なんだか悲しくなって、ケンタはホロリ・・・と涙のしずくがこぼれます。

それに気付いたタカシくんは、あわてて

「ゴメン。ボク・・・ケンタくんのこと、怒ってるわけじゃないんだ」

と、なぜかオロオロとした口調で、泣きだしそうに顔をクシャクシャに

しました。

ケンタ自身、なぜ自分が泣くのかわからなくて、驚いていたし、

タカシくんも、どうしたらいいのか、わからなくて、戸惑って

しまいます。

すると、にわかに子供たちも、ザワザワとして、ようやく先生も

異変に気付きます。

「ケンタくん、一体どうしたの?」と聞きます。

タカシくんは、顏を真っ赤にして、

「ボクが泣かしたわけじゃないんです」

と、あわてて否定すると、ケンタは鼻水をこぶしでグイッとぬぐうと、

大きくうなづきます。

先ほどまでしかめっ面をしていたショータくんが、憎々し気に、

「あいつだよ、あいつ!」

とまっすぐに、部屋の隅にいる少年を指差しました。

「カイくん」

タカシくんも、一緒に指差すと、先生は困ったような顔をしました。

さすがの先生も、しょっぱななので、怒りにくいのでしょう。

ケンタを見ると、

「どうしたの?」と聞きます。

ケンタは、鼻をすすり上げると、黙って頭を振りました。

 

にほんブログ村 小説ブログ ノンジャンル小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキング