おそらくこうして、自分のふるさとの空気を吸ってるせいなのか・・・

母さんは、今まで見たこともないくらい、穏やかな表情を

浮かべていた。

よく見ると・・・小さな女の子の影が、チラリと見えるようで、

裕太はなんだかおかしかったのだ。

だけども、みるみる元気を取り戻す、母さんを見るのは、

楽しかったし・・・

今は、友達がいなくてつまらないけれど、ここの暮らしも、

そう悪くないかもしれないな・・・と、裕太はふとそう思う。

 

 そんな裕太の横で、母さんはなんだか、羨ましそうに、

息子の顔を見る・・・

「いいなぁ」と、思わず、子供のような顔をする・・・

「大人になったら、こんなにワクワクすることも、

少なくなったわ~せめて、楽しむことを忘れたくないんだけどね。

中々、夢中になることって、見つけられないんだけどね」

母さんはしみじみと言う。

「しっかりと楽しみなさいよ。

今のうちに、出来ることをしなくちゃ!

後で、後悔しても、仕方ないのよ~」

今日の母さんは、珍しく、通りがかる人を見て、

熱く語るのだった・・・

 

にほんブログ村 小説ブログ ノンジャンル小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキング 宝の島を探しに行こう