皆さんはスーパーなどで食品を購入する際、栄養成分表示の記載は気にしてますか?

 

食品の栄養成分を知ることは、美容の面で自分磨きを意識するうえでは外せない要素だと思っています。

 

 

私は最近、これらの表を確認しないと気が済まないくらいになっています(笑)

 

カロリー表記はもちろんのこと、炭水化物やタンパク質の量は当たり前のようにチェックします。

 

もともと栄養成分表示は”エネルギー”、”タンパク質”、”脂質”、”炭水化物”、”ナトリウム”の5つを表記することが義務付けられているんです。

 

最近では、健康志向の波を受けて”糖質”も新たに表示させることで、糖質制限している方々に向けた各企業のアピール合戦も展開されてきました。

 

そんな糖質制限市場にあの食品卸最大手の三菱食品が本格参入してきました。

 

低糖質の健康食として新商品ブランド「食べるをかえる からだシフト」シリーズの販売を開始しました。

 

 

 

 

「からだシフト」シリーズのラインナップって?

まず第一弾としては、レトルトごはんや乾麺等の主食をメインに打ち出していくとのことです。

 

炭水化物のの代名詞ともいわれるごはんや麺類に糖質制限効果が加わるのはなんとも嬉しいことではないでしょうか。

 

 

これらの主食に付随して、レトルトカレーやつゆ等も併せて展開させるようです。

 

しばらくはこれらだけでも食事が成り立ちますね。

 

後々は、ホットケーキ粉やお好み焼き粉などのいわゆる「粉もの」や親子丼のパウチものも追加として販売予定となっているようです。

 

また、個人的にはあまり聞いたことが無い、チャーハンやギョーザなどの「冷凍食品」も糖質制限食品として販売予定だそうです。

 

もはや本当に制限しているのかよくわからなくなる感覚です(笑)

 

実にバラエティに富んでおり、糖質制限をしている方には非常にありがたいラインナップですね。

 

 

 

 

三菱食品の今後の展開は?

 
三菱食品としては、今後もこれらの糖質制限食品に力を入れていき、主に全国のコンビニエンスストアやドラッグストアやスーパーなど約1万5000店の他に大手インターネット通販サイトでも扱っていくそうです。
 
これだけの規模ならば、より皆さんの手元に届きやすいのではないでしょうか?
 
そして、何よりも強みだと感じるのは、これらの低糖質健康食品を「からだシフト」としてシリーズ化して同じメーカーからラインナップ豊富に展開している点です。
 
まさに大手ならではの手法とも言えます。
 
低糖質をうたう商品は以前から他メーカーから出ており、近年も増加傾向になります。
 
しかしながら、各食品メーカーが別々のブランドで展開しているためにまとまりが無く、店頭でもまとまった売り場が作りにくかったという問題がありました。
 
これらの問題に一石を投じる形となったのが、今回の「からだシフト」シリーズになります。
 
からだシフトシリーズを一か所にまとめて陳列できるメリットが生まれてきたということです。
 
 
三菱食品としては今後、同ブランドで減塩食品低脂質食品の展開も視野に入れており、そのマーケットも糖尿病予備軍が増えてきているアジア新興国をはじめとした海外に目を向けているようです。
 
健康だけでなく、美容に関してもとても重要な要素をもつ食品に関して大変心強いニュースですね。
AD