IKKO(美容家)クリスマスディナーショー2017~メイク&トークショー~in北海道・帯広

 

完売御礼…主催の皆様、代理店の皆様、現地関係者の皆様・・・そして、ご来場の皆様。

 

関係した全ての皆様に、心より厚く御礼申し上げます。

 

ありがとうございました!!!

AD

インターフォンから聞こえるその声。

 

「いつも東京ガスをご利用頂きありがとうございます!毎月の使用量がお安くなるご案内です!!」

 

普通に聞けば東京ガスの人間と思う。自分も一瞬そう思った…。

でもどうも解せない…東京ガスなら通知で済む筈だし、態々営業に来る訳が無い。

 

『えっ!?東京ガスさん!?』

「え~いつもご利用頂いている東京ガスのお値段割引のご案内です!」

『だから…東京ガスさん!?』

「ガス料金割引のご案内でご訪問させて頂いておりますが…」

 

肝心な部分を答えない…。

 

『資料か何かあるのであれば置いていってください』

とインターフォンを切った。後で資料を見てみると・・・案の定、東京ガスではなく別会社の営業だった。

光電話や電力自由化のときもそう、今回は都市ガス自由化での動き。まぁ何というか全く知れ渡っていないとは思うが、今年の4月からスタートしたサービス。別に怪しいサービスでもないのだから、堂々と営業すればいいのに!!と思う。あの姑息さが拒絶反応を生んでいる気もする。

 

「東京ガスをご利用かと思いますが、ガス料金がお安くなる新サービスのご案内です」で済む話であって、何で態々ライバル会社の名を紛らわしく使って「いつも東京ガスをご利用頂きありがとうございます!」みたいな営業トークから入ってくるのだろうか?インターフォンさえ突破できれば…そう思ってのことだと思うが、余りにも失礼だと思う。

 

基本的に自分は人で買う…それで失敗した事もあるが、それはそれで人生勉強と思っている。だから…こんな営業マンのサービスはどんなに安くても受けたくは無い…という結論に至った。

AD

IKKOディナーショー in 秋田・湯沢!!

テーマ:

満員御礼・・・ありがとうございました!!

 

主催の皆様、現地関係者の皆様、そして…ご来場の皆様。

 

関係した全ての皆様に厚く御礼申し上げます。

 

ありがとうございました!!!

AD

アンケート調査

テーマ:

某駅前広場で街角アンケートみたいなことをやっていた。
アンケートスタッフは、スーツをしっかり着た面々…首には身分証明&腕章。見る限り…全うな調査かなと…。東京なんか特にだが、訳の解らないアンケートやらマーケティング&市場調査なりが多い。
そんな中でパッと見ではあるが、悪くは無い!?調査かなと…しかもその調査員(=20代前半の女性)が中々声をかけずに右往左往している。人は沢山往来している…でも声をかけられない…上司と思われる人に怒られつつも、どうしても声がかけられない感じ…オイオイ…声をかけないと意味ないだろう~!頑張れ~~~!!と訳の解らぬ心配をしつつ…「仕方が無い…一肌脱ぐか!?」と不肖:氏家、堂々とその調査員に向かって歩いてみた。

が!!

目は合うものの見事にスルー........................。

かなりのショックを受けながら!?その後の彼女を観察していると、声をかけているではないか!!俺じゃなくて誰にだ!!と思って、声をかけられた人を見てみた。

パッと見るだけで解った。物凄く人が良さそう…。

言い換えれば気が弱そうともいえるのかもしれないが、スーツをビシッと着こなした「良い人!!」感が半端がない20代前半の男性だった。何やらイヤホンで音楽なりを聞いていた男性だが、調査員に声をかけられるなり、しっかりとイヤホンを外しマジマジと話を聞いている。

「断りたくても断れない…」みたいな。

思った…。

まぁ~パッと見、あのタイプの人間には聞きやすいよなぁ~と。と、同時に…彼女(=調査員)的には、聞いてもいいよオーラ満載の自分より、彼の方が聞き易い人間という判断だったのだろうなと……。

ん~~~~男のバトルはどこでも生じる!?

