北海道・ニセコも3月に入ると一気に春めき、スキー場は好天に恵まれ真っ白な雪が太陽を反射しゴーグル無しでは目が開けられないほど眩しく、この時期紫外線も一気に強くなるのでうっかりするとゴーグル直下頬が日焼けで真っ黒になるほどです(O_O)

 

春が来ると僕がニセコで楽しむ”パウダースキー”もそろそろ終わりですが、一度パウダーの醍醐味を味わうとゲレンデ(整備されたコース内)スキーがどうしても物足りなく感じます(>_<)

 

本動画では北海道ニセコ・春スキーの様子と、海外からやって来てこの地で暮らす人々の生活の様子も載せました。

 

今年のスキー・シーズンを振り返るとコロナ禍とは全く関係なくニセコには大量の雪が降ったようで、春スキーに詳しい人に伺うと今年は6月初旬までバックカントリー(ゲレンデ外で行う)・スキーが楽しめるらしいので、もう一度くらい春スキーに出かけ体と思っています(^^)

 

動画最後には今年3月に開業したニセコ・リッツカールトンのホテルロビー内の様子を撮影しましたが、このホテルも本パンデミックさえ無ければ多くの人たちで賑わっていたはずなのに、この通り閑散としており、僕としては嬉しかったのですが、ホテルとしては梯子を外された思いだと思います(>_<)

 

早く本パンデミックが収束して来シーズンこそまたいつもの賑わいを取り返して欲しいと思いながら、北海道の見事な大自然の様子も少しだけこのビデオに収めてみました(^-^)