を知ってほしいと思う。日本のバレエベースのコンテンポラリー日本の現代舞踊日本のコンテンポラリーこの3つて、日本の土壌で培われたもので育ってきている。だから、ちょっと独特なもの。私自身、日本の環境が分かっている故に、「何がヨーロッパのコンテンポラリーと違うのか」を、自分が踊る事で、イヤという程思い知らせされました。「何も通用しない。」テクニックや雰囲気だけでは、何も通用しないのです。その違いも身をもって分かり、とても苦労しました。また、海外から来た振付家のワークショップで踊ったりしても、何か違う。。。というものになる。「何か違う。。。」きっとそう思う人も多いと思います。だからこそ、何が違うかを、知ってほしい。今現在ヨーロッパで活躍している人の作品を踊る事で、ダンサーとしての幅を広げてほしい!7月25日〜27日の森優貴さんのカンパニー体験WSは、正直言って、とても大変です。ダンサーに求められるレベルが違うから。普通のワークショップは、ただ振付家の作品を踊って、なぞるくらいだけ。短い時間の中では、その振付の真意はまでは分からない。でも、森さんの振付は、ひとつひとつが本当に細いニュアンスで成り立っている。音楽性だったり、身体の使い方、目線、緩急だったり、、だから、ほんの10秒の振付でも、あれもこれもとすることがあるので、要求が高い!!それは、もちろん日本語で!これって結構大きい。イメージするようなニュアンスは、日本語でさえ、キャッチするのは、難しいもの。それを英語だとすると、またこりゃ難しい。そして、振付家に言われた要求は、その場でダンサーとして応える!これは鉄則です!バレエだって、言われた注意は直すでしょ?!同じです!優貴さんの要求はとても細く、本当に大変だけど、これをやっていくと、確実に上手くなります!!はじめは、あまりの出来なさに自分の限界を知る事にもなるけど、それはある意味「まだまだ伸びしろがある」という事!上手くなるチャンス!そう思って、自分を信じて踊るしかないです。私も何度も挫けましたが、やり続けるしかないので踊りましたよ!練習中の振付家とダンサー、そのキャッチボールの過程で、信頼関係が築かれて、「この子は、任せても大丈夫。」「出来る子だね。」「今は出来なくても、本質が分かってるから練習を重ねたら大丈夫」となり、どこに行っても求められるダンサーになると思います。教えてもらうWSではなく、挑戦をするWS。自分の力を100% 120%だして踊る。そうすることで見えてくることもあるから。自分の可能性を新たに発見することもあれば、落ち込むかもしれない。精神的強さも必要。それでも作品を踊るということ振付家がダンサーへの要求を応えてほしいです。WS詳細https://dancekitchen.wixsite.com/yukimoriws2018*ダンスキッチンプログラム*・小学生の為のピラティスバレエ+バレエ基礎・中高生の為のピラティスバレエ+バレエ基礎・ピラティスバレエ+バレエ中上級・ピラティス+コテンポラリー・Jr.の為のピラティス+コンテンポラリ​​​ー・バレエコンディショニング​・プライベートレッスン・コンクール等のコンテンポラリー振付*レッスン内容の詳細*https://www.dance-kitchen.com/lesson*体験レッスンのご予約*https://www.dance-kitchen.com/blank*ダンスキッチンについて*https://www.dance-kitchen.com/about*今月のスケジュール*https://www.dance-kitchen.com/news*特別WS開催決定!*ドイツ・レーゲンスブルクブルク歌劇場ダンスカンパニー芸術監督森優貴による カンパニー1日体験WS!7月25〜27日の3日間!朝のバレエクラスからはじまり、次のコンテンポラリーのレパートリー・アレジメントクラスでは、カンパニーのリハーサルのように森優貴氏の作品を踊る、1日カンパニー体験プログラム!​2016年夏非公開で開催し好評を得たWSを、今年は公開WSとなりました!​森優貴レパートリーを学び、ドイツのカンパニーダンサーの様に1日を過ごしましょう!WS詳細https://dancekitchen.wixsite.com/yukimoriws2018Dance KitchenHP・ レッスン・バレエコンディショニング・お問い合わせはこちらです。https://www.dance-kitchen.com/

      7
      テーマ:
  • 14Jun
    • 7月スケジュール

      [金]・ピラティス+コテンポラリー19:00~21:00  6.13.20日[土]・小学生の為のピラティスバレエ+バレエ基礎11:00~13:00  7、21日・Jr.ピラティス+コンテンポラリ​​​ー14:00~16:00  7.14、21、28日・ピラティスバレエ+バレエ中上級17:00~19:30  7、14、21、28日[日]・小学生の為のピラティスバレエ+バレエ基礎10:00~12:00  1、8、15、22日 ピラティスバレエ+バレエ基礎 12:15〜14;00  1、8、15、22日プライベートレッスン・バレエコンディショニングのご予約についてはお気軽にお問い合わせください。火曜〜金曜日の間で調整いたします。《スペシャルWS》7月25日〜27日森優貴カンパニー体験WS開催! 詳細 https://dancekitchen.wixsite.com/yukimoriws2018

      2
      テーマ:
  • 12Jun
    • 小学生にはプランクは必要ない!?

      体幹のトレーニングといえは、「プランク」が知られていますよね。このプランクって、小学生にはとても難しいと私は思っています。自分の身体を支えるのには、正しいポジションでやらないと全く効果がないから。膝をついてやっても正しいポジションになるのが出来なくて。。間違ったポジションでやり続けると、腕で支えて肩甲骨がモリっと盛り上がって固めてしまったり、お腹がどーんと落ちたり、お尻上に上がっていたりと。。。でもバレエには、体幹の強さは必要ですよね。小学生には強さというよりも、体幹を使う意識がある、自分自身で上半身を引き上げられるようにキープできる。強さよりも感覚を鍛えるもちろんバレエのレッスンだけでも鍛えられます!練習回数が多かったり、脚だけでなく身体全体で踊っている子は、自然と引き上げられるし、体幹の強さもありますよね。成長期なので、モリモリの筋肉は必要はなく、使える筋力で十分です!それが出来るように簡単なトレーニングとしておススメするのは、「逆立ちです!」もちろん壁を使っての逆立ちです!逆立ちは、腕で支えるのではなく、身体で支えているのです。肩甲骨でしっかり支えお腹と背中でキープする!そしてお腹も上に引き上げる!膝もつま先も伸ばす! 全身使います!この時の目線は、床でね!後ろの景色を見てしまうと、肩甲骨が使えなくて崩れてしまうので。また逆立ちをする際に、足を上に振り上げてお腹を瞬発的に使い、素早く身体をホールド!意識し続けます!身体を引き上げる感覚がない子や身体をホールド出来ない子は、腰も上げられれず大体逆立ちはできません。でも、逆立ちをやった後に、踊ると何故か身体がしっかりするのです。小学校の体育でやってないのかな?と思ってしまいますが、何気に出来るだろうと思う事が出来ないのです。そして怖いと思う子も多いので、どこで支えてあげるか、手をついた段階で身体の使い方を教えてあげて、補助をしてあげると、出来ますよね!逆立ちが出来るようになると、プランクも出来ますよ!2本の手で支える逆立ちと4本の手足で支えるプランク。プランクが簡単に思えますよね!逆立ちって、さすが学校の体育で取り入れてるほどで、身体的にも運動的にも理にかなっているなぁ〜と思います。とある私立の小学校では、逆立ちが必須で、それも壁なしという!!1人で逆立ち!すごいですよね。文武両道の学校方針なのでしょうね!自分の身体を自分で支えてキープする!難しいトレーニングの前に、全身使い、全身を意識して逆立ちおススメですよ!*ダンスキッチンプログラム*・小学生の為のピラティスバレエ+バレエ基礎・中高生の為のピラティスバレエ+バレエ基礎・ピラティスバレエ+バレエ中上級・ピラティス+コテンポラリー・Jr.の為のピラティス+コンテンポラリ​​​ー・バレエコンディショニング​・プライベートレッスン・コンクール作品の振付など*レッスン内容の詳細*https://www.dance-kitchen.com/lesson*体験レッスンのご予約*https://www.dance-kitchen.com/blank*ダンスキッチンについて*https://www.dance-kitchen.com/about*今月のスケジュール*https://www.dance-kitchen.com/news*特別WS開催決定!*ドイツ・レーゲンスブルクブルク歌劇場ダンスカンパニー芸術監督森優貴による カンパニー1日体験WS!7月25〜27日の3日間!朝のバレエクラスからはじまり、次のコンテンポラリーのレパートリー・アレジメントクラスでは、カンパニーのリハーサルのように森優貴氏の作品を踊る、1日カンパニー体験プログラム!​2016年夏非公開で開催し好評を得たWSを、今年は公開WSとなりました!​森優貴レパートリーを学び、ドイツのカンパニーダンサーの様に1日を過ごしましょう!WS詳細https://dancekitchen.wixsite.com/yukimoriws2018Dance KitchenHP・ レッスン・バレエコンディショニング・お問い合わせはこちらです。https://www.dance-kitchen.com/

      11
      テーマ:
topbanner

プロフィール

池上直子 DanceKitchen

自己紹介:
ダンサー・振付家・講師・ダンスマルシェ・ダンスキッチン主宰 ダンスキッチンWebサイト 池上直子オフ...

続きを見る >

フォロー

渋谷・原宿にあるダンサー・バレリーナの為の「ピラティス&レッスン」を組み合わせた少人数制のセミパーソナルレッスンスタジオ「Dance Kitchen 」
コンセプトは【体・技・心】
~体が変わると技術も上がり、心も強くなる〜

ドイツと日本を行き来している現役ダンサー池上直子の指導のもと少人数制のレッスンで、一人一人の悩みの「」を分かりやすく丁寧に「」に変えます。身体が変わる・使える感覚を育てます。
はじめにピラティスバレエやストレッチで身体を作り上げてから、バレエやコンテンポラリーのクラスで踊ることで、上手くなる自分を実感できるクラス​です。また現役ダンサーとしての経験を生かし、ダンサー・バレリーナに必要なテクニックや資質・要素を伝授していきます。

全国のバレエ教室へ出張WSやセミナーを展開。
バレエ教室に合わせて、コンテンポラリークラスやピラティスバレエ、発表会やコンクールでの振付も指導。

*プログラム*
・ピラティスバレエ+バレエ基礎
・ピラティスバレエ+バレエ中級
・小学生の為のピラティスバレエ+バレエ基礎
・ピラティス+コテンポラリー
・Jr.の為のピラティス+コンテンポラリ​​​ー
・1ヶ月集中プライベートLesson
​・プライベート




Ameba人気のブログ

Amebaトピックス