相撲…。

テーマ:

問題ばかりがクローズアップしている。

暴力問題?事件?傷害?ビール瓶?診断書?非協力?理事問題?派閥?文化?…そこに横綱の「物言い」問題も噴出して…。

ん~話題には事欠かないとしか言いようが無い。結果どうなるのかは解らないが、真実を明らかにするしか方法は無いと思う。その為の警察への被害届だったのかとは思うが、その方法なり何なり…ただひとつ、これを機会にしっかりすっきりした方がいいと思う。

相撲界には伝統や歴史もあるし、神事なのかもしれない。ただ傷害事件として届け出があった以上、本場所だから…みたいな主張は通らないと思う。まぁ某一部には不逮捕特権があるのだが…。

でもそんな騒動の中、横綱3人が休場している。4人横綱になったがそれ以降、一体どれ程、4横綱というのが機能したのだろうか?連続休場…横綱なのだから、それこそ次の場所は進退を賭けてやって貰わないといけないと思う。

本場所も終盤の今、優勝争いより違う話題がニュースを独占している…それが現実…。ある意味、大きな転換期なのかもしれないとも思う。何れにせよ、すっきりしないと、今の大相撲ブームは直ぐに終わると感じてしまう…。

小江戸:川越

テーマ:

仕事で川越へ!!
何度か来たことはあるのですが、今回は空き時間があったので散策してきました!!
以前の川越の現場で、スーパー照明チーフオペレーターが「朝のウォーキングで行ってきた!!」と話していたので、いつかは行きたい!!とずっと思っていたんです。なので今回は!と…ただ時間が限られているので駆け足で…

蔵造りの町並み・時の鐘・まつり会館・菓子屋横丁・大正浪漫夢通り・うなぎの名店…

一気に回ってきました!!面白かった!!!平日でしたが人が多かったなぁと…小江戸:川越の魅力…解る気がしました!!

ボージョレ・ヌーボー

テーマ:

解禁!!という事で至るところで宣伝していた…。
ワインを嗜むという人間でもなく、基本ビール派の自分なので、正直いってさほど?殆ど?興味が無いのが本音。
ただ本当に街中で「ボージョレ・ヌーボー解禁!」とあるから嫌でも頭には入ってくる…なので...........

ボージョレ・ヌーボー2017…飲んできました!!

試飲で!!!!!
行きつけのお店で店員さんに勧められて、5種のワインを一気に!!確かに全然違う、それぞれのワインの味…まぁ詳しいことは全く知らないが違いは解る。おぉ~~これがボージョレ・ヌーボー!!かと…。

まぁでも…我が第2の故郷…山梨のワイン!!!!!!これを忘れてはいけませんよと!!!!!

満員電車で筋肉痛!?

テーマ:

極力、満員電車を避けるようにしているのだが、どうしてもその電車に乗らなければいけないときもある…。
先日もそうで、ラッシュ時間とトラブルが重なり激混みになっていた…。
「うわぁ~~~最悪」ホームに溢れる人の数を見るだけでも憂鬱に…。でも乗らなければその後のスケジュールに支障が発生する…はぁ...........という深く大きいため息とつきながら乗車。ドアが閉まると完全に身動きが取れない状態…密着率100%。前も後ろも斜めも全て人に触れている…不快指数はMAX。まぁ仕方が無いと思って我慢…。自分は右ドア付近にいてドア前には70代と思われる男性高齢者が。余りに可哀想だと身を挺して人間の圧力をかけないように“若い”自分が防御。ただその分、通常の立ち位置の維持体制とは異なる力が彼方此方に…。まぁ我慢できる感じだったのだが、次の駅で悲劇が。次の駅は乗降客が少ない筈で、左のドアが開くというアナウンスがあった。良かったなぁ~と思っていたら、目の前の高齢者が「反対側か!?」と…。そう....降りる。この状況で真反対のドアから降りるのは相当なこと。嫌な予感はしたが、駅に着くと車両全体に聞こえる位の勢いで「降ろりま~~~す!降ろしてくださ~~~い!!」と。まぁ肩がぶつかるどころの話ではなく、ラグビーのタックルの如く突き進む高齢男性。周りも彼方此方に倒され?影響を受け?…。かくいう自分も左足が良からぬ方向に収まってしまった。高齢男性の足と我が足が絡んだ結果だ…。超満員電車では、一度収まった体勢は中々変えられない…次の駅まで我慢する事に…。しかも今度は我が前に若い女性が…これまた何かと面倒な訳で余計に動けない。電車が曲がる毎に余計な負荷がかかる我が足…。やっとこさ…で降りる駅に…。
そこまではまだ良かったのだが、帰宅して睡眠中に異変が…。「ん?足がつった?」と一瞬思ったのだが、完全なる“筋肉痛”。翌日は足が痛くて仕方が無かった訳で…。
満員電車のせいだ!あの高齢男性のせいだ!俺は守るために!とは少しは思った…でもそれ以上に.......満員電車で筋肉痛!?「歳かなと…」それが正直なところか...........。

チバニアン!?

テーマ:

約46億年の歴史があるといわれている地球。
その長い歴史の中で、N極とS局が変わる事(=磁場逆転)があるのだという。その最後が約77万年前という事らしいのだが、地球環境には大きく影響し地層にも大きく現れるのだという。それをが明確に出ているところが基準地域(=国際標準地)となって、その地域の名称が地球史の地質年代名に命名されるのだという。
その地層があるのが千葉県市原市。今は内定だが最終的に認められば…約77万年前~12万6000年前位が「チバニアン」=千葉時代となるのだという。
何とも壮大過ぎて自分には良く…とは思うが、世界の標準基準地名になるのは凄いことだなと…。
ただ個人的には…地球上でN極とS極が逆転した事が、少なくとも10回以上あったことの方が驚きではあった…。

タクシーで暴行!!の容疑者が…。

テーマ:

札幌のタクシーで起きた暴行?器物破損?代金未払い詐欺?
車内のドライブレコーダーを見る限り…酷いとしかいい様がない。激怒する理由もなければ足で蹴飛ばす理由も解らない。自身が考えていたルートと違っていたのかもしれないが、あそこまでやるか…とは誰しもが思う。まぁ捕まるのも時間の問題とは思っていたが「自分かもしれない…」と名乗り出た人がいるという。
その職業…弁護士。
弁護士なのだから自分が犯した法律違反は解るだろう。その理由が酔っていたから…それだけで許される話では勿論ないし、法的な制裁は受けなければいけない。ただ何でそうなっちゃったの!?とは素直に思う。過去に某有名アナウンサーで某番組キャスターだった人が同じ様な事をした事件があった。あの時も衝撃的だったが、こんな事は常態化しているのか!?とも思えてしまう。今の世の中、ドライブレコーダーは当たり前というか普通になってしまったから目立つだけで、今も昔も普通にある事例なのだろうか…それであれば余りにも酷いと思う。泣き寝入りした事例はどれ程あるのだろうか…。
仕事柄、タクシーを使うことは少なくない。人間なのだから色々なタイプの運転手がいるのも解る…合う人合わない人…当たり前の話。人間社会なのだから、自分の思う通りには行かないのは当たり前で、相手を思って何処かで妥協なり理解して処理するのが人間社会のルールだと思う。
その弁護士にとって何が導火線に火を点けたのかは解らないが、ドライブレコーダーの映像が全てだとは思う。でも…解って欲しいのはドライブレコーダーというのは、ドライバーへの警鐘であり警告でもあるということ。ドライバーが明らかに酷い運転なり言動をしたら、それはそれで問題になる。
どこにでも監視カメラや防犯カメラがある時代…そこに映し出される驚愕の映像の数々…今の時代だけなのか?過去にもあったのか?少なくとも今の現実を映し出しているのには間違いない..............。