全国男性復権を目指す会

全国男性復権を目指す会

現在の偏った男女平等意識を改め、健全な役割分担が出来る社会を目指すべく弊会を発足させました。


テーマ:

 御茶ノ水女子大学でトランスジェンダーの学生も受け入れるとの発表がありました。理由は性の多様性に対応するためと言っておりますが、バカではないでしょうか。只単に脚光を浴びるために発表したのであれば売名の誹りは免れません。対象の学生をどのように選別するかも未定とのこと。こんな下らない茶番をやるより、根本的に共学にしてしまった方がずっと早道どと思うのですが。同大学は女性インテリの牙城となっておりますが、今後トランスジェンダーと診断された学生がつめかけるのか。更に在学中の学生にインタビューしていましたが、「これで世界の流れに追いつく」など肯定的な答えのみ。期待していた「変な人が入って気持ちが悪い」などの本音は聞くことができませんでした。さすがに女性インテリを目指す方々は考え方が進んでいるのでしょうね。性の多様性といっても対象者がそれ程多いとも思えません。ほかの女子大学でも現在検討中とのことですが、女子大の存在価値が薄れた現在こんな中途半端な施策を取るよりも、あっさりと共学にして優秀な男女を採用する方が先と思われます。女子大の意味もある程度わかるのですが、現在男子のみの大学はないでしょう。ここ数年でわだいになっているLGBT問題に対応するつもりなのかもしれませんが、あまりにも唐突。口さがない連中はトランスジェンダーを装って入学し、ナンパをしまくってやる。とも言っています。更には成績の悪いトランスジェンダーの学生にゲタをはかして合格させる,逆クオータ制にも気を付けなければなりません。とにかく時流に乗った学校経営はどこかで破綻をきたしますから、現在の「女の園」を崩さず運営して欲しいものです。

 


テーマ:

 一昨日NHK首都圏ネットワークで「セクハラ」について特集しておりました。女は理論的な思考ができない。感情的である。女性も同意していたなどの言い訳は全てバイアスがかかっており信用できないとのこと。しかしこういうのは一般的な傾向を示しただけであり、一部だけを切り取って使用するのはいかがなものかと。例えば僕が吉田沙保里さんと対戦すれば瞬時にひねりつぶされるでしょうし。一般的な夫婦で言えば男性の方が体力的に優れているでしょう。この研修が終わったあとの感想である男性は、「今まで遭った女性がたまたま特別であったと考えるしかない」と皮肉交じりに答えておりました。講師のジジイは「女性が同意したということで共犯関係にしてしまうのは卑怯」とまで言っておりました。男女関係がこんなに入り組んでしまうと、昔のような単純な男女のロマンというのも成り立ちにくい情勢に陥り少子化問題にも影を落とすことになりかねません。そんなに性別が嫌なら人工的に男女同一にしてしまい、人工授精、人工子宮で子供を育てればよい。何百年後かには均一化されたそういう人類が現れるかもしれません。

 

 最近街中に出かけて目に入る女性はおしなべて色気がなくなっている。ここ1~2年以降顕著です。初めは僕が歳をとり男性ホルモン止まったと思ったのですが、どうも彼女らのいでたちに問題がありそう。体の線をださないような服を着こみ、皆同じような化粧をしている。原点にあるべき異性へのアピールということを忘れ、対象を同性に向けて見栄を張りあっている気がいたします。ついでですが最近ブスの子が減り、それと同時に美人もみかけなくなりました。結局可もなく不可もない普通の女が大きな力を持ち始めた。この傾向はテレビなどに出

演する女優やタレント、アナウンサー等にも言えます。世間を見ることしか楽しみのない老人にとっては寂しい限りなのですが。 いずれにせよ「セクハラ」は文化でありイデオロギーではありません。人類誕生から連綿と続いている伝統を浅はかな行動で殲滅してしまえばそこには後悔のみが残ることでしょう。                                   


テーマ:

