「で・・・こいつは、どこへもっていけばいいんだ?」

話のついでのように、聞く善行に、幸次郎は思わず

呆れた顔をします。

「おまえ・・・なんにも考えていなかったのか?」

「いや・・・」

いきなり突っ込まれて、さすがの善行もタジタジです。

結構慎重派の善行ですが・・・このところ、見切り発車のことが

多々あります。

最近何かあると、幸次郎まかせだったのが、露見してしまったか・・・

黙り込む善行に、

「まぁまぁまぁ・・・そんな怖い顔しないで」

のんびりなよっちゃんが、珍しく間に入ってきます。

ふと、幸次郎を見やると、つい・・・と決まり悪そうに、目をそらすので・・・

善行は咳払いをして、柱時計に目をむけます。

かなり大きな古い時計・・・

アンティークといえば、そうですが・・・

善行から見れば、場所ふさぎと思うのだが、年月を経て・・・

飴色に輝く木の時計は、安らぎと安心感を与えてくれました。

「そうだなぁ~そこの角の時計店に持って行くしかないんだろう・・・」

「うーん」

善行は腕組みをして、考え込みます。

「あそこは・・・1代目はよかったが、後を息子がついでから、今1つ

パッとしないんだよね・・・」

「そうなのか?」

考えこむ幸次郎に、思わず善行は聞き返しました。

 

 

 

にほんブログ村 小説ブログ ノンジャンル小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキング