だんだんと、辺りが明るくなっていく・・・

鳥のさえずりを聞きながら、裕太と颯太は、せっせと

泥遊びのように、土を掘り返した。

するとまもなく、土の中から、何か紙切れのような物が、

出てきた。

「あっ!」

裕太は思わず、手を止めて・・・

「何かある!」

と言うと、颯太は顔を上げ、

「なんだ?」と聞く。

「わかんない・・・何か、紙みたい・・・」

と言って、裕太はそうっと、掘り起こす・・・

すると、少しちぎれた紙切れが、姿を見せた。

「これって、なんだ?」

2人は、紙切れを手に取ると、かわるがわる、日に透かすようにして、

のぞきこんだ。

「これって、何かに似てるよね、なんだっけ?」

裕太が、眉間にシワを寄せて、聞く。

すると颯太が、「うーん」と言いつつ子細に見ていると、

「これって、あれに似ているよ」

なんだっけ?と、頭をひねりつつ、眺めている。

「ほら、あれだよ、あれ・・・」

と言いつつ、思い出そうとした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 小説ブログ ノンジャンル小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキング 宝の島を探しに行こう