 昨日研修会があり久しぶりに区役所に出向きました。その帰りバスに乗って座っていたら、目の前の席にロングヘアーの若い女性が。嫌な予感がしたのですが案の定長い髪を指ですきはじめました。そのうちそれでも足らず頭皮をガリガリと掻き始めた。僕としては目の前でやられて大変迷惑で、頭をひっぱたいてやろうと思いましたが、過激なことをすれば簡単に捕まるご時世に合わせて静かに見守りました。しかし本人はそれとはつゆ知らずに相変わらずゴソゴソやってましたっけ。話はここでは終わりません。途中の停留所で杖をついたヨタヨタのババアが乗り込み、件の女の前に立ちました。高齢者にしても最近は乗ってしまえば親切にしてくれると、確信犯的の奴が出てきておりますが、それについてはまた日を改めて語らして頂きたいと思います。話を戻すとこういう状況のとき若い人は大抵席を譲る」のですが昨日の女は頑として立とうとはしない。揺れて危険であり僕が席を立ち譲ってしまいました。乗り物で観察しているとこういうケースが多いですね。若い奴らは我関せずでスマホなんかをパチパチやって最初から「ジジババに譲る義理はない」とばかりに頑張って座り込んでいる。いきおい中高年が譲る羽目になるのですね。もう少し詳しく見ると支那・南北朝鮮の結構いるようです。隣のスマホを覗くとハングルや簡体字ということもありますから。

 


テーマ:

 先日サッカーで日本チームがセネガルに勝ったと大騒ぎしていたので、てっきり優勝したものと思ったのですが、愚妻に聞くとこれからいくつもの難関があり、ようやく決勝戦にたどり着くとのこと。私としてはさっさとカタをつけてもらいたいのです。このご時世「非国民」の誹りは免れませんがセネガルのように体力しか能がない国に勝っても仕方がない。こういう時こそ相手に花をもたせればよい。日本が勝ち続けていつまでもテレビで騒がれていると通常のニュースや番組がW杯一色になってしまい、見たいものもみられなくなる。これも一種の言論統制なのでしょう。ところで今回気づいたのですが「W杯」と」書いてワールドカップと読むのですね。「五輪」もいつの間にかオリンピックですしね。こうして新しい言語が増えるのでしょうが、あの「半端ねー」というフレーズはどうも受け入れがたい。この言葉を最初に喚いたという人の映像が放送されていましたが、客観的に見ればただのバカ。日本中が熱狂に乗せられあちこちで既に市民権を得ただけでなく、日常的に使われようとしています。言語などというものは時代によって変遷を遂げるものであり、それほど目くじらを立てるわけではありませんが、品のない言い回しが一般的になることは危機感を覚えます。隣の公園で女子高生が声高に話をしているのを聞くと「うそー」「やばい」などを連発しており、将来が危惧されます。ところがその反面テレビの路上インタビューなどに答えているところを見ていると、若い子が場にそぐわない漢語をちりばめた会話をしているので驚かされます。教育のアンバランスなのでしょうか。

 

 週に1~2度位近所のジジイ達と駅前の居酒屋に行きます。そのとき運が悪いと女性だけのグループの隣に席を指定され騒音に悩むことになります。彼女らのパワーはそれはすごいもので、誰かが一言喋るとそれに呼応して「きゃー」「わー」と奇声をあげる。5~6人その音量たるやたいへんなもので、3m離れて85㏈は優にあると思われる。更にその発声については皆シンクロしており周囲への威力を強めている状態です。冗談ではなくグラスが振動するし、耳は一時難聴状態になります。


テーマ:

 今日ニュースを見ていたらニュージーランドで女性首相が産休を取ったと鬼の首を取ったように報じておりました。この国では女性の国会議員が40%にのぼるとも。しかし一国の指導者がこんなにぬるい状態でよいのでしょうか。何らかの有事の際どのように対応するのか。同ニュースでは副首相が対応するとのことですが、やはり女性を責任ある立場に就かせるべきでないと思います。このニュースの終わりに日本の状況について触れ、国会議員の女性比率が195か国中158位などと言っておりましたがこれは余計なプロパガンダでしょう。ニュースは公正でなければなりません。

 

 穴見陽一衆議院議員が受動喫煙を訴えた団体代表に「いい加減にしろ」とヤジを飛ばし謝罪したと伝えておりました。話の前後がよくわかりませんが、この代表がおっしゃっているように受動喫煙が原因で年間15000人も亡くなっているとは俄かに信じがたい。そもそも密閉された狭い室内においても、受動喫煙の煙濃度は直接喫煙の数十万分の一位しかないとのことです。受動喫煙については臭いが気になるだけではないでしょうか。

 

 更にこれにも関連して東京都の受動喫煙に関する条例も報じられておりました。以前にも書かせて頂いたとおり、こんなことも全く無茶苦茶であり、何故オリンピックを開催するから禁煙なのでしょうか。世界各国の目はもっと厳しいとのことですが、そんなことは知ったことではありません。「こどもを受動喫煙から守る」などというところからどうもいかがわしく、小池知事一流のパフォーマンスでしかないと思います。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス