だがジュンペイは、オジサンたちには目もくれず、スルリと穴の奥に

身体をすべり込ませる。

「あっ、ちょっと待ってよ」

裕太はあわてて追いかける。

まるで勢いよく滑り台に飛び込むように、ジュンペイはヒョイッと

身を躍らせた。

(コイツ…まったくみんなの様子なんか、全然気にしちゃあいないな!)

ジュンペイのスタンドプレイは、時によかったり、ありがたかったりするけれど、

たまについていけないな、とげんなりするのだ。

それでもオジサンたちは、何が起こったのか、瞬時に気付き、裕太と目を合わせる。

裕太も思い切って、ジュンペイの後を追って、その穴に飛び込むと…

先ほどチラリと見た、見事な空間が、目の前に現れた。

 

「うわっ、これは何なんだ?」

その場に固まって見ているジュンペイの傍らに、裕太も並ぶ。

内心裕太だって、かなり動揺している。

だってそれは、今までに見たこともない光景だったからだ。

 

 ほら穴の向こうには、ゆったりと大きなスペースがあり、その空間を埋めるように

おびただしい数の彫像が、ズラリと並んでいた。

それは金や青銅のものも混ざっており、かなりの迫力だ。

「うわ~なんだ、これ?」

自分が発見した、という喜びで、すっかり上機嫌のジュンペイが、

はしゃぎながら、その周りを走り回る。

1つ1つの像は、結構大きくて、裕太などすっぽりと隠れるくらいの

大きさだ。

裕太もおそるおそるジュンペイに近付くと、思わずため息をもらした。

 まさかこんなところにあるなんて…思いもしなかった!

「うわーい、やったぞ!」

ジュンペイが、手放しで踊り狂っている。

これが本物か、とか

価値がどれくらいなのだろう…ということなんて、まったく気にならない。

それよりも…誰も知らないものを、見つけた、ということに、

子供たちの興奮が否が応でも、盛り上がるのだった。

 

 

 

にほんブログ村 小説ブログ ノンジャンル小説へ