松下誠の投資家を元気にするブログ

松下誠の投資家を元気にするブログ

今、最も支持されているカリスマトレーダー松下誠が、毎日の市況やトレードの心構え、資金管理やルールなど、実践に即して相場を語ります。毎日のメンタルコントロールに最適です。

おはようございます、松下です。


私は今から20年前の2001年に、
当時33歳で初めて株を買いました。


何も知らずに、
雑誌のお勧め銘柄を買い、
毎日株価が下がり続け、
最初の売買は-40%の損失で
大失敗でした。


それからも失敗は続き、
気づくと1年半損失を続け、
大きな資金を失っていました。


その間も懸命に勉強している
つもりでしたが、
それらは全く的を得ず、
利益が上がることはありませんでした。


最低最悪のどん底の状態になってやっと、
私は投資で最も大切な資金管理と
ルールを学び、環境認識を行い、
損切りを徹底し、やっと利益が
上がるようになりました。


勝つ投資の枠組みが出来上がっていきました。


それでも大成功とか、
会心の売買というにはほど遠く、
いつも失敗ばかりを繰り返しました。


しかし一旦勝つ投資の枠組みが出来上がると、
失敗ばかりをしていても、利益は上がります。


勝つ投資とは、そんなものです。


利益を上げている投資家でも、
失敗ばかりしています。


失敗ばかりでも利益は上がります。


そうやって失敗を繰り返しながら、
少しずつ精度を上げ、
完成度を高めていきます。


投資の成長は本当にわずかずつです。


それでもしっかりと利益は上がりますので、
諦めずにしっかり学んでください。

おはようございます、松下です。


昨日はZoomで、毎月恒例となっている
松下誠の株式投資オンラインスクールの
オンライン相談会を行いました。


20名弱の個人投資家が参加し、
事前にいただいた質問に対して、
熱く指導して、気が付くと
2時間しゃべりっぱなしでした。


毎月多くの生徒から、
たくさんの質問をいただきますが、
残念ながらその質問は
ピントがずれています。


投資で勝つために本当に大切なのは、
銘柄やタイミングをどう選ぶか、
今後の見通しをどう立てるか、
利食いや損切りのポイントを
どこに定めるかという点ではありません。


投資のスタートである、
なぜ株式投資は勝てるのか?


という戦略やターゲット、
構造を理解しているかどうかなのです。


その意味において、
株式投資の成否は、
既にスタートで決まります。


そしてその投資家が
利益を上げるか、
損をするかは、
私は少し話を聞くと分かります。


それほど根本はシンプルです。


そして個人投資家の90%以上は、
このスタートの部分、
根っこの部分が分かっていません。


その状態で市場に飛び込み、
些末な情報や材料に振り回され、
最終的に損をします。


投資で勝つために、
スタートや根っこの部分で
熟考してください。


そもそもなぜ株式投資は勝てるのか?


何が利益と損失を分ける違いなのか?


それが理解できて初めて、
銘柄を選んだり、
タイミングを選んだりするのです。


走り出す前にじっくり考えましょう。


答えが分からなければ、
考え続けましょう。


利益を上げる時間は、
たっぷりとあります。

おはようございます、松下です。


個人投資家は常に価格の行方を
予想しています。


上がると思うから買う、
ということになります。


しかし多くの場合、
これは予想ではなく、
願望であるに過ぎません。


上がって欲しいと思って、
買っています。


上がって欲しいと、
いくら願ったところで、
価格は動きたい方へ動きます。


無残にも投資家の願いとは裏腹に、
価格は下げて損失を被ります。


投資家が行うことは、願って
それにしがみつくことではなく、
価格の動きに対処することです。


上がっていれば買い、
下がっていれば売る。


これを徹底すれば、
価格の動きついていけるようになり、
資金も安定します。


投資とは予想ではなく対処です。


私はリチャード・デニスの言葉でこれを学び、
20年間ずっとそれを心において、
また伝えてきました。


価格の動きに対処して、
それに乗れるようになれば、
自ずと資金は増えるようになります。


予想や願望ではなく、
対処するようにしましょう。


これらは全く別物です。