このところ、何の手がかりもなく、いたずらに時が流れていて、若干

焦っていたのも真実でした。

ニヤリ、と幸次郎は笑って、

「少しばかり、時間がかかったけど、やはり《知る人ぞ知る》ってやつだな」

と、得意そうに言います。

こうなると、みんなかないません。

あっさりと降参です。

「さすが、幸次郎だな」と善行が言うと、克也もよっちゃんも

うなづきます。

そんな幸次郎、満更でもないようで、

「そりゃあもう、エサをばらまいたからな」と言うので、

「なんだ、そりゃ?」

頭の切れる人間は、一歩間違えると、変人にもなり得ますからね。

わけのわからぬことを・・・と戸惑うみんなを尻目に、

「人形を探しています、と書いたのを、SNSにあげたら、結構な勢いで、

反応が来たからな」

そう言いつつ、

「試しに、見てみるか?」と言い、

例の人形のアップと、この人形を知りませんか、というタイトルと、

有用な情報提供者には、抽選で、謝礼も検討中、という画像を

善行たちに、示しました。

すると、話しているわずかな時間に、次々と書き込みが更新されて、

中には、目撃情報だの、続々と寄せられてきていました。

「ほらね、こんなのでも、食いついてくる人はいるからなぁ」

嬉しそうに言うと、チラリ・・・と目を走らせました。

そんな様子を、感心したように見ていた善行。

「なるほどねぇ」と、大きくうなづいています。

「それって、あれかい?オタク?」と聞くと、

幸次郎は、「そうだなぁ~」と、少し考えているようでした。

にほんブログ村 小説ブログ ノンジャンル小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキング