京都・大徳寺あたりで浸かってます。
 

銭湯好きとしては一度は訪れたいこちらにやってきました。
今なら外国人観光客もいてへんから空いてんちゃうんってことで
やってきました。

お邪魔したんが、実はお盆。
暑い京都でしてん。

開店前には地元のお客さんが結構並びはじめてます。

夏の京都は暑いんをちょっと忘れとりましたよ。


 

もうね、入る前から風呂上がりの一杯が楽しみでしょうがない。

しかしですね、この近くにコレといったところが見つからない。

あったとしても昼休みに入ってる。

 

そんなことをモチャモチャ考えながら開くのを待ちます。

中の撮影およびワシの裸体は公開できません。

残念ですが。



 

もっとワシの裸体に似たモノがこちらにありました。

くれぐれも言いますが責任持ちませんので自己責任で

興味ある方は御覧になってください。


マル秘

 

どうでもエエ話なんですが、シャワーで済ますときって絶対洗えてない場所が

カラダの中にありそうですよね。

ワシだけかな。

なんでしょうかね、特にホテルとかに泊まったときにシャワーで済ますとなると

なんかどこぞが洗えてないような気がするんですよ。

 

そういうの、未来世紀になるとわかったりするんでしょうか。

え? 未来ではカラダを自分で洗わなくなるって?

そうかもしれませんね。

 

テレビ通販か何かの番組で見たんですがシャワーヘッドを変えるだけで

化粧も落とせる、毛穴の汚れも落ちる、油性のマジックも落ちるってのが

あるじゃないですか。




あれを販売してる会社の会長は10年以上カラダを洗ってないとか。

そのシャワーヘッドだけでいけるんだとか。

不確かな情報ですんで、スナックでは・・・

 

あれが欲しいです。

ワシのサンタクロース、ちょっと早いけどくれへんかな。

京都・大徳寺あたりで…

大徳寺あたりでウロウロしてましたんで、大徳寺と書いてある
やつを写真におさめたり… 
 

あとは大徳寺納豆でも買うてかいろかなと。
寄ってみたりで…
まぁ、他愛もないおっさん京都ひとり旅。
 

ちいこい暖簾がなんかよろしいなぁ。
これだけ干してたら、なんやこれとなるところを
風情ある店構えに掛かってると、この黄ばみやよれ具合が
ええ感じに見えてくる。
 
 

どうでもええ話なんですが、検索サイトのGoogleでトップページに行くと
その時々でなんかその日の縁があることがアイコンに
なってたりしますやん。

ちょっと前のGoogleトップにこんなんが出てたんですよ。


誰や思います?
ワシは桂文枝さんかと思いましたよ。

たぶん、「新婚さん、いらっしゃい」の番組がスタートした日とか
そんなんちゃうんかと思ったんですよ。
 
 

違いましてん。

答えは坂本九さん。
「上を向いて歩こう」1961年の10月15日にリリースされたからとか。
 
 

上を向いて歩こう。
そんなことしとったら、犬のウンコを踏む。
そんなマンガを蛭子さんが描いてた。

下向いて歩いてたら、どうなったでしょうか。
お金を拾う。
そんなマンガでしたよ。

さぁ、明日もがんばろう。
京都・大徳寺あたりでチャーしてます。

とにかく暑い日でしたわ。
京都に来たら大徳寺に行かなどないすんねんってね。



お寺目的やなしに、蕎麦をいただきに来たんですが、残念なことに
ワシのとこで、本日の蕎麦終わりましたって。

うそ〜ん!
もう蕎麦の口ですよ。
それがないって…


しかし、暑い。
ここから移動すんのもしんどいし…

なだめますわ、蕎麦の口を。
すぐそばにええ感じの店がある。
昔の銭湯を居抜きでやってはる店ですね。


あちこちに銭湯の名残りが見られます。

店はカフェみたいでして、カフェメシもありましてんけど
蕎麦やなきゃ、もうええかなって。
拗ねてるわけやないんですけど、そう言う気分になりますよね。



そもそも、親子丼喰うてるし、立ち飲みでも喰うてるし。
喰いすぎかもしれませんけど、せっかくの京都やしね。

喰いすぎといえば、井之頭さん。
喰いすぎですよね、あの方。
テレビやから、視聴者のために喰うてくれてるんでしょうけどね。
よう知らんけど。




おっさんひとり旅。
目的の蕎麦屋に入れんかったからってことで流れて来たけど
気がついたら、おっさんワシだけの店内。

気にしない学園…
京都ジャンボリ、もうちょっと続きます。