Q(質問)
京都市下京区男性です。
  私は以前から入れ歯をしているのですが、金属の部分が目立ってしまい、大きく口を開けて笑うことができません。なにか良い方法はありませんか?(京都市、58歳)


A.
   はい。そういう患者さまのために開発された「ノンクラスプデンチャー」と言われる入れ歯があります。


★この入れ歯の特徴は、

1、〈入れ歯をしていることに気づかれない。〉
       保険の入れ歯のような金属バネを使用しませんから、入れ歯をしていると気づかれません。従いまして、安心して大きく口を明けてお話しできます。

2、〈割れない入れ歯〉画期的新技術!
       弾力性があり、歯やお口にやさしい柔らかい素材のため、多少の衝撃でも折れたり割れたりする心配がありません。    

3、〈快適なフィット感〉
        ナイロン系の新素材で、金属アレルギーの心配もなく、保険の入れ歯よりも薄くて軽い新感覚の入れ歯です。

4、〈変色・においの発生を防止する〉
        永く使用することで唾液を吸収し、嫌なにおいを発生しがちだった保険の入れ歯と違い、当院のノンクラスプデンチャーは変色・においの発生を防ぎます。


★〈欠点〉
・遊離端義歯と呼ばれる、一番奥に本来ならある奥歯がないケースには向きません。
(当院では遊離端のノンクラスプデンチャーは、取り扱っておりません。)

・内面適合法(裏打ち、リベース)ができません。

・総入れ歯には不向きです。 (ノンクラスプデンチャーの材料の特性上、総入れ歯の場合、不適合になるケースが多く見られます。)

(・症例によりましては、ノンクラスプデンチャーができないケースがありますので、ご注意ください。)


ノンクラスプデンチャーについて、詳しい説明をご希望の患者さまは、一度ご来院ください。

料金につきましては、イシズミ歯科医院のホームページをご覧ください。

さらに詳しく
   
      イシズミ歯科医院
         http://www.ishizumishika.jp/original4.html
             









従来の保険の入れ歯では、金属のバネが必要でしたが、ノンクラスプデンチャーでは金属を使わない設計が可能です。
一目では入れ歯を使っているかわかりません。

 イシズミ歯科医院では、スマートフィットデンチャーをおすすめしております。

さらに詳しく

イシズミ歯科医院

JR山科駅近くですから、京都市内、宇治市、長岡京市、向日市、高槻市、枚方市、大津市、草津市、近江八幡市、大阪市、神戸市、亀岡市などからの通院が便利です。