ざわざわと、話し込んでいた子供たちは、カイくんのひとことに、一瞬シンと

静まり返り、驚いたように、ケンタとカイくんを振り向きました。

ケンタは、耳まで真っ赤になって、

「ごめん・・・うるさかった?」と、ようやく蚊の鳴くような小さな声で言いました。

カイくんの剣幕に、ひどくビックリして、目にポロリ・・・と小さな涙の粒が

浮かびました。

こうして、自分のことを拒否されるのが、生まれて初めてだったので・・・

何があったのか、信じられなかったのです。

ケンタの顏から目をそむけて、

「ボクは、オマエと話したくない。側にもいたくない。

 仲良くなんて、して欲しくない。

 ほっといてくれ」と言い放つと、ケンタに背を向けると・・・今朝座り込んでいた場所に、

今度はお弁当を持って行ってしまいました・・・

 

 ケンタは、ひとりポツン・・・と取り残されて、ぼぅっとしています。

それをタカシくんは、じぃっと見ていました。

「だから言っただろ?アイツにかまうなって」

と言うと、ケンタに近付いて来ます。

「わかっただろ?」

そうしてあらためて、ケンタの隣に腰を下ろしました。

ケンタがタカシくんを見ると・・・珍しくタカシくんは怒っているようでした。

 

 

にほんブログ村 小説ブログ ノンジャンル小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキング