母さんの言葉を受け、裕太はあわてて体を無理やり倒すと、大きく

あくびをする。

まだ、膨大のデータを整理しきれないまま、働かぬ頭を無理やり

たたき起こして、ボサボサ頭で洗面所に向かう。

歯を磨こうと、歯ブラシを口にくわえると、ふいにじいちゃんのことを

思い出す。

「ねぇ、じいちゃんから、何か聞いてない?」

母さんは、なんのこと?という顔をして、

「あなた、今日は出かけるのでしょう」と言うので、

裕太はぐずぐずと、

「そうなんだけどさぁ」

肝心の地図を渡されていないことに、気付いたのだ。

別に、地図などなくてもいいのだが、やはり、何か見落としの

ないように、地図が欲しかったのだが・・・

素知らぬ顔の母さんを見て、裕太はかなりガッカリとした。

がっかりとして、鏡に映る自分を見ると、ショボンとした、

ヨレヨレの」姿を見ると、少しあわてる。

「もしかして、忘れちゃったのかなぁ」

ハブラシを置くと、

「うーん、そうでもないかもよ」

裕太の母さんは、意味ありげに裕太を見ると、

ポケットに、手を突っ込んだ。

母さんの謎の行動に、

一体何を知ってるのだろう・・・

少し・・いや、かなり気になる裕太だった。

 

 

にほんブログ村 小説ブログ ノンジャンル小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキング 宝の島を探しに行こう