じいちゃんは、モジモジしている裕太に気付き、

「ほら、聞きたいことが、あるんだろ?」とうながすので、裕太はしかたなく

「秘密の洞窟って、ご存知ですか?」

と、いきなり、そのものズバリで、切り込んできた。

ヨーダ老人は(名前を知らないので、勝手に裕太がひそかに命名した)

シワに埋もれた小さな目を、ピクリ・・・と動かすと、

「どこでそれを?」と、聞いてみる。

じいちゃんも、その話は知らないなぁ~とばかりに、聞き漏らすまいと、

耳を傾けている。

その真面目な顔で、裕太に注視する姿に、

(やっぱりそうだったのだ・・・)と、裕太は確信した。

 

 だますつもりは、毛頭ないのだ。

カマをかけて、相手を揺さぶって、その反応で、なにかしらの情報を

得ようとしていたので・・・

思わず口に上らせてみたら・・・案の定、まさかのビンゴで、言った本人が1番、

驚いているのだ。

なぜだか、この島の秘密は、一般には知られていなくて、生まれ育った母さんでさえ、

あまり詳しい情報がない。

その秘密が、忘れ去られることにより、風化しようと、している。

まして、タブー視されている部分が多いかもしれない。

大体なんで、この島のことを、みんなは知ろうとしないのか・・・

それは、まさかインチキなのか。

はたまた、金の力にものを言わせて、周りの人たちを巻き込んで、黙らせた・・・

そう考えるのが、1番妥当だと、裕太は思うのだ。

 

まだヨーダ老人とじいちゃんが、一人で考え込む裕太の様子を

うかがうのであった。

 

 

 

にほんブログ村 小説ブログ ノンジャンル小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキング 宝の島を探しに行こう